コロナ嘘流布の目的は、国民の分断です

これは江戸時代に、幕府が農民の一揆を怖れて、集会の禁止をしたようなものです。日本国憲法第21条には、「集会の自由」が明記されている。この自由を、コロナという嘘をテレビ局に流布させることによって、政府は制限しているわけです。国民を分断して管理することが目的でしょう。

世界中が嘘をついているcovid-19

コロナウイルスというのは、人々の不安を掻き立てるための嘘であり、その原因は新しい電磁波にあるのだろうと思われる。そして、今回の騒動はあくまでもテストだと感じられる。ワクチンという名で人々の身体にチップを入れるという噂も荒唐無稽なことではないだろう。

5G考察-現場検証と状況証拠

「電波が大気中を伝搬するとき、霧、ガスによって吸収減衰を受ける。電波の周波数が気体分子の持つ双極子の固有周波数に一致すると、分子の共鳴により電波エネルギーが吸収され減衰が起こる。マイクロ波帯での減衰特性を図に示す。水蒸気分子では22GHzおよび180GHzに、また酸素分子では60GHzおよび120GHzにおいてそれぞれ強い吸収が起こる。」

怖がるよりも、新たな電磁波から身を守ろう

紫外線という電磁波を浴びると体内にビタミンDが産出される。これは、紫外線から細胞を守るために、人間に備わる機能だ。ならば、ビタミンDを積極的に身体に取り入れればいい。「ステイホーム」ではビタミンDはできない。外に出て日光を浴びることだ。できなければサプリかな?ビタミンDの有効性についてはエビデンスがある。

COVID-19世界中のテレビは嘘をついている

日本人削減計画は進んでいる。しかし、やつらが思った通りの結果は出ていない。それはやはり、3.11の放射能被爆で日本人は新たな免疫を身に付けているからではないのか。私たちが近年不安を感じたことは、3.11であり、熊本地震であり、コロナウイルス騒ぎである。この先には緊急事態条項を憲法に記する意図が隠されている。

「What I think COVID-19 Really is」COVID-19は実際にはエクソソームです。

・有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、その他の病気などは、エクソソームの産生を引き起こす。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエクソソームです。