小林製薬は下記のような報告を2021年に出している。

2021年7月2日 レポート
https://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/2021/210702_01/
ヨウ素の新型コロナウイルスに対する抗ウイルス効果の視覚的確認に成功

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林章浩)は、ヨウ素の新型コロナウイルスに対する抗ウイルス効果を視覚的に確認しました。
※抗ウイルス効果:試験管内の試験において、細胞への感染性を持つウイルスが99.9%以上減少すること

研究の概要

過去にも、新型インフルエンザウイルスやSARS・MERSが報告され、世界保健機関(WHO)によるパンデミック宣言などがありました。最近では、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに生活者の感染症への対策意識はさらに高まっており、新型コロナウイルスの不活化に効果的な素材の検証が求められています。
今回の研究では、第三者研究機関(一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター)で行われた in vitro 実験(試験管内の実験)において、ヨウ素水溶液(0.5%)を新型コロナウイルスに作用させると不活化(感染性消失)することを確認しました。
従来よりも細胞変性の様子を視覚的に確認できる方法として、タイムラプス動画でも撮影を行いました。(図1)これによりヨウ素を作用させた場合の抗ウイルス効果を視覚的にも確認できました。(ヨウ素を作用させない場合には、新型コロナウイルスにより細胞が破壊、膨張、融合などの変化が生じている様子を捉えることができました。)
弊社では、以前からヨウ素等の抗ウイルス効果に関する基礎研究を続けております。今回の研究は、新型コロナウイルスに関する新たな知見として、感染症対策研究の一助として社会に貢献できるものと考えております。

ヨウ素に抗ウイルス効果があるとのこと。
しかし、ウイルスは存在しない。
それなのにヨウ素でコロナウイルスが不活化するとは、どういうことか、わたしには分からない。コロナとは放射線の影響を受けた體の反応なのかと勘ぐってしまう。

そして今回紅麹サプリを摂取した人の健康被害が取り沙汰され、小林製薬は商品の回収に乗り出した。そして厚労省は小林製薬の製造工場に立ち入り検査。この一連の動きが速すぎると思うのはわたしだけだろうか。

【速報】小林製薬 紅麹サプリ問題 和歌山の工場に立ち入り検査 厚労省と和歌山県(2024年3月31日)
https://www.youtube.com/watch?v=aV19XWnKaOA

確かに紅麹サプリに入っているスタチンは健康被害を生むことは確かだ。わたしも病院でスタチンを処方されたことがあるが、飲まずに棄てた。スタチンはコレステロール値が高い人に安易に処方される薬だ。

実は紅麹菌が有名になったのは、日本人の研究者が紅麹菌からコレステロールを下げる成分・モナコリンKを見つけたことがあります。薬全体でいっても、非常に大きなマーケットを持つ有名な薬の開発に繋がる化合物を見つけられたんですね。今、世の中に出回ってる、いわゆる「スタチン類」と呼ばれる有名なコレステロールの低下剤は、それと類似の化学構造を持っています。
(鳥取大学農学部 児玉基一朗 教授)

また、Wikiでは
スタチンの投与によってみられる副作用には、頭痛・眠気・不眠症・筋肉痛腹痛発疹倦怠感などのほかに、重篤なものとして横紋筋融解症末梢神経障害・ミオパシー肝機能障害血小板減少・心不全の発症・動脈硬化症などがある。このうち横紋筋融解症は急激な腎障害を伴うことがあるため、投与時にはクレアチンキナーゼミオグロビンなど筋原酵素の動態に注意を払う必要がある。アルコール中毒者や肝臓障害者および既往歴のある者や甲状腺機能低下症の患者は高リスク群となる。高用量のスタチンを処方した場合、急性腎障害による入院率が上昇するとの報告がある(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%81%E3%83%B3

しかしながら、サプリに入っているスタチン類で、急に入院を要するような状態になるものだろうか?この調査は、腎臓に病のある方の中から、紅麹を摂取したことがある人を探したものなのではないのだろうか。

tweetでは「ワクチンの副反応を紅麹のせいだとしている」との意見がとても多い。しかし、下のような意見もある。主にナットウキナーゼのつぶやきが多い。

紅麴のニュースで私が気になっているのは、紅麹が「スタチン」と「ナットウキナーゼ」と関係していることです。私は、スタチンとナットウキナーゼ単体(注:納豆や納豆菌ではない)は体に良いものではないと認識しています。

私がワクチン後遺症で患った心臓病も眼の網膜症も微小血栓によるものです 毒ワクから作られるスパ蛋は微小血栓を作りジワジワと全身を侵す この微小血栓を溶かすのもスパ蛋を分解できるのもナットウキナーゼだけです! しかも小林製薬のナットウキナーゼで私は命を救われました

ナットウキナーゼって、ワクチンの解毒に効果があるって、海外の研究者の間でも話題なり、知る人ぞ知る事実なんだけど、回収するのか。 これはやっぱり、きな臭い匂いがプンプンしますね

コロナウイルス感染やコロナワクチン接種によって血栓が出来てしまいます その血栓を溶かし、さらにコロナとワクチンのスパイクたんぱく質を分解する働きがナットウキナーゼにあります

小林製薬はナットウキナーゼのサプリを販売している。ナットウキナーゼは血栓を溶かしワクチン薬害を軽減させる効果がある。ファやモには邪魔。だから潰したい。目の上のタンコブ。

ワクチン後遺症に対する、ナットウキナーゼの可能性 ➀ 細胞外のスパイク蛋白質だけでなく細胞内も分解 ➁ 血液脳関門を通過し脳にも到達 よって、脳に到達したスパイク蛋白質以外の異常プリオン、アミロイド、ミスフォールド蛋白質の分解にも繋がっているかもしれません。

ワクチンブースター接種してる人は紅麹のスタチンは控えた方がよいと思います。 そのかわり、ナットウキナーゼは ワクチン接種者には必要です。 大量生産して欲しいです。 早速本日もう1年分買われた方もいます。 私も昨日買いました。 コロナワクチン打った人は無症状でも多くに心筋炎が起きており、 スパイクタンパクも大量生成されて しまってるので、改善と解毒には、 ナットウキナーゼが不可欠です。

この小林製薬に対する厚労省の立ち入り検査が、茶番ではないと仮定した場合、厚労省の標的はヨウ素の情報と、ナットウキナーゼにあるのではないか?

こうして、色々妄想してみるが、残念ながら事実は分からない。
今夜も春の月は姿を見せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3  +  4  =