毛細血管レベルの血栓は全く新しい現象である

Doctor who vaccinated 900 calls blood clots at capillary level an ‘absolutely new phenomenon’
By World Tribune on August 8, 2021

900人にワクチンを投与した医師、毛細血管レベルの血栓は「全く新しい現象」と語る

https://www.worldtribune.com/doctor-who-vaccinated-900-calls-blood-clots-at-capillary-level-an-absolutely-new-phenomenon/?s=06

自動翻訳開始。

900人以上の患者にCovidワクチンを投与したカナダの医師が、そのうち62%の患者が血栓の陽性反応を示したと報告した。

ブリティッシュ・コロンビア州で28年間医師をしているチャールズ・ホフ博士は、実験的なmRNAワクチンであるModernaを約900回投与したが、その際に見られた中心的な問題は、患者の最も細い毛細血管に生じた微細な血栓であったという。

Hoffe氏によると、血栓は「毛細血管レベルで発生しています。これは今までになかったことです。これは珍しい病気ではありません。これは全く新しい現象なのです。”

Hoffe氏によると、微小血栓は小さすぎて、CTスキャンやMRI、その他の従来の検査(血管造影など)では検出できません。この微小血栓は、Dダイマーという血液検査でしか検出できないという。

Joel S. Hirschhorn博士は、4月7日付のNo Q Report誌への寄稿で、Dダイマー検査を用いて、mRNAを注射した患者の62%が血液凝固陽性であったことを確認したと述べている。

ワクチンに含まれるスパイクタンパク質は、「血管内皮の細胞壁の一部」になると博士は述べています。「つまり、血液がスムーズに流れるように滑らかになっているはずの血管内皮の細胞が、この小さなトゲトゲのようなものを突き出しているのです。血小板が毛細血管を通ってくると、突然、これらのコビットの突起にぶつかり、血栓が形成されて血管を塞ぐことが絶対に避けられなくなります」。

メディアが非常に稀であると主張する血栓は、脳卒中の原因となる大きな血栓で、CTスキャンやMRIなどに現れます。私が言っている血栓は微細なもので、スキャンでは見つけられないほど小さいものです。そのため、Dダイマー検査でしか見つけることができません。最も心配なのは、脳、脊髄、心臓、肺など、体の一部には再生できない部分があるということです。それらの組織が血栓によって損傷を受けると、永久的な損傷を受けてしまうのです。”

Hoffe氏は続けます。「肺の血管が塞がれてしまいました。その結果、肺に血液を送るために、心臓はより大きな抵抗に耐えようと、より強く働く必要が出てくるのです。これは肺動脈性肺高血圧症と呼ばれ、血液が効果的に行き渡らないために肺の血圧が高くなります。この状態の人は、通常、数年以内に心不全で亡くなります」。

4月に州保健省に提出した手紙の中で、ホフは自分が接種したワクチンによる重篤な副作用の発生率が高いことを指摘している。「強調しなければならないのは、これらの人々は、壊滅的な病気の治療を受けている病人ではないということです。強調しなければならないのは、これらの人々は壊滅的な病気の治療を受けている病人ではなく、以前は健康だった人々が、インフルエンザと同じ死亡率の病気から身を守るために、長期的な副作用が未知の実験的な治療を受けていたということです。悲しいことに、彼らの人生は台無しになってしまったのです」。

6月の報告書で、ピーター・マッカロー博士はこう指摘しています。「つまり、これは動脈や静脈の大きな血栓で見られるような血栓形成とは全く異なるタイプのものなのです。例えば、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓です」と述べています。

McCullough氏はさらに、「脚の主要な血管に関わる血栓。これは別のタイプの血栓で、実際、イタリア人が勇気を持って検死したところ、肺に微小な血栓が見つかったのです。それで、最終的に理解したのは、肺がダメになるのは、ウイルスがいるからではないということです。微小な血栓がそこにあるからなのです。…人が呼吸できないとき、問題は肺の中の微小な血栓です。…ウイルスの球についているトゲは、血管を傷つけて血栓を引き起こすウイルスそのものである。”

マックロー氏は、コビット・ワクチンはどれもウイルスのリスクが少ないほとんどの人には安全ではないとも公言している。

ハーシュホーン氏は、7月にカナダ公衆衛生庁(PHAC)が、アストラゼネカ社のワクチンを接種したカナダ人に、ワクチンに関連した血栓症の症例を27件確認し、そのうち5人が死亡したことを指摘した。

ジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチンに関するイェール大学の報告書では、28例中6例がワクチン関連の血栓症で死亡したと報告されています。

「また、血液中の血小板濃度が異常に低いことも指摘されており、これはアストラゼネカ社のワクチンの影響を受けた人にも見られる異常な状況です」とハーシュホーンは述べています。

翻訳終了。



ワクチンについては、色々と言われているが、酸化グラフェンが入っていることは確かなようだ。だけれど、下の表が正しいものかどうかはわからない。


macaron@fraisst

さんが日本語を入れてくれてます。


Dr Bryanの動画。



酸化グラフェンと5Gの動画がネットで出回っている。


でもこの黒い物体が酸化グラフェンかどうかはわからない。
だが、磁化する物質を体の中に入れると、電磁波の影響を受けやすいという憶測は、それほど真実から遠いものではないと思われる。

いずれにしても、SARS-CoV-2が存在する証拠もない現在、リスクを冒してワクチンを接種する必要はどこにもない。こう考えるのは理論上の常識の範疇である。

判断は各々でお願いしたい。

オックスフォード大学・ショーンブルックス博士の動画 字幕大王

(注)
ある方のツイートを転載する。衝撃的な画像であるので、嫌な方は見ないでほしい。

<huo777@AreShilling>
“This is my employees sister that was mandated to get vaccine from the hospital she worked at. Vaccine and then blood clot 3 days later to her arm almost being amputated. Went to her superiors and they told her to resign. Zero recourse!!!”

「これは私の従業員の妹で、彼女が働いていた病院からワクチンの接種を義務付けられていました。ワクチンを接種した後、3日後に血栓ができ、腕が切断されそうになりました。上司に相談したところ、彼女は辞職するように言われました。頼みの綱はありませんでした。」


https://bottomx.shibugaki.jp/wp-content/uploads/2021/09/ワクチン血栓腕1.jpeg
https://bottomx.shibugaki.jp/wp-content/uploads/2021/09/ワクチン血栓腕2.jpeg
https://bottomx.shibugaki.jp/wp-content/uploads/2021/09/ワクチン血栓腕3.jpeg
https://bottomx.shibugaki.jp/wp-content/uploads/2021/09/ワクチン血栓腕4.jpeg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です