今こそ 別れめ いざさらば

「仰げば尊し」

仰げば 尊し 我が師の恩
教の庭にも はや幾年
思えば いと疾し この年月
今こそ 別れめ いざさらば


互に睦し 日ごろの恩
別るる後にも やよ 忘るな
身を立て 名をあげ やよ 励めよ
今こそ 別れめ いざさらば


朝夕 馴れにし 学びの窓
蛍の灯火 積む白雪
忘るる 間ぞなき ゆく年月
今こそ 別れめ いざさらば


なんと美しい歌であろうか。
これを誰が作曲して作詞したのかはもはや問題ではない。

一部では、「身を立て 名をあげ」の部分が民主主義にそぐわないという意見もあったようだが、似非文化人の戯言に過ぎない。

また、もともとこの一節は儒学の経典「孝経」の「身を立て道を行い、名を後世に揚げ、もって父母を顕かにするは孝の終わりなり」に基づいているらしい。という説もある。

Youtubeにこんなコメントがあった。
「身を立て 名をあげ」というのは、必ずしも有名人や著名人になることではなく、自立した人間になって社会に貢献しなさい、という意味ととらえることもできると私は思います。

私はこの意見に深く同意する。


さて、映画「二十四の瞳」では、この歌がオープニング・エンディングで使われた。

松竹大船撮影所製作
木下惠介監督・脚本
高峰秀子主演
壺井栄の小説『二十四の瞳』が原作。

1928年(昭和3年)、大石先生は新任の女教師として小豆島の岬の分教場に赴任する。一年生12人の子供たちの受け持ちとなり、田舎の古い慣習に苦労しながらも、良い先生になろうとする大石先生。

ある日、大石先生は子供のいたずらによる落とし穴に落ちてアキレス腱を断裂、長期間学校を休んでしまうが、先生に会いたい一心の子供たちは遠い道のりを泣きながら見舞いに来てくれる。


しばらくして、大石先生は本校に転勤する。その頃から、軍国主義の色濃くなり、不況も厳しくなって、登校を続けられない子供も出てくる。やがて、結婚した先生は軍国教育はいやだと退職してしまう。

戦争が始まり、男の子の半数は戦死し、大石先生の夫も戦死してしまう。また、母親と末娘も相次いで世を去る。

長かった苦しい戦争も終わり、大石先生はまた分教場に戻り教鞭を取ることになる。教え子の中にはかつての教え子の子供もいた。その名前を読み上げるだけで泣いてしまう先生に、子供たちは「泣きミソ先生」とあだ名をつけた。

そんな時、かつての教え子たちの同窓会が開かれる。その席で、戦争で失明した磯吉は一年生のときの記念写真を指差しながら(オリジナル版では指差す位置がずれ、涙を誘う)全員の位置を示す。真新しい自転車を贈られ、大石先生は胸が一杯になり、涙が溢れてきた。その自転車に乗って大石先生は分教場に向かう。
(Wiki)

この映画について、絶望名言の頭木弘樹さんはこう言う。

木下惠介監督の『二十四の瞳』という映画があります。その中で先生が、悲惨な境遇の貧しい子どもたちに泣きながら語りかけるんです。「先生にも、どうしていいか分からないけど」「その代わり、泣きたいときは、いつでも先生のところにいらっしゃい。先生も一緒に泣いたげる」。

戦後、この映画を見たアメリカ人は笑ったらしいです。一緒に泣くだけで何になるんだ。なんて無力なんだ。問題を解決しようとしないでどうするんだ、と。

今の日本人にもそう思う人は多いかもしれません。でも、泣くしかどうしようもないときってあるんです。泣くしかどうしようもないときに一緒に泣いてくれる人がいるかどうかは、とてつもなく大きいです。

一緒に泣いても問題は何も解決しませんが、自分の絶望のために心から泣いてくれる人がいたらどれほど心が救われるかしれません。そういう人がいるかいないかは、天と地の差と言ってもいいほどだと思います。

-「読むらじる」より –https://www.nhk.or.jp/radio/magazine/article/shinyabin/CHRY4g0z_M.html

(予告編から音声を消しました。)




わたしは「仰げば尊し」が大好きである。
そしてJade Yinの歌声には心が震えてしまう。
これほど喜怒哀楽を超えて心に染み込む「仰げば尊し」があっただろうか。

Jade Yin公式サイト http://www.jadeyin.com/

選挙をするなら、不正が出来ない環境を整えるのが公務員の責務だ

先日、twitterの私のアカウントがロックされた。幸いに2日ほどで解除されたのだが、わたしのtweetのいくつかは消えて無くなっていた。それはほとんどが不正選挙に関わるtweetであった。

さて、米国のドミニオンシステムについて少しだけ海外のサイトを引用させていただく。

Dominion systemsのマニュアルです。”結果ファイルはユーザーが削除することができます。”

Dominion systems manual: “Results files can be deleted by the user.”

https://www.darkdox.com/dominion-systems-manual-results-files-can-be-deleted-by-the-user/

民主党の不正選挙)トランプ大統領は、ドミニオン社の投票システムによって270万票のトランプ票が削除され、さらに43万5000票がジョー・バイデンに切り替えられたことに注目しました。

@PlaysTrumpCardは、ドミニオン社のシステムのマニュアルを調べた結果、このシステムでは票の削除や票の入れ替えが驚くほど簡単にできることを発見しました。Dominion社のウェブサイトでは、自社製品を「あらゆる選挙シナリオに対応する汎用性の高いソリューション」と宣伝しているが、Dominion社の投票システムが、結果の変更、拒否、削除が容易にできるように設定されているという点で、確かに極めて「汎用性の高い」システムであることは明らかだ。

マニュアルの第8章では、「8.3 Result State Management」で、結果ファイルのさまざまな状態について説明しているが、ここからが面白い。マニュアルでは、”この状態(拒否)の結果ファイルは、ユーザーが削除することができます。” と明かされています。

その後、マニュアルは、有効な票を拒否された状態に移す方法について説明しています。
“Result files in this state can be deleted by the user.” (この状態の結果ファイルはユーザが削除できる)

さらに、8.4項の「結果の削除」では、次のように書かれています。
“結果ファイルの行は、選択して別の結果状態に移動できます。”

“結果ファイルの個別または選択した結果ファイルは、結果ファイル画面から削除することができます。”

これは、公式のエジソンの選挙データフィードが、選挙の夜に270万票のトランプ大統領への投票が削除され、さらに43万5千票がジョー・バイデンにすり替えられたことを確認していることを考えると、特に問題です。

@PlaysTrumpCard氏が完璧にまとめている。

“Dominionの投票システムは、投票結果の変更や削除が簡単にできるように設定されている。機械がたくさんある倉庫の中で、管理者権限を持つ一人の抵抗勢力の子供が、どんな結果でも入力したり、以前の結果を削除したりできる。マニュアルには38倍の削除についても書かれている。まったくもってけしからん話だ」。

ドミニオンのシステムマニュアルは、以下のリンクからご覧いただけます。



日本の不正選挙については下の記事で書いた。

わたしは不正選挙の証拠云々を語っているのではない。
選挙をするなら、不正が出来ない環境を整えるのが公務員の責務だと言いたいのだ。

昭和現在
投票箱各市町村がジュラルミンの箱を用意
2箇所に別種の鍵
ムサシに発注
投票用紙各都道府県が自前の印刷所で印刷しカットするムサシに発注
開票公務員の手作業公務員の手作業が基本だが、ムサシには読み取り分類機もある
集計紙幣計数機を使用
もしくは公務員が手で数える
ムサシの集計機

これでは民主主義の根幹である選挙をムサシに任せているのと同じである。ムサシは白紙の投票用紙をいくらでも持っているのだから。

このムサシの集計機を市町村が発注する際には、ムサシの職員もついてくる。故障時に備えるためだと言うが分かったものではない。全国で選挙が行われた場合、ムサシのSEがそんなに大勢存在するのか?

これは噂であるが、ムサシにはドミニオンシステムと同じようにバックドアがついていて、遠隔で操作できるという話を聞いた。

<紙幣計数機>

<ムサシ読み取り集計機>

株式会社ムサシ
https://www.musashinet.co.jp/


言いたいことはムサシが不正をしているということではなく、不正が出来ない選挙制度とそのシステムを公務員は作らなければならないということだ。



スターリンは言った。
「投票する者は何も決定できない。投票を集計する者がすべてを決定する」

緊縛というものが成立されるためには、わたしと他者が波動を重なり合わせていなくてはならない。

三島由紀夫がサルトルの「存在と無」を引用したことがある。

「一番猥褻なものはなにか。それは縛られた女の体だ」

そして三島はこう続ける。
「他者とは意思を持った主体であり、相手が意思を封鎖されている、相手が主体的な動作を起こせない、そういう状況が最もエロチシズムに訴える。」

この三島の言葉は浅い。
浅すぎる。
ただの理屈にしか過ぎない。

三島は理論武装する。
三島は肉体武装する。
実は、三島の本質、三島の種は、ただ「母親に褒められたい」というところに帰結する。これはわたしの感じるところでしか無いが・・。


緊縛とはエロチシズムに留まらず、無私の愛情であり、ある種の恋情でもある。その恋情は、他者にも注がれ、なおかつ自分自身にも流れ込むことがある。洗脳から開放されたい欲求が己にも存在するからだ。
 



雪村春樹氏は言う。
「風呂上りの女、生乾きの髪の毛の感触や匂いをかきながら、後ろから縛る。細いうなじ、白い襟足や背中を眺めながら…若いのに昭和の色香をただよわせる情の深さ…こんな女とは毎日、一緒に風呂に入りたいもんやなぁ。」

女性の美はその所作に宿っている。


「雪村春樹氏の愛情」
http://bottomx.shibugaki.jp/?p=93

今更、緊縛という行為について説明する気にはなれないが、緊縛というものが成立するためには、心よりももっと深いところで、わたしと他者が波動を重なり合わせていなくてはならない。

そのためには言葉は無い方がいい。波動を感じるためには、他者の履歴を知ることなど却って邪魔になりかねない。

そして、それは、洗脳や社会的仮面を破壊する一種の共同行為であるとも言えるかも知れない。

日赤ERの対応と医療界の闇。循環器科の医師は不整脈の症状を治せない。

一昨日、21時頃、救急で日赤のERに行った。連続した不整脈である。心電図を付けられながら、看護婦がわたしの鼻にながーい綿棒のようなものを突っ込もうとするので拒否した。

「PCR検査は拒否します」 わたしは、そう言った。

その後いろいろと検査される。 心エコーは妥当だが、胸部CTは少し違和感を覚える。さらに、1時間ほどして、胸部レントゲン。これはもう、わたしの肺を調べていることにほかならない。肺の炎症が見つかれば、PCRが正当なものになる。

わたしは日赤はコロナ患者を作ろうとしようとしている、そう感じた。

しばらくして検査結果も出て、不整脈以外に悪いところが見つからないので、
「帰っていいですよ」
とお決まりの文句。
帰れと言われても、自分ひとりでは帰れる状況にない。 兄に連絡しても、来られるのは翌日の15時ということ。

循環器科の医師は不整脈の症状を治せない。これは何度も経験したことである。
「命に影響はない」
「気にしなければいい」
「誰にでも不整脈はある」
「入院を望まれても、することがない」
これらは聞き飽きた言葉。

「命に影響はない」症状を治療しないのなら、小指落とされても、診察はしないということになる。

重ねて言う。医師は不整脈の症状を治せないのだ。



結局、わたしは15時にやってくるであろうと思われる兄を待つしかなかった。
しかし、ERはこのわたしの行動を「居座っている」と表現した。
わたしには言わない。わたしの家族に電話で言う。

かかりつけ医に行って、紹介状をもらってくれば循環器科で診察しますと言う。これはわたしに言う。不整脈で歩くのも辛いわたしに言う。

数年前まではこういうことはなかった。
かって日赤の循環器科部長はこう言った。
「何もできないかもしれないけど、それでもよかったら、数日入院して様子を見ますか?」
これが普通の対応であると思われる。

もっと昔は、小さな医院でも、入院ベッドがあった。だから、患者の家庭環境なども考慮に入れて入院させてくれた。これを厚労省ができないようにした。在宅医療などというが、朝から晩まで、患者の家を訪問し続けている医師は多分どこにもいない。



今回の日赤の件であるが、もしもわたしが障害者で単身の老人であっても、日赤は同じ対応をするだろうと思う。実際私は若くもないし、日赤内での移動は看護師に車椅子を押してもらっていた。不整脈が続いているときに歩くのは辛すぎるのである。

独居老人が在宅でなくなるというのも不思議ではない。

1年くらい前だったろうか。
日赤と、もう一つERを構える総合病院の医師が何名も辞職して、別の病院に勤務先を変えた。医師を辞めた人もいる。その中には前述の日赤の循環器科部長も含まれている。裏には厚生労働省の医療改悪と、それに従う総合病院の方針に対して、医師が反乱を起こしたものであると、わたしは推察している。

医療界は黒い。 わたしの印象である。

しかしながら、朝からわたしの看護を担当してくれた年配の看護婦さんには、非常に行き届いた看護をしていただいた。会話もわたしの方からいろいろな医療の現状を持ち出し、PCRの嘘や、弱者が苦労しなければならない状況を作らないために、医療現場のシステムを変えていくことなど、忌憚なく会話もできた。

そして、15時に迎えに来た兄の車まで、わたしの車椅子を押してくれ、
「ありがとうございました」と謝意を表し、
「お気をつけて」と、静かに発進する車に対して深々と頭を下げていただいた。
ERを去るときに、こんなに丁寧に対応していただいたのは初めての事だった。

医療現場は、やはり、看護師さんがいちばん大事なのだと、改めて感じた次第である。





さて、不整脈に関しては面白い記事がある。

以下、

https://ameblo.jp/kansai-chiro/entry-12056162800.html
より抜粋。

今日は久々に臨床例です。不整脈の患者様の例です。
フィシオエナジェティック検査法で調べると
1、アルミニウム蓄積による胃酸不足
2、カンジダ菌感染
でした。
それがどう不整脈と関係するのかというと、消化不良と異常発酵により胃の中にたくさんガスがたまって横隔膜を押し上げ、心臓を圧迫するからです。この症状をロエムヘルド症候群と言います。
カンジダ菌は英語ではイースト菌、日本語では酵母菌と呼ばれ消化管内での異常発酵に繋がります。
ロエムヘルド症候群についてはこの本にのっています。
おしゃべりな腸
ジュリア・エンダース 岡本朋子

ロエムヘルド症候群は不整脈だけではなく、めまいや悪寒、呼吸障害や胸の痛みを起こすこともあるそうです。この本にも書いてありますが、胃に膨満感がある方やガス(おなら、ゲップ)が多い方で上記の症状がある方はロエムヘルド症候群かもしれません。
ではどうしたらいいのでしょう?
それは、発酵しやすい食べ物を避けることです。

更にこんなサイトもある。

https://ameblo.jp/mayu03-10/entry-12630824610.html
より抜粋。

今回はロエムヘルド症候群について詳しくみていきます。

・対処法①思う存分ゲップやオナラをする。
ふざけてるのかって思われそうですが、
本当にそう書いてあるんですキョロキョロ
体の中にガスが溜まることによって
横隔膜が押し上げられて
不快感に繋がるそうです。
なので体の中のガスを外に出してしまえば
解消されると言う考え方。
でも場所を選ばずにゲップやオナラなんてできないですよね…あせる
と言うことで他の対処法もみていきます。

・対処法②グルテンが含まれている食べものを避けてみる。
小麦や大麦に含まれているグルテンが
胃や腸に不調を与えている可能性があるとのこと。
試しに1週間グルテンフリーな食生活をしてみるのもいいかもしれません。

閃輝暗点で病院を転々とした話

一昨日、18時30分。
閃輝暗点が起きた。

https://koikeganka.com/news/oshirase/moumaku/959

閃輝暗点は網膜の異常や脳血管の収縮で起きるが、まれに脳梗塞の前兆であることもある。わたしは少し前に眼科で目に異常がないことが分かっているので、危険なのは脳梗塞である。だから、日赤のERに行った。若い女医が出てきた。研修医であろう。彼女は脳の検査をしたいというわたしの要望を、頑なに聞き入れなかった。まず眼科に行けと言う。わたしとしては、まず脳梗塞の予兆でないことを確認したかった。しかし、押し問答は何も生まない。

そして昨日、行きつけの眼科に行った。異常はない。眼底出血が見つかったのは数年前のこと。レーザー治療を受けたが、対処療法でしかない。だから、血糖降下剤をやめた。目はどんどん良くなった。視力も0.3くらいから1.2〜1.5まで回復した。眼科医は脳の異常の可能性があるといけないので、CTでも撮ってもらえばいいと言った。

なので、わたしは脳神経外科に行った。閃輝暗点のことを話すと、脳梗塞の予兆であるといけないからCTを撮ってみましょう、と言ってくれた。さらに、頚椎のレントゲンも撮影した。結果は、脳梗塞の予兆のようなものはないということだった。片頭痛の可能性があるからと言って、再度閃輝暗点が起きたときのために、漢方薬を処方してくれた。この医師は芥川龍之介の「歯車」の話もしてくれた。いいお医者さんだった。

それにしても、この国では、患者は色々な病院を自力で転々としなければいけなくなっているようだ。いい加減で、西洋医学とは縁を切りたいものだ。