コロナ嘘流布の目的は、国民の分断です

コロナについては色々と書いてきた。

コロナウイルスは存在しない、もしくは弱毒性であり、
PCR検査については、その注意事項に、

“Detection of viral RNA may not indicate the presence of infectious virus or that 2019-nCoV is the causative agent for clinical symptoms.”

「ウイルスRNAの検出は、感染性ウイルスの存在、または2019-nCoVが臨床症状の原因物質であることを示していない場合があります。」

さらに、

新型コロナウイルス(SARS-COV-2)の測定用のPCRキット(SARS-CoV-2 Coronavirus Multiplex RT-qPCR Kit)の説明書には、

” it should not be used as the only evidence for clinical diagnosis and treatment“
“The detection results should not be directly used as the evidence for clinical diagnosis”

「それは臨床診断と治療の唯一の証拠として使用されるべきではない」
「検出結果を臨床診断の証拠として直接使用しないでください」

https://www.creative-diagnostics.com/sars-cov-2-coronavirus-multiplex-rt-qpcr-kit-277854-457.htm

と書かれている。


つまり、「PCR検査陽性をもって、コロナに感染していると判断しないでくれ」、と言っているのです。


これで、分かって欲しい。
テレビも政府も大嘘をついているのです。

PCR検査陽性数をコロナ感染者数として報道している。
コロナ報道は流説の流布でしかない。
テレビ局は放送法違反を堂々と行っているのです。



しかしながら、「アフターコロナ」という言葉が常識化しつつあることに懸念を覚える。

Stay Home → 人と会うな
マスクをしろ → 喋るな
ソーシャルディスタンス → ひそひそ話をするな
○千人以上のイベントを行うな → 団結するな
リモートワーク → 国民の交わす情報は全て国が収集する

そして、接触確認アプリは感染者の情報を国民に報せるためのものではなく、あなた自身の行動履歴を政府が収集するためのものだと思います。

これは江戸時代に、幕府が農民の一揆を怖れて、集会の禁止をしたようなものです。日本国憲法第21条には、「集会の自由」が明記されている。

この自由を、コロナという嘘をテレビ局に流布させることによって、政府は制限しているわけです。国民を分断して管理することが目的でしょう。


政府は何を怖れているのでしょうかね。
真実が広まってしまうことでしょうか?
それとも、国民の団結でしょうか?

政府が怖れているのは、やはり国民の覚醒でしょう。

米国や英国では、人種差別に反対するデモが行われています。しかし、こうした騒擾状態を作り出したのは誰なのでしょう。やはりCIAでしょうか。CIAは人類の分断を計画し続けています。そして、世界中のテレビがCIAの指示で動いているといっても過言ではないと感じます。

CIAは既に米国の諜報機関ではなく、独自の組織なのでしょう。


もう、目を覚ましましょう。いつまでも羊のままではいられません。

Meat & Livestock Australia http://aussielamb.jp/lambassador/190318.html からお借りしました。



下宿へ帰って、湯にはいって、いい心持ちになって上がってみると、机の上に絵はがきがある。小川をかいて、草をもじゃもじゃはやして、その縁に羊を二匹寝かして、その向こう側に大きな男がステッキを持って立っているところを写したものである。男の顔がはなはだ獰猛にできている。まったく西洋の絵にある悪魔を模したもので、念のため、わきにちゃんとデビルと仮名が振ってある。表は三四郎の宛名の下に、迷える子と小さく書いたばかりである。三四郎は迷える子の何者かをすぐ悟った。のみならず、はがきの裏に、迷える子を二匹書いて、その一匹をあんに自分に見立ててくれたのをはなはだうれしく思った。迷える子のなかには、美禰子のみではない、自分ももとよりはいっていたのである。それが美禰子のおもわくであったとみえる。美禰子の使った stray sheep の意味がこれでようやくはっきりした。

夏目漱石「三四郎」より

5G考察-現場検証と状況証拠

東京都の地図。ニュースで、コロナウイルスのクラスターが発生したと言われる病院や施設にピンを打ってみた。

この図から、ポイント地点だけを残してmapは消去。

東京タワーとスカイツリーを起点に線を引いてみる。

浅草駅は東京スカイツリーからの5Gの実験を最初に受信した場所。



 

東京スカイツリーから浅草への28GHz帯を用いた5G長距離伝送実験に成功

「実験により、電波の減衰が大きく、遠くに飛ばすことが困難だと考えられてきた高周波数帯の電波を、都市部だけではなく地方、郊外、山間部など、より多様な環境で利用することができる技術を実証することができました。」
 
 

60GHz帯通信とLTEを協調動作させる通信方式の開発~5G時代の新しい通信プロトコル~

今回、前述の新しい通信プロトコルを設計し、Linux® OSならびにAndroidTM OS上に実装いたしました。また、CMOS LSIを用いた60GHz帯ミリ波無線プロトタイプを使用して、LTEと60GHz帯を協調させて動画のダウンロード再生ができることを確認いたしました。」
 
 
 

周波数帯と電波伝搬特性

「電波が大気中を伝搬するとき、霧、ガスによって吸収減衰を受ける。電波の周波数が気体分子の持つ双極子の固有周波数に一致すると、分子の共鳴により電波エネルギーが吸収され減衰が起こる。マイクロ波帯での減衰特性を図6に示す。水蒸気分子では22GHzおよび180GHzに、また酸素分子では60GHzおよび120GHzにおいてそれぞれ強い吸収が起こる。

「周波数帯と電波伝搬特性」より引用

 
 
今や5Gは周波数帯(帯域幅)や出力などを可変でき、その到達距離はさらに延びているものと推測する。非常に危険であり、人体に与える悪影響は否定できないだろう。
 

COVID-19世界中のテレビは嘘をついている

前回の結論を考えてみる。「What I think COVID-19 Really is」

・有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、
 その他の病気などは、エクソソームの産生を引き起こす。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエクソソームです。

これは、「有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、その他の病気などは、エクソソームを体内に生み出し、なおかつ、エクソソームはPCRテストに反応する。であるから、covid-19の正体はエクソソームである」

ということ。

アンドリューカウフマン博士は
5gのような様々な特にマイクロ波放射もこれを引き起こします。
と言及している。

では5Gのサービス提供場所と感染者数を比較してみる。

<<5Gのサービス提供場所>>

https://www.speedtest.net/ookla-5g-map

<<感染者数>>

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-japan-chart/

人口10万人あたりあたり感染者数の上位10位までのうちで、5Gを導入していない県はない。北陸3県については、3/25時点で、石川県が5カ所、富山県が2カ所、福井県が1カ所。(Docomoのみの数字)ということだ。これは感染者数と同じ並びになっている。

ただ、ここで注意しなければならないのは、感染者数という言葉である。感染者数とは「PCR検査で陽性と判断された人の数」であるから、PCR検査がエクソソームにも陽性を示すのなら、癌他の疾病を抱えている方や、ストレスに苛まれている方、そして電離放射線の影響を受けている方の数も入っているということである。

 

二つに分けて考える必要が出てきた。


1.SARS-CoV2が存在する場合
 ・SARS-CoV2は弱毒性である。
 ・SARS-CoV2は人為的に撒かれている。
 ・SARS-CoV2を撒く理由は、5Gによる健康被害の原因をSARS-CoV2による
  健康被害だとカモフラージュするため。

 障害者施設等での集団感染は人為的に撒かれたとしか考えられない。
 羽田空港への着陸ルートが都心上空を通るように変更された。
 数年前からケムトレイルが日本各地で観測されている。

2.SARS-CoV2が存在しない場合
 ・WHOがSARS-CoV2だと言っているのは、エクソソームである。
 ・エクソソームは5G等の電磁波によって生み出される。
 ・エクソソームは疾病やストレスなどでも生み出される。
 ・エクソソームはPCR検査で陽性を示す。

 エクソソームとSARS-CoV2は酷似している。
 5Gが普及している都市ほど感染者数が多い。

  

考えてみれば、いずれにしても、コロナウィルスというものを過剰に不安がることはないということだ。

インフルエンザでは毎年1万人以上が死亡している。
癌に至っては、2018年にがんで死亡した人は373,584人(男性218,625人、女性154,959人)。https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

そういうことを知った上で、テレビジョンはコロナ不安を煽る報道ばかり流す。そして、死亡した人からPCR検査で陽性が出れば、すべて、COVID-19による死亡として不安を煽り続ける。


陰謀論と事実 : ある医師の衝撃的なお話


メディアは、5Gによる被害は報道をしない。
真に警戒しなければいけないのは電磁波による被害である。

ノースカロライナ州シャーロットにあるNASCARの殿堂ビルの壁に数百の混乱した鳥、チムニースウィフトが衝突しました。

ノースカロライナ州シャーロットにあるNASCARの殿堂ビルの壁に数百の混乱した鳥、チムニースウィフトが衝突しました。




「5G」〜人類への最終兵器〜

日本人削減計画は進んでいる。しかし、やつらが思った通りの結果は出ていない。それはやはり、3.11の放射能被爆で日本人は新たな免疫を身に付けているからではないのか。私たちが近年不安を感じたことは、3.11であり、熊本地震であり、コロナウイルス騒ぎである。この先には緊急事態条項を憲法に記する意図が隠されている。

「3・11・666」
やつらは隠す気もない。
私たちがすでに洗脳の底に沈んでいると思っているから。

今回のコロナウイルス騒ぎは、世界中の報道機関が嘘をついている。私はそう思っている。

テレビを消しましょう。そして5G携帯は決して買わないようにしませんか。



WHOテドロスの正体:エチオピアの悪魔

「What I think COVID-19 Really is」COVID-19は実際にはエクソソームです。

「What I think COVID-19 Really is」という動画がある。

Dr. Andrew Kaufman’s research shows COVID-19 is an exosome which exists normally in our lung cell fluid.
“アンドリューカウフマン博士の研究によると、COVID-19は肺細胞液に通常存在するエキソソームです。”

少し分かりやすく説明していきたい。

エクソソームというものは、有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気など様々な要因によって自然に体内に生み出され、情報を全身に伝える役割をしています。

アンドリューカウフマン博士は、エクソソームとCOVID-19を比較されています。

ExosomesとCOVID-19の比較。まったく同じことです。
ExosomesとCOVID-19の比較。電子顕微鏡下でのウイルスとエクソソームの比較写真。
ExosomesとCOVID-19の比較。サイズ、レセプター、RNA、発見される場所・・。
どちらにも遺伝物質が含まれていて、どちらもRNAの形。
何がエクソソームを生み出すのか。
有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気。
5gのような様々な特にマイクロ波放射もこれを引き起こします。

電離放射線
読み方:でんりほうしゃせん
英語表記:ionizing radiation

電離作用をもつ全ての放射線のこと。
物質との作用で、直接あるいは間接に物質をイオン化(電離作用)する能力のことを電離という。この電離能力を有する放射線の総称。
電子、陽子、α粒子などの荷電粒子は、直接(一次)電離放射線(directly ionizing radiation)といい、γ線(電磁波)、X線、中性子の非荷電粒子は、間接(二次)電離放射線(indirectly ionizing radiation) という。
ただし、紫外線は電離作用を持つが、空気中を伝わる力が弱いので、普通電離放射線といわない。 weblio辞書より

結論。
・呼吸器疾患は、エクソソームの産生を引き起こす、損傷、毒性またはその他の原因に起因する。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエ
ソソームです。

以上は「What I think COVID-19 Really is」https://www.youtube.com/watch?v=roDGPZMev7s&t=1201s
という動画から引用したものです。

博士の結論を私なりに変換します。

結論。
・有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、その他の病気などは、エクソソームの産生を引き起こす。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエクソソームです。

エクソソームについてNHKが放送したグラフィックがある。

エクソソーム 
https://www.youtube.com/watch?time_continue=207&v=8df84HHpYUY&feature=emb_logo

似てませんか?
SARS-Cov2に。COVID-19に。

エクソソームは1/10000mmの物質でマイクロRNAを含んでいる。このマイクロRNAが体内の情報伝達物質の役割を担っている。そしてエクソソームは脂質二十膜という脂の膜で包まれていて、細胞はSOSとしてエクソソームを放出する。そして体内の細胞に情報を伝達している、いわば生命維持の要。その数100兆個。臓器同士はエクソソームを用いて、膨大な情報のやり取りを繰り返している。

アンドリューカウフマン博士は、SARS-CoV2はエクソソームだと言っているのです。

さて、youtubeではトーマス・コーエン博士の日本語訳の動画は削除された。

島学説とスペイン風邪と5Gをもう一度読んでもらいたい。

しかし、

「Dr Thomas cowan m.d. speaking about covid-19 and 5G listen carefully !」トーマス・コーエン博士の英語の動画は存在する。

(追記) また動画は消されています。

PCR検査の誤解

PCR検査とは何なのか、分からないことだらけだったが、ドクターが説明してくれている。

CDC 2019-Novel Coronavirus (2019-nCoV) Real-Time RT-PCR Diagnostic Panel
米国疾病予防センター(CDC)のオフィシャルに掲載されている新型コロナウイルス(SARS-COV-2)に対するPCR検査の概要

Detection of viral RNA may not indicate the presence of infectious virus or that 2019-nCoV is the causative agent for clinical symptoms.

「ウイルスRNAの検出は、感染性ウイルスの存在、または2019-nCoVが臨床症状の原因物質であることを示していない場合があります。」

つまり、ウィルスRNAが検出されても、感染ウィルスが存在するとは限らないし、新型コロナウィルスが肺炎等の症状の原因とも限らない、ということです。



 

『SARS-CoV-2 Coronavirus Multiplex RT-qPCR Kit』
新型コロナウイルス(SARS-COV-2)の測定用のPCRキットの説明書

“it should not be used as the only evidence for clinical diagnosis and treatment.”
「臨床診断と治療の唯一の証拠として使用すべきではない」

“The detection results should not be directly used as the evidence for clinical diagnosis”
「検出結果を臨床診断の証拠として直接使用しないでください」

そしてこのPCR検査キット。下記のウィルスなどでも陽性を示すとのこと。キットの説明書に書かれています。

non-specific interference of Influenza A Virus (H1N1), Influenza B Virus (Yamagata), Respiratory Syncytial Virus (type B),
Respiratory Adenovirus (type 3, type 7), Parainfluenza Virus (type 2), Mycoplasma Pneumoniae, Chlamydia Pneumoniae, etc.

SARS-CoV-2 Coronavirus Multiplex RT-qPCR Kit より抜粋
https://www.creative-diagnostics.com/sars-cov-2-coronavirus-multiplex-rt-qpcr-kit-277854-457.htm

・Influenza A Virus (H1N1)
インフルエンザAウイルス

・Influenza B Virus (Yamagata)
インフルエンザBウイルス

・Respiratory Syncytial Virus (type B)
呼吸器合胞体ウイルス(タイプB)

・Respiratory Adenovirus (type 3, type 7)
呼吸器アデノウイルス(タイプ3、タイプ7)

・Parainfluenza Virus (type 2)
パラインフルエンザウイルス(タイプ2)

・Mycoplasma Pneumoniae
マイコプラズマ肺炎、

・Chlamydia Pneumoniae
クラミジア肺炎

つまり季節性インフルエンザでも陽性を示すということです。



結論。新型コロナウィルスが肺炎等の原因とも限らないし、新型コロナウィルスというものの実感染者数など分からないということです。


今回は『新型コロナウイルス感染爆発のカラクリ』を参照させていただきました。ありがとうございました。