「ミツバチ、鳥、そして人間。”エレキテルスモッグ “は自然を破壊する」という著作がある

1990年代後半には無線革命によって緊急性が高まり、2006年には 「コロニー崩壊病」と呼ばれるようになり、世界的な緊急事態となった。現在、国内のミツバチだけでなく、すべての野生のミツバチが絶滅の危機に瀕している。

LEDのブルーライトで、細菌どころか昆虫が死ぬことが分かった

これまで、ブルーライトよりも波長が短い(エネルギーがより高い)紫外線に殺菌作用があることは知られていましたが、それよりも波長が長い(エネルギーが低い)ブルーライトで、細菌どころか昆虫が死ぬことが分かったのです。これは従来の常識を覆した発見で、驚きに値します。

マッチを使うととても気持ちが良くなる

昔は、トイレの消臭のためにマッチを使った。自宅でも、街の喫茶店などでも、灰皿とマッチが置かれていて、用を足した後でシュッと擦る。そして、火が消えないようにそっと灰皿に置かれたマッチは燃え尽きる。それで、あっという間に匂いが消える。

人間は電気で動いている。そして、魂も電磁体である。

わたしは幽体こそ真の電磁体だと思っている。電気も発生するし、磁場もあるし、発光さえする。エネルギー体である。この幽体が仙骨の中に入った時に人体は意思を持った生体として活動を始める。

生物は電磁体であるという思いが降り積む初冬

水は極性を持っているということだ。ならば血液も極性を持っている。極性を持っているなら磁場の影響を受ける。人体の50%以上は水分でできているようだ。つまり、体全体が地磁気の影響を受けている。極性を持っている血液はその影響で流れを生む。

マスクを長時間使用すると、過剰な二酸化炭素を吸い込んでしまいます

マスクは人間の関係を引き離し、血中酸素濃度を下げる。 さらに他の病気に関しても、それを防ぐというエビデンスはないという。 実際、日本の厚生労働省も、マスクを着用するような指導は表向きはしていない。これは文科省も同様である。マスクを着けるよう洗脳しているのはテレビジョンである。

ワクチンを摂取した人間はモノのように接続される

細菌の発生は細胞の破壊による症状であり、すべての病気の95%は、食べたもの、飲んだもの、吸ったものに加えて、ラジオやマイクロ波など、何にさらされているかに起因しています。そしてもちろん、あなたの感情や感覚、信じていることやあなたの思考までもが体内環境へ影響を与え、体内毒性のレベルも決定します。

イベルメクチンは科学者たちに驚きと興奮を与え続けている。

今日、イベルメクチンは科学者たちに驚きと興奮を与え続けており、多様な病気を治療することで世界の公衆衛生の向上に役立つことがますます期待されています。特に、抗菌剤、抗ウイルス剤、抗がん剤としての予想外の可能性は並外れています。

イベルメクチン

スパイク蛋白にさらされる時代がやってきた

その夜、烈しく吐いた。わたしは胃がないので、食べるものには十分注意している。しかし、吐いた。十数年ぶりに吐いた。スパイク蛋白だなと思った。シェディングだと思った。火曜日にイベルメクチン14mgを飲む。 特に何も感じない。副作用もないようだ。