いつの間にか、年が明け、もう一ケ月が過ぎている。
山ではもう梅が咲いたのに、まだ庭には毎日目白がやってくる。

2024年は元旦から石川県で大きな地震があった。
災害に遭われた方々に深くお見舞い申し上げます。

これは日記なのでエビデンスなどない。
わたしの感じたことを綴るだけである。

2024年1月1日 16時06分ころ。

2024年1月1日 16時10分ころ。

この地震については、色々な説があるけれど、人工地震の可能性が高いとわたしは思っている。
下に、当時のニュース画像を添付する。当時を思い出すことが精神的に影響を及ぼすかもしれないので、そういう危険性のある方は見ないで下さい。

16時06分に緊急地震速報。
16時07分のTime Run付きの現地カメラは揺れていないが、アナウンサーは「揺れています」と言う。
人はのんびり歩いている。
16時08分、Time Run無しの映像が挿入される。激しく揺れている。
16時10分に再度緊急地震速報。
16時10分、Time Run付きの揺れている映像が映し出される。

わたしの目から見たら支離滅裂のニュースに見える。

つまり、この報道は、予めカメラを大きく揺らした映像を準備していたものと思われる。ということは、NHKは地震が発生することを知っていた可能性があるということにもつながっていく。
さらに午後11時03分。
気象庁は「石川県で震度7」という発表を取り消した。


気象庁のフライングがあったのか、地震を発生させるタイミングが合わなかったのか、そういうことは分からない。ただ、ニュース報道現場は色々と慌てただろうなと想像する。

そして輪島で火災が起きた。
わたしは、これも人為的なものだろうと思っている。

青白い閃光のようなものが映っている。これをDEW(指向性エネルギー兵器)だと言う人々も多いが、事実は分からない。ただ、この時、政府は、輪島上空の飛行を禁じたし、ドローンの飛行も禁じた。疑われても仕方ないかなとも思う。

ネットで拾った輪島の火災現場の動画を添えておく。
多くは語れない。語る証拠も知識も今のわたしには欠けている。

それにしても令和6年1月1日の16時10分か・・。911を連想させるね。
気象庁が取り消した震度7の発表は11時03分。311です。
ドタバタ劇を見ているようだが、実際になくなった方がたくさんいらっしゃる。
奴らは人の命などなんとも思っていない魂をお持ちである。

今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  +  26  =  32