ビタミンDとcovid-19のおさらいから電磁波と酸化グラフェン

今日の話はすべてわたしの夢想である。

血清ビタミンD濃度が上がるとCovid-19に羅患しにくいという研究結果がある。

「栄養チャンネル Nobunaga」より抜粋。
<https://www.youtube.com/watch?v=x3uHDlkwMAc&t=2s>

さて、紫外線に当たると血清ビタミンD濃度が上がるといわれる。この現象は、紫外線から體を守るために、体内でビタミンDが生成されるものだと思っている。

いや、紫外線だけではないだろう。太陽が発する電磁波から體を守るために生成しているのだとわたしは予測している。

さて、covid-19だが、Sars-Cov-2の存在を証明した人は世界中で一人もいない。
ウイルスは生物かどうかも判然としないが、わたしたちの體は細菌で出来ているということは確かなようである。

さて、わたしはcovid-19は新たな電磁波(5G)によって、引き起こされているものではないかと思う。だからこそビタミンD濃度が上がるとCovid-19に羅患しにくい。

人間の體は環境の変化が起きると、体内からエクソソームを発生させて、メッセージを体中に伝達する。そのときに炎症を起こし、咳が出たり、鼻水が出たり、熱を出したりする。急に寒くなったときなども環境の変化である。発熱は體が自分を治癒している証拠のようなもの。不用意に解熱剤を使うのは得策ではない。

そして、電磁波の環境の変化が5Gの導入。わたしたちの體は5Gという電磁波を知らない。だから、感冒のような症状を起こす。それをウイルスとしてでっち上げたのがPCR検査である。

ところで、太陽光というのは10-13m〜102mまでの波長の電磁波を出しているようだ。

太陽は電磁波を地球に降り注いでいる。そして、太陽光を受けたものは、太陽の電磁波により分子が振動して温度を上げている。ちょうど電子レンジのようなものだ。一番動きやすい分子は水。だから、海水の温度は上がりやすく、海岸線よりも内陸のほうが気温が低い。飛行機の飛ぶ高度10kmあたりは、-35℃〜-50℃くらい。

ガンマ線 – ごく微量
エックス線 – ごく微量
紫外線(~0.4µm) – 約7%
可視光線(0.4µm~0.7µm) – 約47%
赤外線(0.7µm~100µm) – 約46%
電波(100µm~) – ごく微量

https://ameblo.jp/welcome-elohim/entry-12155565442.htmlより


地上に達する10-4mから10-7mの波長域から外れた電磁波に人間は対応していない。だから何らかの影響を受けてしまう。


さらに、5Gについては、60GHzが酸素を吸収することがわかっている。直射されると呼吸ができなくなるということだ。



<covid-19のあらすじ>

2019年12月8日
原因不明の肺炎が中国・武漢で発生
武漢といえば、5G都市である。

真っ先に伝えられたのは「抗生物質が効かない」ということ。これはデマだろう。

2020年1月1日
武漢市が感染源とみられる武漢華南海鮮市場を閉鎖。
感染源は、この市場で海鮮以外に売られていた野生動物の肉ではないかと言われる。
明らかなデマ。

1月9日
原因不明の肺炎について「新型のコロナウィルス」によるものと中国政府が発表。
新型コロナウィルスによる初の死者が発生(呼吸不全による心停止)
さらにデマ。

2月1日
日本で、新型コロナウィルスが感染症法上の「指定感染症」にされる。
デマを固めたか。

2月3日
横浜に到着したダイヤモンドプリンセス号が停泊できずに隔離状態。一日ごとに感染者が爆発的に増える。ダイヤモンド・プリンセス号にはミリ波アンテナが複数設置されている。ここでもPCR詐欺が行われたか?

2月11日
WHOが今回の新型肺炎を正式に「COVID-19」と命名。

2021年
ワクチンの接種が始まった。
コロナウイルスをでっち上げたのは、このワクチンを射つためだったのだ。

さて、ビタミンDがなぜcovid-19に効くのか。

それは、covid-19が電磁波によって引き起こされた症候群であるからではないのか。環境の変化によって生じる感冒。死亡率はワクチンよりも低いとの情報を毎日のように目にするが、テレビはそれを伝えない。奴隷の囲い込みに懸命に取り組んでいる。

トーマス・コーワン博士

ここまで書いて、最近、酸化グラフェンという話が出てきた。酸化グラフェンと5Gの関係について説明されている動画がある。

「COVID-19は複数の方法で体内に取り込まれた酸化グラフェンによって引き起こされる」
https://rumble.com/vjf3dh-covid-19-covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-20210625.html

covid-19にたいする新しい説ではある。
わたしは酸化グラフェンと5Gの相関関係はありうることだと思う。しかし、Sars-Cov-2はエクソソームだと思っている。


判断は各々でお願いします。


今の月は南から近づいて北へ遠ざかっている

2020/07/04の月。やけに南の空の低いところにある。
補助線右側が南方向。左側が東方向。
撮影した場所は高台などではない。海抜5mくらいかな。

2020/07/04 20:01

16分後、少し近づいてきた。

いずれにしても、月はとても南側から近づいている。
東からは出ていない。

2020/07/04 20:17




2020/06/24の三日月。ガラケーではうまく撮れない。

東西に走る道に向かってシャッターを切ってみた。
月は随分北にある。三日月。ガラケーではうまく撮れない。
時刻は不明だけれど、私の散歩の途中だから、20:30〜21:00の間だと思う。

2020/06/24 20:30〜21:00



今の月は随分南側から近づいてきて、随分北側に遠ざかっている。



何かが起きている。地球規模で。
私は地磁気と天蓋を疑っている。




ここからは、わたしの勝手な妄想だが、

太陽というのは、上空30Km位にあり、電磁波で地球を暖めている。
月というのは、その電磁波を地球から吸い上げて、発光している。

月は地球に溜まった電磁波を吸収することによって、地球の温度を下げるとともに、植物などから電磁波の影響を取り除く。

だから「凍月」と言う言葉がある。

だから、植物の蔓が伸びるのは夜である。

だから、蝉が羽化するのも夜である。

電磁波と光
https://www.ushio.co.jp/jp/technology/glossary/material/attached_material_01.html




ところで、太陽について言うと、太陽光は電磁波である限り、身体に何らかの影響を与えるものだ。太陽光に暴露すると体内でビタミンDが合成される。ビタミンDは免疫反応などへの関与も示唆されている。だから、日光浴をする人がいる。これはこれで理解できるのだが、太陽光に長時間当たると日焼けをする。これは火傷である。強い太陽光は避けた方がいい。

ではなぜ、

太陽光に暴露すると体内にビタミンDが生成されるのか。それは、電磁波の影響から細胞を守るために、人間に備わる機能ではないのか。

農家の人は長袖に長ズボン、そして帽子をかぶる。昔の人は、太陽光に当たりすぎると、身体が熱っぽくなり、その熱はなかなか引かないことを知っていた。このことを「ひが入る」と言った。この「ひ」は日なのか、陽なのか、火なのか・・。

太陽は電磁波であろう。
電子レンジにいれた鶏肉は中から外側へと温まっていく。

こうした電磁波である太陽光の影響から身を守るために、人体はビタミンDを作り出しているのではないか。



事実として、ビタミンDの含有量が多い人ほど、感染症にかかりにくいという結果も出ている。ということは、ウィルスというのは電磁波の影響で体内に発生するものであり、その電磁波の影響を抑えるものがビタミンDであるという推論も成立する。





電磁波を吸収する月の軌道にあきらかに異常が出ている。
このことが、わたしたちに影響を与えないはずがない。

空を見て、考えてみて欲しい。

怖がるよりも、新たな電磁波から身を守ろう

全く、コロナ騒ぎには飽き飽きした。
私の考えをまとめてみる。
(私の偏見であると思われても構わない)

1.コロナウィルスと世界中で報道されているものは、エクソソームである。

2.環境の変化で、エクソソームは発生する。有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応など。

3.新たな電磁波の影響は、身体を陽電子化する。陽電子は人に移る。陽電子化した細胞はエクソソームを産出し、全臓器にその情報を伝達する。その数100兆個。

4.新たな電磁波というのは5Gである。日本においても、5G開始都市とPCR検査陽性者数には相関関係が認められる。(エクソソームはPCR検査に反応する)

人口10万人あたりあたり感染者数の上位10位までのうちで、5Gを導入していない県はない。北陸3県については、3/25時点で、石川県が5カ所、富山県が2カ所、福井県が1カ所。(Docomoのみの数字)ということだ。これは感染者数と同じ並びになっている。

あとは私の過去記事を見て欲しい。

私たちはコロナウイルスで病気になっているのではない。5Gという新たな電磁波の影響で、身体に異常を起こしている。異常を起こした身体にはエクソソームが発生して、臓器にその情報を伝達する。PCR検査はそのエクソソームを検査しているようなものだ。

さあ、新たな電磁波に対する予防策は。

1.ビタミンD
2.アーシング

紫外線という電磁波を浴びると体内にビタミンDが産出される。これは、紫外線から細胞を守るために、人間に備わる機能だ。ならば、ビタミンDを積極的に身体に取り入れればいい。「ステイホーム」ではビタミンDはできない。外に出て日光を浴びることだ。できなければサプリかな?ビタミンDの有効性についてはエビデンスがある。



アーシングについては、体内に溜まった陽電子を逃がしてやることだ。公園で裸足になってのんびり歩けばいい。アーシンググッズを買ってもいい。私は手洗いというのはアーシングではないかと思っている。

陽電子はマスクでは防げない。陽電子化している人との接触で感染する。もちろん5Gを浴びることが一番危険ではあるのだが。


ただし、これらのことは、あくまでも私の考え方である。皆さんにお勧めできるものではないのかもしれない。しかし、テレビの報道に扇動されて、いたずらにコロナウイルスとよばれているものを怖がっていると、身体によくないことは確かだろう。

ナウシカの時代が来た・・。