加工されている太陽とISSの写真

太陽とISS(国際宇宙ステーション)の写真だそうです。

テニスボール太陽1
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-8918425/Amazing-photos-capture-moment-ISS-passes-moon-sun.html?ito=social-twitter_mailonline

この写真は違和感だらけです。

なにしろ、太陽の後方から光が当たっています。
太陽の後方から当たる光とはいったい何なんでしょう・・。

この撮影者は、太陽の前を通るISSを待ち受けていたというが、それなら、太陽全体をファインダーに入れて待機していないとおかしい。

おそらくテニスボールのようなものを撮影して、画像加工をしたものだと思われます。

画像加工途中の写真はこうだったのではないか。

テニスボール太陽2

どうせなら、こうしてほしかったなぁ。

テニスボール太陽3

それにしても、こうした画像が堂々とネットに存在するということは、ISS(国際宇宙ステーション)は嘘だという証ではないのか。



NASAの太陽の写真と、NIKONのP900での写真を比較したものがある。

太陽の比較写真

当然、左側のP900が現実だろうと思う。


太陽は地球から30,000m〜40,000m前後にあり、電磁波で熱を発している。だから、人間は太陽光を受けると、電磁波から身を守るためにビタミンDを合成する。ビタミンDが身体に十分ある人は昨今の風邪にかかりにくいという統計がある。地上の電磁波が大きく変化すると人は病気になるということである。それをビタミンDが阻害している。

雲の中の太陽
雲の中の太陽



かたや、月は電磁波を吸収して、発光している。だから、月の夜は少し寒いのである。そして、月は発光する月と黒体の月と2つある。


まぁ、私が勝手に思っていることに過ぎないのだけれどね。

フラットアースだろ
月は雲より低いところにあった
極成層圏雲の中の太陽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です