イベルメクチンは科学者たちに驚きと興奮を与え続けている。

今日、イベルメクチンは科学者たちに驚きと興奮を与え続けており、多様な病気を治療することで世界の公衆衛生の向上に役立つことがますます期待されています。特に、抗菌剤、抗ウイルス剤、抗がん剤としての予想外の可能性は並外れています。

ステファン・ランカ:ウイルス学の決定的誤り。SARS-COV-2と呼ばれるものは、正確にエクソソームのコピーなのです

ウイルスが病気の原因となることを証明するためには、 1.分離。 病人からウイルスを取り出して純粋化すること。 2.可視化。 ウイルスを顕微鏡で可視化し、写真を撮り、ユニークな生化学的構造として特徴づける。そして、ゲノム配列を決め、どのようなタンパク質から構成されるかを決定する。 3.純粋化されたウイルスを実験的ホストに移し、病気にさせる。

ワクチンによる胎盤への自己免疫攻撃

15人の女性にファイザー社のワクチンを投与しました。スパイクタンパク質に対する抗体を測定したところ、現れるまでに数週間かかりましたが、胎盤に対する抗体も測定したところ、最初の1日から4日の間に2.5倍から3倍の増加が見られたそうです。つまり、最初の4日間で自分の胎盤に対する抗体が300%増加したのです

「スパイクタンパク質は、それ自体が病原体です」というDr. Byram Bridleの論。

科学者たちは、ワクチンの研究ではなく、病気の病原性を研究していたのです。精製したスパイクタンパクをマウスに注射したところ、血小板が損傷しました。その結果、血小板にダメージを与え、血管にもダメージを与え、血液の凝固を促進しました。これは病気を理解するための生物学だったのです。

イベルメクチンは、ワクチン生産されたスパイクタンパク質を含むスパイクタンパク質の結合を無効にする?

イベルメクチンがスパイクタンパク自体にドッキングして、SARS-CoV-2に関連する組織損傷や血栓を引き起こす主要な病理であるACE2受容体への結合を阻止するという合理的に確かな証拠があります。したがって、これはイベルメクチンのこの能力が、ワクチン生産されたスパイクタンパク質の結合を無効にすることを意味している。

ビタミンDとcovid-19のおさらいから電磁波と酸化グラフェン

血清ビタミンD濃度が上がるとCovid-19に羅患しにくいという研究結果がある。ビタミンDがなぜcovid-19に効くのか。それは、covid-19が電磁波によって引き起こされた症候群であるからだ。

ファイザー社、COVIDワクチンを接種した人がワクチンを接種していない人に害を与えることを確認

ワクチンを接種した人は、血液脳関門を通過して脳に回復不能な損傷を与える可能性のある過剰なスパイクタンパクを生成することが、新しい研究で確認されました。また、ファイザー社自身の文書によると、ワクチンを接種した人は実際にこの過剰なスパイクタンパクを排出し、ワクチンを接種していない人が被害を受ける危険性があると警告しています

「GlobalTimeBomb」SARS-CoV-2のワクチン接種を受けた患者の死後研究の最初の症例。

このCOVIDの騒動の中で、一つだけ変わらないのは、この病気の生存率は99.8%だということです。 私にとって、それはパンデミックではありません。 私にとっては、ワクチンを接種する価値もなく、自分の免疫力で十分対応できると思います。

ワクチン研究者が「大きな間違い」を認め、スパイクタンパク質は危険な「毒素」だと語る

「スパイク・プロテインは優れた標的抗原だと思っていましたが、スパイク・プロテイン自体が毒素であり、病原性のあるタンパク質であることは知りませんでした。だから、人々にワクチンを接種することで、誤って毒素を接種してしまうことになるのです」