こんにちは。

兄の癌については、なんというか、あまり心配していません。
わたしはワクチン接種の影響だと思っているので、癌はワクチンの中の異物を解毒するためにできたと思っています。森下先生が、癌は浄化装置、と言われていたような記憶があります。また、風邪をこじらせたりして、亡くなった高齢の方を解剖すると、たいてい2〜3個のがん細胞が見つかるとも言います。

一応、わたしの知識はほとんど兄に話しました。
電話や直接話した時間は10時間を越えていると思います。

あとは、兄が何を自分で選択するかです。
自分で決意する。
これが一番大事だと思っています。

今、兄は自分が決めた方法を、試しているようです。
先日、兄のかかりつけ医と話す機会がありました。
わたしは医師に「この癌を治したら、すごいやろ」と言って来ましたが、どうなるでしょうね。
(かかりつけ医はわたしの同級生なので、ため口です)


わたしは兄に話せることはすべて話しましたし、手助けできることは厭わずに行いました。
結果は、どうなるか分かりませんが、運命の岐路は通り過ぎたと思います。
その先に何が待っているのか、そのことに執着する心はありません。


癌の末期の痛み・・。
これは不可解ですね。
ワクチンを射ったり、抗癌剤治療した作用であるのなら少し納得できますが。
うちの兄は、両方やってしまっていますから、もしも、痛みが出るようであれば、それらのせいであると思います。

ですから、癌に対する現代医療を受けなければ、痛みが生じることは少ないのではないでしょうか?



ところで、シェディングの臭いは嫌ですね。
夏になってみんなが汗ばむせいなのか、余計に臭います。

わたしの家人は小さな部屋で事務の仕事をしていますので、部屋中にシェ臭が充満していると言います。部屋には換気扇もないそうです。帰宅すると、とても臭います。臭いを連れて帰ってくるのです。その臭いを嗅ぐと、わたしはすぐに鼻の奥が痛くなります。

家人は、先日とうとう、帰宅後に嘔吐下痢症を起こしました。救急車を呼ぶという選択肢もあるほどの容態でした。以後、ビタミンDとグルタチオンと炭を飲むように話しています。

早く秋にならないかと、待ち望む毎日です。

ではまた。



「それぞれのシェディング」ナカムラクリニック
https://note.com/nakamuraclinic/n/n45b51f60dcfa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7  +  1  =