*** http://bit.ly/3h3dBDYを自動翻訳で全コピーしました。

タイラーダーデンの写真タイラー・ダーデン2020年12月20日日曜日-8:12

CT値の高い検査に関する警告は何ヶ月も遅かった…ではなぜ今になって現れたのか?その理由は、衝撃的なほど皮肉なものでした。

世界保健機関(WHO)は12月14日、PCR検査のサイクルしきい値が高いと偽陽性になると警告するガイダンスメモを発表しました。

この情報は正確ではありますが、何ヶ月も前から公開されていたものでもありますので、「なぜ今になって報告したのか?ワクチンが効いているように見せるためでしょうか?

Sars-Cov-2検査の「ゴールドスタンダード」は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)に基づいています。PCRは、DNAやRNAの小さな断片であるヌクレオチドを、識別できるほどの大きさになるまで複製します。複製は周期的に行われ、1サイクルごとに遺伝物質の量が2倍になります。識別可能な状態になるまでに必要なサイクル数は、「サイクル閾値」または「CT値」と呼ばれています。CT値が高ければ高いほど、有意なものが検出される可能性は低くなります。

今回のWHOのメモでは、Sars-Cov-2の存在を確認するために高いCT値を使用すると、偽陽性の結果になると述べています。

彼らの言葉を引用すると[強調]。

RT-PCR試薬の使用者は、IFUをよく読んで、PCR陽性の閾値を手動で調整することが、高サイクル閾値(Ct)値の結果が陽性と解釈されるようなバックグラウンドノイズを考慮するために必要かどうかを判断すべきである。

さらに、次のように説明しています(ここも強調しています)。

RT-PCRの設計原理は、高レベルの循環ウイルス(ウイルス量)を持つ患者の場合、ウイルスを検出するために必要なサイクル数は比較的少なく、そのためCt値は低くなります。逆に、検体から高いCt値が検出された場合は、ウイルスを検出するために多くのサイクルが必要であったことを意味します。場合によっては、バックグラウンドノイズと実際のウイルスの存在の区別がつかないこともある。

もちろん、これらのことは、誰もが知っていることです。PCR検査は簡単に操作でき、非常に不正確である可能性があるということは、「パンデミック」というシナリオや、それを利用した政策に反対する人々の間で、しばしば繰り返されてきた叫びの1つである。

この分野の専門家や医療ジャーナリスト、その他の研究者によって、多くの記事が書かれてきました。何ヶ月も前から、CT値が35以上の検査は無意味であるということが一般的に知られています。

PCR法を発明してノーベル賞を受賞したカリー・マリス博士は、PCR法が診断ツールとしての意味を持たないことを明確にし、次のように述べています。

PCRは、うまくやれば、誰でもほとんどのものを見つけることができます」。

また、サイクルスレッショルドについては、次のように述べています。

もし、シングルコピーの遺伝子を増幅するのに、40サイクル以上行わなければならないとしたら、そのPCRには何か重大な問題がある」。

MIQEのPCR使用のガイドラインにはこう書かれている。

40を超えるCq値は、効率が低いことを示唆しているため疑わしいものであり、一般的に報告すべきではありません」。

このようなことは、ロックダウンが始まった当初から公知の事実でした。オーストラリア政府のウェブサイトではPCR検査に欠陥があることが認められ、ポルトガルの裁判所ではPCR検査は目的に適さないという判決が下されました。

アンソニー・ファウチ博士も、35以上のサイクル閾値は、生きているウイルスではなく、「死んだヌクレオチド」を検出することになると公に認めています。

このような状況にもかかわらず、世界中の多くの検査機関が、CT値が35以上、さらには40台前半のPCR検査を使用していることが知られています。

では、なぜWHOは最終的に「これは間違っている」と言うことにしたのでしょうか?どんな理由があって、この単純な現実を認識することを選んだのでしょうか?

その答えは、驚くほど皮肉なものになるかもしれない。もう偽陽性は必要ありません。

概念的には、システムが奇跡の治療法を生み出したということです。

そこで、全員がワクチンを接種した後、PCR検査をすべて「新しいWHOガイドラインに基づいて」行い、35回以上ではなく25〜30回だけ実施することにしました。

すると驚いたことに、「陽性例」の数が激減し、奇跡のワクチンが効いていることが確認できるのです。

何ヶ月もかけてデータプールに偽陽性を氾濫させ、「たまたま」死亡者数を数え間違え、他のすべての死亡診断書に「Covid19関連死」を追加した後に…彼らは止めることができる。パンデミックを生み出す機械を再びゼロにすることができる。

私たちが言われた通りに行動している限りは。反発の兆しがあれば、たとえば大勢の人々がワクチンを拒否するなどして、CT値が再び上昇し始め、魔法のような病気を復活させることができるのです。



「*** http://bit.ly/3h3dBDYを自動翻訳で全コピーしました。」

以下原文。
英文で読んだ方が正確だと思われます。

WHO (Finally) Admits PCR Tests Create False Positives

Tyler Durden's Photoby Tyler DurdenSunday, Dec 20, 2020 – 8:12

Authored by Kit Knightly via Off-Guardian.org,

Warnings concerning high CT value of tests are months too late…so why are they appearing now? The potential explanation is shockingly cynical…

The World Health Organization released a guidance memo on December 14th, warning that high cycle thresholds on PCR tests will result in false positives.

While this information is accurate, it has also been available for months, so we must ask: why are they reporting it now? Is it to make it appear the vaccine works?

The “gold standard” Sars-Cov-2 tests are based on polymerase chain reaction (PCR). PCR works by taking nucleotides – tiny fragments of DNA or RNA – and replicating them until they become something large enough to identify. The replication is done in cycles, with each cycle doubling the amount of genetic material. The number of cycles it takes to produce something identifiable is known as the “cycle threshold” or “CT value”. The higher the CT value, the less likely you are to be detecting anything significant.

This new WHO memo states that using a high CT value to test for the presence of Sars-Cov-2 will result in false-positive results.

To quote their own words [our emphasis]:

Users of RT-PCR reagents should read the IFU carefully to determine if manual adjustment of the PCR positivity threshold is necessary to account for any background noise which may lead to a specimen with a high cycle threshold (Ct) value result being interpreted as a positive result.

They go on to explain [again, our emphasis]:

The design principle of RT-PCR means that for patients with high levels of circulating virus (viral load), relatively few cycles will be needed to detect virus and so the Ct value will be low. Conversely, when specimens return a high Ct value, it means that many cycles were required to detect virus. In some circumstances, the distinction between background noise and actual presence of the target virus is difficult to ascertain.

Of course, none of this is news to anyone who has been paying attention. That PCR tests were easily manipulated and potentially highly inaccurate has been one of the oft-repeated battle cries of those of us opposing the “pandemic” narrative, and the policies it’s being used to sell.

Many articles have been written about it, by many experts in the field, medical journalists and other researchers. It’s been commonly available knowledge, for months now, that any test using a CT value over 35 is potentially meaningless.

Dr Kary Mullis, who won the Nobel Prize for inventing the PCR process, was clear that it wasn’t meant as a diagnostic tool, saying:

with PCR, if you do it well, you can find almost anything in anybody.”

And, commenting on cycle thresholds, once said:

If you have to go more than 40 cycles to amplify a single-copy gene, there is something seriously wrong with your PCR.”

The MIQE guidelines for PCR use state:

Cq values higher than 40 are suspect because of the implied low efficiency and generally should not be reported,”

This has all been public knowledge since the beginning of the lockdown. The Australian government’s own website admitted the tests were flawed, and a court in Portugal ruled they were not fit for purpose.

Even Dr Anthony Fauci has publicly admitted that a cycle threshold over 35 is going to be detecting “dead nucleotides”, not a living virus.

Despite all this, it is known that many labs around the world have been using PCR tests with CT values over 35, even into the low 40s.

So why has the WHO finally decided to say this is wrong? What reason could they have for finally choosing to recognise this simple reality?

The answer to that is potentially shockingly cynical: We have a vaccine now. We don’t need false positives anymore.

Notionally, the system has produced its miracle cure.

So, after everyone has been vaccinated, all the PCR tests being done will be done “under the new WHO guidelines”, and running only 25-30 cycles instead of 35+.

Lo and behold, the number of “positive cases” will plummet, and we’ll have confirmation that our miracle vaccine works.

After months of flooding the data pool with false positives, miscounting deaths “by accident”, adding “Covid19 related death” to every other death certificate…they can stop. The create-a-pandemic machine can be turned down to zero again.

…as long as we all do as we’re told. Any signs of dissent – masses of people refusing the vaccine, for example – and the CT value can start to climb again, and they bring back their magical disease.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

44  +    =  52