covid-19は、いくつかの方法で導入された酸化グラフェンが原因という説

COVID-19 IS CAUSED BY GRAPHENE OXIDE INTRODUCED BY SEVERAL WAYS
“covid-19は、いくつかの方法で導入された酸化グラフェンが原因です。”

という説がある。

動画は以下。

https://rumble.com/vj25zh-covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-introduced-by-several-ways.html

これを解説したページが以下。
https://fromthetrenchesworldreport.com/covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-introduced-by-several-ways-into-the-body/288145



自動翻訳させていただく。

本日、ラ・キンタ・コルムナは、生物統計学者のリカルド・デルガド氏、ホセ・ルイス・セビラノ氏、および彼らが研究を進めてきた研究者や教授のチームが、予防接種の小瓶の中に酸化グラフェンのナノ粒子が含まれていることを確認したことから、できるだけ多くの人々、特に健康や法律に関わる人々に届くことを願って、緊急の発表を行いました。

番組No.63では、光学顕微鏡と透過型電子顕微鏡による観察結果を中心に、実施された分析の写真が紹介されました。また、酸化グラフェンの存在を決定するために実施されたすべての技術に基づいた報告書は、分析を行った研究者によって近日中に正式に発表されると発表しました。

Orwell Cityでは、いつものようにLa Quinta Columnaからのメッセージを翻訳し、数時間前に彼らの公式Telegramチャンネルで公開されたビデオを字幕化しました。

現在使用されているマスクや販売されているマスクには、酸化グラフェンが含まれています。当時回収されたものだけでなく、メディアが指摘するように、PCR検査と抗原検査の両方に使用された綿棒にも酸化グラフェンのナノ粒子が含まれている。

アストラゼカ、ファイザー、モデナ、シノバック、ヤンセン、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど、あらゆる種類のCOVIDワクチンにも、相当量の酸化グラフェンナノ粒子が含まれています。これは、我が国の様々な公立大学が使用している電子顕微鏡や分光法などの技術で分析した結果である。

抗インフルエンザワクチンには酸化グラフェンのナノ粒子が含まれており、彼らが準備している新しい抗インフルエンザワクチンや新しいとされる経鼻抗COVIDワクチンにも、膨大な量の酸化グラフェンのナノ粒子が含まれている。酸化グラフェンは、生体内の血栓を生成する毒性があり、血液の凝固を引き起こす毒性があります。酸化グラフェンは、免疫系の変質を引き起こす。凝血予備軍に対する酸化バランスを分解することで。どのような投与経路であっても、酸化グラフェンの投与量を増やすと、免疫系の崩壊とそれに続くサイトカインストームを引き起こす。

肺に蓄積された酸化グラフェンは、肺胞管に均一に散布されて両側性の肺炎を引き起こす。酸化グラフェンは金属味を引き起こす。これで理解してもらえただろうか。酸化グラフェンを吸い込むと、粘膜に炎症が起こり、味覚が失われ、嗅覚の一部または全部が失われる。

酸化グラフェンは、生体内で強力な磁気特性を獲得する。これが、酸化グラフェンの様々な投与経路の後に、世界中の何十億人もの人々が既に経験している磁気現象の説明である。その中にはワクチンも含まれている。

つまり、酸化グラフェンは、SARS-CoV-2、COVID-19と呼ばれる病気の前に誘発された新しいコロナウイルスのはずである。したがって、新型コロナウイルスを実際に分離・精製したことは、最高レベルの医療機関や各国の医療機関が質問を受けた際に認識していた。COVID-19病は、さまざまな投与経路で酸化グラフェンを導入した結果である。

酸化グラフェンは、疑惑のSARS-CoV-2と同様に、エアロゾル中では極めて強力で強い。どんな物質でもそうだが、酸化グラフェンには「電子吸収帯」と呼ばれるものがある。つまり、ある周波数を超えると、材料が励起されて非常に急速に酸化し、自然の抗酸化物質であるグルタチオンの蓄えに対する毒性物質の生体内での増殖との均衡が崩れるのである。まさにこの周波数帯は、新しい5Gワイヤレス技術の新しい放出帯域で放出されています。だからこそ、パンデミックの最中にもこれらのアンテナの配備が止まることはなかったのです。

実際、これらのアンテナへの国家治安部隊や軍団による特別な監視を除けば、数少ないサービスが維持されていた。2019年の抗インフルエンザキャンペーンでは、酸化グラフェンがすでにアジュバントとして使用されていたため、これらのバイアルに導入されたのではないかと考えています。

アジュバント(Adjuvant)とは、ラテン語の「助ける」という意味をもつ 'adjuvare' という言葉を語源に持ち、ワクチンと一緒に投与して、その効果(免疫原性)を高めるために使用される物質のことです。あくまでもワクチンの効き目を高めるためのものなので、アジュバントだけを投与してもワクチン効果は得られません。(訳者注)
バイアル(VIAL)とは、注射剤を入れる容器。(訳者注)

その後の世界各地での5G技術の実験で、COVID-19病は、外部の電磁場と今体内にある酸化グラフェンの相互作用で発症した。すべては武漢から始まり、ここが2019年11月下旬に5G技術試験を行う世界初のパイロットサンプル都市であったことを忘れてはならない。時空を超えた偶然の一致です。

パンゴリン版もコウモリのスープ版も、単に気を引く要素でしかなかった。酸化グラフェンを導入する目的は、想像以上に不明瞭なものです。したがって、これらの情報を同化して、政府の最高機関が国民に身を守れと言い、さらには病気そのものになる可能性のあるものを強要することで、今まで持っていた病気の知識を「リセット」するには十分すぎるほどの効果があります。論理的には、病気の原因や病因が生物学的物質ではなく、正確には化学的毒性物質であることが分かったので、それを減衰させる方法も分かっている。グルタチオンは天然の抗酸化物質であり、生体内に蓄えられています。

少し詳しく説明すると、メディアで報道されている内容を完全に理解することができます。子供の場合、グルタチオンは非常に高い値を示します。そのため、この病気は子供たちにはほとんど影響を与えません。グルタチオンは65歳を過ぎると非常に大きく低下します。そのため、COVID-19は特に高齢者層に多く見られます。グルタチオンは激しいスポーツをしている人たちでは非常に高いレベルにある。これが、スポーツ選手のわずか0.22%がこの病気にかかっている理由です。

これで、実際に行われた数え切れないほどの研究で、N-アセチルシステイン(体内でグルタチオンの前駆体となる)やグルタチオンを直接投与した治療で、COVID-19の病気が非常に早く治ったという結果が出た理由がお分かりいただけると思います。これは、酸化グラフェンという毒性物質に対処するために、グルタチオンの濃度が上昇したためである。

今回のラキンタコルムナの発見は、国家によるバイオテロリズムの本格的な攻撃であり、少なくとも世界の人々に対する政府の共謀によるものであり、今や人類に対する犯罪を構成するものである。

したがって、この情報を医療関係者に提供することは絶対に必要であり、不可欠です。一般開業医、看護師、医療サービス全般、さらには地元や地域のメディアや報道機関、そしてあなたの周りのすべての人たちに。ラキンタコルムナの推計では、毎日何万人もの人が亡くなると言われています。私たちの国だけでも、新しい5Gの技術的なスイッチオンが行われたときに。

酸化グラフェンを使用したインフルエンザワクチンを接種するのは、老人ホームにいる高齢者だけではありません。ご存じのように、国民の大部分が酸化グラフェンを徐々に投与するワクチン、つまりグラフェン化されていることを念頭に置いてください。

体にはこの毒物を排除する能力が備わっていますので、グラフェンを体内にとどめておくために、1年に3回までの投与を提案しています。

私たちは、ここで顕在化したことの証拠をひとつひとつ手にしています。正義が行動を起こそうとしている間にも、人々は底なしの崖から突き落とされ続けるだろう。この視聴覚資料をご覧になっている方は、1年以上もの間、最高機関から完全に、そして素朴に騙されていたことをご理解いただけると思います。今になって初めて、テレビのニュースで見ていた不自然さを理解できるでしょう。

この貴重な情報を補完するために、https://www.laquintacolumna.net または私たちのテレグラムチャンネルにアクセスすることができます。ここでは、10万人以上の人々がすでに真実を知り、自分たちが受けた大規模な欺瞞に加担していないことを知っています。どうか、このビデオをあなたの周りに広め、私たち全員の間で止めましょう。アジェンダ20/30のロードマップの果実である私たちに用意されている運命は、私たちだけにかかっているのです。

ご清聴ありがとうございました。

-ラ・キンタ・コルムナ(La Quinta Columna)。

引用終了。


これはcovid-19に対する新しい説ではある。
そして、酸化グラフェンと5Gの相関関係はありうることだと思う。
酸化グラフェンと5Gによって体内に異常が起きエクソソームが発生する。
わたしは、Sars-Cov-2はエクソソームだと思っている。

では、酸化グラフェンとはなんだろう?

ナカムラクリニックの先生が記事を書いてくれている。
「コロナワクチンとグラフェン」
https://note.com/nakamuraclinic/n/n97655c40652c



判断は各々でお願いします。

ビタミンDとcovid-19のおさらいから電磁波と酸化グラフェン

今日の話はすべてわたしの夢想である。

血清ビタミンD濃度が上がるとCovid-19に羅患しにくいという研究結果がある。

「栄養チャンネル Nobunaga」より抜粋。
<https://www.youtube.com/watch?v=x3uHDlkwMAc&t=2s>

さて、紫外線に当たると血清ビタミンD濃度が上がるといわれる。この現象は、紫外線から體を守るために、体内でビタミンDが生成されるものだと思っている。

いや、紫外線だけではないだろう。太陽が発する電磁波から體を守るために生成しているのだとわたしは予測している。

さて、covid-19だが、Sars-Cov-2の存在を証明した人は世界中で一人もいない。
ウイルスは生物かどうかも判然としないが、わたしたちの體は細菌で出来ているということは確かなようである。

さて、わたしはcovid-19は新たな電磁波(5G)によって、引き起こされているものではないかと思う。だからこそビタミンD濃度が上がるとCovid-19に羅患しにくい。

人間の體は環境の変化が起きると、体内からエクソソームを発生させて、メッセージを体中に伝達する。そのときに炎症を起こし、咳が出たり、鼻水が出たり、熱を出したりする。急に寒くなったときなども環境の変化である。発熱は體が自分を治癒している証拠のようなもの。不用意に解熱剤を使うのは得策ではない。

そして、電磁波の環境の変化が5Gの導入。わたしたちの體は5Gという電磁波を知らない。だから、感冒のような症状を起こす。それをウイルスとしてでっち上げたのがPCR検査である。

ところで、太陽光というのは10-13m〜102mまでの波長の電磁波を出しているようだ。

太陽は電磁波を地球に降り注いでいる。そして、太陽光を受けたものは、太陽の電磁波により分子が振動して温度を上げている。ちょうど電子レンジのようなものだ。一番動きやすい分子は水。だから、海水の温度は上がりやすく、海岸線よりも内陸のほうが気温が低い。飛行機の飛ぶ高度10kmあたりは、-35℃〜-50℃くらい。

ガンマ線 – ごく微量
エックス線 – ごく微量
紫外線(~0.4µm) – 約7%
可視光線(0.4µm~0.7µm) – 約47%
赤外線(0.7µm~100µm) – 約46%
電波(100µm~) – ごく微量

https://ameblo.jp/welcome-elohim/entry-12155565442.htmlより


地上に達する10-4mから10-7mの波長域から外れた電磁波に人間は対応していない。だから何らかの影響を受けてしまう。


さらに、5Gについては、60GHzが酸素を吸収することがわかっている。直射されると呼吸ができなくなるということだ。



<covid-19のあらすじ>

2019年12月8日
原因不明の肺炎が中国・武漢で発生
武漢といえば、5G都市である。

真っ先に伝えられたのは「抗生物質が効かない」ということ。これはデマだろう。

2020年1月1日
武漢市が感染源とみられる武漢華南海鮮市場を閉鎖。
感染源は、この市場で海鮮以外に売られていた野生動物の肉ではないかと言われる。
明らかなデマ。

1月9日
原因不明の肺炎について「新型のコロナウィルス」によるものと中国政府が発表。
新型コロナウィルスによる初の死者が発生(呼吸不全による心停止)
さらにデマ。

2月1日
日本で、新型コロナウィルスが感染症法上の「指定感染症」にされる。
デマを固めたか。

2月3日
横浜に到着したダイヤモンドプリンセス号が停泊できずに隔離状態。一日ごとに感染者が爆発的に増える。ダイヤモンド・プリンセス号にはミリ波アンテナが複数設置されている。ここでもPCR詐欺が行われたか?

2月11日
WHOが今回の新型肺炎を正式に「COVID-19」と命名。

2021年
ワクチンの接種が始まった。
コロナウイルスをでっち上げたのは、このワクチンを射つためだったのだ。

さて、ビタミンDがなぜcovid-19に効くのか。

それは、covid-19が電磁波によって引き起こされた症候群であるからではないのか。環境の変化によって生じる感冒。死亡率はワクチンよりも低いとの情報を毎日のように目にするが、テレビはそれを伝えない。奴隷の囲い込みに懸命に取り組んでいる。

トーマス・コーワン博士

ここまで書いて、最近、酸化グラフェンという話が出てきた。酸化グラフェンと5Gの関係について説明されている動画がある。

「COVID-19は複数の方法で体内に取り込まれた酸化グラフェンによって引き起こされる」
https://rumble.com/vjf3dh-covid-19-covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-20210625.html

covid-19にたいする新しい説ではある。
わたしは酸化グラフェンと5Gの相関関係はありうることだと思う。しかし、Sars-Cov-2はエクソソームだと思っている。


判断は各々でお願いします。


5G基地局の塔を設置する仕事をしていたイアンが真実を語る。

この動画はYouTubeで削除されつづけているので、画像と日本語訳だけを残しておきます。

俺の名前はイアン。
基地局の塔を設置する仕事をしている。
いや、もう辞めた。
その仕事を退職した。
自分が設置しているのが中国製の兵器で、監視システムの基盤となっていることが判ったからだ。年収は6万ドル減ったけれども、別の業界に再就職した。

この動画を作ることを躊躇したけど、いま世界で起きていることを見て、知っているのに黙っている訳にはいかないと思った。

みんなにどう伝えたらいいのか難しいけど、5Gに関する間違った情報や考えが流布されている。

多くの人々は怖がっている。当然だ。これは、今まで我々が使っていたものとは違う。もう、使われてしまっている、それが問題なんだ、それが嫌なんだ。

実際に俺が工事したいくつかの地域で、身体に悪影響を感じる人が出るだろう。

何から話せばいいんだ。

5Gは新しい方法で電波を送信する。2Gや3Gのように直接通信する。4Gは泡状に送信する。

あなたは、それら非電離放射線を被曝している。つまり、プルトニウムやウランのように電子を軌道から弾き飛ばして細胞を突然変異させるということはない。

それでも、アメリカ国立衛生研究所は電磁波は発ガン性があると証明した。しかも、2Gと3Gについてだ。電磁波は腫瘍やガンの原因になると証明した。

ネズミを使った実験で証明したんだ。3000万ドルかけた2年間の調査で、携帯電話の電波に発癌性があると証明した。

君の携帯電話のユーザー・マニュアルに書いてるだろう。身体から離しておけと、身体に密着させて携帯するなと。そして使うときは頭から6インチ離して使えと。

5Gとなると、また話が違ってくる。5Gはミリ波の電波を送信する。重要なのは非電離放射線のレーザー・ビームということだ。

彼らは実験をしたあとに、あることに気が付いた。ミリ波の被曝が健康を害することが1970年代に解っていたことを。

俺は当時の文書や調査結果を読んだ。

彼らは昔から解っていたんだ。だから軍が暴動鎮圧の目的で「 Active Denial System 」と呼ばれる対人兵器として使っているんだ。群衆に向かってミリ波を放射して体液の水分子に働きかけて身体が沸騰するのを感じ、群衆が逃げて行くんだ。

俺が好きだった仕事は誇りも持っていたが、こんなものと同じ技術だということを知って、続けることはできなかった。

俺は、いくつかの動画を作ったし、多くの人々が怖がったが、それも当然だ。ある意味、俺は落ちこぼれだし。

いま世界中で起こっていることについて俺はコメントせずにはいられない。

昨年11月に武漢でスマート・シティ・グリッドが世界で初めて稼働した。わかるかい?60GHzの5Gネットワークのスイッチを入れちまったんだ。そして2か月後に呼吸器疾患のアウトブレイクさ。

ここに60GHzについて面白れぇ情報がある。60GHzの電磁波は酸素が吸収されるという面白い周波数帯だ。

2.4GHzは君が持っている電子レンジや、コードレスホン、Wi-Fiルーターなど、これらは2.4GHzを使っている。この周波数帯は水素分子に作用するから、水を沸騰させる。なぜなら電子を励起するからだ。

40~60GHzは酸素分子に作用する。酸素分子に吸収されて、酸素の電子が励起し、ヘモグロビンが破壊されて鉄と結合できなくる。特に5Gのレーザービームの中では呼吸ができなくなる。

武漢では11月に5Gが稼働した。3月になって隔離を行っている。計算してみな。

ダイヤモンド・プリンセスはどうかって? クルーズ・ライナーね、クルーズ・ライナーにはないだろうって? いや、あるんだ。5Gは搭載してないけど、世界で最初の40GHzのスターリング・ネットワークを搭載しているんだ。中軌道の人工衛星が船の上空に居て、高速データ通信を提供しているんだ。

武漢で始まり、韓国、イタリアのミラノで稼働した。イギリスで稼働し、アメリカ中で稼働した。感染爆発の地域の地図を持ってきて、5Gスマート・グリッドの地域の地図を重ねてみな。ピッタリだ! 5G技術は危険だということだ。俺が言ってることが正しいことを証明している。

俺が間違っている方がいいさ、俺が完全に間違っていてほしいと思うよ。でも、俺が正しいことが証明されちまった。あまりにも多くの間違った情報で溢れ、知識不足なやつばかりだし、どのメディアもこれについて伝えない。

偶然なんかじゃない、偶然なんて絶対に信じない。

アメリカの自分の地域には俺が設置した。本当に申し訳ないと思う。

俺は6万ドルの減収を覚悟で仕事を辞めた。アメリカのみんなを傷つけながら、お金を選択することはできなかった。

でも、見ろよ、基地局はどんどん設置されているよ。電柱や信号機、電灯など、アメリカ中に何十万も、そしてあちこちの国に、世界中に設置する。そして、誰も君に教えてくれないのさ。

俺たちは伝えるべきだろ。市議会や議員にも。ドナルド・トランプのツイッター・アカウントに、自分は怖いということ、5Gをよく調査するべきであること、停止すべきであることを伝えるんだ。それが、唯一の方法だ。政治家や官僚に5Gをやめるよう伝えるんだ。5Gを止めて、長期的な影響を良く調べてもらうべきだ。

ただ、言わせてもらえば、大手通信会社は、これに何兆ドルも投資してて、大金が動くとロクなこたぁねぇ。政治家どもは汚職ばかりさ。

みんなと、みんなの家族に神の御加護を。


(当訳は、どこかのページで拾ったものを保存していたものです。)

著名な生化学教授が警告– 5Gは「世界の歴史における最も愚かなアイデア」

米国最古の月刊誌であるSCIENTIFIC AMERICANが5Gに重大な警告を発行。

***少し古い記事ですが、全文を転載させていただく。

最近発行された「5Gが安全であると信じる理由はない」という記事で、Scientific American(SciAm)誌は、5Gテクノロジーの既知の潜在的な危険性について厳しい警告を発行しました。

特に重要なのは、SciAmが1845年に発明者で出版社のRufus M. Porterによって創刊され、1921年から毎月発行されている米国で最も古い継続的に発行されている月刊誌であるという事実です。科学的基準であり、今日のファクトチェッカーは非常に信頼性が高く、頑固なプロサイエンスとして賞賛しています。

カリフォルニア大学バークレー校の公衆衛生研究者、ジョエル・M・モスコウィッツ氏はこの記事で、5Gは以前のw-fiやセルラー技術とともに、政府や通信業界が一般大衆に信じてほしいよりもはるかに有害であると主張している。

読む5Gは「人道に対する戦争」であることを国連職員が警告

彼の主な懸念は、プレスリリースで行われた最近のFCCの発表に集中しています。FCCは、1990年代に委員会によって以前に採用された無線周波数放射(RFR)の曝露制限を再確認するところです…5Gの導入のかなり前、 4G、3G、2G、さらにはWiFi。

要するに、FCCが維持したいと考えている安全基準は非常に古いものであり、害を示す科学的証拠の増大を反映していません。

Moskowitzは、’90年代のばく露制限はRFRへのばく露の強さの潜在的影響に関する唯一の懸念に対処するだけであると指摘しています。私たちが利用できるようになった研究により、健康への懸念は、とりわけ、癌の誠実なリスクを含めて、はるかに広くなります。

「最新のセルラーテクノロジーである5Gは、2Gから4Gまでの古いセルラーテクノロジーで使用されていたマイクロ波に加えて、初めてミリ波を採用します。到達距離が限られている場合、5Gでは100〜200メートルごとにセルアンテナが必要になり、多くの人々がミリ波放射にさらされます。5Gはまた、露出の測定に独特の課題をもたらす新しい技術(たとえば、ビーム形成が可能なアクティブアンテナ、フェーズドアレイ、大規模なMIMOとして知られる大規模な複数の入出力)を採用しています。

ミリ波は主に、人間の皮膚から数ミリメートル以内、および角膜の表層で吸収されます。短期暴露は、末梢神経系、免疫系、心血管系に有害な生理学的影響を与える可能性があります。研究は、長期暴露が皮膚(例、黒色腫)、目(例、眼黒色腫)および精巣(例、不妊)に健康上のリスクをもたらす可能性があることを示唆しています。

FCCのRFR露出制限は、搬送波の周波数を考慮して露出の強度を調整しますが、RFRの信号特性を無視します。曝露のパターン化と期間に加えて、信号の特定の特性(パルス、分極など) は、曝露の 生物学的影響と健康への影響増大させます。これらの異なる影響を説明する新しい曝露限界が必要です。さらに、これらの制限は、実験用ラットの行動の変化ではなく、生物学的効果に基づいている必要があり  ます。」〜ジョエル・M・モスコウィッツ、サイエンティフィック・アメリカン

読む:5Gネットワ​​ークはペンタゴン群集制御システムと同じEMF波を使用しています

Moskowitzは、RFRの現在知られている危険な影響について詳しく説明している国際的なEMF科学者控訴も引用してます。

「多くの最近の科学出版物は、EMFがほとんどの国際的および国内的ガイドラインをはるかに下回るレベルで生物に影響を与えることを示しています。影響には、癌リスクの増加、細胞ストレス、有害なフリーラジカルの増加、遺伝的損傷、生殖器系の構造的および機能的変化、学習および記憶障害、神経障害、および人間の一般的な健康への悪影響があります。植物と動物の両方の生命に有害な影響の証拠が増えているため、被害は人類をはるかに超えています。」【出典

モスコビッツはそれを指摘している」とこの訴えに署名した科学者は間違いなく、非電離放射線の影響に関する専門家の過半数を構成している。彼らはEMFに関する2,000以上の論文と手紙を​​専門誌に発表しました。」読者と政策立案者に、500を超える査読済みの調査研究の重要性を検討するよう依頼し、「強度が低すぎて有意な加熱を引き起こさないRFRへの曝露による生物学的または健康への有害な影響」とモスコビッツは、より厳密な調査が必要になると考えています。ロールアウトが進む。

読む著名な生化学教授が警告– 5Gは「世界の歴史における最も愚かなアイデア」です

言いかえれば、科学的陪審はすでにRFRの有害な影響について出ており、FCCは公共の安全を通信業界の利益よりも優先する義務を全廃している。

この議論の宣伝の側面に関して、モスコウィッツは業界の広報担当者と関連する政府当局者が逆説的な見解を「恐怖を煽る」と頻繁に言及するという事実に取り組み、現在の科学研究は正当であり、科学コミュニティに真の責任を委ねていますこれらの懸念について話します。

「通信業界とその専門家は、ワイヤレス技術の5Gの出現に対する「恐怖の監視」の携帯電話放射の影響を研究した多くの科学者を非難しています。私たちの研究の多くは公的資金によるものであるため、査読済みの科学文献がワイヤレス放射線による健康リスクについて教えてくれることを公に知らせることは私たちの倫理的責任であると信じています。」〜ジョエル・M・モスコウィッツ、サイエンティフィック・アメリカン

最終的な考え

5Gは安全であるという政府および通信業界の包括的な主張に亀裂が見られ、多くの著名で影響力のある科学者要人、および組織5Gに反対している–同意なしの世界規模の人間実験。Scientific Americanの編集委員会が作品を実行するためには、この非難の5Gは、科学コミュニティの最も主流の要素でさえも真に懸念しているという非常に強力なシグナルです。

Terence Newton  は WakingTimes.comのスタッフライターで 、主に科学、人間の心、人間の意識に関連する問題に関心を持っています。

この記事(著名な生化学教授Warns – 5Gは「世界の歴史における最も愚かなアイデア」) は、元々Waking Timesによって作成および発行され   、Terence Newton  および  WakingTimes.comに帰属 するクリエイティブコモンズライセンスの  下でここに発行されます  。これは、適切な帰属、著者の経歴、およびこの著作権声明とともに自由に再投稿できます。

***転載終了

https://www.wakingtimes.com/2019/02/20/biochemistry-professor-warns-5g-is-the-stupidest-idea-in-the-history-of-the-world/


瓢箪から駒が出たのかも知れない-うがい説

瓢箪から駒が出たのかも知れない。

コロナウイルス騒擾を作り出しているのはテレビである。コロナウイルスは存在しない可能性が高い。そもそも、ウイルスが何なのかも、医学では分かっていない。

上記はアンドリューカウフマン博士の説である。

「エクソソームというものは、有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気など様々な要因によって自然に体内に生み出され、情報を全身に伝える役割をしています。

同様のことは、
千島学説とスペイン風邪と5G
でも説明した。

人間は、環境の変化によって、体内にエクソソソームを産出する。それは、RNAの形で、大きさは100nm。今までウイルスと呼ばれていたものと同じである。covid-19に関しては、その正体はエクソソームで間違いないと思われる。

では、そのエクソソームは情報伝達のためにどのような動きをするのか。全ての細胞に入り込むのは当然だが、常在菌の中にも侵入する。そして環境の変化を体中に伝達し、いわば警戒警報を出す。



ここからは、全くの推論になる。

健康な体内では善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌と言われるものが均衡を保っている。エクソソームは常在菌に侵入した時、その活性化を発生させるのではないか?そして、特に日和見菌や悪玉菌が活性化した時に問題が起きる。

常在菌というのは体中に存在する。

たとえば、黄色ブドウ球菌は、人間や動物の皮膚・毛孔、消化管内などに常在するグラム陽性球菌です。通常は無害だが、もしも、エクソソームによって活性化されると、肺炎、腹膜炎、敗血症、髄膜炎など様々な重症感染症を発症する。

コロナウイルス論者はこの状態を見て、コロナは怖いというのだろう。

さて、常在菌が多いのは、腸内、口腔内、鼻腔内とされている。コロナウイルスの初期症状として、味覚や嗅覚の異常を訴える方が多い。これは、エクソソームが常在菌に何らかの変化を起こしている証拠ではないのか。

さらに口腔内の細菌は、血管内を通って、心臓などの内臓器官に影響を与える。口腔内の日和見菌は肺炎菌、ブドウ球菌、大腸菌など。悪玉菌はプロフィロモナス・ジンジバーリス、トレポネーマ・デンティコーラ、タンネレラ・フォーサイセンシス、ミュータンスレンサ球菌など。口腔内の日和見菌や悪玉菌が、脳卒中や心筋梗塞、糖代謝異常などを起こすことはよく知られています。

環境の急激な変化は、エクソソームを産出し、エクソソームは細菌を含む体中の細胞に情報伝達し、その情報伝達に対して、異常に反応した常在菌が体内の色々な場所に炎症等を起こしてしまう。

これが、人が病気になる原因ではないのか。
その状態を見て、コロナウイルスが感染したと喧伝しているのだろう。

大阪の知事が、口走った「うがい」
これが、瓢箪から駒、であった可能性はある。

日本経済新聞 電子版

ただし、うがいの効用はウイルスの消毒ではなく、

1.口腔内で活性化した日和見菌を消毒し、臓器に入れない。
2.口腔内で活性化した日和見菌を消毒し、他人に移さない。

高濃度のヨードの使用は副作用を生じることもあるのでご注意ください。
(食塩水ではダメなのかな?)



もともとウイルスなど存在しないのではないかとわたしは思っている。
冬になれば、気温の変化により、エクソソームが発生し、風邪症状が出る。夏も同様で、夏風邪をひく。

人が炎症反応を起こす原因は、環境の変化によって引き起こされる、エクソソームの産出に伴う常在菌のアンバランスなのではないか。

5Gという新たな周波数の電磁波が世界に広がろうとしている環境では、エクソソームは必ず産出される。スペイン風邪の時は、ラジオ波だったし、ww2の時は、レーダー波で、結核が大幅に増えた。(この時はストレスも多大に影響があったと思われる)結核は不治の病とされていて、転地療法が勧められた。「場」を変えるのだ。環境を変えるのだ。

5Gによる環境の変化に対して、体調を整えておくためには、

1.アーシング(陽電子を身体から逃がす)
2.腸内フローラの改善。
 プロバイオティクス、EM菌、乳酸菌。グルテンを避ける。
3.口内及び鼻腔内の洗浄。
 わたしは、時々0.9%の食塩水で鼻洗いをする。

などが有効だと思われる。

あと、殺菌作用のあるものとしては、煙である。囲炉裏のある家に住むのもいいし、お香を焚くのもいい。たばこもいいだろう。別に吸い込まなくてもいい。葉巻きをふかしているだけでも効果はあるだろう。たばこの吸いすぎは毛細血管に影響を与えてしまうので逆効果。


近年、政府が禁止してきたことを考えると、たき火の禁止であり、たばこの値上げであり、喫茶店等での喫煙の禁止である。これは、煙に殺菌効果のある証でもある。薫製にした魚は長期間保存出来るではないか。雑菌がいないからであろう。


風邪を引いた時に、医師は咳止めとか、解熱剤とか、対症療法の薬しか出せない。風邪の原因が分かっていないからだ。風邪症候群による身体異常の直接の原因は炎症であり、常在菌のアンバランスがそれをもたらす。お勧めはしたくないけれど、緊急の際は抗生物質の投与が必要な時もあるだろう。ただし、抗生物質は善玉菌も殺すので、倦怠感や吐き気、下痢など、副作用が生じることもある。

以上、この記事はわたしの推論であり、判断は各自でお願いします。西洋医学を信じている方は、医師と相談すればよろしいかと思います。