ファイザー社、COVIDワクチンを接種した人がワクチンを接種していない人に害を与えることを確認

最近は海外記事の魚拓ばかりで申し訳ないが、とても大事なことなので自動翻訳させていただく。ただし、これは一つの情報の提供であり、鵜呑みにすることなどなきようお願いします。


https://christiansfortruth.com/confirmed-covid-vaccinated-people-can-shed-spike-proteins-and-harm-the-unvaccinated/

引用開始。(一部加筆訂正しています)


「ファイザー社、COVIDワクチンを接種した人がスパイクタンパク質を「脱落」させ、ワクチンを接種していない人に害を与えることを確認」

COVIDワクチンを接種した人は、血液脳関門を通過して脳に回復不能な損傷を与える可能性のある過剰なスパイクタンパクを生成することが、新しい研究で確認されました。また、ファイザー社自身の文書によると、ワクチンを接種した人は実際にこの過剰なスパイクタンパクを排出し、ワクチンを接種していない人が被害を受ける危険性があると警告しています。

America's Frontline Doctors (AFLDS)は、最新のイシューブリーフの中で、実験的なCOVID-19遺伝子治療ワクチンから生じるスパイクタンパク質が、1.神経学的損傷を引き起こす「血液脳関門」を通過し、2.ワクチンを受けた人が「排出」することで、ワクチンを受けていない子供や大人に病気をもたらし、3.女性に不正な膣出血を引き起こす能力を持っていることを警告しています。

先週発表された「ワクチン接種後の合併症とその原因の特定:Covid-19患者データの分析」と題されたこの文書の目的は、米国食品医薬品局(FDA)が現在EUA(緊急使用許可)の下で投与している3種類の実験的なCOVID-19ワクチンに起因する有害事象やその他のワクチン接種後の問題について、関心を持つ市民、医療専門家、政策立案者に追加情報を提供することです。

非営利団体は、これらの「ワクチン」に関連する何千もの有害事象が米国疾病管理予防センター(CDC)のワクチン有害事象報告システム(VAERS)に記録されていることを強調しました。"しかし、これらの合併症は、J&Jの血液凝固問題に比べてほんのわずかしか注目されていない」と嘆き、「なぜ?

AFLDSは、これらのデータを詳細に検討し、「FDAやCDCがまだ公表していないいくつかの主要な懸念事項」を提示し、これらの規制当局が「これらの懸念事項やその他の『既知の未知数』を考慮しないことは、基礎医学研究の怠慢である」と主張しています。

彼らは、懸念事項を以下のように大別しています。

第一に、新しい技術を採用し、FDAの完全な承認を得ていない実験的なものに過ぎないこれらの新しいワクチンが広く流通することへの大きな懸念があります。この実験的なワクチンは、従来のワクチンのように抗原反応を弱めるのではなく、「スパイクタンパク」と呼ばれるものを体内に導入します。

"AFLDSの資料によると、「新しいものが安全であることを確認するには、何年もかかる」とのこと。"このスパイクプロテインが身体や脳に及ぼす長期的な健康影響については、特に若い人たちの間では誰にもはっきりとしたことはわかりません。さらに、もしこのタンパク質の問題が文書化されたとしても、すでにワクチンを接種した人の副作用を元に戻す方法はないでしょう」。

第二に、従来のワクチンとは異なり、このスパイクタンパクと「脂質ナノ粒子」は、身体の敏感な部分を特別に保護する「血液脳関門」を通過する能力を持っています。

"この文書では、「どのような脳の問題があり、それによってどのくらいの頻度で脳の問題が発生するのかを知るには、まだ十分な時間がありません」と警告しています。

このような浸透によるリスクとしては、「神経系における慢性的な炎症や血栓(凝固)を引き起こし、震えや慢性的な無気力、脳卒中、ベル麻痺、ALS系の症状を助長する」ことが挙げられている。脂質ナノ粒子は脳細胞と融合する可能性があり、その結果、遅発性の神経変性疾患を引き起こす。また、mRNAによって誘導されたスパイクタンパク質は、元のウイルスに含まれるスパイクタンパク質よりも10〜20倍強く脳組織に結合することができます」。

第三に、これらの実験的なワクチンは、接種者に何兆個ものスパイクタンパクを生成するので、これらのワクチン接種者は、「これらの(スパイクタンパクの)粒子の一部を親しい人に排出し、その人に病気を引き起こす可能性がある」。

AFLDSの創始者であるシモーン・ゴールド博士は、ライフサイトニュースとのメールのやり取りの中で、4月29日のツイートで、ファイザー社の実験的な試験の文書を掲載しており、その中で製薬会社は、このような排出の可能性のメカニズムを「認めている」と書いています。

この文書によると、人は「環境への曝露により試験介入物質に曝される」可能性があります。これには、試験に参加している人や、同じ方法で曝露された他の人との「吸入または皮膚接触」が含まれます。

AFLDSによれば、これは危険なことです。問題提起によると、「スパイクタンパク質は、完全なウイルスと同様に病原性(「病気を引き起こす」)があります」。さらに、これらの「スパイクタンパク質は、完全なウイルスよりも強固に結合する」ため、世界中で「心膜炎、帯状疱疹、肺炎、四肢や脳の血栓、ベル麻痺、膣からの出血、流産などが、ワクチン接種を受けた人の近くにいる人で報告されている」という。また、このような排出物は、"一部の人に多種多様な自己免疫疾患(体が自分の組織を攻撃する)を引き起こしているようである。"

さらに、これらの "スパイクタンパク質は、従来のワクチンとは異なり、血液脳関門を通過することができる "という事実により、ワクチンを受けていない人にも、より深刻な危険性が考えられます。

第四に、このような排出は、これらの実験的なワクチンを受けた両親や教師の近くにいる場合、子供たちを脆弱にします。20歳以下の生存率が99.997%であるなど、COVID-19の若年層への脅威は「無関係」であると言われていますが、AFLDSは、ワクチンを接種した人の近くにいることで症状が出る子どもがいることを懸念しています。このような場合、「公衆衛生官僚」がこのようなケースを利用して、ワクチン接種を受けた大人との接触による子供の病気を「SARS-CoV-2の『変種』に関連していると推測」する危険性があるという。

"我々のもう一つの懸念は、子供は数十年先を見据えていることと、上述のスパイクタンパク質が何兆個もあることから、神経学的問題を含む長期的な慢性自己免疫疾患を発症する可能性があることです。"

第5に、"AFLDSは、COVID-19ワクチン接種後の膣内出血、閉経後の膣内出血、流産を含む数千件の報告と、ワクチン接種を受けた人と密接に接触した人の間で同様の有害事象が発生したという逸話を知っています。" 現時点では、独立した医師団体は、「世界中でこのような報告を聞いている」と述べる以外に、「密接な接触について明確なコメントはできない」としていますが、ワクチン接種後の膣からの出血について多くの報告がなされていることから、「ワクチンと不正出血との間には明確な関連性がある」としています。

"このような明確な証拠があるにもかかわらず、FDAの第3期臨床参加者の一般的な副作用の中に月経周期の変化は含まれていませんでした。女性のリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)は、議題に追われた公衆衛生当局に振り回されるのではなく、真剣に考慮されるべきである」と準備書面には書かれています。

最後に、不必要で危険な小児用COVIDワクチンやブースターなどを販売しようとする「製薬会社のどうしようもない経済的動機」を認めた上で、AFLDSは「公衆衛生の専門家は、手遅れになる前に、ワクチンの副作用の可能性やワクチン接種後の関連する問題についてのデータを止めて評価すべきである」と主張しています。

ファイザー社の内部報告書(146ページ)https://media.tghn.org/medialibrary/2020/11/C4591001_Clinical_Protocol_Nov2020_Pfizer_BioNTech.pdf
では、医療従事者がワクチン接種を受けた人に接触することを警告していますが、医療従事者のほとんどがワクチン接種を義務付けられていることを考えると、なんとも皮肉な話です。

病院や診療所に足を運べば、ほぼ全員の職員が排出するスパイクタンパクにさらされることになるが、その濃度はワクチン接種を受けた人の血中濃度に比べれば低いものだ。

もちろん、実際に吸い込むことができるスパイクタンパクの量は、これらのワクチンがワクチン接種を受けた人の体内で24時間365日絶え間なく製造されるようプログラミングされている量に比べれば、ごくわずかです。

最近の研究では、mRNAワクチンによって生成されたスパイクタンパク質は、ワクチンを受けた人に継続的に蓄積されることで、実際に深刻な健康問題を引き起こす可能性があることが確認されています。

文字通り何兆ものスパイク・プロテインが蓄積されて体を圧迫すると、内臓器官が停止し始め、脳が機能しなくなります。だからこそ、英国政府の報告書は、来るべき偽のパンデミックの「第3の波」で、二重にワクチンを接種した人々の大部分が死亡すると予測しているのです。

もちろん、この大量の死者は、新しい、エキゾチックな音のするウイルスの「変種」、もっと言えば、「スケアリアン」、そして「ワクチンを受けていない利己的な人々」のせいにされるであろう。

言うまでもなく、ワクチンを受けていない人は、ワクチンを受けた人と長時間接触しないようにするのが得策で、特に狭い場所ではそうすべきである。

全世界がこれほどまでに大規模に騙されたことはありません。

サタンは牢獄から解き放たれ、自分が滅ぼされる前に、この世界を支配するための最後の行動に出るための時間が短いことを知っているようです。

私たちは約束された終わりを目撃しているのでしょうか?



引用終わり。



ファイザーからの情報を動画にされた方がいるので参考になるかも知れません。

「ファイザーからの警告! コロナワクチン最大のデメリット」

https://bit.ly/35Yn5LK

判断は各々でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です