数万羽の鳥の死骸が空から降ってくるイスラエル。

パスツールに毒された科学では解明できないのです。唯一、有益な情報としては、「H5N1が発生した時期は、イスラエルで発生したオミクロンの第4波と重なり」という点。これが5Gによるものだと私には断定できないが、電磁波の影響であることは推察できる。

道

いま来た道を帰ると、誰も歩いていない小道があった。

過去 150 年に起きた大きなパンデミックの時は毎回地球の帯電による量子飛躍(クォンタムリープ)があったのです 1918 年、1917 年の晩秋には、電波が世界中に導入されました。生体系が新たな電磁場にさらされる時はいつでも被毒が起こり、一部は破壊され、残りはいわば仮死状態になるのです。

「ミツバチ、鳥、そして人間。”エレキテルスモッグ “は自然を破壊する」という著作がある

1990年代後半には無線革命によって緊急性が高まり、2006年には 「コロニー崩壊病」と呼ばれるようになり、世界的な緊急事態となった。現在、国内のミツバチだけでなく、すべての野生のミツバチが絶滅の危機に瀕している。

酸化グラフェンと磁石、重金属とマイクロ波で何が起こるか彼らは知っているのだろうか?

5Gの周波数の中で生活している人や、いくつかの周波数の中で生活している人、密集した都市の中で誰もが携帯電話を電柱やタワー、受信機に接続している人…これらの人は、速い焼き上がりを経験するでしょうすべては、田舎や神を選びたくなかったからなのです。

酸化グラフェンが原因という説から疑問が生まれる

今のわたしには判断できない。スパイク蛋白のシェディングが事実だということは身をもって体験したが、その防御として、具体的に何をすればいいのか判然としない。もしも、マスクを使う場合、布マスクがいいのか、不織布マスクがいいのかさえ、分からない。わたしはワクチンを射った人の解毒方法をもっと探求すべきだと思う。

毛細血管レベルの血栓は全く新しい現象である

「肺の血管が塞がれてしまいました。その結果、肺に血液を送るために、心臓はより大きな抵抗に耐えようと、より強く働く必要が出てくるのです。これは肺動脈性肺高血圧症と呼ばれ、血液が効果的に行き渡らないために肺の血圧が高くなります。この状態の人は、通常、数年以内に心不全で亡くなります」。

「わたしにできることはなんだろう」などと考えるのは疲れる

色々なサイトや動画を見ていると、マトリックスやスピリチュアル系の情報に出会う。 必ずと言っていいほど出てくるのは、愛であり、善悪であり、光と闇である。わたしはこれがわからない。そして、誰もこれらの言葉を説明しない。

パスツール

ウイルスは、生命力を持たない不活性な有機物であり、その活動を見ることはできない。

ウイルスには新陳代謝がなく、エネルギーを形成することもできません。ウイルスは、すべてのゲノムと同様に、情報の鋳型でしかない。ウイルスは、いかなる種類の行動能力も持たない。神経系も、感覚装置も、運動やいかなる種類の「身体的侵襲」をも調整する知能もない。ウイルスは自分自身を複製することはできません。

covid-19は、いくつかの方法で導入された酸化グラフェンが原因という説

COVID-19病は、外部の電磁場と今体内にある酸化グラフェンの相互作用で発症した。すべては武漢から始まり、ここが2019年11月下旬に5G技術試験を行う世界初のパイロットサンプル都市であったことを忘れてはならない。