過剰なインスリンが臓器に悪影響を与える

医師とは、強固に洗脳された者の集まりである。検査技師に検査をさせ、データを見て、病気を判断する。バイタルは看護婦に測らせ、患者の脈など取ろうともしない。患者を一人の人格を持った人間としては見ない。彼らの目標は検査の数値を正常とされる範囲内に収めることである。

わたしが胃と十二指腸を切除したのは随分昔の話。

胃の幽門部を切除すると、食べたものが直接腸に入り、食後の血糖値スパイクを起こす。結果、食後2〜3時間で低血糖症状を起こすことがある。機能性低血糖である。そして、糖質を再び摂取することになる、そしてスパイク、この繰り返しである。

自律神経は激しく揺さぶられ、インスリンは疲弊し、HbA1cは上がる。すると、医師は血糖降下薬を処方する。血糖降下薬は膵臓を刺激しインスリンを出させる。糖尿病の合併症というものはこのインスリンの過剰分泌が問題なのだと思われる。

長年、血糖降下薬(DDP4阻害薬)を飲みつづけていたわたしは、2019年の夏に目の異常を感じた。眼科に行くと両眼共に眼底出血を起こしていた。そして初期の緑内障も指摘された。眼底出血は何度かのレーザー治療でよくなるものの、また別の場所が出血していたりする。

そんな時に新井圭輔先生の動画に出会った。先生は「糖尿病の合併症は血糖降下薬の薬害である」と言う。そして、血糖値の高値と合併症の発生に因果関係がないことを教えてくれた。わたしはこの説を信じた。そして、DDP4阻害薬を飲むのをやめた。食事における糖質も少なくした。

その後、眼底出血はなくなり、緑内障も治癒、視力も0.4位だったものが1.2と1.5に回復した。信号機の矢印が見えなかったのが、見えるようになった。白内障は全くない。新井先生の説は正しかったのだ。

血糖値の高い人が気をつけるべきは、血糖値ではなく、インスリン分泌量なのだと思う。

痛ましいブログを見つけた。
「落下星の部屋」という。このブログを書かれていた方は50代で亡くなったらしい。
あえてリンクは貼らない。

しかしながら、血糖値が高くて病院に行くと、血糖降下薬を処方され、あるいはインスリン注射をされる。そして、活性酸素が血管にダメージを与え、様々な合併症を生む。上記のブログ主の方は、片目を失明し、足を切断され、人工透析を受けることになった・・・。

わたしが不整脈で入院していた時、隣のベッドにいた高齢の男性は、抗がん剤治療をしていた。医師は、「抗がん剤の影響で血糖値が上がっているので、インスリンを射ちましょう」と言う。しかし、食事は普通食であり、カロリーの半分以上は米である。どんぶりにご飯が入ってくる。この男性はそれを全部食べ、インスリンを射っている。栄養師は糖質など考えていない。あくまでカロリーなのだ。

わたしには分からない。

わたしは入院すると、おかずを半分食べ、ご飯はほんの一口しか食べない。そして、お膳を下げさせずに、2時間後に、残ったおかずを食べ、少しだけご飯を口に入れて、お膳を下げてもらう。急激な血糖値スパイクをなるだけ避けるためである。栄養士は2時間以上経過したものを患者に食べさせない。また、栄養士はカロリーでものを考えているので、患者が食事を半分以上食べないと、医師がブドウ糖点滴をすることになっている。

これが西洋医学なのだ。
西洋医学とは、戦場の医療である。とりあえず兵士が闘えるようになればいいのだ。

わたしは、糖尿病で長期入院している間に両腕両脚を切断された女性を知っている。お見舞いに行くたびに足が切断されたり、腕が無くなっていたり・・。それでも、医師は同じ治療を続けたのだろう。彼女は程なくして亡くなった。

これは医療ではない。

医師とは、強固に洗脳された者の集まりである。検査技師に検査をさせ、データを見て、病気を判断する。バイタルは看護婦に測らせ、患者の脈など取ろうともしない。患者を一人の人格を持った人間としては見ない。彼らの目標は検査の数値を正常とされる範囲内に収めることである。

たまに、医学の常識に疑問を抱く先生もいるが、大きな病院はそんな医師を煙たがる。

新井先生の説が全て正しいとは、現時点では言いきれないと思うが、西洋医学を鵜呑みにしては大変なことになると思われるのだ。

医者はなにもしていない

この話は私のヨタ話である。

糖尿病と名付けられる病がある。

病院で血液検査をして血糖値が高くHbA1cが高ければ、医師はインスリンを促進する薬を処方する。

そして1ヶ月後にHbA1cが正常値になれば、「薬が効いていますね」と言う。

しかし、治癒したわけではない。再び薬を処方される。

若い医師は触診をしない。脈もとらない。検査結果の数値だけを見て全てがわかったような顔をしている。

医師の仕事は検査値を正常にすることであって患者を治すことではない。

医師の言うことを聞いて、血糖降下薬を飲み続けていても、やがて合併症というものが出てくる。

糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害、動脈硬化、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や脳出血。

足の動脈硬化から起きる歩行困難、壊疽。高血圧や脂質異常症、骨粗鬆症、歯周病・・。

そして、感染症にかかりやすくなる。

血糖値が安定していても、血糖降下薬を飲み続けている間は、こうした疾病が出る。

医師はこれを高血糖の記憶という。根拠のない言葉だ。大学で習った言葉だ。

血糖値が上がることで、怖いのは、実は、インスリンの過剰分泌だ。

インスリンはホルモンなので、いきなり細胞内に活性酸素を生む。

この活性酸素が細胞や血管を傷つけ、新たな疾病を作り、動脈硬化を促進する。

身体を傷つけるのはインスリンなのだ。

この状況に対して免疫は一生懸命仕事をする。

だから、感染症にかかったときに治りにくいし、歯周病や水虫などもやっつけられない。

医師は白血球の動きが悪くなるからだと言うが、白血球の精密な検査などしない。

医師というのは、大学で習ったことで洗脳されている。

私が、自分の状況を話しても、「そんなことはありえない」と否定するのに何の躊躇もない。

そんな医師にいくら診察してもらっても、何の意味もない。

人間の身体は飢餓に備えている。

血糖値を上げるホルモンは5種類ほどあるが、血糖値を下げるホルモンはインスリンのみだ。

これは、身体が高血糖を予期して作られていないからだ。

血糖降下薬は飲むべきではない。インスリン注射はするべきではない。

インスリンは体中を傷つける。

私は20代で意を切除したので、食後の血糖値は跳ね上がる。するとインスリンが多量に出る。

この多量のインスリンが私の細胞を傷つける。インスリン量を減らすには、糖質を食べないことだ。

ステーキを腹いっぱい食べても血糖値は大きくは上がらない。

グルコーススパイクを起こさないので、インスリンの過剰分泌が起きない。

当然、合併症などというものも起きない。

糖尿病と診断された患者に対して、医師は血糖降下薬を処方し、あるいはインスリン注射を薦める。

医師の言うとおりにしていても、やがて合併症が起き、人工透析をする人、足を切断する人、失明する人が出てくる。

医師は、このことに対して責任を持たない。こんな無責任なことがあるのだろうか。

不幸にして、膵臓のβ細胞が弱り、血糖値が上がったままになった人がしなければならないことは、

インスリンを射つことではなく、血糖値を上げない食事をすることだ。

血糖値を上げるのは糖質。この糖質を控えることだ。

糖質を控えるには、注意することがある。

まず、タンパク質と脂質を十分に摂ること。

ビタミンやミネラルを補充すること。

そして、カロリーを一気に減らさないように気をつけなければならない。

いつもの食事からご飯を抜くのではなく、ご飯のかわりに蛋白質や脂質を摂らなければならない。

ビタミンやミネラルは野菜や果物を摂っていれば補充されると思ったら大間違いだ。

戦後、農協は、化学肥料や農薬の使用を強く進めてきた。農協の指示通りに科学肥料や農薬を使っていない生産物は農協は引き取ってくれなくなった。

昔は直販店などなく、農家は農協に出荷し、農協がスーパーマーケットなどに納入するというルートが主になった。

農家は農協の言うことに従わないと収穫物をお金に変えられないということだ。

その結果、畑の土は痩せ、野菜には十分なビタミンやミネラルが含まれていない状況が生まれたのである。

農協はまるでモンサントの手先だ。人口削減に協力しているかのようでもある。

スーパーでトマトを買ってみるがいい。やたら糖度を上げたトマトがある。かと思えば水のようなトマトがある。

いずれも昔のようなトマト臭さなど微塵もない。

十分なビタミンとミネラルを身体に補充したければ、一部の農産物を除いて、サプリに頼るしかない。

自分の健康を考えれば、自分で勉強しなければならない。

残念ながら、そういう時代になってしまった。

昔のトマトはこれ。

トマト