Vitamin K2’s overlooked importance for the heart, the cardiovascular system, and lifespan
「心臓、心臓血管系、および寿命に対するビタミンK2の見過ごされている重要性」
というページを見た。

ワルファリンを処方されている私には興味深い記事であるが、一般の方には、どうだろう。
自動翻訳して残しておくこととする。


(翻訳開始)

心血管疾患は死因の第一位であり、その一因としてビタミンK2の欠乏が憂慮されることが、Open Heart誌に掲載された新しい総説で判明しました。ビタミンK2は、体内のカルシウム分布を調節しており、このビタミンが不足すると、動脈硬化、動脈硬化、インスリン抵抗性、心不全のリスクが高まるとされています。ビタミンK2の補給は、様々な方法で循環器系の健康を改善することが確認されており、また、炎症や2型糖尿病にも良い影響を与えることが分かっています。残念ながら、現代の食事にはビタミンK2がそれほど豊富に含まれておらず、また、さまざまな種類の薬がこの栄養素を利用する体の能力を乱すという事実が、この問題をさらに悪化させています。

ビタミンK2は脂溶性のビタミンで、天然には全く異なる機能を持つ2種類の形態で存在します。ビタミンK1(フィロキノン)は血液の凝固を助ける働きがあり、主にキャベツや濃い緑色の野菜に多く含まれています。腸内細菌叢がうまく機能していれば、ビタミンK1をビタミンK2に変換することも可能ですが、その量は限られていることが多いようです。
ビタミンK2(メナキノンK4~K10)は、レバーや納豆、ザワークラウト、ケフィア、チーズなどの発酵食品に含まれ、発酵の一部としてバクテリアによってビタミンKが生成されるのです。ビタミンK2は、血管の内側にあるマトリックスGLAタンパク質(MGP)を活性化します。活性化されたMGBはカルシウムと結合し、動脈から余分なカルシウムを除去する働きをします。また、ビタミンK2は、カルシウムを骨組織に埋め込むオステオカルシンというタンパク質を活性化させます。このように、ビタミンK2は、さまざまな組織におけるカルシウムの分布を調節することによって、動脈硬化や骨粗鬆症に対抗しているのである。
この新しい総説の背後にいる著者らは、ビタミンK2とアテローム性動脈硬化症、異なる心血管系疾患、末梢動脈、目や腎臓の毛細血管との関連についての研究のリストを記述している。また、ビタミンK2のサプリメントが血流を改善し、早期死亡を防ぐことができるかどうかについても調べています。

ビタミンK2濃度を測定するマーカーを使う

ビタミンKは体内に限られた量しか貯蔵されないため、血液中の濃度を測定することが困難です。循環系におけるビタミンK2の役割を評価するためには、体内のビタミンKの状態を示すバイオマーカーを使用する必要があります。これは、ビタミンK2の助けを借りて活性化されたMGPタンパク質のレベルを測定することによって行われます。MGPがカルシウムと結合するためには、MGPのカルボキシル化というプロセスが必要である。カルボキシル化されていないMGP(不活性型MGP)を測定することで、体内のビタミンK2が少なすぎるかどうかを確認することができます。

動脈硬化と血管の硬さ

動脈硬化は、冠動脈、脳、足などに多く見られる動脈壁の肥厚です。また、動脈硬化は動脈を硬くし、やがて血液の供給障害につながる症状を引き起こし、最悪の場合、欧米人の死因の上位を占める心筋梗塞や脳卒中を引き起こす可能性があります。
動脈硬化は、カルシウムや脂肪、酸化したLDLコレステロールなどの沈着物で構成されています。しかし、体内のカルシウム分布が不適切であるために生じるカルシウム沈着には、あまりに焦点が当てられていない。この総説では、ビタミンK2依存性タンパク質が、血液中の過剰なカルシウムを除去することにより、動脈硬化を抑制することを示すいくつかの研究およびメタアナリシスについて触れている。

体内のカルシウムの99%は骨と歯に貯蔵されている

細胞内の代謝過程、例えば心臓の拍動や筋肉の働きに必要な収縮の燃料として使われるのは、カルシウムのわずか1パーセントです。
血液中のカルシウムバランスは、常に厳密に管理する必要があります。わずかな不整脈でも、心臓や神経系に深刻な症状を引き起こす可能性があります。
長期的には、カルシウムの分布が不適切だと、動脈硬化、カルシウム結石、骨粗しょう症、細胞ストレス、炎症、その他の深刻な問題を引き起こすことになります。

大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう

大動脈弁が狭くなり、血液が体の隅々まで行き渡らなくなるのが大動脈弁狭窄症です。最終的には、呼吸困難や胸痛、めまいを起こすほど体に負担がかかります。大動脈弁の石灰化が進行することを特徴とする退行性疾患です。
著者らは総説で、血栓予防に使われるワルファリンなどの血液安定剤が大動脈弁狭窄症の発症を誘発する可能性があると書いています。これは、ワルファリンがビタミンK拮抗薬であり、ビタミンK1とビタミンK2の両方を打ち消すからである。このような機序から、血液凝固阻止剤はビタミンK2のレベルを枯渇させ、大動脈弁狭窄症のリスクを増大させるのです。著者らが書いているように、ビタミンK2不足を測る方法として、患者の不活性型MGBのレベルを測定するのは良いアイデアかもしれない。

細い血管の動脈硬化

私たちの血液は、動脈からさらに細い血管を通り、最終的には人間の髪の毛一本ほどの太さの微小血管(毛細血管)に到達します。MGPは、目、網膜、腎臓、心臓の毛細血管に多く存在することから、動脈硬化や硬直化に対抗する役割を通じて、これらの毛細血管の構造維持に大きな役割を担っていると推測されるそうです。11年にわたる集団調査により、不活性型MGPの高値が網膜毛細血管の狭窄と関連していることが示され、心血管リスク評価に利用されています。

心血管疾患と死亡率

低濃度のビタミンK2(不活性型MGP)と心血管疾患の発症および早期死亡との関連性を示唆する証拠が増えつつあります。数多くの研究が、ビタミンK2の欠乏と動脈硬化、慢性心不全、脳卒中との関連性を指摘しています。虚血性心疾患(冠動脈閉塞)を患う894名の患者を対象とした研究では、ビタミンK2が少ないと、5年以内に心不全や脳卒中で死亡するリスクが2倍から3倍になることが明らかにされています。

炎症、糖尿病、慢性腎臓病

慢性炎症は、多くの慢性疾患の共通点です。ビタミンK2の抗炎症作用は、主に体内のカルシウム分布を調節する役割と結びついている。血管やその他の軟部組織の細胞がカルシウムイオンで満たされると、ストレスがかかり、酸化ストレスやコレステロールの酸化と結びついた炎症で反応することがあります。コレステロールは、本来は必要不可欠な物質ですが、酸化して血管壁に入り込むと有害となります。
ビタミンK2不足のマーカー(不活性型MGP)は、炎症と関連し、その後、腎機能、糖尿病、肥満と関連する。慢性腎臓病患者の60%以上はビタミンK2が不足しており、早期死亡のリスクを高めています。これは、腎臓移植を受けた患者さんでも同様です。著者は、私たちの腎臓の機能や腎臓結石の予防のために、体内のカルシウムの分布がいかに重要であるかに言及している。
ビタミンK2によって活性化されるオステオカルシンは、インスリン感受性にさえ重要である。したがって、ビタミンK2の不足は、2型糖尿病の初期段階であるインスリン抵抗性と関連している。糖尿病が潜在的に有害なのは、深刻な循環障害と高血圧のリスクである。

予防と治療のためのビタミンK2サプリメント

レビュー記事によると、健康的な食事やライフスタイルと組み合わせたビタミンK2のサプリメントは、動脈硬化、動脈硬化、メタボリックシンドローム、糖尿病、心不全の予防に役立つとのことです。また、ビタミンK2のサプリメントは、心臓病の治療の一環としても関連性があります。多くの有望な研究がなされているが、いくつかの研究は、そのデザイン、期間、投与量やビタミンKの処方などの点で限定的である。それでも、ビタミンK2のサプリメントは、動脈硬化、動脈硬化、大動脈弁狭窄症の人々に有用であるように思われる。しかも、安全で便利な治療形態である。

ビタミンKはどのくらい必要?

ビタミンK1の成人1日あたりの基準摂取量は75μgですが、ビタミンK2には基準値が設定されていません。ビタミンK2についてはまだ結論が出ていませんが、いくつかの研究では、1日の摂取量が75-180マイクログラムの範囲にあることが有利であると指摘されています。そのような摂取量では副作用は観察されていない。さらに、180-360マイクログラムの摂取で心臓血管の健康が改善されるという研究結果もある。
ビタミンK2は、天然には様々な形で存在します。MK-7という形のビタミンK2は、体内でより長い時間留まり、カルシウムの分布により良い影響を与えます。このため、この形態のビタミンK2を補給することが推奨されています。

ビタミンK2欠乏症の原因となるもの

ビタミンK1とビタミンK2の天然供給源である不健康な食事
ビタミンK1からビタミンK2への変換が不十分な不健康な腸内細菌叢
ビタミンK拮抗薬で、血栓予防に使われるワルファリンなどの血液凝固阻止剤の長期使用
抗生物質、制酸剤、アセチルサリチル酸、コレステロールを低下させるスタチンなどの医療用医薬品の長期使用

参考文献

エッサ・ハリリら、ビタミンK2 – a neglected player in cardiovascular health: a narrative review. オープンハート 2021

Jaime W. Bellingeら、Danish Diet Cancer and Health StudyにおけるビタミンK摂取量とアテローム性動脈硬化性心血管疾患。アメリカ心臓協会の雑誌。2021年8月7日

スティーブン・ダニエルス 新しい研究ショー血管機能に対するビタミンKの重要性。ニュートライングレディエンツドットコム 2020

S. Thamratnopkoonら、血漿脱スフォスフォリル化非カルボキシル化マトリックスGlaタンパク質と慢性腎臓病における血管石灰化およびスティフネスとの相関性. Nephron. 2017オンライン版掲載。

M. Sardana el al. 2型糖尿病における不活性マトリックスGLA-プロテインと動脈硬化. アメリカン・ジャーナル・オブ・ハイパーテンション 2016

ビタミンK2を多く含む8つの食品とそれが必要な理由(webmd.com)

(翻訳終了)



 高血圧や高脂血症、糖尿病などで動脈硬化が進むと、動脈で血の塊ができやすくなるので、『バイアスピリン』などの「抗血小板薬」を使う。心不全や不整脈で血液の流れが悪くなると、滞った血が固まりやすくなるので、『ワルファリン』などの「抗凝固薬」を使う。わたしは一時両方の薬を処方されていたが、まずバイアスピリンを止めた。やがて、身体に耐性ができたのか、ワルファリンもほとんど効かなくなった。ワルファリンはビタミンK2と拮抗作用がある。だから服薬している間は納豆や青汁を飲まないように言われる。しかし、この論文では、ビタミンK2はさまざまな組織におけるカルシウムの分布を調節することによって、動脈硬化や骨粗鬆症に対抗しているとしている。

心房細動を起こしたことのある方は、医師にワルファリンを処方されることが多い。そして、ワルファリンを飲んでいる方は必ずビタミンK2の有効率が低いだろう。ではどうすればよいのか。わたしは結論が出せないままでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

63  +    =  65