1,000人を超える弁護士と10,000人を超える医療専門家のチームが、人道に対する罪についてCDC、WHO、およびダボスグループに対して訴訟を起こしました。

https://bit.ly/3f9UQ2c

自動翻訳をそのまま引用する。
英語のできる方は、上記リンク先を読んでいただきたい。

COVID詐欺–「人道に対する罪」のためにWHOと世界の指導者に対して訴訟手続きが始まります

毎日の暴露•2021年5月7日

Reiner Fuellmich博士が率いる1,000人を超える弁護士と10,000人を超える医療専門家のチームが、人道に対する罪についてCDC、WHO、およびダボスグループに対して訴訟を起こしました。

Fuellmichと彼のチームは、欠陥のあるPCRテストと、併存疾患による死亡を詐欺としてのCovidによる死亡として分類するよう医師に命じました。PCRテストは、病原体を検出するようには設計されておらず、35サイクルで100%障害があります。CDCが監視するすべてのPCRテストは、37〜45サイクルに設定されています。CDCは、28サイクルを超えるテストは、信頼できる肯定的な結果を得るために認められないことを認めています。これだけで、この誤ったテストの使用によって追跡された疑惑のcovidケース/「感染」の90%以上が無効になります。

欠陥のある検査と不正な死亡診断書に加えて、「実験的」ワクチン自体はジュネーブ条約の第32条に違反しています。 1949年のジュネーブ条約IVの第32条に基づき、「保護された人の治療に必要のない肉刑および医学的または科学的実験」は禁止されています。第147条によると、保護された人に対して生物学的実験を行うことは、条約の重大な違反です。

「実験的」ワクチンは、これらの国際法に違反しようとする者に死刑を科すニュルンベルク綱領の10すべてに違反しています。

「ワクチン」は、ワクチンと見なされるための次の5つの要件を満たしていないため、定義上、医学的な「実験」および試験です。

ウイルスに対する免疫を提供します
これはCovidに対する免疫を提供しない「漏れやすい」遺伝子治療であり、症状を軽減すると主張していますが、二重ワクチン接種は現在、Covid感染症のERまたはICUを必要とする患者の60%です。

レシピエントをウイルスの感染から保護します
この遺伝子治療は免疫を提供せず、二重ワクチン接種は依然としてウイルスを捕まえて拡散させる可能性があります。

ウイルス感染
による死亡を減らすこの遺伝子治療は、感染による死亡を減らすことはありません。Covidに感染した二重ワクチン接種も死亡しました。

ウイルスの循環を減らす
この遺伝子治療は、ウイルスに対する免疫がゼロであるため、ウイルスの拡散を可能にします。

ウイルスの感染を減らす
この遺伝子治療は、ウイルスに対する免疫がゼロであるため、ウイルスの感染を可能にします。

ニュルンベルク綱領の以下の違反は次のとおりです。

ニュルンベルク綱領1:自主的な同意が不可欠

インフォームドコンセントなしに医学的実験を強制されるべきではありません。多くのメディア、政治家、非医療関係者が人々にショットを撮るように言っています。彼らは、この遺伝子治療の悪影響や危険性に関する情報を提供していません。彼らから聞くのは、「安全で効果的」と「利益がリスクを上回る」ということだけです。各国は、封鎖、強要、脅迫を利用して、人々にこのワクチンの接種を強制したり、ワクチンパスポートまたはグリーンパスの義務の下で自由社会への参加を禁止したりしています。ニュルンベルク裁判の間、メディアでさえ起訴され、メンバーは一般大衆に嘘をついたために死刑に処され、多くの医師とナチスは人道に対する罪で有罪となった。

ニュルンベルク綱領2:他の手段では調達できない実りある結果を生み出す

上記のように、遺伝子治療はワクチンの基準を満たしていないため、ウイルスに対する免疫を提供しません。イベルメクチン、ビタミンD、ビタミンC、亜鉛、インフルエンザや風邪に対する免疫力の強化など、Covidに対して実りある結果をもたらす他の治療法があります。

ニュルンベルク綱領#3:動物実験の結果と病気の自然史に基づく基礎実験

この遺伝子治療は動物実験をスキップし、直接人間の試験に行きました。ファイザーが使用したmRNA研究では、BNT162b2 mRNAを使用したアカゲザルのmRNAに関する候補研究で、すべてのサルが肺の炎症を発症しましたが、2〜4歳の若い健康なサルであるため、研究者はリスクが低いと考えました。イスラエルはファイザーを使用しており、国際司法裁判所は、肺の炎症を起こしたレシピエントの80%がこの遺伝子治療を注射されたという主張を受け入れました。この驚くべき開発にもかかわらず、ファイザーは動物実験なしでCovid用のmRNAの開発を進めました。

ニュルンベルク綱領4:不必要な苦痛や怪我をすべて避ける

実験の展開以来、CDC VAERS報告システムの下にリストされており、アメリカでは4,000人以上の死亡と50,000人のワクチンによる負傷が報告されています。EUでは、7,000人以上の死亡と365,000人のワクチンによる負傷が報告されています。これは、このコードの重大な違反です。

ニュルンベルク綱領5:怪我や死亡が発生すると考える理由がある場合は実験を実施しない

事実に基づく医療データに基づいて、この遺伝子治療が死傷を引き起こしている#4を参照してください。mRNAに関する過去の研究でも、この現在の試験遺伝子実験では無視されてきたいくつかのリスクが示されています。SARS-CoV-1スパイクタンパク質に関する2002年の研究では、それらが炎症、免疫病理学、血栓を引き起こし、アンジオテンシン2の発現を妨げることが示されました。この実験は、これらすべてのリスクを継承するこのスパイクタンパク質を生成するように体に強制します。

ニュルンベルク綱領#6:リスクが利益を超えてはならない

Covid-19の回収率は98〜99%です。mRNA遺伝子治療のワクチンによる負傷、死亡、および有害な副作用は、このリスクをはるかに超えています。「漏れやすい」ワクチンの使用は、「ホットウイルス」とその変異体が出現することを示すマレックチキンの研究により、米国とEUによって農業での使用が禁止されました…この病気はさらに致命的です。それでも、これはCDCによって人間が使用するために無視されており、新しい致命的な亜種のリスクが漏れのある予防接種から生じることを完全に知っています。CDCは、漏れやすいワクチンの使用が高温(致命的)株の出現を促進することを十分に認識しています。それでも彼らは人間に関してはこれを無視しました

ニュルンベルク綱領#7:怪我、障害、または死亡の遠隔の可能性に対しても準備を行う必要があります

準備はありませんでした。この遺伝子治療は動物実験をスキップしました。製薬会社独自の第3相ヒト臨床試験は、2022/2023年まで終了しません。これらのワクチンは、緊急使用のみの行為の下で承認され、誤った情報を与えられた公衆に強制されました。それらはFDA承認されていません。

ニュルンベルク綱領#8:実験は科学的に資格のある人が行う必要があります

これが安全で効果的なワクチンであると主張する政治家、メディア、俳優は資格がありません。プロパガンダは医学ではありません。ウォルマートやドライブスルーワクチンセンターなどの多くの小売店は、情報に通じていない一般の人々に実験的な医療遺伝子治療を実施する資格がありません。

ニュルンベルク綱領#9:誰でもいつでも実験を終わらせる自由を持たなければならない

85,000人を超える医師、看護師、ウイルス学者、疫学者の抗議にもかかわらず、実験は終了していません。実際、現在、ワクチンの遵守を強制するために法律を変更する多くの試みがあります。これには、義務的および強制的な予防接種が含まれます。実験的な「更新」ショットは、この実験によってすでに引き起こされた死傷者の増加に頼ることなく、6か月ごとに計画されています。これらの「更新」ショットは、臨床試験なしで投与されます。うまくいけば、この新しいニュルンベルク裁判は、人道に対するこの犯罪に終止符を打つでしょう。

ニュルンベルク綱領#10:怪我や死亡につながる可能性のある原因がある場合、科学者はいつでも実験を終了させる必要があります

統計報告データから、この実験が死傷者を出していることは明らかですが、すべての政治家、製薬会社、いわゆる専門家は、この遺伝子治療実験が誤った情報を与えられた人々に害を及ぼすのを阻止しようとはしていません。

この人道に対する罪を終わらせるためにあなたは何ができるでしょうか?この情報を共有します。政治家、メディア、医師、看護師に説明責任を負わせてください。人道に対する罪に加担している場合、彼らもジュネーブ条約とニュルンベルク綱領に定められた法律の対象となり、裁判にかけられ、有罪となり、死刑に処せられます。法的手続きが進んでおり、証拠が収集され、ますます多くの専門家が警鐘を鳴らしています。

Covid委員会のWebサイト(  https://corona-ausschuss.de/)にアクセスし 、この犯罪の影響を受けた場合は、イベント、関係者、および詳細を次のWebサイトに報告してください。

https://www.securewhistleblower.com/

人道に対する罪は私たち全員に影響を及ぼします。彼らはあなた、あなたの子供、あなたの両親、あなたの祖父母、あなたのコミュニティ、そしてあなたの国とあなたの未来に対する犯罪です。


引用終わり。
これも情報の一つでしかなく、真偽は未だわたしにはわかりません。

ニュルンベルク綱領について、マイケルイードン博士 – 元ファイザー副社長の短い動画を拾いました。

WHO(ついに)PCRテストが偽陽性を生み出すことを認める

世界保健機関は12月14日にガイダンスメモを発表し、 PCRテストのサイクルしきい値が高いと誤検出が発生することを警告しました。

*** http://bit.ly/3h3dBDYを自動翻訳で全コピーしました。

タイラーダーデンの写真タイラー・ダーデン2020年12月20日日曜日-8:12

テストの高いCT値に関する警告は、数か月遅れています…では、なぜ今表示されているのでしょうか。潜在的な説明は驚くほど皮肉です…

世界保健機関は12月14日にガイダンスメモを発表し、  PCRテストのサイクルしきい値が高いと誤検出が発生することを警告しました。

この情報は正確ですが、何ヶ月も利用可能であるため、質問する必要があります。なぜ彼らは今それを報告しているのですか?ワクチンが効いているように見せるためですか?

「ゴールドスタンダード」のSars-Cov-2テストは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)に基づいています。PCRは、ヌクレオチド(DNAまたはRNAの小さな断片)を取得し、それらが識別できるほど大きくなるまで複製することによって機能します。複製はサイクルで行われ、各サイクルで遺伝物質の量が2倍になります。識別可能なものを生成するために必要なサイクル数は、「サイクルしきい値」または「CT値」として知られています。CT値が高いほど、重要なものを検出する可能性が低くなります。

この新しいWHOのメモは、高いCT値を使用してSars-Cov-2の存在をテストすると、偽陽性の結果が生じると述べています。

彼ら自身の言葉を引用するには[私たちの強調]:

RT-PCR試薬のユーザーは、IFUを注意深く読ん で、高いサイクルしきい値(Ct)値の結果が陽性と解釈される標本につながる可能性のあるバックグラウンドノイズを考慮するために、PCR陽性しきい値の手動調整が必要かどうかを判断する必要があります。結果。

彼らは続けて説明します[繰り返しますが、私たちの強調]:

RT-PCRの設計原理は、循環ウイルス(ウイルス量)のレベルが高い患者の場合、ウイルスを検出するために必要なサイクルが比較的少ないため、Ct値が低くなることを意味します。逆に、検体が高いCt値を返す場合、ウイルスを検出するために多くのサイクルが必要だったことを意味します。 状況によっては、バックグラウンドノイズとターゲットウイルスの実際の存在を区別することが困難です。

もちろん、これは注意を払っている人にとってはニュースではありません。PCRテストは簡単に操作でき、非常に不正確になる可能性があることは、「パンデミック」の物語とそれが販売に使用されているポリシーに反対する私たちの頻繁に繰り返される戦いの叫びの1つです。

 この分野の多くの専門家、医療ジャーナリスト 、 その他の研究者によって、それについて多くの記事が書かれてい ます。35を超えるCT値を使用したテストは、潜在的に無意味であるということは、ここ数か月間、一般的に利用可能な知識です。

PCRプロセスの発明でノーベル賞を受賞したKaryMullis博士は、それが診断ツールとして意図されたものではないことを明らかにしまし た。

PCRを使えば、うまくやれば、だれでもほとんど何でも見つけることができます。」

そして、サイクルのしきい値についてコメントすると、かつて言った:

シングルコピー遺伝子を増幅するために40サイクル以上行かなければならない場合は、PCRに深刻な問題があります。」

PCRの使用のためのMIQEガイドライン 

暗黙の低効率のため、40を超えるCq値は疑わしいものであり、通常は報告すべきではありません。」

これはすべて、封鎖が始まって以来、公に知られています。オーストラリア政府 自身のウェブサイトは、テストに欠陥があることを認め、 ポルトガルの裁判所は、テストが目的に適して いないことを決定しました。

アンソニー・ファウチ博士でさえ 、35を超えるサイクル閾値が生きているウイルスではなく「死んだヌクレオチド」を検出することになることを 公に認めています。

これらすべてにもかかわらず、世界中の多くのラボが、40代前半でも、35を超えるCT値でPCRテストを使用していることが知られています。

では、なぜWHOはこれが間違っていると最終的に決定したのでしょうか。この単純な現実を認識することを最終的に選択した理由は何でしょうか。

その答えは潜在的に衝撃的な皮肉です: 私たちは今ワクチンを持っています。誤検知はもう必要ありません。

概念的には、システムはその奇跡的な治療法を生み出しました。

したがって、全員が予防接種を受けた後、行われるすべてのPCRテストは「新しいWHOガイドラインの下で」行われ 、35回以上ではなく25〜30サイクルしか実行されません。

見よ、「陽性の症例」の数は急減し、私たちの奇跡のワクチンが効くことが確認されます。

何ヶ月にもわたってデータプールに誤検知が殺到し、「偶然に」死亡を誤って カウントし、他のすべての死亡診断書に「Covid19関連の死亡」を追加した後…彼らは止めることができます。 作成・パンデミックマシンが 再びゼロに達することができます。

…言われた通りに私たち全員がする限り。異議の兆候(たとえば、ワクチンを拒否する大勢の人々)とCT値は再び上昇し始め 、魔法の病気を取り戻します。



「*** http://bit.ly/3h3dBDYを自動翻訳で全コピーしました。」

以下原文。
英文で読んだ方が正確だと思われます。

WHO (Finally) Admits PCR Tests Create False Positives

Tyler Durden's Photoby Tyler DurdenSunday, Dec 20, 2020 – 8:12

Authored by Kit Knightly via Off-Guardian.org,

Warnings concerning high CT value of tests are months too late…so why are they appearing now? The potential explanation is shockingly cynical…

The World Health Organization released a guidance memo on December 14th, warning that high cycle thresholds on PCR tests will result in false positives.

While this information is accurate, it has also been available for months, so we must ask: why are they reporting it now? Is it to make it appear the vaccine works?

The “gold standard” Sars-Cov-2 tests are based on polymerase chain reaction (PCR). PCR works by taking nucleotides – tiny fragments of DNA or RNA – and replicating them until they become something large enough to identify. The replication is done in cycles, with each cycle doubling the amount of genetic material. The number of cycles it takes to produce something identifiable is known as the “cycle threshold” or “CT value”. The higher the CT value, the less likely you are to be detecting anything significant.

This new WHO memo states that using a high CT value to test for the presence of Sars-Cov-2 will result in false-positive results.

To quote their own words [our emphasis]:

Users of RT-PCR reagents should read the IFU carefully to determine if manual adjustment of the PCR positivity threshold is necessary to account for any background noise which may lead to a specimen with a high cycle threshold (Ct) value result being interpreted as a positive result.

They go on to explain [again, our emphasis]:

The design principle of RT-PCR means that for patients with high levels of circulating virus (viral load), relatively few cycles will be needed to detect virus and so the Ct value will be low. Conversely, when specimens return a high Ct value, it means that many cycles were required to detect virus. In some circumstances, the distinction between background noise and actual presence of the target virus is difficult to ascertain.

Of course, none of this is news to anyone who has been paying attention. That PCR tests were easily manipulated and potentially highly inaccurate has been one of the oft-repeated battle cries of those of us opposing the “pandemic” narrative, and the policies it’s being used to sell.

Many articles have been written about it, by many experts in the field, medical journalists and other researchers. It’s been commonly available knowledge, for months now, that any test using a CT value over 35 is potentially meaningless.

Dr Kary Mullis, who won the Nobel Prize for inventing the PCR process, was clear that it wasn’t meant as a diagnostic tool, saying:

with PCR, if you do it well, you can find almost anything in anybody.”

And, commenting on cycle thresholds, once said:

If you have to go more than 40 cycles to amplify a single-copy gene, there is something seriously wrong with your PCR.”

The MIQE guidelines for PCR use state:

Cq values higher than 40 are suspect because of the implied low efficiency and generally should not be reported,”

This has all been public knowledge since the beginning of the lockdown. The Australian government’s own website admitted the tests were flawed, and a court in Portugal ruled they were not fit for purpose.

Even Dr Anthony Fauci has publicly admitted that a cycle threshold over 35 is going to be detecting “dead nucleotides”, not a living virus.

Despite all this, it is known that many labs around the world have been using PCR tests with CT values over 35, even into the low 40s.

So why has the WHO finally decided to say this is wrong? What reason could they have for finally choosing to recognise this simple reality?

The answer to that is potentially shockingly cynical: We have a vaccine now. We don’t need false positives anymore.

Notionally, the system has produced its miracle cure.

So, after everyone has been vaccinated, all the PCR tests being done will be done “under the new WHO guidelines”, and running only 25-30 cycles instead of 35+.

Lo and behold, the number of “positive cases” will plummet, and we’ll have confirmation that our miracle vaccine works.

After months of flooding the data pool with false positives, miscounting deaths “by accident”, adding “Covid19 related death” to every other death certificate…they can stop. The create-a-pandemic machine can be turned down to zero again.

…as long as we all do as we’re told. Any signs of dissent – masses of people refusing the vaccine, for example – and the CT value can start to climb again, and they bring back their magical disease.

ワクチンとコロナとPCRとマスクについて

今更ながらであるが、コロナの現状についてまとめておく。

1.ワクチンについて

コロナウイルスのワクチンなるものが出来たというが、
「CDCは、コロナウィルスを確認したことが一度もない事を認めた」
(CDC-米国疾病予防センター)

プリンシピア科学協会 10月11日版
「COVID19パンデミックを引き起こしたとされるSARS-COV2ウイルスの存在を分離して確認するための実験室試験が成功したことは一度もない」

https://principia-scientific.com/even-cdc-now-admits-no-gold-standard-of-covid19-virus-isolate/…

ウイルスの分離確認も出来ていないのに、ワクチンは作れないのである。

「アンドリュー・カウフマン:存在証明の無い物のワクチンは作りようがない」

https://www.bitchute.com/video/e5mmcZqMeFXV/



2.コロナウイルスについて


コロナウイルスは存在しない。

アンドリュー・カウフマン博士

https://www.bitchute.com/video/CPLyoWIQLsUK/

トーマスコーエン博士

トーマスコーエン博士



3.PCR検査について

PCR検査というものは「PCR検査とは、検査を受ける人の体液などから検体を採取し、特定のDNAだけを増やす検査。」と説明されるが、実際には、

普通の風邪

インフルエンザ(A型、B型)

RSウイルス

アデノウイルス

パラインフルエンザ

マイコプラズマ肺炎

クラミジア

その他

に反応する訳で、別にコロナウイルス独自の検査方法ではない。

トーマスコーエン博士はct値が35以上の場合は、検査は無効であると語る。
ct値とは、DNAを何回増幅させるかという値。1個のウイルスを35回増幅させると、34,359,738,368個になる。

https://jimakudaio.com/yt?v=2mNhiNry8_Q&lang=ja
(字幕大王)



それはファウチも認めている。

字幕大王 https://www.jimakudaio.com/


しかし、世界の検査はct値が高いところが多い。
これは意図的であろう。

そしてct値が60になれば、全員陽性になるという話だ。


そして日本のある医院のct値がTwitterに掲載されていた。
45である。


この医院の先生の説明によると、業者から納入されたこの機械の設定値は簡単には変更出来なくなっているらしい。

これでは、この検査自体が無効である。ましてや、ct値を33にしたところで、何のウィルスに反応しているかも分からないし、エクソソ−ムに反応しているとすれば、打撲した人は、PCR検査で陽性とされる事もあるだろう。(アンドリュー・カウフマン博士の動画を見てもらいたい。)

「What I think COVID-19 Really is」COVID-19は実際にはエクソソームです。http://bottomx.shibugaki.jp/?p=714

4.マスクについて
コロナウイルスは存在しないが、マスクは人体にどのように作用するのか?
アンドリュー・カウフマン博士の話を聞く。

https://jimakudaio.com/yt?v=Gda9o4FTXrE&lang=ja
(字幕大王)

マスクは人間の関係を引き離し、血中酸素濃度を下げる。
さらに他の病気に関しても、それを防ぐというエビデンスはないという。

実際、日本の厚生労働省も、マスクを着用するような指導は表向きはしていない。これは文科省も同様である。

では何故、大勢の人がマスクをつけるのか。
これはマスコミによる洗脳であるといっていいだろう。


わたしは存在しないウイルスのためにマスクを着けようとは微塵も思わない。
マイクを着ける事が、人間の分断を進める。
さらに、マスクをつける事は、国に対する従属の証であると思っている。

あとは皆さんで判断してもらいたい。

コロナ嘘流布の目的は、国民の分断です

コロナについては色々と書いてきた。

コロナウイルスは存在しない、もしくは弱毒性であり、
PCR検査については、その注意事項に、

“Detection of viral RNA may not indicate the presence of infectious virus or that 2019-nCoV is the causative agent for clinical symptoms.”

「ウイルスRNAの検出は、感染性ウイルスの存在、または2019-nCoVが臨床症状の原因物質であることを示していない場合があります。」

さらに、

新型コロナウイルス(SARS-COV-2)の測定用のPCRキット(SARS-CoV-2 Coronavirus Multiplex RT-qPCR Kit)の説明書には、

” it should not be used as the only evidence for clinical diagnosis and treatment“
“The detection results should not be directly used as the evidence for clinical diagnosis”

「それは臨床診断と治療の唯一の証拠として使用されるべきではない」
「検出結果を臨床診断の証拠として直接使用しないでください」

https://www.creative-diagnostics.com/sars-cov-2-coronavirus-multiplex-rt-qpcr-kit-277854-457.htm

と書かれている。


つまり、「PCR検査陽性をもって、コロナに感染していると判断しないでくれ」、と言っているのです。


これで、分かって欲しい。
テレビも政府も大嘘をついているのです。

PCR検査陽性数をコロナ感染者数として報道している。
コロナ報道は流説の流布でしかない。
テレビ局は放送法違反を堂々と行っているのです。



しかしながら、「アフターコロナ」という言葉が常識化しつつあることに懸念を覚える。

Stay Home → 人と会うな
マスクをしろ → 喋るな
ソーシャルディスタンス → ひそひそ話をするな
○千人以上のイベントを行うな → 団結するな
リモートワーク → 国民の交わす情報は全て国が収集する

そして、接触確認アプリは感染者の情報を国民に報せるためのものではなく、あなた自身の行動履歴を政府が収集するためのものだと思います。

これは江戸時代に、幕府が農民の一揆を怖れて、集会の禁止をしたようなものです。日本国憲法第21条には、「集会の自由」が明記されている。

この自由を、コロナという嘘をテレビ局に流布させることによって、政府は制限しているわけです。国民を分断して管理することが目的でしょう。


政府は何を怖れているのでしょうかね。
真実が広まってしまうことでしょうか?
それとも、国民の団結でしょうか?

政府が怖れているのは、やはり国民の覚醒でしょう。

米国や英国では、人種差別に反対するデモが行われています。しかし、こうした騒擾状態を作り出したのは誰なのでしょう。やはりCIAでしょうか。CIAは人類の分断を計画し続けています。そして、世界中のテレビがCIAの指示で動いているといっても過言ではないと感じます。

CIAは既に米国の諜報機関ではなく、独自の組織なのでしょう。


もう、目を覚ましましょう。いつまでも羊のままではいられません。

Meat & Livestock Australia http://aussielamb.jp/lambassador/190318.html からお借りしました。



下宿へ帰って、湯にはいって、いい心持ちになって上がってみると、机の上に絵はがきがある。小川をかいて、草をもじゃもじゃはやして、その縁に羊を二匹寝かして、その向こう側に大きな男がステッキを持って立っているところを写したものである。男の顔がはなはだ獰猛にできている。まったく西洋の絵にある悪魔を模したもので、念のため、わきにちゃんとデビルと仮名が振ってある。表は三四郎の宛名の下に、迷える子と小さく書いたばかりである。三四郎は迷える子の何者かをすぐ悟った。のみならず、はがきの裏に、迷える子を二匹書いて、その一匹をあんに自分に見立ててくれたのをはなはだうれしく思った。迷える子のなかには、美禰子のみではない、自分ももとよりはいっていたのである。それが美禰子のおもわくであったとみえる。美禰子の使った stray sheep の意味がこれでようやくはっきりした。

夏目漱石「三四郎」より

5G考察-現場検証と状況証拠

東京都の地図。ニュースで、コロナウイルスのクラスターが発生したと言われる病院や施設にピンを打ってみた。

この図から、ポイント地点だけを残してmapは消去。

東京タワーとスカイツリーを起点に線を引いてみる。

浅草駅は東京スカイツリーからの5Gの実験を最初に受信した場所。



 

東京スカイツリーから浅草への28GHz帯を用いた5G長距離伝送実験に成功

「実験により、電波の減衰が大きく、遠くに飛ばすことが困難だと考えられてきた高周波数帯の電波を、都市部だけではなく地方、郊外、山間部など、より多様な環境で利用することができる技術を実証することができました。」
 
 

60GHz帯通信とLTEを協調動作させる通信方式の開発~5G時代の新しい通信プロトコル~

今回、前述の新しい通信プロトコルを設計し、Linux® OSならびにAndroidTM OS上に実装いたしました。また、CMOS LSIを用いた60GHz帯ミリ波無線プロトタイプを使用して、LTEと60GHz帯を協調させて動画のダウンロード再生ができることを確認いたしました。」
 
 
 

周波数帯と電波伝搬特性

「電波が大気中を伝搬するとき、霧、ガスによって吸収減衰を受ける。電波の周波数が気体分子の持つ双極子の固有周波数に一致すると、分子の共鳴により電波エネルギーが吸収され減衰が起こる。マイクロ波帯での減衰特性を図に示す。水蒸気分子では22GHzおよび180GHzに、また酸素分子では60GHzおよび120GHzにおいてそれぞれ強い吸収が起こる。

「周波数帯と電波伝搬特性」より引用

 
 
今や5Gは周波数帯(帯域幅)や出力などを可変でき、その到達距離はさらに延びているものと推測する。非常に危険であり、人体に与える悪影響は否定できないだろう。
 

この動画が真実であるという証拠はどこにもないが、一応紹介させていただく。