現在のワクチン接種はニュルンベルグ綱領に違反している

ニュルンベルク綱領

ニュルンベルク綱領 (ドイツ語: Nürnberger Kodex、英: Nuremberg Code)は、非倫理的な人体実験研究に対し、第二次世界大戦後のニュルンベルク裁判の一環で1947年に行われた「医者裁判」の結果として生まれた、人間を被験者とする研究に関する一連の倫理原則である。これがのちの「ヘルシンキ宣言」といった研究倫理の確立に繋がり、医療倫理の発展、そして患者の権利の確立へと結びついた。
出典:ニュルンベルク綱領 – Wikipedia

マイケル・イードン


ニュルンベルク綱領 (人間を被験者とする研究に関する一連の倫理原則)

1.対象となる人間の自発的な同意が絶対に必要です。

これは、関係者が同意を与える法的能力を有していること、強制、詐欺、欺瞞、強迫、無理な勧誘、その他の下心の要素が介入することなく、自由な選択権を行使できるような状況にあること、また、関係する主題の要素について十分な知識と理解を有しており、理解と啓発に基づいた決定を行うことができることを意味している。後者の要素は、実験対象者が肯定的な決定を受け入れる前に、実験の性質、期間および目的、実験が実施される方法および手段、合理的に予想されるすべての不都合および危険、ならびに実験に参加することによって生じる可能性のある本人の健康または身体への影響が本人に知らされるべきであることを要求している。

同意の質を確認する義務と責任は、実験を開始し、指示し、または関与する各個人にあります。これは個人的な義務および責任であり、安易に他人に委任することはできません。

2.実験は、社会の利益のために実りある結果をもたらすようなものでなければならず、他の研究方法や手段では不可能であり、無作為で不必要な性質のものであってはならない。

3.実験は、動物実験の結果および研究中の疾病またはその他の問題の自然史に関する知識に基づいて、予想される結果が実験の実施を正当化するように設計されるべきである。

4.実験は、すべての不必要な肉体的および精神的な苦痛および傷害を避けるように行われるべきである。

5.先験的に死亡または身体障害が起こると信じる理由がある場合は、実験を行ってはならない。ただし、実験医師が被験者を兼ねる実験は例外である。

6.取るべきリスクの程度は、実験によって解決されるべき問題の人道的重要性によって決定されるものを超えてはならない。

7.実験対象者を傷害、障害、または死亡の可能性からも保護するために、適切な準備がなされ、適切な施設が提供されなければならない。

8.実験は、科学的資格を有する者によってのみ行われるべきである。実験を実施または従事する者には、実験のすべての段階で最高度の技術と注意が要求されるべきです。

9.実験の過程において、被験者は、実験の継続が不可能と思われる肉体的または精神的状態に達した場合、自由に実験を終了させることができるべきである。

10.実験期間中、担当科学者は、自らに要求される誠意、優れた技術、慎重な判断の行使により、実験の継続が実験対象者の傷害、障害、死亡につながる可能性が高いと信じる相当な理由がある場合には、いかなる段階でも実験を終了する準備をしておかなければならない。





元ファイザー副社長のマイケル・イードン博士の動画 (翻訳:Lihsia)


いずれにせよ、緊急事態宣言が解除されている今、治験中のワクチンを、非治験者の同意を得ずに射っていることは、犯罪以外の何物でもないだろう。



こんなものもネットで拾いましたが・・。

https://ameblo.jp/tokyojapanf1/entry-12698563301.html


判断は各々でお願いします。