NHKのラジオ深夜便も聞く価値のない放送になってしまった

「ロシアの侵攻」この単語を何度聞かされたか。
そして、ロシアは民間人を解放しないとか、捕虜の負傷兵をそのままにしているとか、ロシア憎しの報道が続く。しかし、10日ほど前に聞いたニュースでは、「ウクライナ政府は、民間人に避難所から動かないように支持しました」と言っていたのはNHK。

ジェイコブ・R – それは “服従訓練 “です。

もちろん、マスクはウイルスには全く役に立ちません。しかし、重要なのは、政府の命令や指令に従って「誰もが」マスクを着用するという、トップダウンの命令への服従と順応なのです。それは、みんなを「制服」にするようなものです。統一感、順応性、服従性、そして何よりも「平等性」を植え付けるためのものです。

ワクチン後遺症で亡くなった方のTweet

彼はとても純粋な魂を持った人だったろうと思う。この国の教育で洗脳されながらも、患者のことを思いやる心を失わなかった。しかし、ワクチンを射ってしまった。残念です。
彼のご冥福をお祈りいたします。

伝染るということは、周波数の共振である可能性はないのか?

こうした環境の変化や、周波数の影響を受けないようにするには、「霊性を高める」のが、とても重要なことだとトーマスコーワン医師が言っていた。霊性を高めるとは、自分の周波数の振幅を大きくすることであろうか。その事によって、周囲の周波数の影響を最小限に留めることではないのか。

数万羽の鳥の死骸が空から降ってくるイスラエル。

パスツールに毒された科学では解明できないのです。唯一、有益な情報としては、「H5N1が発生した時期は、イスラエルで発生したオミクロンの第4波と重なり」という点。これが5Gによるものだと私には断定できないが、電磁波の影響であることは推察できる。

道

いま来た道を帰ると、誰も歩いていない小道があった。

過去 150 年に起きた大きなパンデミックの時は毎回地球の帯電による量子飛躍(クォンタムリープ)があったのです 1918 年、1917 年の晩秋には、電波が世界中に導入されました。生体系が新たな電磁場にさらされる時はいつでも被毒が起こり、一部は破壊され、残りはいわば仮死状態になるのです。

ドイツの研究者たちは、ビタミンDレベルとCOVIDによる死亡率との間に直線的な関係を見出した

太陽は電磁波で人の躰を温めてくれる。電子レンジのように、体内の水分から先に暖かくなるのだ。それが長時間に及ぶと、躰に害を起こすので、人間は自分でビタミンDを体内に創り出して、電磁波の害から身を守るのだ。

mRNAのcovid注射を行った医師や看護師は、当然のことながら、適切な登録を抹消され、逮捕されることになると思います。

‘我々は、mRNA vacsが内皮上の炎症と心筋へのT細胞浸潤を劇的に増加させ、ワクチン接種後に血栓症、心筋症、その他の血管イベントが増加するという観察結果を説明することができると結論づけた’ 。

酸化グラフェンと磁石、重金属とマイクロ波で何が起こるか彼らは知っているのだろうか?

5Gの周波数の中で生活している人や、いくつかの周波数の中で生活している人、密集した都市の中で誰もが携帯電話を電柱やタワー、受信機に接続している人…これらの人は、速い焼き上がりを経験するでしょうすべては、田舎や神を選びたくなかったからなのです。