酸化グラフェンと磁石、重金属とマイクロ波で何が起こるか彼らは知っているのだろうか?

世界保健機関(WHO)は、パンデミックは終わっていないことを国や人々に喚起しました。

COVID-19に関するWHOのテクニカル・リードであるマリア・ヴァン・ケルコーブ博士は、スイスのジュネーブで行われたブリーフィングでこのようなアドバイスをしました。

マリア・ヴァン・ケルコーヴ博士は、スイス・ジュネーブで開催されたブリーフィングで、「将来の “Disease X “に対して、世界はより良い準備をしなければならない」と述べました。


Disease Xとは何かと思っていたら、下記のようなサイトに出くわした。

https://www.ournewearthnews.com/2021/10/20/secret-battle-major-insights-you-do-realize-they-know-what-happens-with-graphene-oxide-and-magnets-heavy-metals-and-microwaves/


記事を引用し、自動翻訳する。
一部刺激の強い画像は割愛させていただいた。

It’s Either Stop Them Or Slow Cook!!! 酸化グラフェンと磁石、重金属とマイクロ波で何が起こるか、彼らは知っているのだろうか?そうなのか?

“They Are Not Going To Fire A Shot… They’re Going To Cook You”!!! -ジョー・インブリアーノ(Joe Imbriano)

“They Are Not Going To Fire A Shot… They’re Going To Cook You”!!! ジョー・インブリアーノは、2018年に60GHzが酸素の取り込みを阻害する=偽ウイルス=キルグリッド=強制接種を警告しました。

ジョーのこの発言は実に多くのことを語っています。

私たちに対する秘密の戦いの要素のいくつかを示しています。

その秘密の戦いとは、私たちが見たり感じたりすることのできない波と関係しています。

ああ、この波は存在しています。

あなたは、その存在を否定する傾向が強いでしょう。

その日まで、あなたは…

誰もが酸化グラフェンを体内に入れて、ゆっくりと電子レンジで温められている。

電子レンジに金属を入れてスイッチを入れたときのように、マイクロ波と反応する金属がワクチンの中にあるのです。

この方法では、否定することはできません。

ネットワークは設定されています。

内なる神は、私たちに選択を求めています。

牢屋の中で暮らすのか、牢屋から出るのか。

神と一緒にいるのか、いないのか。

茫然自失で動けないまま、「このまま座っている」つもりなのか。

三次元の体験から逃れるために、針を選ぶのか。

針を選び、重大な過ちに気づき、神を選び、その結果、現存する肉体で不死を得る可能性があるのだろうか?

確かに、人は歌を歌い、棺を飾り、踊りながら棺に入ることができるが、自分の状況を変えることはできず、したがって、ゆっくりとしたマイクロ波による死を選ぶことになる。

何人かは田舎に去り、新たに始めるだろう…. 戦いから戻ったばかりで、ますます賢くなり、もはや嘘に騙されたり、化学実験の最前線に座ることを望まなくなるだろう…. そして彼らは繁栄するだろう…彼らは地球を受け継ぐだろう。

他の者はベーコンのように焼かれることを選ぶだろう…なぜなら、危険な状況から離れることができなかったからだ。

Dr.Evilがある日ボリュームを上げると、彼らの目はポップコーンのように弾け、彼らの臓器は震え、スパッタリングし、彼らの静脈はゼリー状の黒い血で破裂し、ゾンビが街を徘徊する…。

神の声を聞くことができず、率直に言って神に腹を立てている人々にとっては、おそらく数回の人生でさえも、いつの日か裸足の足がゆっくりと砂利を引きずる音を聞くことになるかもしれない。

田舎にいる生存者は、このような状況から逃れることができる…低開発国やまだコントロールグリッドが確立されていない場所のように。

「テスト・シティ」にいる人たちは、最初に、そして最も大きな打撃を受けるだろう。

msmのニュースはこれをアウトブレイクと呼ぶだろう。

msmには悪い癖があります…テクノロジーが私たちに対する武器として使われていることを決して認めません。

その結果、闇の勢力は爆弾、ガス、毒物を使用して、彼らの終わりのない実験である…我々を。

人間が彼らの過疎化の実験を断ると、彼らは苛立ちます。

そしてそれは実験である。

そしてそれは過疎化の実験なのだ。

そして、彼らは人類を家畜のように管理している。

そして、彼らは人類を自分たちの資源と考えています。

彼らの実験は今、彼らの頭の上に落ちている。

一方、5Gのラッシュとプッシュはここに来ています。

あちこちのネットワークがオンになっています。

銃を持って茂みに隠れる人間もいるだろう。

その茂みは5Gのセルタワーの近くだろう。

自分の体が焼かれる匂いを嗅ぐだろう。

燃えている匂いを嗅いで、「おい、これはいい匂いだ」と思います。

彼らは銃を捨て、スローベークで生活するようになります。

マイクロ波は昼夜を問わず脈打ち、体に突き刺さりますが、彼らは否定を選びます。

彼らは侵略者から身を守るために武器を持って隠れ、Dr.Evilはスマートテレビからこの全てを見ています。

彼らはすでにゾンビ対策の訓練をしていることを理解しているのか?

酸化グラフェン、磁石、重金属、マイクロ波で何が起きるか知っているのか?

どうだ?

ボクシングデーショッピングラッシュ2022?

仕事が楽しくなくなってきた…でも、彼らはその理由を知らないし、気にもしない…。

突然、ジュニアの球技大会を見ることができなくなりました…その理由は誰にもわかりません。

逃げ切れなかった人たちは、4回目のワクチンと無料のドーナツを求めて集まっています。

ソーシャル・インフルエンサー2022+?

ジャブやブースターを受けて、今度は健康パスポートに「Good Boy」のスタンプを押してもらう。


生き残った人は見えない武器の避け方を知っているだろうし、否定して生きている人ではないだろう。

このような状況下では、否定は確実にスローベイクに等しい。

5Gの周波数の中で生活している人や、いくつかの周波数の中で生活している人、密集した都市の中で誰もが携帯電話を電柱やタワー、受信機に接続している人…これらの人は、速い焼き上がりを経験するでしょう…ある人は、単に路上で死んで、ネズミの餌になったり、臓器摘出や献血のためにすぐに運ばれたりするかもしれません…すべては、田舎や神を選びたくなかったからなのです。

以上引用終了。



わたしたちは地球の磁場の上で生活している。いや、地球の磁場がなければ生きていられないだろうと、わたしは思っている。わたしたちは電気的な存在である。脳波も心電図も筋電図も計測しているのは電気信号だ。(このことについては、近い内に誰も信じてくれないような記事を書くつもりだ。)

地球の磁場を乱すようなことをすると、人間の体は毒される。スペイン風邪はラジオ放送やレーダーの電波、結核はレーダー波という説もある。いずれも、わたしたちの躰と共存している細菌が影響を受けたためではないかと推測する。ウイルスなど存在しない。そして今や5Gである。こうして環境は日々変化している。わたしたちはどうやってこの新たな電波から身を守ればよいのか。

簡単ではある。5Gを止めさせればいいのだ。
しかし、今の政府は半島人の株式会社だ。であるならば、日本国籍を持たない者を国外追放し、一度鎖国をしようではないか。日本人のことは日本人で決める。民族自決主義を取り戻すのだ。これは至極当然のことではないのか?

さて、興味深いページがある。
是非読んでみてもらいたい。

「5G呪いの周波数」
https://ameblo.jp/mmm82883007/entry-12703139353.html

“ウイルスとは「リズムを持った周波数」であり、ウイルスは幻
我々の生も死も幻。幸福も不幸も、喜びも悲しみも、幻。全てが幻
死んだら海の中に溶けて行くんです幻のように”