甘い異臭が立ち込める空間で敬遠されたノーマスクのわたし

障害といえば、去年はわたしの家の前を2匹の老犬を連れて散歩していた、下肢に障害のある男性を今年は見ない。そして、先天的な脳炎なのか、頭にヘッドギアをつけてお母さんと手をつないで散歩していた女の子も見ない。ワクでも射ってしまったのか、と、心が揺らぐ、傾く。

心血管疾患は死因の第一位であり、その一因としてビタミンK2の欠乏が憂慮されることが、新しい総説で判明しました。

慢性炎症は、多くの慢性疾患の共通点です。ビタミンK2の抗炎症作用は、主に体内のカルシウム分布を調節する役割と結びついている。血管やその他の軟部組織の細胞がカルシウムイオンで満たされると、ストレスがかかり、酸化ストレスやコレステロールの酸化と結びついた炎症で反応することがあります。

グルカゴン抑制やインスリン分泌を促進する消化管ホルモンとは

グルカゴンは血糖値を上げるホルモンだ。ケトン体を産生するホルモンであり、グリコーゲンの分解を促すホルモンである。脂肪をケトン体に変換し、エネルギー源として使用する。また、筋肉などに含まれるアミノ酸を分解し、できたアミノ酸を材料としてグルコースをつくる。このように、糖以外の物質から新しく糖を生み出す。糖新生である。

伝染るということは、周波数の共振である可能性はないのか?

こうした環境の変化や、周波数の影響を受けないようにするには、「霊性を高める」のが、とても重要なことだとトーマスコーワン医師が言っていた。霊性を高めるとは、自分の周波数の振幅を大きくすることであろうか。その事によって、周囲の周波数の影響を最小限に留めることではないのか。

道

いま来た道を帰ると、誰も歩いていない小道があった。

過去 150 年に起きた大きなパンデミックの時は毎回地球の帯電による量子飛躍(クォンタムリープ)があったのです 1918 年、1917 年の晩秋には、電波が世界中に導入されました。生体系が新たな電磁場にさらされる時はいつでも被毒が起こり、一部は破壊され、残りはいわば仮死状態になるのです。

「ミツバチ、鳥、そして人間。”エレキテルスモッグ “は自然を破壊する」という著作がある

1990年代後半には無線革命によって緊急性が高まり、2006年には 「コロニー崩壊病」と呼ばれるようになり、世界的な緊急事態となった。現在、国内のミツバチだけでなく、すべての野生のミツバチが絶滅の危機に瀕している。

LEDのブルーライトで、細菌どころか昆虫が死ぬことが分かった

これまで、ブルーライトよりも波長が短い(エネルギーがより高い)紫外線に殺菌作用があることは知られていましたが、それよりも波長が長い(エネルギーが低い)ブルーライトで、細菌どころか昆虫が死ぬことが分かったのです。これは従来の常識を覆した発見で、驚きに値します。

マッチを使うととても気持ちが良くなる

昔は、トイレの消臭のためにマッチを使った。自宅でも、街の喫茶店などでも、灰皿とマッチが置かれていて、用を足した後でシュッと擦る。そして、火が消えないようにそっと灰皿に置かれたマッチは燃え尽きる。それで、あっという間に匂いが消える。

人間は電気で動いている。そして、魂も電磁体である。

わたしは幽体こそ真の電磁体だと思っている。電気も発生するし、磁場もあるし、発光さえする。エネルギー体である。この幽体が仙骨の中に入った時に人体は意思を持った生体として活動を始める。