ドイツの研究者たちは、ビタミンDレベルとCOVIDによる死亡率との間に直線的な関係を見出した

太陽は電磁波で人の躰を温めてくれる。電子レンジのように、体内の水分から先に暖かくなるのだ。それが長時間に及ぶと、躰に害を起こすので、人間は自分でビタミンDを体内に創り出して、電磁波の害から身を守るのだ。

ビタミンDとcovid-19のおさらいから電磁波と酸化グラフェン

血清ビタミンD濃度が上がるとCovid-19に羅患しにくいという研究結果がある。ビタミンDがなぜcovid-19に効くのか。それは、covid-19が電磁波によって引き起こされた症候群であるからだ。

怖がるよりも、新たな電磁波から身を守ろう

紫外線という電磁波を浴びると体内にビタミンDが産出される。これは、紫外線から細胞を守るために、人間に備わる機能だ。ならば、ビタミンDを積極的に身体に取り入れればいい。「ステイホーム」ではビタミンDはできない。外に出て日光を浴びることだ。できなければサプリかな?ビタミンDの有効性についてはエビデンスがある。