破裂したくなる冬のにきに億千万の嘘を書ききれない

世の中は億千万の嘘で成り立っている。
それらは全て、わたし達自身がこの世を産み出していることを忘却させるためにある。


地球は球ではない。
わたし達の意識が及ぶ果ての果てまでが宇宙であり、地球はその一区画である。

重力はない。
質量の差があるだけである。

歴史は捏造されている。
わたし達の起源はひどく近いところにある。

宇宙の始まりは、あなたがこの世にやってきた時である。

神を外に求めるなかれ。
偶像神とは、わたし達がある意味での創造主であることを隠すための道具でしかない。

ウイルスは存在しない。
ウイルスとはメッセンジャーRNAであるエクソソームのことである。
エクソソームは躰の中にメッセージを配達し、時に隣人にも届ける。
動物も植物もこれを使って情報交換をしている可能性がある。

わたしは體ではない。
わたしは意識であり、観ている者であり、創造する者である。

わたしは小学生の頃までは自分を俯瞰して見ていた。
わたしは二人いたのだ。

パソコンの前にいるときは、ほとんどYoutubeの音楽を聞いているが、ここ2日ほどはこれという音に出会わない。多分わたしが変化している。仕方なく1950年代のJazzを聞く。

Twitterに呟かれる言葉が遠い。とてつもなく遠い。やはりわたしは変化している。




少し興味を惹かれる動画がある。まだ一度しか見ていないが・・。
https://www.youtube.com/watch?v=v3IzDG1aPQY&list=PL8ucZibtiQ_I0t8IN_lxRt9yvdKfZOC6v&index=32&t=622s


訳が分かるようでいて分からない。
まぁ、世の中とはそうしたものかと合点のいくふりをして鼻をかむ。

もう冬なのである。
相変わらず支離滅裂の冬である。
健全な精神など持ちたくもない。

破裂したくなる。
埒を破壊し尽くせ。

・添付資料

ルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner, 1861年2月27日 – 1925年3月30日(64歳没))は、バルカン半島のクラリェヴェクで生まれ、オーストリアやドイツで活動した神秘思想家、哲学者、教育者である。

ゲーテの自然科学論や学芸雑誌の編集に携わりながら、前衛的な団体やアナキズムの傾向をもつ人々と関係するようになり、ニーチェ主義的な自由思想の立場に至るが、神秘思想の講演者に転身し、人智学(アントロポゾフィー)と称する精神運動を創唱した。人智学運動は神智学協会の神智学運動から派生したものであるが、インド思想に傾倒した神智学協会よりもキリスト教神智学に近い性格をもっており、ロマン派の自然哲学、グノーシス、薔薇十字思想の流れも汲んでいる。

シュタイナーの思想はカール・グスタフ・ユング、パウル・クレー、アルベルト・シュヴァイツァーにも何らかの影響を与えた。ドイツ哲学研究者の三島憲一は、1970年代以降のドイツで緑の党に集まった知識人たちのなかに人智学に学んだ人々が多いと述べているが、その一方で、1920年代にヴァルター・ベンヤミンはシュタイナーについて「前近代への願望でしかないと見て深く軽蔑していた」(三島 2002 : 596)とも指摘している。(wikipedia)

噂のBluetoothを試してみた

久しぶりに喫茶店に行く。
これまた久しぶりに乗るバイクが重い。
幸いにバッテリーが死んでなくてよかった。

プレーンな食事だ。

早速、噂のBluetoothを試してみる。噂というのは、ワクチンを受けた人はbluetoothに反応するという噂だ。

BluetoothをONにすると、いきなり沢山のデバイスらしきものが並ぶ。
喫茶店内には10人ほどのお客さんがいたが、bluetoothがどこまで届くのか、わたしは知らない。

そして、わたしには、この画像の意味がわからない。



噂というのは、こうしたtweetが最近多いのだ。



そう言えば、以前この喫茶店で奥田瑛二氏と会って、握手をしてもらったことがある。この店は開店して50年近く経つ老舗だ。


しかし、bluetoothの表示の意味がわからないわたしは、喫茶店の前に置かれている灰皿の横で、アメスピを一本吸って帰ることになりにけり。

追記:10/11の21時頃。少し大きいスーパーに行って、入り口でbluetoothの検索をかけると、115個のデバイス。店の機器には名前がついているので分かる。正体不明のデバイスは27個だった。

突然床下から現れた仔猫はもういない

床下で泣き続ける仔猫を救出したのが8月31日。
9月朔日に両目が開いた。


毎日、ミルクを与える日々が始まった。
わたしは猫など飼ったことがない。


仔猫は日々育っていく。
だが、わたしの疲労は溜まっていく。
里親を探した。
だが、仔猫への情が心の中で芽生えていく。


そして、里親が見つかった。
ネットで募集したのだが、会ってみると、私の母校の後輩であり、わたしが2度の手術を受けた病院の医師夫婦だった。縁は異なものである。

わたしが仔猫を譲る条件は、
仔猫が寝ていたダンボールごと引き取ってくれ、ということだった。
仔猫のいないダンボールなどとても見られない。

わたしが仔猫の世話をしたのは16日間。
しかし、その間に情は膨れ上がっていた。


口に少しミルクをつけた彼女の姿である。
また、どこかで、会おうな。

天空の城ラピュタから空想する言霊の影

「今日の記事はわたしの妄想であるので、まともに受け取る必要はございません。」

滅びの呪文「バルス」パズーとシータが手を繋いで叫ぶ。
この呪文には色々と説があるらしいが、わたしはこれを
virusだと思っている。

音節vir・us 
発音記号・読み方/vάɪ(ə)rəs(米国英語), ˈvaɪɹəs(英国英語)/ 

Created By ondoku3.com

virusの語源はラテン語で
毒液。ヘドロ。粘液。




さて、何故主人公の名前が、シータとバズーなのか。


○シータ

Θθ(シータ、古代ギリシア語: θῆτα テータ、ギリシア語: θήτα スィタ、ギリシア語ラテン翻字: thēta)は、ギリシア文字の第8字母。古代ギリシア語での音声は[tʰ]、現代ギリシア語では[θ]。数価は 9、音価は現代語では [θ]。ラテン文字は th に転写される。(wikipedia)

シータは8番目の文字。



バズー

バズーは日の出とともにラッパを吹く。そして鳩たちに餌をあげる。

*buzz
〈ハチ・機械などが〉ブンブンいう,ブンブン飛ぶ 

*バズィング(英語: buzzing)とは、金管楽器の練習法の一つで、マウスピースだけで演奏することや、マウスピースなしで唇を振動させて演奏することである。奏法のとりわけ基本的な技術を身に付けたり、演奏の調子が悪くなった時に奏法の確認、矯正をしたりすることが主な目的である。

バズーはラッパ吹きである。





このシータとバズーが手を繋いで「virus」と叫ぶと、天空の城の下部は崩壊し、ラピュタを浮遊させていた巨大な浮遊石は、大樹の根に包まれて、更に高く飛び去っていく。

https://batque.com/feature/191 より

「8番目の文字」と「ラッパ」は、ヨハネの黙示録第8章を連想させる。

  1. 七人の天使がラッパ(士気を上げる音)を吹く(8章6節-11章19節)
    1. 第一のラッパ:地上の三分の一、木々の三分の一、すべての青草が焼ける (8:6-7)
    2. 第二のラッパ:海の三分の一が血になり、海の生物の三分の一が死ぬ (8:8-9)
    3. 第三のラッパ:にがよもぎという星が落ちて、川の三分の一が苦くなり、人が死ぬ (8:10-11)
    4. 第四のラッパ:太陽、月、星の三分の一が暗くなる(8:12-13)
    5. 第五のラッパ:いなごが額に神の刻印がない人を5ヶ月苦しめる(9:1-12)
    6. 第六のラッパ:四人の天使が人間の三分の一を殺した。生き残った人間は相変わらず悪霊、金、銀、銅、石の偶像を拝んだ(9:13-21)
      1. 天使に渡された小さな巻物を食べた。腹には苦いが、口には甘い(10:1-11)
      2. 二人の証人が殺されるが生き返る(11:1-14)
    7. 第七のラッパ:この世の国はわれらの主、メシアのものとなった。天の神殿が開かれ、契約の箱が見える。(11:15-19)


わたしの妄想であるが、こういう設定は好ましくないと思う。
言霊ということもあるしね。

ちなみに、わたしは、偶像化された神は一切信じない。



ドラゴンボールの破壊神ビルスも当然、
“The god of destruction called virus”
だろうな。

洗脳するなよ。



しかし、ウイルスは存在しない。

全ての墓がわたしに向かって正対し、何かを語っている。

墓参に行ってきた。

十数基ほどの墓があるのだが、墓の様相がいつもと違う。全ての墓がわたしに向かって正対し、何かを語っている。なんなのだろう。その氣に圧されて、読経をせざるを得なくなった。

線香の香りが気持ちいい。

帰りに海に寄って、飛沫を浴びた。


海に行くたびに、その圧倒的な水量に驚く。


さらにわたしは母校に寄り、若者の氣をもらった。
昔のことを思い出すと、文代のことが気になった。
文代とは6年間友達だった。恋愛関係にはならなかったが、今はどうしているのだろう。


今日のツイ。

あまり、正しさを求めないほうがいい。
わたしたちは、どうせ、洗脳されている。
「心地よさ」と「違和感」で感じ取るほうがいい。
そうすると他人からは「何故」という言葉が飛んでくる。
「分からない」と言っておけばいい。
理論的な答えなど何の役にも立たない。