昨日、惰眠を貪っていると、電話。女性。
「ひかりインターネットサービスです」
「あんたの会社の正式名称を言ってくれ」
「ひかりインターネットサービスです」
「会社の正式名称を言えよ」

女性は慌てた様子で
「し・失礼しました」

と電話を切った。


今朝は朝から、一斉に熊蝉が鳴く。
いきなり夏が来た。
時が遡る。

自宅で作ったブランパンをトーストして、ピーナッツクリームを塗って食べているとインターホン。
玄関に出ると背の高い男。ワク臭あり。

「おたくはNTTの回線を引かれていますよね」
「はい」
「インターネットが遅かったり、料金が高かったりすることはありませんか?」
「ない」
「今ならインターネットが1,000円以上お安く使えるようにできますがいかがですか?」
「安くなくてもいい」
「設定そのほかは当方がすべて行いますよ?」
「他人に設定などしてほしくない。俺をなめとんのか?」

男が首からぶら下げている名刺を見るとSTネット。Pikaraか。いけ好かない会社だ。

「1,000円以上お安く使えるようにできますが・・・」
「俺は安いものと、ポイントカードが嫌いなんじゃ。」

男は後ずさりしながら門扉から出て行った。

昨日といい、今日といい、平日の昼間に電話をかけてきたり、訪問してきたりするのは、お年寄りを丸め込む作戦だろうか。

まことに世知辛い世の中になったものだ。
わたしの家は築60年を越えているから、よほど貧乏に見えるのかな?

少しアドレナリンが出たので、山口百恵の曲を聴きながら、アメスピを吸う。
https://www.youtube.com/watch?v=cg7yX6Qx4IM&t=1570s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2  +  4  =