1,000人を超える弁護士と10,000人を超える医療専門家のチームが、人道に対する罪についてCDC、WHO、およびダボスグループに対して訴訟を起こしました。

https://bit.ly/3f9UQ2c

自動翻訳をそのまま引用する。
英語のできる方は、上記リンク先を読んでいただきたい。

COVID詐欺–「人道に対する罪」のためにWHOと世界の指導者に対して訴訟手続きが始まります

毎日の暴露•2021年5月7日

Reiner Fuellmich博士が率いる1,000人を超える弁護士と10,000人を超える医療専門家のチームが、人道に対する罪についてCDC、WHO、およびダボスグループに対して訴訟を起こしました。

Fuellmichと彼のチームは、欠陥のあるPCRテストと、併存疾患による死亡を詐欺としてのCovidによる死亡として分類するよう医師に命じました。PCRテストは、病原体を検出するようには設計されておらず、35サイクルで100%障害があります。CDCが監視するすべてのPCRテストは、37〜45サイクルに設定されています。CDCは、28サイクルを超えるテストは、信頼できる肯定的な結果を得るために認められないことを認めています。これだけで、この誤ったテストの使用によって追跡された疑惑のcovidケース/「感染」の90%以上が無効になります。

欠陥のある検査と不正な死亡診断書に加えて、「実験的」ワクチン自体はジュネーブ条約の第32条に違反しています。 1949年のジュネーブ条約IVの第32条に基づき、「保護された人の治療に必要のない肉刑および医学的または科学的実験」は禁止されています。第147条によると、保護された人に対して生物学的実験を行うことは、条約の重大な違反です。

「実験的」ワクチンは、これらの国際法に違反しようとする者に死刑を科すニュルンベルク綱領の10すべてに違反しています。

「ワクチン」は、ワクチンと見なされるための次の5つの要件を満たしていないため、定義上、医学的な「実験」および試験です。

ウイルスに対する免疫を提供します
これはCovidに対する免疫を提供しない「漏れやすい」遺伝子治療であり、症状を軽減すると主張していますが、二重ワクチン接種は現在、Covid感染症のERまたはICUを必要とする患者の60%です。

レシピエントをウイルスの感染から保護します
この遺伝子治療は免疫を提供せず、二重ワクチン接種は依然としてウイルスを捕まえて拡散させる可能性があります。

ウイルス感染
による死亡を減らすこの遺伝子治療は、感染による死亡を減らすことはありません。Covidに感染した二重ワクチン接種も死亡しました。

ウイルスの循環を減らす
この遺伝子治療は、ウイルスに対する免疫がゼロであるため、ウイルスの拡散を可能にします。

ウイルスの感染を減らす
この遺伝子治療は、ウイルスに対する免疫がゼロであるため、ウイルスの感染を可能にします。

ニュルンベルク綱領の以下の違反は次のとおりです。

ニュルンベルク綱領1:自主的な同意が不可欠

インフォームドコンセントなしに医学的実験を強制されるべきではありません。多くのメディア、政治家、非医療関係者が人々にショットを撮るように言っています。彼らは、この遺伝子治療の悪影響や危険性に関する情報を提供していません。彼らから聞くのは、「安全で効果的」と「利益がリスクを上回る」ということだけです。各国は、封鎖、強要、脅迫を利用して、人々にこのワクチンの接種を強制したり、ワクチンパスポートまたはグリーンパスの義務の下で自由社会への参加を禁止したりしています。ニュルンベルク裁判の間、メディアでさえ起訴され、メンバーは一般大衆に嘘をついたために死刑に処され、多くの医師とナチスは人道に対する罪で有罪となった。

ニュルンベルク綱領2:他の手段では調達できない実りある結果を生み出す

上記のように、遺伝子治療はワクチンの基準を満たしていないため、ウイルスに対する免疫を提供しません。イベルメクチン、ビタミンD、ビタミンC、亜鉛、インフルエンザや風邪に対する免疫力の強化など、Covidに対して実りある結果をもたらす他の治療法があります。

ニュルンベルク綱領#3:動物実験の結果と病気の自然史に基づく基礎実験

この遺伝子治療は動物実験をスキップし、直接人間の試験に行きました。ファイザーが使用したmRNA研究では、BNT162b2 mRNAを使用したアカゲザルのmRNAに関する候補研究で、すべてのサルが肺の炎症を発症しましたが、2〜4歳の若い健康なサルであるため、研究者はリスクが低いと考えました。イスラエルはファイザーを使用しており、国際司法裁判所は、肺の炎症を起こしたレシピエントの80%がこの遺伝子治療を注射されたという主張を受け入れました。この驚くべき開発にもかかわらず、ファイザーは動物実験なしでCovid用のmRNAの開発を進めました。

ニュルンベルク綱領4:不必要な苦痛や怪我をすべて避ける

実験の展開以来、CDC VAERS報告システムの下にリストされており、アメリカでは4,000人以上の死亡と50,000人のワクチンによる負傷が報告されています。EUでは、7,000人以上の死亡と365,000人のワクチンによる負傷が報告されています。これは、このコードの重大な違反です。

ニュルンベルク綱領5:怪我や死亡が発生すると考える理由がある場合は実験を実施しない

事実に基づく医療データに基づいて、この遺伝子治療が死傷を引き起こしている#4を参照してください。mRNAに関する過去の研究でも、この現在の試験遺伝子実験では無視されてきたいくつかのリスクが示されています。SARS-CoV-1スパイクタンパク質に関する2002年の研究では、それらが炎症、免疫病理学、血栓を引き起こし、アンジオテンシン2の発現を妨げることが示されました。この実験は、これらすべてのリスクを継承するこのスパイクタンパク質を生成するように体に強制します。

ニュルンベルク綱領#6:リスクが利益を超えてはならない

Covid-19の回収率は98〜99%です。mRNA遺伝子治療のワクチンによる負傷、死亡、および有害な副作用は、このリスクをはるかに超えています。「漏れやすい」ワクチンの使用は、「ホットウイルス」とその変異体が出現することを示すマレックチキンの研究により、米国とEUによって農業での使用が禁止されました…この病気はさらに致命的です。それでも、これはCDCによって人間が使用するために無視されており、新しい致命的な亜種のリスクが漏れのある予防接種から生じることを完全に知っています。CDCは、漏れやすいワクチンの使用が高温(致命的)株の出現を促進することを十分に認識しています。それでも彼らは人間に関してはこれを無視しました

ニュルンベルク綱領#7:怪我、障害、または死亡の遠隔の可能性に対しても準備を行う必要があります

準備はありませんでした。この遺伝子治療は動物実験をスキップしました。製薬会社独自の第3相ヒト臨床試験は、2022/2023年まで終了しません。これらのワクチンは、緊急使用のみの行為の下で承認され、誤った情報を与えられた公衆に強制されました。それらはFDA承認されていません。

ニュルンベルク綱領#8:実験は科学的に資格のある人が行う必要があります

これが安全で効果的なワクチンであると主張する政治家、メディア、俳優は資格がありません。プロパガンダは医学ではありません。ウォルマートやドライブスルーワクチンセンターなどの多くの小売店は、情報に通じていない一般の人々に実験的な医療遺伝子治療を実施する資格がありません。

ニュルンベルク綱領#9:誰でもいつでも実験を終わらせる自由を持たなければならない

85,000人を超える医師、看護師、ウイルス学者、疫学者の抗議にもかかわらず、実験は終了していません。実際、現在、ワクチンの遵守を強制するために法律を変更する多くの試みがあります。これには、義務的および強制的な予防接種が含まれます。実験的な「更新」ショットは、この実験によってすでに引き起こされた死傷者の増加に頼ることなく、6か月ごとに計画されています。これらの「更新」ショットは、臨床試験なしで投与されます。うまくいけば、この新しいニュルンベルク裁判は、人道に対するこの犯罪に終止符を打つでしょう。

ニュルンベルク綱領#10:怪我や死亡につながる可能性のある原因がある場合、科学者はいつでも実験を終了させる必要があります

統計報告データから、この実験が死傷者を出していることは明らかですが、すべての政治家、製薬会社、いわゆる専門家は、この遺伝子治療実験が誤った情報を与えられた人々に害を及ぼすのを阻止しようとはしていません。

この人道に対する罪を終わらせるためにあなたは何ができるでしょうか?この情報を共有します。政治家、メディア、医師、看護師に説明責任を負わせてください。人道に対する罪に加担している場合、彼らもジュネーブ条約とニュルンベルク綱領に定められた法律の対象となり、裁判にかけられ、有罪となり、死刑に処せられます。法的手続きが進んでおり、証拠が収集され、ますます多くの専門家が警鐘を鳴らしています。

Covid委員会のWebサイト(  https://corona-ausschuss.de/)にアクセスし 、この犯罪の影響を受けた場合は、イベント、関係者、および詳細を次のWebサイトに報告してください。

https://www.securewhistleblower.com/

人道に対する罪は私たち全員に影響を及ぼします。彼らはあなた、あなたの子供、あなたの両親、あなたの祖父母、あなたのコミュニティ、そしてあなたの国とあなたの未来に対する犯罪です。


引用終わり。
これも情報の一つでしかなく、真偽は未だわたしにはわかりません。

ニュルンベルク綱領について、マイケルイードン博士 – 元ファイザー副社長の短い動画を拾いました。

ワクチンとコロナとPCRとマスクについて

今更ながらであるが、コロナの現状についてまとめておく。

1.ワクチンについて

コロナウイルスのワクチンなるものが出来たというが、
「CDCは、コロナウィルスを確認したことが一度もない事を認めた」
(CDC-米国疾病予防センター)

プリンシピア科学協会 10月11日版
「COVID19パンデミックを引き起こしたとされるSARS-COV2ウイルスの存在を分離して確認するための実験室試験が成功したことは一度もない」

https://principia-scientific.com/even-cdc-now-admits-no-gold-standard-of-covid19-virus-isolate/…

ウイルスの分離確認も出来ていないのに、ワクチンは作れないのである。

「アンドリュー・カウフマン:存在証明の無い物のワクチンは作りようがない」

https://www.bitchute.com/video/e5mmcZqMeFXV/



2.コロナウイルスについて


コロナウイルスは存在しない。

アンドリュー・カウフマン博士

https://www.bitchute.com/video/CPLyoWIQLsUK/

トーマスコーエン博士

トーマスコーエン博士



3.PCR検査について

PCR検査というものは「PCR検査とは、検査を受ける人の体液などから検体を採取し、特定のDNAだけを増やす検査。」と説明されるが、実際には、

普通の風邪

インフルエンザ(A型、B型)

RSウイルス

アデノウイルス

パラインフルエンザ

マイコプラズマ肺炎

クラミジア

その他

に反応する訳で、別にコロナウイルス独自の検査方法ではない。

トーマスコーエン博士はct値が35以上の場合は、検査は無効であると語る。
ct値とは、DNAを何回増幅させるかという値。1個のウイルスを35回増幅させると、34,359,738,368個になる。

https://jimakudaio.com/yt?v=2mNhiNry8_Q&lang=ja
(字幕大王)



それはファウチも認めている。

字幕大王 https://www.jimakudaio.com/


しかし、世界の検査はct値が高いところが多い。
これは意図的であろう。

そしてct値が60になれば、全員陽性になるという話だ。


そして日本のある医院のct値がTwitterに掲載されていた。
45である。


この医院の先生の説明によると、業者から納入されたこの機械の設定値は簡単には変更出来なくなっているらしい。

これでは、この検査自体が無効である。ましてや、ct値を33にしたところで、何のウィルスに反応しているかも分からないし、エクソソ−ムに反応しているとすれば、打撲した人は、PCR検査で陽性とされる事もあるだろう。(アンドリュー・カウフマン博士の動画を見てもらいたい。)

「What I think COVID-19 Really is」COVID-19は実際にはエクソソームです。http://bottomx.shibugaki.jp/?p=714

4.マスクについて
コロナウイルスは存在しないが、マスクは人体にどのように作用するのか?
アンドリュー・カウフマン博士の話を聞く。

https://jimakudaio.com/yt?v=Gda9o4FTXrE&lang=ja
(字幕大王)

マスクは人間の関係を引き離し、血中酸素濃度を下げる。
さらに他の病気に関しても、それを防ぐというエビデンスはないという。

実際、日本の厚生労働省も、マスクを着用するような指導は表向きはしていない。これは文科省も同様である。

では何故、大勢の人がマスクをつけるのか。
これはマスコミによる洗脳であるといっていいだろう。


わたしは存在しないウイルスのためにマスクを着けようとは微塵も思わない。
マイクを着ける事が、人間の分断を進める。
さらに、マスクをつける事は、国に対する従属の証であると思っている。

あとは皆さんで判断してもらいたい。

瓢箪から駒が出たのかも知れない-うがい説

瓢箪から駒が出たのかも知れない。

コロナウイルス騒擾を作り出しているのはテレビである。コロナウイルスは存在しない可能性が高い。そもそも、ウイルスが何なのかも、医学では分かっていない。

上記はアンドリューカウフマン博士の説である。

「エクソソームというものは、有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気など様々な要因によって自然に体内に生み出され、情報を全身に伝える役割をしています。

同様のことは、
千島学説とスペイン風邪と5G
でも説明した。

人間は、環境の変化によって、体内にエクソソソームを産出する。それは、RNAの形で、大きさは100nm。今までウイルスと呼ばれていたものと同じである。covid-19に関しては、その正体はエクソソームで間違いないと思われる。

では、そのエクソソームは情報伝達のためにどのような動きをするのか。全ての細胞に入り込むのは当然だが、常在菌の中にも侵入する。そして環境の変化を体中に伝達し、いわば警戒警報を出す。



ここからは、全くの推論になる。

健康な体内では善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌と言われるものが均衡を保っている。エクソソームは常在菌に侵入した時、その活性化を発生させるのではないか?そして、特に日和見菌や悪玉菌が活性化した時に問題が起きる。

常在菌というのは体中に存在する。

たとえば、黄色ブドウ球菌は、人間や動物の皮膚・毛孔、消化管内などに常在するグラム陽性球菌です。通常は無害だが、もしも、エクソソームによって活性化されると、肺炎、腹膜炎、敗血症、髄膜炎など様々な重症感染症を発症する。

コロナウイルス論者はこの状態を見て、コロナは怖いというのだろう。

さて、常在菌が多いのは、腸内、口腔内、鼻腔内とされている。コロナウイルスの初期症状として、味覚や嗅覚の異常を訴える方が多い。これは、エクソソームが常在菌に何らかの変化を起こしている証拠ではないのか。

さらに口腔内の細菌は、血管内を通って、心臓などの内臓器官に影響を与える。口腔内の日和見菌は肺炎菌、ブドウ球菌、大腸菌など。悪玉菌はプロフィロモナス・ジンジバーリス、トレポネーマ・デンティコーラ、タンネレラ・フォーサイセンシス、ミュータンスレンサ球菌など。口腔内の日和見菌や悪玉菌が、脳卒中や心筋梗塞、糖代謝異常などを起こすことはよく知られています。

環境の急激な変化は、エクソソームを産出し、エクソソームは細菌を含む体中の細胞に情報伝達し、その情報伝達に対して、異常に反応した常在菌が体内の色々な場所に炎症等を起こしてしまう。

これが、人が病気になる原因ではないのか。
その状態を見て、コロナウイルスが感染したと喧伝しているのだろう。

大阪の知事が、口走った「うがい」
これが、瓢箪から駒、であった可能性はある。

日本経済新聞 電子版

ただし、うがいの効用はウイルスの消毒ではなく、

1.口腔内で活性化した日和見菌を消毒し、臓器に入れない。
2.口腔内で活性化した日和見菌を消毒し、他人に移さない。

高濃度のヨードの使用は副作用を生じることもあるのでご注意ください。
(食塩水ではダメなのかな?)



もともとウイルスなど存在しないのではないかとわたしは思っている。
冬になれば、気温の変化により、エクソソームが発生し、風邪症状が出る。夏も同様で、夏風邪をひく。

人が炎症反応を起こす原因は、環境の変化によって引き起こされる、エクソソームの産出に伴う常在菌のアンバランスなのではないか。

5Gという新たな周波数の電磁波が世界に広がろうとしている環境では、エクソソームは必ず産出される。スペイン風邪の時は、ラジオ波だったし、ww2の時は、レーダー波で、結核が大幅に増えた。(この時はストレスも多大に影響があったと思われる)結核は不治の病とされていて、転地療法が勧められた。「場」を変えるのだ。環境を変えるのだ。

5Gによる環境の変化に対して、体調を整えておくためには、

1.アーシング(陽電子を身体から逃がす)
2.腸内フローラの改善。
 プロバイオティクス、EM菌、乳酸菌。グルテンを避ける。
3.口内及び鼻腔内の洗浄。
 わたしは、時々0.9%の食塩水で鼻洗いをする。

などが有効だと思われる。

あと、殺菌作用のあるものとしては、煙である。囲炉裏のある家に住むのもいいし、お香を焚くのもいい。たばこもいいだろう。別に吸い込まなくてもいい。葉巻きをふかしているだけでも効果はあるだろう。たばこの吸いすぎは毛細血管に影響を与えてしまうので逆効果。


近年、政府が禁止してきたことを考えると、たき火の禁止であり、たばこの値上げであり、喫茶店等での喫煙の禁止である。これは、煙に殺菌効果のある証でもある。薫製にした魚は長期間保存出来るではないか。雑菌がいないからであろう。


風邪を引いた時に、医師は咳止めとか、解熱剤とか、対症療法の薬しか出せない。風邪の原因が分かっていないからだ。風邪症候群による身体異常の直接の原因は炎症であり、常在菌のアンバランスがそれをもたらす。お勧めはしたくないけれど、緊急の際は抗生物質の投与が必要な時もあるだろう。ただし、抗生物質は善玉菌も殺すので、倦怠感や吐き気、下痢など、副作用が生じることもある。

以上、この記事はわたしの推論であり、判断は各自でお願いします。西洋医学を信じている方は、医師と相談すればよろしいかと思います。

世界中が嘘をついているcovid-19

下の動画の冒頭の数秒。米国では入院患者は靴を履いたままらしい。
New York TimesはHollywoodである。

下の動画はネットで話題になった。私には肯定も否定もできない。私はEden Mediaに懐疑的な感情を少し持っている。

しかし、Tweetされた下の動画では死者も生き返る。

やはり、コロナウイルスというのは、人々の不安を掻き立てるための嘘であり、その原因は新しい電磁波にあるのだろうと思われる。そして、今回の騒動はあくまでもテストだと感じられる。ワクチンという名で人々の身体にチップを入れるという噂も荒唐無稽なことではないだろう。人々の情報を猛烈なスピードでかき集め、データ保存する。さらに、個人に対するピンポイント攻撃も可能な技術なのではないか。
 
これは人間の家畜化である。

下のような情報もあるが、まだ腑に落ちない点も多い。


怯えることはない。二元論を捨て、自然を愛でる気持ちを持ち続けていれば、なるようになる。それさえ忘れなければ、肉体の死など怖れることはないのだ。

5G考察-現場検証と状況証拠

東京都の地図。ニュースで、コロナウイルスのクラスターが発生したと言われる病院や施設にピンを打ってみた。

この図から、ポイント地点だけを残してmapは消去。

東京タワーとスカイツリーを起点に線を引いてみる。

浅草駅は東京スカイツリーからの5Gの実験を最初に受信した場所。



 

東京スカイツリーから浅草への28GHz帯を用いた5G長距離伝送実験に成功

「実験により、電波の減衰が大きく、遠くに飛ばすことが困難だと考えられてきた高周波数帯の電波を、都市部だけではなく地方、郊外、山間部など、より多様な環境で利用することができる技術を実証することができました。」
 
 

60GHz帯通信とLTEを協調動作させる通信方式の開発~5G時代の新しい通信プロトコル~

今回、前述の新しい通信プロトコルを設計し、Linux® OSならびにAndroidTM OS上に実装いたしました。また、CMOS LSIを用いた60GHz帯ミリ波無線プロトタイプを使用して、LTEと60GHz帯を協調させて動画のダウンロード再生ができることを確認いたしました。」
 
 
 

周波数帯と電波伝搬特性

「電波が大気中を伝搬するとき、霧、ガスによって吸収減衰を受ける。電波の周波数が気体分子の持つ双極子の固有周波数に一致すると、分子の共鳴により電波エネルギーが吸収され減衰が起こる。マイクロ波帯での減衰特性を図に示す。水蒸気分子では22GHzおよび180GHzに、また酸素分子では60GHzおよび120GHzにおいてそれぞれ強い吸収が起こる。

「周波数帯と電波伝搬特性」より引用

 
 
今や5Gは周波数帯(帯域幅)や出力などを可変でき、その到達距離はさらに延びているものと推測する。非常に危険であり、人体に与える悪影響は否定できないだろう。
 

この動画が真実であるという証拠はどこにもないが、一応紹介させていただく。