Horowitz: Studies show an aggressive vitamin D campaign could have prevented nearly all COVID deaths
OP-EDDANIEL HOROWITZNovember 30, 2021

https://www.theblaze.com/op-ed/horowitz-studies-show-an-aggressive-vitamin-d-campaign-could-have-prevented-nearly-all-covid-deaths


要点を自動翻訳する。

 

ホロウィッツ 積極的なビタミンDキャンペーンを実施すれば、COVIDによる死亡をほぼすべて防ぐことができたという研究結果が発表される

もし、昨年の3月に、すべての人にビタミンD(吸収の悪い人には活性型ビタミンD)を補給するようにアドバイスすることができたとしたら?このようなアプローチは、ワクチンよりもはるかに効果的であるだけでなく、既知・未知を問わず様々な負の副作用を伴うのではなく、他の様々な健康問題に対して計り知れないほどの正の副作用を人々にもたらすことになるだろうということは、学術研究の果てしない成果が証明しています。

私は最近、政府や大手製薬会社の政治的プロトコルではなく、実際に科学に従ってくれる医師を探して医師を変えました。妻が私の医療記録を調べていたところ、8年前の私のD値は18ng/mLで、不足の基準値を大きく下回っていました。しかし、前任の医師はそのことを私に知らせず、問題視することもありませんでした。しかし、ライアン・コール博士などのアドバイスを受け、数ヶ月間サプリメントを摂取した結果、私の値は67になりました。つまり、昨年3月のパンデミックの際には、私のレベルはまだ非常に低かったということになります。

ドイツの新しい研究によると、18のレベルと50以上のレベルの差が生死を分けるとのことです。なぜ、このような教育が一般に普及しなかったのでしょうか。特に、37度線より上では太陽光による天然のビタミンDが得られない冬の季節になってしまったからでしょうか。それとも、意図的に難読化しているのでしょうか?
もしも昨年3月に、ビタミンD(吸収の悪い人には活性型ビタミンD)を補給するよう、すべての人にアドバイスしていたとしたらどうでしょう?このようなアプローチは、ワクチンよりもはるかに効果的であるだけでなく、既知・未知を問わず様々な負の副作用を伴うのではなく、他の様々な健康問題に対して計り知れないほどの正の副作用を人々にもたらすことになるだろうということは、多くの学術研究が証明しています。

私は最近、政府や大手製薬会社の政治的プロトコルではなく、実際に科学に従ってくれる医師を探して医師を変えました。妻が私の医療記録を調べていたところ、8年前の私のD値は18ng/mLで、不足の基準値を大きく下回っていました。しかし、前任の医師はそのことを私に知らせず、問題視することもありませんでした。しかし、ライアン・コール博士などのアドバイスを受け、数ヶ月間サプリメントを摂取した結果、私の値は67になりました。つまり、昨年3月のパンデミックの際には、私のレベルはまだ非常に低かったということになります。

ドイツの新しい研究によると、18のレベルと50以上のレベルの差が生死を分けるとのことです。なぜ、このような教育が一般に普及しなかったのでしょうか。特に、37度線より上では太陽光による天然のビタミンDが得られない冬の季節になってしまったからでしょうか。それとも、意図的に難読化しているのでしょうか?
もしも昨年3月に、ビタミンD(吸収の悪い人には活性型ビタミンD)を補給するよう、すべての人にアドバイスしていたとしたらどうでしょう?このようなアプローチは、ワクチンよりもはるかに効果的であるだけでなく、既知・未知を問わず様々な負の副作用を伴うのではなく、他の様々な健康問題に対して計り知れないほどの正の副作用を人々にもたらすことになるだろうということは、多くの学術研究が証明しています。

私は最近、政府や大手製薬会社の政治的プロトコルではなく、実際に科学に従ってくれる医師を探して医師を変えました。妻が私の医療記録を調べていたところ、8年前の私のD値は18ng/mLで、不足の基準値を大きく下回っていました。しかし、前任の医師はそのことを私に知らせず、問題視することもありませんでした。しかし、ライアン・コール博士などのアドバイスを受け、数ヶ月間サプリメントを摂取した結果、私の値は67になりました。つまり、昨年3月のパンデミックの際には、私のレベルはまだ非常に低かったということになります。

ドイツの新しい研究によると、18のレベルと50以上のレベルの差が生死を分けるとのことです。なぜ、このような教育が一般に普及しなかったのでしょうか。特に、37度線より上では太陽光による天然のビタミンDが得られない冬の季節になってしまったからでしょうか。それとも、意図的に難読化しているのでしょうか?

ロックダウン、マスク、ワクチンとCOVID患者の予後との間には相関関係がないという研究結果がある一方で、ビタミンDレベルの上昇とCOVID患者の予後の改善との間にはほぼ完璧な相関関係があることを証明する研究が142件もあります。COVID-19の治療研究の中で、最もデータが揃っている分野と言えるでしょう。しかし、最近のドイツの研究は、この鉄のような相関関係を因果関係として証明するのに最も近いという点で、それらの研究の中でも際立っています。

ドイツの研究者たちは、ビタミンDレベルとCOVIDによる死亡率との間に直線的な関係を見出しただけでなく、Dレベルが50ng/mL以上の人の罹患率が実質的にゼロであることを発見しました。この研究が、COVIDによる死亡率とビタミンDレベルを比較した数多くの研究に比べて重要である理由は、患者がCOVIDに感染する数ヶ月前と、感染後にビタミンDレベルを測定したことにあります。「ほとんどの研究では、ビタミンDレベルは感染症の発症後数日経ってから測定されているため、ビタミンDレベルの低下は感染症のきっかけではなく結果である可能性がある」と著者らは述べている。

しかし、今回の研究では、入院患者1,601人を対象に、入院後1日以内にビタミンD値を測定した784人と、感染前にビタミンD値がわかっていた817人を追跡調査した。また、このサンプルの補助として、19カ国で記録されている長期的な平均ビタミンD3値を分析しました。その結果、ビタミンD濃度の中央値は23.2ng/mLで、不足していると考えられました。その結果は驚くべきものでした。

「30ng/mLの閾値を境に、死亡率が大幅に低下したのである。「さらに、我々の分析では、結合したデータセットの相関が約50ng/mLで軸と交差することが示され、このビタミンD3血中濃度が過剰死亡を防ぐ可能性を示唆している。これらの知見は、同じ最適値を示した大規模な感染症研究だけでなく、人類が誕生した地域に住む伝統的な人々に観察された、ほとんどの(すべてではない)個人の感染症を撃退できる自然なレベルによっても支持されています。”

これらの発見に基づき、彼らは、人々は自分の血中濃度を検査し、50以上になるようにサプリメントを摂取すべきだと結論づけています。ビタミンDが不足すると、COVIDで死亡する確率が14倍になるという研究結果がすでに出ている

現実には、ほとんどの人の血中濃度は30以下であり、特に高齢者ではゼロに近い人が多いのです。この試みが始まって20ヶ月が経ちますが、ビタミンDを検査し、それに応じて補充するよう、プライマリ・ケア医にまで浸透した全国的なキャンペーンが行われていないのは、犯罪的としか言いようがありません。ビタミンDは、免疫系の健康や骨の強化、心臓発作や癌のリスクの低下など、多くの利点がありますが、一方で、ウイルスとの「戦い」のために利用している他の多くのもののリスクもあります。ビタミンDは、どんなワクチンよりもウイルスに対する防御効果が高いのに、なぜ新しいワクチンにならないのでしょうか?

特に問題なのは、北欧諸国に住む黒人は一般的にビタミンD濃度が低いことを著者らが発見しているにもかかわらず、政府が彼らのビタミンD不足を認識させようとする動きがないことだ。それどころか、安全性が低く効果のない注射を打つように、黒人たちを貶める努力が絶え間なく続けられています。

著者らの説明によると、COVIDによる主な死因は、ウイルスに対する炎症反応の一環として、体の免疫系が有害なサイトカインを過剰に放出する「サイトカインストーム」に起因する。ビタミンDは、これらの細胞を調整する重要な役割を担っており、ビタミンDが不足していると、サイトカインストームのリスクが高まることとほぼ同義である。いろいろな意味で、サイトカインストームは、文字通りビタミンD不足の結果なのです。

私たちは20ヶ月間でレベルを50以上、少なくとも30以上にすることができました。私は半年間で約50ng/mLのレベルアップを果たしました。もし、一般の人々が同じ時期にこれを行っていたら、ほとんどの死を避けることができたでしょう。吸収に問題のある人には、活性型のカルシフェジオールまたはカルシトリオールを投与して、肝臓の代謝プロセスを非常に迅速に回避してレベルを上げることができただろう。研究によると、低濃度のDを投与された入院患者のほとんどが、その後ICUに進むことはなかったという。

トルコの研究者による新しい研究では、ビタミンD3を30以上にすることを目的とした迅速な治療法でも、サプリメントを使用しない人に比べて大きな成果を上げることができました。この研究では、治療プロトコルを用いてレベルを30以上にした人は、たとえ合併症があっても、合併症のない人でサプリメントを摂取しなかった人よりもはるかに良い結果が得られました。「私たちの治療プロトコールは、2週間以内に血清25OHDレベルを30ng/mL以上に有意に上昇させた」と著者らは結論づけている。「COVID-19症例(併存疾患なし、ビタミンD治療なし、25OHD30ng/mL未満)は、併存疾患あり、ビタミンD治療ありの症例と比較して、8日以上の入院のリスクが1.9倍に増加しました」。

 

ゆえに、政府が人権を侵害し、仕事に就くために自分の体に義務を課すことができると考える人は、もし政府が「仕事に就くためにはD値を50以上にしなければならない」というルールを作ったとしたら、少なくとも科学に従っていることになる。D値が高い人は、個人的に有利なだけでなく、D値の低いワクチン接種者とは異なり、ウイルス量が少ないため、病気を広めることで他の人に影響を与える可能性が非常に低くなります。11,901人の参加者を対象とした23件の研究のメタアナリシスによると、ビタミンDが不足している人は、不足していない人に比べて、SARS-CoV-2に感染する確率が3.3倍になるという。

国として、私たちは、マスク、ロックダウン、注射、効果がゼロまたは限定的にしか証明されていない実験的な治療法によって、子どもたち、社会、経済、精神的健康、身体的健康を害することをいとわない。なぜ私たちは、健康全体にマイナスではなくプラスの副作用をもたらすアプローチを試さないのでしょうか?おそらくその答えは、COVIDに限らず、大手製薬会社がその存在意義をかけている他の病気に対する高用量ビタミンDの効果について、私たちに知られたくないことにあるのでしょう。すべての政治的政策は、そこから下流へと流れていくのです。

 

翻訳終了。



ビタミンDである。
“ビタミンDが不足している人は、不足していない人に比べて、SARS-CoV-2に感染する確率が3.3倍になる”
これは、太陽が電磁波であることだと推察する。太陽は電磁波で人の躰を温めてくれる。電子レンジのように、体内の水分から先に暖かくなるのだ。それが長時間に及ぶと、躰に害を起こすので、人間は自分でビタミンDを体内に創り出して、電磁波の害から身を守るのだ。だから、ビタミンDは新しい電磁波からも身を守る能力を持っている。5Gである。はからずも、このドイツの研究者たちはcovid-19が電磁波病であるということを証明してくれたのだ。

だから、一時期、テレビでは”ステイホーム”などと、訳のわからないことを勧めた。ビタミンDを不足させて電磁波病に罹りやすくするために。報道は洗脳である。残念ながら、国民に真実は伝えない。


判断は各々でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12  +    =  16