咳、くしゃみはウイルス感染の媒介物ではありません。ウイルスを生物兵器として使用する唯一の方法は、注射です。

あるページをWEB翻訳してみたら、うまく日本語にならなかった。
そんなとき、偶然見つけたTweetがある。
見事に、要約されているので紹介したい。
ウイルスとは何かがはっきりするかも知れない。

以下、

wake up, stand up @bmdurgさんのTweet。

「ウイルスとは、人体の内部で人体によって作成される。100%オーガニックであり、それ自体が体に害を及ぼすことなどない。その真逆。ウィルス(=エクソソーム)は、身体の組織と機能の大掃除をし、健康を維持するために作成されるもの」 https://johnscottconsciousness.com/germ-theory/

ウィルスの、22の事実
1.ウイルスはそれ自体で複製する能力を欠いている。
2. 宿主細胞の複製装置を借りなければ増幅できない。
3.ウイルスは生物ではなく組織化された分子メッセンジャー。
4.人体には何兆個ものウイルスや微生物が存在し、それらは私たちの皮膚、腸、粘膜に生息している。

5. ウイルスが病気の原因であることは、未だかつて証明されていない。
6. 私たちは、ウイルスを呼吸し、食べ、触れている。
7. 1933年以来、ウイルスと伝染との関連を実証または証明することができた臨床ウイルス学的研究は1つもない。

8. ウイルスは皮膚や目から侵入することはできない。粘膜や免疫系がウイルスなどの外来タンパク質を少量廃棄するため。

9. ウイルスは傷口から侵入することはできない。出血は、内側ではなく外側に向かうものだから。

10. ウイルスは、ペトリ皿や生体の外には「存在」しない。

11. ウイルスは、それらを製造してコード化する宿主細胞なしでは機能できず、ウイルスは宿主細胞なしでは複製できない。

12. ウイルスは細胞に「感染」したり「侵入」したりしない。金属毒性が存在するポリオや変性神経系疾患などの特定の状況でない限り、ウイルスが生体組織を溶解することはない

13. ウイルスの主な機能は、死んだ物質を溶解すること。

14. 細胞は、関与する組織の状態に応じて異なるウイルス株を産生する。

15. 人体に固有のウイルス株は32万個あり、各細胞にはウイルスタンパク質の構成が含まれており、体が必要とするときに各株を製造する。

16. ウイルスはRNA / DNAを介して血球によって配列決定/コード化され、特定の死んだ組織や死にかけている組織や老廃物を分解する。
17. 咳・唾液はウイルス感染の媒介物ではない。唾液と粘膜はそのような粒子を分解する。ウイルスは死んだ皮膚の層を越えることができない。皮膚も感染経路とはならない

18. ウイルスに感染する唯一の方法は、直接注射(ワクチン接種)か、またはウィルスを含有する血を輸血すること。でも、そのような場合、体はそれを除去しなければならない異物組織として分析する。タンパク質溶媒(ウイルス)は、生きている微生物が排除できない廃棄物を廃棄するために作られるもの。

19. ウイルスとは、環境によって引き起こされる内部毒性に対する反応であり、ウイルスは動物では周期的です。ウイルスは、血液や組織の老廃物を処理する。季節や気候/気温の変化に応じて、体は大量の毒素を血液に放出して除去する。


20.水銀、ホルムアルデヒド、その他の化学的副産物などは、本質的に非常に毒性が高いため、生きている微生物は、それらを処理することができない。ウィルスは、微生物が処理できない体内に溜まった有機物質毒素を処理するためのタンパク質である。

21. ウイルスを生物兵器として使用する唯一の方法は、注射である。人工ウイルスを、ワクチンに含ませることは可能であり、さまざまな薬液およびアジュバントを介して、人間に極端な免疫反応を引き起こすように、人口ウィルスを設計することは可能だ。

22. ウイルスは、哺乳類や鳥類や魚類から人類へ、などと異なる種の間で飛び越えて感染することはありえない。人間が動物のウィルスに感染することは不可能だ。なぜなら、ウイルスは伝染性ではないし、動物のRNA / DNAは人間のRNA / DNAと互換性がないから血液中に、異種の動物の細胞組織を観察できる唯一の方法は、それを直接、注射することだ。注射すれば、ブタの組織、鳥の組織が体内検出されることは可能だ。肉を食べた場合には、消化される過程で人間の組織に変換される。人間の体は動物のウイルスを作り出すことはできない。

人間の体で検出されるウィルスは、人間特有のウイルスでなければならず、たとえ動物のウィルスが人間の細胞を「乗っ取った」としても、動物ウィルスは人間の細胞では複製されない。

wake up, stand up @bmdurgさんに深く感謝します。

長くなってしまうけれど、ページの自動翻訳も添付する。

病原菌の理論

https://johnscottconsciousness.com/germ-theory/より引用。

コロナウイルス/ Covid-19scam_dalを暴く

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bouquet-scaled.jpg



私たちは今、ウイルスについて何を知っていますか?

  • ウイルスはそれ自体で複製する能力を欠いています。
  • 酵素や他の分子を借りてより多くのウイルスを作るためには、宿主細胞の複製装置の助けが必要です。
  • ウイルスは「生物ではなく、単によく組織化された分子メッセンジャーです」。(ファビオロメロ、人間ウイルス学研究所);
  • 人体には何兆ものウイルスや微生物が存在し、それらは私たちの皮膚、腸、粘膜に生息しています…
  • ウイルスの存在は、それが病気の原因であることを意味するものではありませ
  • 私たちはウイルスを呼吸し、食べ、触れています。
  • 1933年以来、ウイルスと伝染との関連を実証または証明することができた臨床ウイルス学的研究はありません。ない!
  • ウイルスは皮膚や目から侵入することはできません。粘膜や免疫系がウイルスなどの外来タンパク質を少量廃棄するため、このようなベクターは機能しません。
  • ウイルスは、内側ではなく外側に出血するため、傷口から侵入することはできません。
  • ウイルスは、ペトリ皿や生体の外には「存在」しません。
  • ウイルスは、それらを製造してコード化する宿主細胞なしでは機能できず、ウイルスは宿主細胞なしでは複製できません。
  • ウイルスは細胞に「感染」したり「侵入」したりしません。彼らはそもそもそうするために生きていません。金属毒性が存在するポリオや変性神経系疾患などの特定の状況でない限り、ウイルスが生体組織を溶解することはほとんどありません。
  • ウイルスの主な機能は、死んだ物質を溶解することです。
  • 細胞は、関与する組織の状態に応じて異なるウイルス株を産生します。
  • 人体に固有のウイルス株は32万個あり、各細胞にはウイルスタンパク質の構成が含まれており、体が必要とするときに各株を製造します。
  • ウイルスは、RNA / DNAを介して赤血球によって配列決定/コード化され、特定の死んだ組織や死にかけている組織や老廃物を分解します。ウイルスは非常に特異的なタンパク質構造です。
  • 咳、くしゃみ、唾吐きはウイルス感染の媒介物ではありません。唾液と粘膜はそのような粒子を分解します。ウイルスは死んだ皮膚の層を越えることができないため、皮膚もベクターではありません。
  • 自然な手段の外でウイルスを取得する唯一の方法は、ウイルスを持っている患者の直接注射(ワクチン)または輸血を介することです。しかし、そのような場合、体はそれを除去しなければならない異物組織としてのみ分析します。ウイルスは体内で発生したものではないため、その体はウイルスが活動する時間と場所を知らず、ウイルスを解読するための鍵(細胞によってコードされるRNAまたはDNA)も持たず、その活動。そのため、除去しなければならない異物として分析されます。タンパク質溶媒(ウイルス)は、生きている微生物がそれを排除できない場合にこの廃棄物を廃棄するために、さまざまな強度で製造されています。
  • ウイルスは、環境によって引き起こされる内部毒性の結果です。ウイルスは動物では周期的です。ウイルスは、血液や組織の老廃物を食べます。年間を通じて、季節や気候/気温の変化に応じて、体は大量の毒素を血液に放出して除去します。水銀、ホルムアルデヒド、その他の化学的副産物など、これらの毒素のいくつかは本質的に非常に有毒であるため、生きている微生物は死なずにそれらを食べて排除することはできません。次に、このクレンジングが必要な体の対応する場所にある各細胞によって、生きていないタンパク質が製造されます。これらの有毒物質はウイルスによって分解されるため、体はそれらを排除し、恒常性を回復します。
  • ウイルスを生物兵器として使用できる唯一の方法は、注射、期間を介することです。そのような人工ウイルス株が通常の既存のワクチンに含まれている可能性があり、これは可能性として除外されるべきではありませんが、前述のように、体外からのウイルス株は認識されません。ただし、注入される人工物質は、さまざまなレベルの組織滅菌およびアジュバントを介して、人間に極端な反応を引き起こすように設計することができます。
  • ウイルスは異種間伝播できません。動物から人類へ。人間が動物のインフルエンザを発症することは不可能です—A。ウイルスは伝染性ではないので、そして、B。動物のRNA / DNAは人間のRNA / DNAと互換性がないからです。血液中の動物組織を観察できる唯一の方法は、消化管を迂回して血液に到達する動物組織を注射することです。そうして初めて、ブタの組織、鳥の組織、またはそのような動物の組織が体内に現れます。動物の肉が人間によって消費されるとき、それは人間の組織に変換されます。人間の細胞は動物の細胞やウイルスを作り出すことはできません。私たちがウイルスを開発する場合、それらは人間のウイルスです。動物ウイルスが人間の細胞を「乗っ取った」としても、人間の細胞は動物ウイルスを生成できない可能性があります。
  • 現在の精神病は、人口の恐怖を増大させるのに役立ち、根底にあるアジェンダ、つまり新世界秩序とトランスヒューマニズムの扇動から注意をそらすのに役立ちます。

最近あなたが死ぬ可能性が高いのは、5-G、老年期、予防接種または恐怖の影響だけです…

国内のワクチン; Germ-in-Nation!https://johnscottconsciousness.com/vaccines-no-thanks/embed/#?secret=nnJxiUdJEn

ウイルスは人体の内部および人体によって作成されます。それらは100%オーガニックであり、それ自体で体に害を及ぼすことはありません。それどころか、それらは、セルレアレベル以上の身体の組織と機能の「春の大掃除」の維持を保証するために作成されています。

一方、ワクチンや合成医薬品(先祖代々の有機療法などとは対照的に)は…まあ、合成です。人体が健全な方法で統合するように設計されていない特定の有機要素を含む場合と含まない場合がある一連の調合。なぜ彼らは彼らに付随する各パッケージの「指示」にリストされた「副作用」の連祷を運ぶのでしょうか?…

ルイ・パスツールの不正な研究に基づいており、過去160年間ウイルス学を支配し続けている「細菌説」に反論する医師や研究者からの、以下の引用を考えてみてください。

「医師は病原菌の病気の理論に取り組んでいます…しかし、病原菌の理論はすでに弱体化しており、捨てられることになっています。カナダのフレイザー博士とカリフォルニアのパウエル博士は、あらゆる種類の数十億の細菌を実験してきましたが、人間の被験者に細菌を導入することによって単一の病気を引き起こすことはできませんでした。ウェイト博士は何年もの間、細菌説を証明しようとしましたが、それはできませんでした。 

第二次世界大戦中、マサチューセッツ州ギャロップス島で実験が行われ、公立病院の100人以上の男性に数百万のインフルエンザ菌が注入されましたが、誰もインフルエンザにかかりませんでした。細菌はスカベンジャーです。」自然療法の原則と実践。EW Cordingley、MD“
(スカベンジャー:体内の不要物質や毒性物質を処理する器官・細胞・物質など。)

…ウイルスは有毒な細胞の排泄物です。ウイルスはDNAまたはRNAの断片であり、他のいくつかのタンパク質が含まれています。彼らは細胞から芽を出します。それらは細胞が毒されたときに起こります。それらは何の原因でもありません。」ルドルフ・シュタイナーの洞察についてのトーマス・コーワン医学博士。 

「ワクチンの大量販売がなかったら、パスツールの病原菌の病気の理論は崩壊して曖昧になっていたでしょう。」E.ダグラスヒューム 

「後に数えられない人々がそうであったように、これらのロシアの農民の少なくとも一部、そしておそらく3人すべてがパスツールのワクチンのために死亡したと推測しなければなりません…。パスツールが彼の「ワクチン」を開発して以来、狂犬病は減少するのではなく、増加しました。」ハンス・リューシュ  

「病原菌説が真実なら、それを信じる人は誰も生きていないでしょう。」BJパーマー、DC  

「1915年に、別の医師が英国のトップ医学雑誌Lancetに記事を書きました。モンタイス博士は、それぞれがパスツールの接種を受けた破傷風の21例を研究しました。1915年10月23日号に掲載された記事の結論は、いずれの場合も破傷風は接種によって引き起こされたというものでした。モンタイス博士は、「パスツールは新しい形の病気を生み出した」と述べました。ティム・オシェイによる「抗生物質投与後の時代:病原菌理論」  

「しかし、犯人は微生物ではありません。それはあなたがあなた自身の血流に持っている毒性のレベルです。」「Good-ByeGermTheory」、ウィリアムP.トレビング博士、2006年  

「あなたはそもそも間違った前提の下で働いており、そうしても答えを見つけることは決してありません。ウイルスには核がありません。呼吸器系はありません。循環器系はありません。消化器系はありません。ウイルスは生きていません。それは石鹸が生きていると言っているようなものです。彼らは生きていません。それらは溶剤です。石鹸です。しかし、より正確には、それらは老廃物を除去するために組織を分画する酵素です。」Aajonus Vonderplanitz  

細菌、ワクチン、ウイルスの問題には多くの恐れがあります。このタイムリーなリマインダーを歓迎し、恐怖管理に関する核変換の役割を展望します。

「恐れは伝染です。ウイルスのようなものがないことを知っているだけでは、他の人間の恐れからあなたを保護したり、あなたが遭遇する他のすべての人に無意識にウイルスを感染させたりするのを防ぐのに十分ではありません。恐れを変容させると、この移行ははるかに迅速かつ容易になり、まだバランスが取れている結果ははるかに有利になります。

最初の恐怖の波に屈しなかったのなら、危険物の装備を身につけた店員や軍隊が通りを巡視していることでバランスが崩れていたかもしれません。それは当然のことです。また、ウイルスに誘惑されていない場合は、5Gが注目を集めているか、寄生虫がいることに気付くかもしれません。これらは本当に本物だからです。誰もが経済破綻と戒厳令を被り、人々はいつものように死ぬでしょう。愛する人の死は、高齢者であろうと病気であろうと常に困難ですが、心臓病、脳卒中、老齢で亡くなる人はもういないようです。合理的思考は、恐怖の流行の最初の犠牲者です。

「隠蔽」、「心理戦」、「デマ」、あなたがそれをどのように呼んでも、恐怖を伝えることによって機能します。コントローラーのアクションを非表示にするようには設計されていません。コントローラーのアクションは関係なく継続します。コントローラーにはオーディエンスが必要です。しかし、彼らが望んでいる最後のことは、あなたが何ができるかを発見することです!最終的に、隠蔽工作はあなた自身からあなたを隠すためにあなたのために設計されています。あなたが問題や恐れに対処することに集中し、未来がどうなるかを推測し、それが現在よりも良くなることを望んでいるなら、あなたはすべてのエネルギーを使い果たして浮かんでいるという制限された現実に住んでいて、決して生きることはできませんあなたの夢。あなたのユニークな夢の表現は、彼らの現実を崩壊させる爆発です。

世界の劇場の基盤は、「本物」と「非本物」の誤った二重性です。考え方は次のとおりです。はい、しかし5Gは本物です。彼らはそれを私の近所に設置しており、症状はコロナウイルスと完全に一致しています。それは罠です。それはあなたをだまして彼らの現実を補強するためにあなたを騙します。それは恐怖に基づいて構築され、コントローラーのニーズを容易に制御し、助長するような方法で制限されています。コントロールが機能しているのを見るときはいつでも、それは常に恐怖の影響です。現実の運用上の二重性は、「私の現実」と「他の現実」です。創造的な想像力は、恐怖を変容させるだけでなく、あなたの認識を変え、あなた自身の現実を生み出すためのツールです。プラトンの洞窟から出てくる時が来ました。」

「私たちは、細菌が結核を引き起こさないと考えている専門家のメンバーに同意します。病原菌は病気を引き起こしません。さらに、私たちは、細菌自体よりも細菌への恐れの方が害があることに同意します。」「人間の健康に関するタイムリーな真実」、Simon Louis Katzoff、MD 1921 

 「私たちは細菌の問題を合理的に見なければなりません。多くの部族が最初から主に無塩の生肉、無塩の生脂肪、および/または無塩の生乳製品を食べていたという事実を考慮してください。彼らは食べる前に手を洗ったり、食べ物を殺菌したりしませんでした。サルモネラ菌、大腸菌、カンピロバクターを含むあらゆる形態の天然細菌は、食物とともに豊富かつ絶えず食べられました。微生物が原因であるのに、なぜ彼らは活気があり、健康で、病気がないのですか?」「病気のない生活のためのレシピ。」Aajonus Vonderplanitz(1947)

「一般の人々は、細菌が外から侵入する場合を除いて、私たちは病気にならないだろうと言われています。病原菌の病気の理論はばかげています。」「ベシャンまたはパスツール、生物学の歴史の中で失われた章」、E。ダグラスヒューム  

「病原菌は健康な体にも見られるので、病原菌が病気の原因になることはありません。」「ネイチャーキュア」、H。リンドラー、MD 

「病原菌の病気の理論の全体的な構造は、証明されていないだけでなく、証明することができない仮定に基づいており、それらの多くは真実の逆であることが証明できます。完全にパスツールによる、証明されていない仮定の基本的なものは、すべてのいわゆる感染症と伝染性障害が細菌によって引き起こされるという仮説です。」MLレバーソン、MD  

「どんな種類のインフルエンザも同じことです。気候と気温が適切な場合、特定の組織が浄化されます。彼らは7年の周期を持っているかもしれません。彼らは6ヶ月のサイクルを持っているかもしれません。それは組織とそれがどれほど汚染されているかに依存します。特定の組織が2年ごとに浄化する必要がある場合、私たちの体は生成します。老廃物組織が微生物に対して毒性が強すぎる場合、私たちの体はその特定の組織を2年ごと、6か月ごと、その組織とその汚染度に応じて、3か月、7年ごと、12年ごと。ヘルペスが伝染するという神話は、薬を服用するようにあなたを怖がらせる製薬業界のフィクションです。」Aajonus Vonderplanitz  

何が起こっているのかというと、私が言ったように、風邪は主にバクテリアで、損傷した有毒な組織を食べます。十分に食べられず、すべてを生で食べないため、毒性が蓄積されます。ですから、私たちがすべての廃棄物に追いつくことができないので、バクテリアが入ってその廃棄物を食べなければなりません。OK。それが風邪です。インフルエンザは主にウイルス性です。一部の細菌はインフルエンザの際に活動する可能性があります。私たちの体のいくつかの領域は、バクテリア(毒性や老廃物で過負荷になったときにバクテリアで浄化する自然な方法)が私たちを助けるほど汚染されていないかもしれません。しかし、私たちが非常に有毒で、化学物質の氾濫によって細菌が組織によって中毒される場合、私たちは溶媒を作らなければなりません。各セルは溶媒を作ります。各セルは、それ自体をきれいにするのを助けるために石鹸を作ります。そしてそれは組合です。それは工場のようなものです。すべての特定の細胞が集まって、「自分自身をきれいにするのを助けるためにこれを作りましょう」と言います。それで彼らは私達がそれをするために石鹸と呼ぶ酵素を作ります。したがって、それについて休眠しているものは何もありません。産業汚染された廃棄物の蓄積が非常に多く、微生物を使用できない場合、細胞は溶媒、つまりインフルエンザと呼ばれるウイルスを生成します。」-Aajonus Vonderplanitz 

「ウイルスを適切に特定するために必要な科学的方法によると、3つの基準があります。宿主細胞から分離する必要があります。2016年の時点で、これは人間では達成されていません。写真を撮り、直径を測定する必要があります。2016年の時点で、これは人間では達成されていません。それは生化学的に特徴付けられなければなりません。2016年の時点で、これは人間では達成されていません。これは、HIV、HPV、SARS、Zika、Ebolaはもちろんのこと、ウイルス(ヘルペス、肝炎、h1n1、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、インフルエンザ、ポリオ、はしか)では行われたことがありません。」

バックグラウンドで発芽する種子胚芽

「1995年に、100を超えるパスツールの実験ノート(約20年前に研究に利用可能になった)の長期研究が、ジェラルド・ガイソンの著書「ルイ・パスツールの私的科学」(1)で最終的な形になりました。 

現代文学でパスツールについて通常読むことができるものとは対照的に、ゲイソンは、パスツールの「不愉快な」行動の多くの事例を彼の最も重要な事業のほとんどすべてで明らかにする、かなり不潔な「客観的」な物語を語ろうとしました。 

科学メディアは、ゲイソンの公開講義と慎重な予備的開示(例2)によって、この本にかなりの準備ができていました。したがって、出版後の多数のレビュー(1,3,4)は、「パスツールについての神話を暴く」ことからの喜びを表現する上で驚くほど全会一致でした。唯一の異議は、「人類の利益のために彼の科学を適用することを意図した真実の後の無私の探求者」の「正当に支配的なイメージ」を擁護しようと勇敢に試みたノーベル化学賞受賞者のMFPerutzから来ました(5)

ゲイソンの本と(さらには)科学メディアの反応はどちらも奇妙に思えます。問題は、理想的な科学者としてのパスツールについての神話は、それほど深刻なものではないということです(たとえば、サンタクロースについての話のように)。おそらく、この神話は、パスツールをフランスの国民的英雄として話す場合、または幼稚園レベルでの教育目的で使用する場合に最も適切です。しかし、彼が科学者として完璧とは程遠いことは、専門家としての深い秘密ではありません。 

ポール・デ・クルイフの「Microbe Hunters」を取り上げて、ルイ・パスツールが「素晴らしいショーマンであり、時折の小さな趣味の下ではなかったが、彼は山師を設計していなかった」ことを知るだけです(参照7、p .159)。多くのゲイソンの評論家の誰も、この有名な本がパスツールの過ちと個人的な不正行為に十分な注意を払って「誤ったスタートと知的紆余曲折に満ちた」パスツールの研究の非常に客観的な絵を描いたことを覚えていないことは本当に衝撃的な事実です— 70年ゲイソンがそれをすることの優先順位のために褒め言葉を集める前に。

もちろん、ゲイソンの本は異なり、それはより大きく、そしてさらに重要なことに、それははるかに否定的です。そして違いは、ゲイソンがすべての比率からすべての「小さなホーカスポカス」を膨らませるということだけではありません。De Kruif Pasteurによると、不正行為は非難されますが、人間の自発的な感情、衝動、「ショーマンシップ」など、いかなる種類の「デザイン」も組み込むことができませんでした。非常に疑わしい見解とゲイソンはそれを簡単に粉砕し、より深刻な職業上の不正行為のいくつかのエピソードを提示します。これは、現代の用語では科学的詐欺として明確に解釈されるべきです。

この点で、狂犬病関連の研究における次のエピソードを思い出してみましょう。 

パスツールが狂犬病ワクチンで成功する前は、以前のすべてのワクチンは予防的でした。つまり、ワクチンは健康な個人または動物に与えられ、その後の感染に対する免疫を与えていました。パスツールの狂犬病ワクチンに関する当初の計画は、狂犬病ワクチンを予防薬として使用し、フランスのすべての犬に免疫を与えることでもありました(6)。しかし、実際的な考慮事項により、彼はすぐに、猛烈な犬に噛まれた人の数を大幅に減らすことが唯一のアプローチであると考えました。その後、動物実験での確認を必要とするジョセフマイスターの有名な最初の成功したワクチン接種に続きました。そして数ヶ月後、(羊飼いの少年ジュピユの)2回目のワクチン接種に先立つ手紙(ref。7、p.387)で、パスツールは、感染後6〜8日でワクチン接種を開始すれば、犬の狂犬病を予防することに成功したと主張しています。 

悲しいかな、パスツールは嘘をついた。そして正式には、これは実験科学者から続くことができる最も深刻なタイプの欺瞞であり、失敗を報告する代わりに成功を報告します。その後の独立した研究はこの主張を確認することができず、治療的ワクチン接種は犬では実際には機能しないことを示しました(8)。

これは、非常に多くの研究者がパスツールの実験を繰り返そうとしたが失敗したことを意味します。 

したがって、パスツールが深刻な詐欺的な主張をする能力は、プロの科学者にとって公然の秘密だったようです。まあ、おそらく、ゲイソンはこの小さなプロの秘密を公開した最初の人です。

ルイ・パスツールvsヘンリー・トゥサン:

パスツールの不正行為は時には非常に深刻なものでしたが、いつでも簡単に正当化できるため、「小さなホーカスポカス」カテゴリの何かとして再び見られます。このカテゴリーに絶対に当てはまらない唯一のエピソードは、炭疽菌ワクチン関連の論争についてのゲイソンの解釈です。

大まかに言えば、Geisonの本によると、炭疽菌ワクチンはトゥールーズの獣医Toussaintによって最初に開発されました。パスツールはこのワクチンを盗み、プイイルフォートでの彼の有名な公開デモで彼自身のものとして提示しました。 

他のすべてのゲッソンの告発とは異なり、このエピソードは本当に不潔に見えます。ここにどんな改ざんがあるのか​​わからなかったので、長い間戸惑いました。それは彼にとって多すぎるように思われるので、全体の話はゲイソンのファンタジーだけではありえませんでした。同時に、私はパスツールからこの種の道徳的腐敗を期待することはできませんでした。ついに、ヴァレリー・ラドット(7)によるパスツールの伝記を開いて、心の安らぎを取り戻しました。 

Toussaintの名前はGeisonの発見ではなかったことが判明しました。このほぼ公式のパスツールの伝記の3ページは、炭疽菌ワクチンの開発における彼の優先順位と、パスツールが彼の実験をたどって繰り返したという事実の両方を明確に認めているTussaintに捧げられています[“パスツールの生涯」オンライン>>]。 

正確には、この本はTussaint-Pasteurの関係について多くの質問を残しており、完全に正直に見えるわけではありません。最も明白なゆがみは、他のテーマにテキストを挿入することによって、プイイルフォートでの裁判についての物語からトゥサンのすべての言及が十分に分離されていることです。もちろん、そのようなトリックの後、プイ・ル・フォートでパスツールが使用した炭疽菌ワクチンとは、トゥーサンの作品はまったく関係がなかったというほぼ完璧な印象が残っています。だから、私はそこで何かが本当にうまくいかなかったとかなり確信しています。

しかし、残念ながら、ゲイソンは、この興味深いエピソードから歴史的な論文ではなく、安価な感覚を生み出すことをより明確にしません。実際、ゲイソンは、トゥサンとルイパスツールの関係の公式版を彼自身の偶像破壊の発見として小売りしています。これは、トゥサンが作ったワクチンがプイイルフォートでパスツールが使ったワクチンと同一であるという決定的な主張をする論理的な口実を与えます。 。 

しかし、この主張の科学的根拠は非常に疑わしいものです。実際、私はパスツールの科学を理解する上で少し反対意見を持っています(9)。しかし、私の見解では、現代科学は、効果的なワクチンを開発する過程で何が重要で何が重要でないかをまだ知りません。したがって、2つの異なるワクチンを比較する方法もわかりません。だから私は、ゲイソンがそれを完全にはっきりと知っているというふりを無視するしかない。しかし、あなたはゲイソンとペルーツの間のこのテーマに関する絶望的な議論を参照するかもしれません(5)—後者もすべてをさらによく知っています。

これは私がゲイソンの本に対して持っているすべてではありませんが、実際には、それは絶対に悪いわけではありません。それを、セックス、犯罪、または冒険についての空想で実際の歴史的出来事を美化する歴史的なローマの性質のより何かとして解釈するならば、この本は良い読み物かもしれません。あまり真剣に受け止めるべきではありません。改ざんやゆがみは、この種の文学や教授にとって一般的なトリックです。ゲイソンは、幅広い読者の注目を集めるためにそれらの巧みな使用法を示しています。 

本当に悪いのは、このポルノが「最高の科学的伝記」と、さらには科学メディアによる「ツアー・デ・フォース」(1)と間違えられたことです。それは、現代世代のワクチン学者、または少なくとも科学タブロイド紙の編集委員会の人々の資格についてあまりにも多くを語っています。そして、それがワクチン学が馬鹿によって支配されているという私の古いこっそり疑惑を支持していることを言及してうれしいです(10)。

参考文献

1.ジェラルドL.ガイソン–ルイパスツールの私立科学(プリンストン大学出版局、プリンストン、1995年)(レビューからの抜粋を含む出版社の発表へのリンク) 

2.アンダーソンC.「パスツールノートブックは欺瞞を明らかにします。」Science 259(1993):1117。 

3. E.Fee – New England Journal of Medicine、1995 v.333(13)でのレビュー 

4. DPFrancis – JAPACでのレビュー(一部のエイズキャンペーンジャーナル) 

5. MF Perutz「ThePioneerDefended」– 1995年12月21日のNY Times Book Reviewでのレビュー、およびその後の議論(1997年4月4日) 

6. de Kruif、P。–微生物ハンター。(Harcourt Brace&Co。、ニューヨーク、1926年) 

7. Vallery-Radot R. – La vie dePasteur。(ロシア語訳:Izd-voinostr。lit。、Moskva、1950)http://archive.org/stream/lifeofpasteu00vall#page/306/mode/2up 

8. GMBaered。–狂犬病の自然史、v.2。(Acad.Press、1975) 

9. DKYuryev –「ワクチンの理解に向けて」 

10. DKYuryev –「ペトロフの愚かさを脅かすことについてのEltsynへの手紙」 

出典:http//www.igfarben.ru/louis_pasteur_biography

その他のアイテム:

11.アンドリュー・カウフマン博士; 「病原菌の本当の科学:ウイルスは病気を引き起こすのか?

https://www.bitchute.com/video/TORel19zI2A2/https://johnscottconsciousness.com/coronavirus-ascension-and-the-grieving-process/embed/#?secret=aUes9oO1IJ

何が本当にあなたを病気にしますか?:

https://www.whatreallymakesyouill.com/germtheory.html

https://www.bitchute.com/video/g289xPxr5ddC/https://freefinca.com/deadwood-microbes-and-demons/embed/#?secret=O9vTEtCYtv

「恐怖についての真実」–フルバージョン:https://www.bitchute.com/embed/c4rX0rGq7y7h/?feature=oembed#?secret=nH9mpY3zODhttps://www.bitchute.com/embed/XbO161an5rd8/?feature=oembed#?secret=1eYSb9M4GN

https://www.bitchute.com/video/GbM7IvvM7QgW/ジョージ・カーリン:la peur des microbes

コロナウイルスの神話についてのDavidCrowe:

https://theinfectiousmyth.com/book/CoronavirusPanic.pdfhttps://jchristoff.com/government-and-media-proven-to-be-lying-to-public-about-covid-pandemic/embed/#?secret=18y9D1oMza

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: birds-eye-well-scaled.jpg
鳥瞰図

johnscottconsciousness.com

引用終わり。


WHO(ついに)PCRテストが偽陽性を生み出すことを認める

世界保健機関は12月14日にガイダンスメモを発表し、 PCRテストのサイクルしきい値が高いと誤検出が発生することを警告しました。

*** http://bit.ly/3h3dBDYを自動翻訳で全コピーしました。

タイラーダーデンの写真タイラー・ダーデン2020年12月20日日曜日-8:12

テストの高いCT値に関する警告は、数か月遅れています…では、なぜ今表示されているのでしょうか。潜在的な説明は驚くほど皮肉です…

世界保健機関は12月14日にガイダンスメモを発表し、  PCRテストのサイクルしきい値が高いと誤検出が発生することを警告しました。

この情報は正確ですが、何ヶ月も利用可能であるため、質問する必要があります。なぜ彼らは今それを報告しているのですか?ワクチンが効いているように見せるためですか?

「ゴールドスタンダード」のSars-Cov-2テストは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)に基づいています。PCRは、ヌクレオチド(DNAまたはRNAの小さな断片)を取得し、それらが識別できるほど大きくなるまで複製することによって機能します。複製はサイクルで行われ、各サイクルで遺伝物質の量が2倍になります。識別可能なものを生成するために必要なサイクル数は、「サイクルしきい値」または「CT値」として知られています。CT値が高いほど、重要なものを検出する可能性が低くなります。

この新しいWHOのメモは、高いCT値を使用してSars-Cov-2の存在をテストすると、偽陽性の結果が生じると述べています。

彼ら自身の言葉を引用するには[私たちの強調]:

RT-PCR試薬のユーザーは、IFUを注意深く読ん で、高いサイクルしきい値(Ct)値の結果が陽性と解釈される標本につながる可能性のあるバックグラウンドノイズを考慮するために、PCR陽性しきい値の手動調整が必要かどうかを判断する必要があります。結果。

彼らは続けて説明します[繰り返しますが、私たちの強調]:

RT-PCRの設計原理は、循環ウイルス(ウイルス量)のレベルが高い患者の場合、ウイルスを検出するために必要なサイクルが比較的少ないため、Ct値が低くなることを意味します。逆に、検体が高いCt値を返す場合、ウイルスを検出するために多くのサイクルが必要だったことを意味します。 状況によっては、バックグラウンドノイズとターゲットウイルスの実際の存在を区別することが困難です。

もちろん、これは注意を払っている人にとってはニュースではありません。PCRテストは簡単に操作でき、非常に不正確になる可能性があることは、「パンデミック」の物語とそれが販売に使用されているポリシーに反対する私たちの頻繁に繰り返される戦いの叫びの1つです。

 この分野の多くの専門家、医療ジャーナリスト 、 その他の研究者によって、それについて多くの記事が書かれてい ます。35を超えるCT値を使用したテストは、潜在的に無意味であるということは、ここ数か月間、一般的に利用可能な知識です。

PCRプロセスの発明でノーベル賞を受賞したKaryMullis博士は、それが診断ツールとして意図されたものではないことを明らかにしまし た。

PCRを使えば、うまくやれば、だれでもほとんど何でも見つけることができます。」

そして、サイクルのしきい値についてコメントすると、かつて言った:

シングルコピー遺伝子を増幅するために40サイクル以上行かなければならない場合は、PCRに深刻な問題があります。」

PCRの使用のためのMIQEガイドライン 

暗黙の低効率のため、40を超えるCq値は疑わしいものであり、通常は報告すべきではありません。」

これはすべて、封鎖が始まって以来、公に知られています。オーストラリア政府 自身のウェブサイトは、テストに欠陥があることを認め、 ポルトガルの裁判所は、テストが目的に適して いないことを決定しました。

アンソニー・ファウチ博士でさえ 、35を超えるサイクル閾値が生きているウイルスではなく「死んだヌクレオチド」を検出することになることを 公に認めています。

これらすべてにもかかわらず、世界中の多くのラボが、40代前半でも、35を超えるCT値でPCRテストを使用していることが知られています。

では、なぜWHOはこれが間違っていると最終的に決定したのでしょうか。この単純な現実を認識することを最終的に選択した理由は何でしょうか。

その答えは潜在的に衝撃的な皮肉です: 私たちは今ワクチンを持っています。誤検知はもう必要ありません。

概念的には、システムはその奇跡的な治療法を生み出しました。

したがって、全員が予防接種を受けた後、行われるすべてのPCRテストは「新しいWHOガイドラインの下で」行われ 、35回以上ではなく25〜30サイクルしか実行されません。

見よ、「陽性の症例」の数は急減し、私たちの奇跡のワクチンが効くことが確認されます。

何ヶ月にもわたってデータプールに誤検知が殺到し、「偶然に」死亡を誤って カウントし、他のすべての死亡診断書に「Covid19関連の死亡」を追加した後…彼らは止めることができます。 作成・パンデミックマシンが 再びゼロに達することができます。

…言われた通りに私たち全員がする限り。異議の兆候(たとえば、ワクチンを拒否する大勢の人々)とCT値は再び上昇し始め 、魔法の病気を取り戻します。



「*** http://bit.ly/3h3dBDYを自動翻訳で全コピーしました。」

以下原文。
英文で読んだ方が正確だと思われます。

WHO (Finally) Admits PCR Tests Create False Positives

Tyler Durden's Photoby Tyler DurdenSunday, Dec 20, 2020 – 8:12

Authored by Kit Knightly via Off-Guardian.org,

Warnings concerning high CT value of tests are months too late…so why are they appearing now? The potential explanation is shockingly cynical…

The World Health Organization released a guidance memo on December 14th, warning that high cycle thresholds on PCR tests will result in false positives.

While this information is accurate, it has also been available for months, so we must ask: why are they reporting it now? Is it to make it appear the vaccine works?

The “gold standard” Sars-Cov-2 tests are based on polymerase chain reaction (PCR). PCR works by taking nucleotides – tiny fragments of DNA or RNA – and replicating them until they become something large enough to identify. The replication is done in cycles, with each cycle doubling the amount of genetic material. The number of cycles it takes to produce something identifiable is known as the “cycle threshold” or “CT value”. The higher the CT value, the less likely you are to be detecting anything significant.

This new WHO memo states that using a high CT value to test for the presence of Sars-Cov-2 will result in false-positive results.

To quote their own words [our emphasis]:

Users of RT-PCR reagents should read the IFU carefully to determine if manual adjustment of the PCR positivity threshold is necessary to account for any background noise which may lead to a specimen with a high cycle threshold (Ct) value result being interpreted as a positive result.

They go on to explain [again, our emphasis]:

The design principle of RT-PCR means that for patients with high levels of circulating virus (viral load), relatively few cycles will be needed to detect virus and so the Ct value will be low. Conversely, when specimens return a high Ct value, it means that many cycles were required to detect virus. In some circumstances, the distinction between background noise and actual presence of the target virus is difficult to ascertain.

Of course, none of this is news to anyone who has been paying attention. That PCR tests were easily manipulated and potentially highly inaccurate has been one of the oft-repeated battle cries of those of us opposing the “pandemic” narrative, and the policies it’s being used to sell.

Many articles have been written about it, by many experts in the field, medical journalists and other researchers. It’s been commonly available knowledge, for months now, that any test using a CT value over 35 is potentially meaningless.

Dr Kary Mullis, who won the Nobel Prize for inventing the PCR process, was clear that it wasn’t meant as a diagnostic tool, saying:

with PCR, if you do it well, you can find almost anything in anybody.”

And, commenting on cycle thresholds, once said:

If you have to go more than 40 cycles to amplify a single-copy gene, there is something seriously wrong with your PCR.”

The MIQE guidelines for PCR use state:

Cq values higher than 40 are suspect because of the implied low efficiency and generally should not be reported,”

This has all been public knowledge since the beginning of the lockdown. The Australian government’s own website admitted the tests were flawed, and a court in Portugal ruled they were not fit for purpose.

Even Dr Anthony Fauci has publicly admitted that a cycle threshold over 35 is going to be detecting “dead nucleotides”, not a living virus.

Despite all this, it is known that many labs around the world have been using PCR tests with CT values over 35, even into the low 40s.

So why has the WHO finally decided to say this is wrong? What reason could they have for finally choosing to recognise this simple reality?

The answer to that is potentially shockingly cynical: We have a vaccine now. We don’t need false positives anymore.

Notionally, the system has produced its miracle cure.

So, after everyone has been vaccinated, all the PCR tests being done will be done “under the new WHO guidelines”, and running only 25-30 cycles instead of 35+.

Lo and behold, the number of “positive cases” will plummet, and we’ll have confirmation that our miracle vaccine works.

After months of flooding the data pool with false positives, miscounting deaths “by accident”, adding “Covid19 related death” to every other death certificate…they can stop. The create-a-pandemic machine can be turned down to zero again.

…as long as we all do as we’re told. Any signs of dissent – masses of people refusing the vaccine, for example – and the CT value can start to climb again, and they bring back their magical disease.

ワクチンとコロナとPCRとマスクについて

今更ながらであるが、コロナの現状についてまとめておく。

1.ワクチンについて

コロナウイルスのワクチンなるものが出来たというが、
「CDCは、コロナウィルスを確認したことが一度もない事を認めた」
(CDC-米国疾病予防センター)

プリンシピア科学協会 10月11日版
「COVID19パンデミックを引き起こしたとされるSARS-COV2ウイルスの存在を分離して確認するための実験室試験が成功したことは一度もない」

https://principia-scientific.com/even-cdc-now-admits-no-gold-standard-of-covid19-virus-isolate/…

ウイルスの分離確認も出来ていないのに、ワクチンは作れないのである。

「アンドリュー・カウフマン:存在証明の無い物のワクチンは作りようがない」

https://www.bitchute.com/video/e5mmcZqMeFXV/



2.コロナウイルスについて


コロナウイルスは存在しない。

アンドリュー・カウフマン博士

https://www.bitchute.com/video/CPLyoWIQLsUK/

トーマスコーエン博士

トーマスコーエン博士



3.PCR検査について

PCR検査というものは「PCR検査とは、検査を受ける人の体液などから検体を採取し、特定のDNAだけを増やす検査。」と説明されるが、実際には、

普通の風邪

インフルエンザ(A型、B型)

RSウイルス

アデノウイルス

パラインフルエンザ

マイコプラズマ肺炎

クラミジア

その他

に反応する訳で、別にコロナウイルス独自の検査方法ではない。

トーマスコーエン博士はct値が35以上の場合は、検査は無効であると語る。
ct値とは、DNAを何回増幅させるかという値。1個のウイルスを35回増幅させると、34,359,738,368個になる。

https://jimakudaio.com/yt?v=2mNhiNry8_Q&lang=ja
(字幕大王)



それはファウチも認めている。

字幕大王 https://www.jimakudaio.com/


しかし、世界の検査はct値が高いところが多い。
これは意図的であろう。

そしてct値が60になれば、全員陽性になるという話だ。


そして日本のある医院のct値がTwitterに掲載されていた。
45である。


この医院の先生の説明によると、業者から納入されたこの機械の設定値は簡単には変更出来なくなっているらしい。

これでは、この検査自体が無効である。ましてや、ct値を33にしたところで、何のウィルスに反応しているかも分からないし、エクソソ−ムに反応しているとすれば、打撲した人は、PCR検査で陽性とされる事もあるだろう。(アンドリュー・カウフマン博士の動画を見てもらいたい。)

「What I think COVID-19 Really is」COVID-19は実際にはエクソソームです。http://bottomx.shibugaki.jp/?p=714

4.マスクについて
コロナウイルスは存在しないが、マスクは人体にどのように作用するのか?
アンドリュー・カウフマン博士の話を聞く。

https://jimakudaio.com/yt?v=Gda9o4FTXrE&lang=ja
(字幕大王)

マスクは人間の関係を引き離し、血中酸素濃度を下げる。
さらに他の病気に関しても、それを防ぐというエビデンスはないという。

実際、日本の厚生労働省も、マスクを着用するような指導は表向きはしていない。これは文科省も同様である。

では何故、大勢の人がマスクをつけるのか。
これはマスコミによる洗脳であるといっていいだろう。


わたしは存在しないウイルスのためにマスクを着けようとは微塵も思わない。
マイクを着ける事が、人間の分断を進める。
さらに、マスクをつける事は、国に対する従属の証であると思っている。

あとは皆さんで判断してもらいたい。

世界中が嘘をついているcovid-19

下の動画の冒頭の数秒。米国では入院患者は靴を履いたままらしい。
New York TimesはHollywoodである。

下の動画はネットで話題になった。私には肯定も否定もできない。私はEden Mediaに懐疑的な感情を少し持っている。

しかし、Tweetされた下の動画では死者も生き返る。

やはり、コロナウイルスというのは、人々の不安を掻き立てるための嘘であり、その原因は新しい電磁波にあるのだろうと思われる。そして、今回の騒動はあくまでもテストだと感じられる。ワクチンという名で人々の身体にチップを入れるという噂も荒唐無稽なことではないだろう。人々の情報を猛烈なスピードでかき集め、データ保存する。さらに、個人に対するピンポイント攻撃も可能な技術なのではないか。
 
これは人間の家畜化である。

下のような情報もあるが、まだ腑に落ちない点も多い。


怯えることはない。二元論を捨て、自然を愛でる気持ちを持ち続けていれば、なるようになる。それさえ忘れなければ、肉体の死など怖れることはないのだ。

遠い遠い日の僕の見た夢

「環境の激変などの影響をうけたとき、病原体がからだのなかに自然発生し、伝染病と言われているものが同時多発的にひろがる。」

僕はある日夢を見た。遠い遠い日の夢だ。

ある日、アジアの国で肺炎患者が複数発生した。真っ先にニュースになったのは「抗生物質が効かない」ということだった。そして、患者さんを検査するとコロナウィルスがでてきた。このウィルスはSARS-CoVというウイルスに似ていたので、SARS-CoV-2と名前が付けられた。でも、WHOという、蛇とフラットアースがくっついたような旗を揚げている機関は、SARS-CoV-2による病気をCOVID-19として疾病名で発表した。この病気は漢字で書くと、重症急性呼吸器症候群という難しい名前だった。僕は蛇が大嫌いなんだ。

やがて、そのウイルスは僕の街にもやってきた。でも、SARS-CoV2が重症急性呼吸器症候群を発生させる証拠はどこにもなかった。肺炎で死亡した患者の病巣からSARS-CoV2が発見されたという報告もされない。「感染していた」とは言うけどね。 亡くなった人達は、家族が触れることも許されないまま火葬され、埋葬された。異様でどこか怖い光景だった。

僕はSARS-CoV2の存在さえも疑ったんだ。でも、SARS-CoV2がインフルエンザだったとしたら、真っ先に僕ら子供たちの中で流行するんじゃないかな。このことを考えると、色々な可能性が出てきてしまい、僕の頭の中はグジャグジャになっちゃったんだ。

でも、世界中のテレビは「重症急性呼吸器症候群の原因はSARS-CoV2である」と報道した。朝から晩まで。

僕の呼吸は日に日に浅くなっていった。突然、学校が休みになった。僕は歩美ちゃんに会いたくて仕方がなかったのに。

僕の街ではPCR検査もなかなか受けられなかった。ついでに全国民のPCR検査など決して行わない。そのPCR検査もSARS-CoV2以外のウイルスにも陽性がでてしまうらしい。インフルエンザウイルスその他の菌にも反応するって。PCR検査はSARS-CoV2についての真実を表すものではなかったんだ。もしも、全国民にPCR検査をすれば、国民の半数以上が陽性となる可能性があったんだろうな。
PCR検査の誤解

そして、僕は、ひとつ寝返りを打った。

トーマス・コーエンという博士は
「生態系が新たな電磁場にさらされる時はいつでも被毒が起こり、一部は破壊され、残りは仮死状態になるのです。」と言ってた。

千島博士は
「環境の激変などの影響をうけたとき、病原体がからだのなかに自然発生し、伝染病と言われているものが同時多発的にひろがる。」と言った。

微生物は外気から侵入すると言ったパスツールという昔の人でさえ、遺言で、
「病原体はなんでもない。すなわち、地球がすべてである。」と言ったらしい。

ここで「地球」と訳されているフランス語の単語は「teriain 」。この言葉は「環境」という意味も含んでいると、お母さんが教えてくれた。

じゃあ、SARS-CoV2が重症急性呼吸器症候群の主犯でないとしたら、アジアの国では何か環境の変化を起こすようなことが行われていたのだろうか?

僕はコナンのように考えた。

長く長く考え続けた僕は、5Gによる電磁場の急激な変化が人体に悪影響を与えたのではないかと感じた。そのことを隠すために、重症急性呼吸器症候群の患者さんはSARS-CoV2で亡くなったと発表したんじゃないかな。

僕がそのことに気付いた時には、すでに、僕の街から鳥がいなくなっていた。そして、これはあの「黒ずくめの組織」が仕組んだことではないかと思ったんだ。

じゃあ、なぜ5Gなどというものが必要なんだろう。5Gは現在の4Gと比較して、100倍以上ものスピードでテータを送ることができるというけど、コナンのように考えると、100倍以上のスピードで僕の情報を収集することができるということでもある。僕たちにこんなものは必要ない。コナンはそう考えたんだ。いや、僕もそう考えたんだ。

5Gは地球環境を大きく変えた。人間の体は電気信号で動いている。これは学校で習ったことだ。強い電磁波が人体に影響を与えるのは当然だ。強い電磁波は赤血球に影響を与えるだろう。このことは千島博士の本で読んだことがある。そして、赤血球や白血球に異常をもたらし、肺にバクテリアを発生させる。僕はそんなふうに考えたけれど、残念ながら、病院の偉い先生たちは亡くなった人達の解剖をしてくれないので、これも僕の憶測でしかなかった。

でもね、なぜか、僕の街の死亡者(感染者じゃなく、死亡者だよ)は少なかった。ひとつの憶測として、僕の街の人は福島原発事故による放射線を浴びた時に、身体が新たな免疫機能を作り出したからではないのかと、僕は考えたんだ。

そして、僕はまたひとつ寝返りを打った。

さて、その後、ワクチンの開発が行われた。SARS-CoV2が人工的に電磁波などの影響によって作り出されたものであるとしたら、ワクチンはその時すでに存在していることだろうと思ったけれど、ワクチンが短期間でできるということは科学と一致しないからみんながおかしがるよね。そして、そのワクチンの中には何かが混入されていた。しかし、SARS-CoV2の恐怖をマスコミに洗脳されている人々は、このワクチンに飛びついたんだ。

我先に接種しようと、病院には列ができた。小さな犬まで列に並んでいた。

すでに大人たちは行き先を見失った子羊みたいだと僕は思った。僕は、迷える子羊はたった一頭の犬で、柵の中にまで誘導されちゃう、というテレビを見たことがあるんだ。

もしも、ワクチンにマイクロチップが混入されていて、その情報を5Gの猛烈なスピードで収集し、世界中の人々を管理する世界ができたとしたら・・。マイクロチップは、まるで牧場で飼育される子羊の耳にぶら下げられたナンバーカードみたいだ。

僕はワクチンを射つのが怖かった。だからワクチンを射たなかった。注射も怖かったし、それを射つ白衣の男の人の顔はもっと怖かった。街の人はそんな僕を白い目で見たが、僕はスケボーに乗って家まで帰った。

やがて、町内の回覧板は、僕の家には回ってこなくなった。

第六感が浮かんだ。これらの出来事を仕組んだのが「黒ずくめの組織」なのなら、ボスはあの国にいる。
「阿笠博士が危ない! 」
そう思った途端に目が覚めた。

パジャマが汗で濡れていた。歩美ちゃんは僕の夢には出てこなかった。この夢のことを歩美ちゃんに話す時には、どこかに登場させないといけないな、と僕は女心というものを思いやったんだ。

そうして、僕がベッドから抜け出した時に思ったのは、もうこれ以上電磁波で地球環境を汚し続けると、地球上の生物の数は大きく減っちゃうんだろうな、ということだった。

絵どりました。本物のコナンは
https://www.ytv.co.jp/conan/