数万羽の鳥の死骸が空から降ってくるイスラエル。

パスツールに毒された科学では解明できないのです。唯一、有益な情報としては、「H5N1が発生した時期は、イスラエルで発生したオミクロンの第4波と重なり」という点。これが5Gによるものだと私には断定できないが、電磁波の影響であることは推察できる。

ドイツの研究者たちは、ビタミンDレベルとCOVIDによる死亡率との間に直線的な関係を見出した

太陽は電磁波で人の躰を温めてくれる。電子レンジのように、体内の水分から先に暖かくなるのだ。それが長時間に及ぶと、躰に害を起こすので、人間は自分でビタミンDを体内に創り出して、電磁波の害から身を守るのだ。

ワクチンを摂取した人間はモノのように接続される

細菌の発生は細胞の破壊による症状であり、すべての病気の95%は、食べたもの、飲んだもの、吸ったものに加えて、ラジオやマイクロ波など、何にさらされているかに起因しています。そしてもちろん、あなたの感情や感覚、信じていることやあなたの思考までもが体内環境へ影響を与え、体内毒性のレベルも決定します。

契約書

真偽不明のファイザーの製造供給契約書を魚拓する

ファイザー社は、COVID19ワクチンの国際契約の詳細を守るために、非常に積極的に取り組んできました。 幸運なことに、私はその一つを手に入れることができました。 これらの契約書は機密事項ですが、幸運にもある国では契約書の文書を十分に保護していなかったので、なんとかコピーを手に入れることができました。

酸化グラフェンが原因という説から疑問が生まれる

今のわたしには判断できない。スパイク蛋白のシェディングが事実だということは身をもって体験したが、その防御として、具体的に何をすればいいのか判然としない。もしも、マスクを使う場合、布マスクがいいのか、不織布マスクがいいのかさえ、分からない。わたしはワクチンを射った人の解毒方法をもっと探求すべきだと思う。

パスツール

ウイルスは、生命力を持たない不活性な有機物であり、その活動を見ることはできない。

ウイルスには新陳代謝がなく、エネルギーを形成することもできません。ウイルスは、すべてのゲノムと同様に、情報の鋳型でしかない。ウイルスは、いかなる種類の行動能力も持たない。神経系も、感覚装置も、運動やいかなる種類の「身体的侵襲」をも調整する知能もない。ウイルスは自分自身を複製することはできません。

イベルメクチンは科学者たちに驚きと興奮を与え続けている。

今日、イベルメクチンは科学者たちに驚きと興奮を与え続けており、多様な病気を治療することで世界の公衆衛生の向上に役立つことがますます期待されています。特に、抗菌剤、抗ウイルス剤、抗がん剤としての予想外の可能性は並外れています。

ステファン・ランカ:ウイルス学の決定的誤り。SARS-COV-2と呼ばれるものは、正確にエクソソームのコピーなのです

ウイルスが病気の原因となることを証明するためには、 1.分離。 病人からウイルスを取り出して純粋化すること。 2.可視化。 ウイルスを顕微鏡で可視化し、写真を撮り、ユニークな生化学的構造として特徴づける。そして、ゲノム配列を決め、どのようなタンパク質から構成されるかを決定する。 3.純粋化されたウイルスを実験的ホストに移し、病気にさせる。

ワクチンによる胎盤への自己免疫攻撃

15人の女性にファイザー社のワクチンを投与しました。スパイクタンパク質に対する抗体を測定したところ、現れるまでに数週間かかりましたが、胎盤に対する抗体も測定したところ、最初の1日から4日の間に2.5倍から3倍の増加が見られたそうです。つまり、最初の4日間で自分の胎盤に対する抗体が300%増加したのです