「スパイクタンパク質は、それ自体が病原体です」というDr. Byram Bridleの論。

“Doctor Talks: Challenge Issued Dr Byram Bridle”

youtu.be/tnIfPjerQxU
“Doctor Talks: Challenge Issued Dr Byram Bridle”

youtubeでByram Bridle氏の動画を見つけたが、翻訳がうまく出来ない。
Twitterで訳してくださっている方を見つけたので、Tweetを転載させていただく。
これは投稿が削除されたときのためでもあるのでご容赦願いたい。

以下、Tweet転載


Byram Bridle 私はゲルフ大学の病理生物学部の准教授で、専門分野はウイルス免疫学です。 私がこれまで教えてきた生徒たちに聞いてみても、誰もが私は非常に強くワクチンを支持していると言うでしょう。しかし、私は自分自身をワクチンに躊躇している人たちの中に数えています

私のキャリアはすべてワクチンの開発と最適化に基づいています。私の査読付き出版物の記録を見ていただければ、ほとんどすべての出版物がワクチンやワクチン開発に関するものです。私は公衆衛生のためのワクチン接種の重要性を教えています。

しかし、私が常に指摘したいのは、今の時代、科学界で適切に検証され、安全性と有効性の両方が証明されたワクチンの上に、これらのワクチンを重ねるということです。私はCOVID-19ワクチンを開発するために、オンタリオ州政府と連邦政府の両方から資金援助を受けています。

ワクチンを躊躇している人たちが、単にワクチンについて十分な知識を持たない人々というカテゴリーにまとめられてしまうメッセージは本当に好きではありません。私が発見したのは、このワクチンを躊躇するグループに属する人々の大部分は、非常に正当な答えられていない疑問を持っているということです

私が最初に自分の個人的な懸念について話し始めたとき、なぜ私がワクチンを躊躇する個人になったかというと、このような疑問があったからです。実際、私が初期に抱いていた疑問のいくつかは、実際には正当な懸念であったことが明らかになり始めています。

バランスのとれたメッセージを発信しているつもりですが、今の時代に奇妙なことに、もし、メッセージングの一部が公衆衛生上のメッセージングと異なるという認識があれば、検閲が行われ、これらの意見を持つ人々は完全に無視されてしまうようです。

実際、私や多くの同僚は、優れた科学を擁護しようとしている私たちが政策立案者に耳を傾けられていないことに気づいています。カナダには多くの専門家がいますが、多くの専門家が無視されています。パンデミックが始まって以来、同じ科学アドバイザーがアドバイスを提供しています。

パンデミックに対して、よりバランスのとれたアプローチをしてほしいと思っています。つまり、私たちはここから脱出する方法を見つけなければなりません。一言で言えば、1年以上前に「数週間はロックダウンして、カーブをフラットにする」と言われていました。

フラット化の目的は、毎日の症例数の増加を止めることでした。そして、病院に負担がかからないよう時間的余裕を持たせることでした。一定の予防措置を講じた上で、このウイルスとの付き合い方を学び始めるのです。しかし、私たちは今でも同じ考えや手順を適用しています。

これは、新しい感染体が人々の間に入ってきた場合に有効であることが証明されている伝統的な手順ではありません。そして、1年以上経った今、私たちはまだ一度も目標を達成していないのです。そして新しい目標を教えてくれる人を探します。ゴールはどこでしょうか?私たちにはゴールがないようです。

情報のバイアスがますます大きくなっているように思われますが、最初にロックダウンが宣言されたとき、その論理に疑問を持った科学者は誰もいなかったと思います。当時は何が起こっているのかわからなかったのです。しかし、その後に蓄積された科学的データは膨大なものです。

そして、延々と続くロックダウンの中で、科学的データに従った証拠は何もありませんでした。私たちは、このパンデミックが始まった当初よりもはるかに多くのことを理解しています。しかし、私たちの政策には、このような知識の飛躍的な増加が反映されていません。

~例えば、ワクチンについては、接種すべきかどうかを誰かに教えるつもりはありません。ただ、アストラゼネカのワクチンはお勧めしません。しかし、それ以外の場合、私は人に何をすべきかを伝えることには興味がありません。ただ、情報を得た上で自分で判断できるよう情報を提供したいのです。

アストラゼネカ社のワクチンがカナダで使用されると聞いたとき、私たちは重大な懸念を公開書簡の中で表明しました。まず第一に、ほとんどの亜種に対して62%程度の効果しかなく、カナダでパンデミックしている南アフリカの亜種にはほとんど効果がありません。

2つ目に、私たちはこの手紙の中で、アストラゼネカ社のワクチンを一時停止した国が12カ国あることを指摘しました。その理由は、稀な血液凝固障害との関連性が考えられ、その中には致命的な症状を引き起こす可能性のあるものもあるからです。しかし、カナダは減速しませんでした。

「この問題は、ヨーロッパの1つの施設で製造された1つのバッチに由来するものである、現在、カナダで使用しているワクチンはインド産であり、カナダ人には何のリスクもなく、完全に安全である」という矛盾したメッセージングをカナダは設定しました。非常にフラストレーションのあるところです。

欧州連合は、そのようなことはなかったと認めています。1つの生産施設、1つのバッチに限定されたものではありませんでした。そして今、私たちが目にしているのは…このワクチンは明らかに致命的な血栓と関連しており、その多くは致命的な血栓や脳内で発生する血栓です。私は最初からそう言ってきました

恐怖を煽るようなことをしているのではと反論されることもありますが、適切な長期安全性試験が行われていないことを指摘しているのです。 確かに稀なケースです。しかし、これは非常に稀なことではなく、それを世界的に展開すれば、何万人、何十万人もの人々がこの影響を受けることになります。

もともとは、最もリスクの高い層が、最高のワクチンを受けるべきだと伝えていました。今、私たちは、最もリスクの高い層に、最も性能の悪い、明らかに最も危険なワクチンを与えようとしています。これは私を悩ませています。

カナダ人に向けて発信されているもう1つのメッセージは、「いやいや、これが高齢者にとって危険であるという証拠はない」というものです。これが問題なのです。私たちが理解しなければならないのは、安全であるかどうかを証明する十分なデータがないということです。これには大きな違いがあります。

科学者として言えることは、いくつかの生物学的サーバーの研究が発表されているということです。これらの情報をすべてまとめてみると、少しずつ怖い絵が描かれていきます。このスパイクタンパク質は、それ自体が病原体です。

科学者たちは、ワクチンの研究ではなく、病気の病原性を研究していたのです。精製したスパイクタンパクをマウスに注射したところ、血小板が損傷しました。その結果、血小板にダメージを与え、血管にもダメージを与え、血液の凝固を促進しました。これは病気を理解するための生物学だったのです。

さて、少し怖い話ですが、もしスパイクタンパクがこのようなことをするのであれば、私たちが心配しているのは、現在北米で行われている4種類のワクチンと、カナダで行われている3種類のワクチンについて、誤って、つまり知らず知らずのうちに病原性タンパクを接種しているのではないかということです。

このデータはかなり以前から存在しており、あなたも関連性を理解できるはずです。では、同意してください。いいですか?人々が気づいていないことですが、ウイルスが使用するこの受容体は、特に高いレベルで発現していることがわかっています。また、血小板が失われると、出血することになります。

もう1つの発現場所は、血管内皮細胞です。すべての血管に均等に分布していませんが、受容体が最も高いレベルを示す場所の1つとして、脳の血管にも十分な関心を示しています。これまでに発生した致命的な血栓の多くは、脳内で血栓が形成されることによるものです。

つまり生物学的にはすべてがまとまりつつあるのです。スパイクタンパク質が人によっては血液中に入ることができ、特に血液脳関門を通過して脳に入ることができれば、血管に並ぶ細胞に結合する可能性があり、また、血小板に結合する可能性もあるということです。

そのメカニズムはいくつか考えられます。血小板と結合すると血小板が活性化され、活性化された血小板が固まり血栓の原因となることがわかっています。 もし、その生物学が真実であれば血液の凝固が促進される可能性があります。あるいは血小板を破壊しているのであれば血小板の減少が起こるでしょう。

血小板数が十分に減ると出血性疾患になりやすくなります。当初この科学は存在していて、科学者たちはこの問題に警鐘を鳴らそうとしていました。

私は、イギリス、アメリカ、カナダの研究者による国際共同研究に参加していますが、カナダは信じられないほど偏った報告システムを採用しているため、有害事象を特定することができません。一方、他のデータベースは偏りがありません。

しかし、他のデータベースでは、専門家が有害事象を報告するのはもちろんのこと、予防接種を受けた人、友人や家族を含め、誰もが情報をフィルタリングしません。そこで、これらのデータベースにアクセスしてみると、あらゆる種類の血栓症や出血性疾患が関連していることがわかりました。

~科学者として、私たちはこれらすべてのことが一致しているのを見て、このような予測をしているのです。私たちは正当な疑問を持っており、科学者たちに言いたいのは、潜在的な結果を適切に評価するための時間をください、ということです。もし、これらを除外できたら問題ありません、続けてください。

ちゃんとした第3相の臨床試験は一切していません。これは確かに実験です。すべての人が適切な第3相臨床試験に登録され、適切なフォローアップが行われ、潜在的な安全性の問題について適切なモニタリングが行われることを望んでいます。

人々はワクチンクリニックに行き、投与を受け、送り出され、それっきりです。そして、4ヶ月後には、安全性や安全上の問題について何のチェックもありません。血液サンプルも採取されません。私たちが行ったことは前例のないことです。モニタリングやトラッキングを行わなければ、それは実験です。

もしこの生物学が真実であれば、このスパイクタンパク質が血小板の破壊を引き起こすとすれば、ワクチン接種後の血小板数の減少として明らかになるだろうということでした。私のグループでは、ファイザー社のマジョリティーに連絡を取りました。しかし、彼らはそのデータを共有してくれませんでした。

私は、比較的近い将来、いつになるかわかりませんが、これらのワクチンがすべて出血性疾患と関連するようになるだろうと予測しています。 出血性疾患はこれまでほとんど報告されていませんでしたが、私たちが発見したのは、これが本当に過少に報告されているということです。

血管系が影響を受ける場所の一つが子宮です。ワクチンを接種した高齢の女性は、いつもと違う膣からの出血があると思うかもしれませんが、それは通常のサイクルのタイミングとは相関しません。つまり、異常なサイクリングはごく普通のことで、年配の女性の場合はそうだと思われてしまうのです。

女性が報告しない理由は2つあります。1つは、恥ずかしさや、その種の情報を開示したくないということです。もう1つは、医学界では比較的簡単に、単なる1回限りの月経周期の異変として片付けられてしまうことです。

興味深いことに、アフリカの若い女性たちがソーシャルメディアを通じて、彼女たちの多くが非常に規則的な周期でワクチンを接種していたにもかかわらず、予期せぬ膣からの出血があったことを明らかにしました。

これを聞いている人の中で、ワクチンを接種した後、予期しない時期に膣からの出血があったという人がいたら、ぜひ報告してほしいと思います。このようなことを報告することは非常に重要です。これは他の人の助けにもなりますし、私たちがこの問題を理解する助けにもなります。

転載終了。
訳してくださつたAlzhacker@Alzhackerさんに深く感謝します。https://twitter.com/Alzhacker

判断は各々でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です