自分の心を子細に調べてみたい

わたしは観察者であり、観察者のわたしが現実を創っている。
同時に、あなたは観察者であり、観察者のあなたが現実を創っている。このことだけでも、多重世界は存在することの証明にはならないか?

もしも、わたしを映し出したものがこの世界であるのならば、
わたしの目に映る全ての事象が、わたしに内在されているということになる。

これを是認した上で、この世界を掃除したいのなら、わたしを掃除しなければならないということになる。政治や環境に文句を言っていても何も始まらない。何も変化しない。その可能性はあるのではないか。また、その逆に、わたしが最も強く創り出している自分の部屋。その部屋の掃除をすることで、わたしも掃除される可能性もある。

わたしは地デジを見ない。だから、街に出て、すれ違う人々がマスクをしているのを見ると、異世界に来たかのような錯覚に陥る。わたしの周りでは、そしてわたしの収集する情報では、コロナウイルスは存在しない。

では、ネットで囁かれる様々な考え方はどうなのだろう。ここがわからない。

わたしはレプもドラコもアヌンナキもエンキも存在すると考えている。エンキは世界中の動物を作り出したと思っている。しかし、200年以上前の歴史は一切信じていない。なにしろ、時間そのものを信じていない。時間軸で物事を考えると、思考は無限の迷宮に入る。今もエンキがどこか別の時間軸で遺伝子組み換えを行っていても不思議ではないと思う。

ある日、地球を洪水が襲う。陸上の生き物は全て死に絶える。数日後、多くの生物が現れて、あるは残った家屋に住み、あるいは、新しい建設物を作り、「昔からわたしたちはここに住んでいる」と言い、史跡まで紹介する。

そんなことが今まで何回もあったのかも知れない。否定出来ない。

信じられるものは、わたしが今感じている世界のみだ。雲はわたしだし、風はわたしだし、野に咲く花もわたし。

わたしは観察者であり、観察者のわたしが現実を創っている。
同時に、あなたは観察者であり、観察者のあなたが現実を創っている。
このことだけでも、多重世界は存在することの証明にはならないか?

しかし、こうした量子力学的な考え方にも答えは出ていない。

「二重スリット実験のよくある誤解とその実験の真の意味を解説」https://newphilosophy.net/quantum/double.html

こうなるとわたしにはまだ理解出来ない。

自分の中を子細に眺めてみる。
子どもを誘拐する心はない。
子どもの血を飲む心もない。
しかし、情報では、そのようなことが行われているという。

そして古代から、何者かが人間を食べていたという遺跡のようなものもある・・。
それらは、わたしの世界で起きたことなのか?
情報とはノイズなのか?

もしも、イルミナティが存在するのなら、その儀式を一度見てみたい。
本当にそんなものがあるのなら。
見た時のわたしの心を調べてみたい気がするのだ。
この世をわたしが創っているのかどうかがはっきりするかも知れない。

また支離滅裂な日記になりにけり・・。



ワクチンとコロナとPCRとマスクについて

今更ながらであるが、コロナの現状についてまとめておく。

1.ワクチンについて

コロナウイルスのワクチンなるものが出来たというが、
「CDCは、コロナウィルスを確認したことが一度もない事を認めた」
(CDC-米国疾病予防センター)

プリンシピア科学協会 10月11日版
「COVID19パンデミックを引き起こしたとされるSARS-COV2ウイルスの存在を分離して確認するための実験室試験が成功したことは一度もない」

https://principia-scientific.com/even-cdc-now-admits-no-gold-standard-of-covid19-virus-isolate/…

ウイルスの分離確認も出来ていないのに、ワクチンは作れないのである。

「アンドリュー・カウフマン:存在証明の無い物のワクチンは作りようがない」

https://www.bitchute.com/video/e5mmcZqMeFXV/



2.コロナウイルスについて


コロナウイルスは存在しない。

アンドリュー・カウフマン博士

https://www.bitchute.com/video/CPLyoWIQLsUK/

トーマスコーエン博士

トーマスコーエン博士



3.PCR検査について

PCR検査というものは「PCR検査とは、検査を受ける人の体液などから検体を採取し、特定のDNAだけを増やす検査。」と説明されるが、実際には、

普通の風邪

インフルエンザ(A型、B型)

RSウイルス

アデノウイルス

パラインフルエンザ

マイコプラズマ肺炎

クラミジア

その他

に反応する訳で、別にコロナウイルス独自の検査方法ではない。

トーマスコーエン博士はct値が35以上の場合は、検査は無効であると語る。
ct値とは、DNAを何回増幅させるかという値。1個のウイルスを35回増幅させると、34,359,738,368個になる。

https://jimakudaio.com/yt?v=2mNhiNry8_Q&lang=ja
(字幕大王)



それはファウチも認めている。

字幕大王 https://www.jimakudaio.com/


しかし、世界の検査はct値が高いところが多い。
これは意図的であろう。

そしてct値が60になれば、全員陽性になるという話だ。


そして日本のある医院のct値がTwitterに掲載されていた。
45である。


この医院の先生の説明によると、業者から納入されたこの機械の設定値は簡単には変更出来なくなっているらしい。

これでは、この検査自体が無効である。ましてや、ct値を33にしたところで、何のウィルスに反応しているかも分からないし、エクソソ−ムに反応しているとすれば、打撲した人は、PCR検査で陽性とされる事もあるだろう。(アンドリュー・カウフマン博士の動画を見てもらいたい。)

「What I think COVID-19 Really is」COVID-19は実際にはエクソソームです。http://bottomx.shibugaki.jp/?p=714

4.マスクについて
コロナウイルスは存在しないが、マスクは人体にどのように作用するのか?
アンドリュー・カウフマン博士の話を聞く。

https://jimakudaio.com/yt?v=Gda9o4FTXrE&lang=ja
(字幕大王)

マスクは人間の関係を引き離し、血中酸素濃度を下げる。
さらに他の病気に関しても、それを防ぐというエビデンスはないという。

実際、日本の厚生労働省も、マスクを着用するような指導は表向きはしていない。これは文科省も同様である。

では何故、大勢の人がマスクをつけるのか。
これはマスコミによる洗脳であるといっていいだろう。


わたしは存在しないウイルスのためにマスクを着けようとは微塵も思わない。
マイクを着ける事が、人間の分断を進める。
さらに、マスクをつける事は、国に対する従属の証であると思っている。

あとは皆さんで判断してもらいたい。

過去もなく、明日を思い煩うこともなく

うちの家人がマスクを作っている。

塀には

「手作りマスクあります。高齢者の方、障がいのある方にお譲りします」

と張り紙をしている。

 

時々、高齢者の方が立ち寄ってくれる。

聞くところによると、ガーゼも今は売っていないそうだ。

 

コロナウィルスの正体はわからない。

人口削減計画の一つであろうことは推測される。

しかしながら、これはもう戦争だと思う。

目には見えないが、焼夷弾が空から降ってきている。

 

日本を見ていると、仏教の火宅の比喩を思い出す。

  • 三車火宅(さんしゃかたく、譬喩品)
    ある時、長者の邸宅が火事になった。中にいた子供たちは遊びに夢中で火事に気づかず、長者が説得するも外に出ようとしなかった。そこで長者は子供たちが欲しがっていた「羊の車(ようしゃ)と鹿の車(ろくしゃ)と牛車(ごしゃ)の三車が門の外にあるぞ」といって、子供たちを導き出した。その後にさらに立派な大白牛車(だいびゃくごしゃ)を与えた。この物語の長者は仏で、火宅は苦しみの多い三界、子供たちは三界にいる一切の衆生、羊車・鹿車・牛車の三車とは声聞縁覚菩薩(三乗)のために説いた方便の教えで、それら人々の機根(仏の教えを理解する素養や能力)を三乗の方便教で調整し、その後に大白牛車である一乗の教えを与えることを表している。なお檀一雄の「火宅の人」のタイトルは、この三車火宅を由来としている。wikipedia引用。

ちなみに「火宅の人」は主演の緒形拳が、子供を背負って走りながら「重くて困った、重くて困った」と言いながら子供を背負って走る場面で終わる。

 

庭にはキジバトや雀が餌を食べに毎日やって来るが、彼らには不安というものがない。

過去もなく、明日を思い煩うこともなく、今を生きている。

見習わなくては、と思う。

春。

 

雀

画像はお借りしました。

©中野さとる

https://bit.ly/3abNjuO

 

 

マスクがない

毎日、スーパーに出かけるが、お客さんの数が異常に少ない。

コロナウィルスの影響だろうと思われる。

また、お客さんの中でマスクをしていない人の数が、マスクをしている人の数より多い。

どこの薬局に行ってもマスクは販売されていない。店員には「問屋にも無い」と言われる。

単身のお年寄りや、障害のある方などが、マスクを手に入れることは現状では難しいだろう。

ある薬局で、「買い占めていく人がいた」という話を聞いた。

ネットで探すと、マスクは大変な高額で販売されている。

 

妙な世の中だ。

嫌な世の中だ。

私は思う。

 

マスクを手に入れられない社会的弱者の方のために有益な情報としては、ペーバータオルを使ったマスクの作り方がyoutubeでいくつか紹介されている。

 

ところで、本日WHOは新型コロナウイルスの名称を「COVID-19」と発表した。

「Corona Virus Disease19」の略らしいが、今までウィルスの名称にDiseaseなどつけたことがあるだろうか。

単純に訳せばコロナウィルス病19になる。

これでは、ウィルスの名前ではなく、病気の名前だ。

ウィルスの名前なら「COV」でいいはずだ。

 

かくして、もともとWHOなど信じていない私は、これを「Corona Virus ID19」と読んでしまう。

想像を働かせれば、コロナウィルスのID19。

つまり、今後もこの種のウィルスは出てくるということを暗示しているのではないか。

2021年にこの種のウィルスが変異したものが出てくれば、コロナウィルスのID21。

まるで実験室で作っているウィルスを喚起想像させる。

まぁ、私一人の推測であり根拠のないものであるのだが。

 

WHO

WHOのマークはフラットアース地図にヒポクラテスの杖を重ねたものだろうが、私は蛇がシンボルになっているものは簡単には信じないのである。