マスクを長時間使用すると、過剰な二酸化炭素を吸い込んでしまいます

人が吐き出す(呼気に含まれる)二酸化炭素の量は38,000~50,000ppmと言われます。マスク内では拡散して薄まりますが、依然2,000~3,000ppmが残留し、それを再び吸い込んでいます。これは厚生労働省が定める建築物環境衛生管理基準上限値(1,000ppm)をはるかに超える数値です。
https://www.health-lite.com/mask/

マスク内の濃度を計測した動画を拾った。
この動画では8,486ppmを超えて、測定不能になっている。

“Serious Concerns Over Masks and Carbon Dioxide Levels”
という記事がある。翻訳させていただく。
https://healthfreedomidaho.org/serious-concerns-over-masks-and-carbon-dioxide-levels/


「マスクと二酸化炭素濃度への深刻な懸念」



通常の呼吸法は、息を吸うと酸素を吸い込み、息を吐くと酸素を吸い込みます。息を吐くときには、二酸化炭素(CO2)を吐き出しています。マスクを長時間使用すると、正常な気道と呼吸プロセスが妨げられ、酸素の代わりに過剰な二酸化炭素/CO2を吸い込んでしまいます。

二酸化炭素は窒息ガスに分類されます。このように義務付けられている顔面保護具は安全なのでしょうか?米国労働安全衛生局によると、安全な二酸化炭素レベルの労働条件は以下の通りです。


炭酸ガス濃度と健康被害の可能性を以下に示します。

250-350ppm:バックグラウンド(通常)の外気レベル。
350~1,000ppm:空気の入れ替えが十分に行われている居住空間での典型的なレベル
1,000~2,000ppm:眠気や空気の悪さを感じるレベル
2,000~5,000ppm:頭痛、眠気、空気のよどみ、悪臭、息苦しさを伴うレベル。集中力の低下、注意力の低下、心拍数の増加、わずかな吐き気を伴うこともある。

5,000ppm以上:他のガスが多く含まれている異常な空気状態を示す。毒性や酸素欠乏症を引き起こす可能性がある。これは職場での日常的な曝露に対する許容限界値です。

11歳の子供が様々な種類のマスクとフェイスシールドを着用し、体を動かさず、ただ座っている状態でのCO2濃度はどのくらいでしょうか?

  • バンダナ – 9,557 +
  • サージカルマスク – 8,934 +
  • サージカルマスク – 8,946 +
  • フェイスシールド – 1,541 +
  • N95マスク – 8,486、そして10,000以上にもなり、デバイスの測定不可能な範囲にまで達しました。
  • サージカルマスク-8,934+α
  • フェイスシールド – 1,541 +
  • バンダナ – 9,557 +

OSHAウェブサイトより
“二酸化炭素は、窒息ガスに分類されます。大気中の二酸化炭素は、通常300~700ppmの濃度で存在しています。気相中のCO2濃度が高くなると、呼吸数の増加、倦怠感、眠気、頭痛、痙攣、呼吸困難、発汗、めまい、ナルコーシスなどの兆候や症状が現れることがある。文献によると、特定のCO2にさらされた場合の生理的反応には大きな違いがあるようです。
デル・ビグツリーのThe Highwireより。

翻訳ここまで。



マスクは人間の関係を引き離し、血中酸素濃度を下げる。
さらに他の病気に関しても、それを防ぐというエビデンスはないという。

実際、日本の厚生労働省も、マスクを着用するような指導は表向きはしていない。これは文科省も同様である。マスクを着けるよう洗脳しているのはテレビジョンである。



健康上、身体の都合でマスクができない方のための画像を作りました。名刺サイズで作成しています。ダウンロードしてご自由にお使いください。(改変及び商用利用不可)