わたしは自分を愛してなどいない。
だから他人を愛せない。

こう書くと誤解を招くだろうな。
実は、わたしには愛という言葉がわからない、ということだ。

どうしても感覚的に理解できない。その言葉が放つ違和感はわたしの心を収縮させてしまう。愛という言葉はわたしたちを欺くために作られたものではないのかとさえ思う。

しかし、恋という言葉はこの違和感をわたしに投げかけない。正式には、戀か。

こい【恋】コヒ
①一緒に生活できない人や亡くなった人に強くひかれて、切なく思うこと。また、そのこころ。特に、男女間の思慕の情。恋慕。恋愛。万葉集20「常陸さし行かむ雁もが吾が―を記して付けて妹に知らせむ」。「―に身を焼く」
②植物や土地などに寄せる思慕の情。万葉集10「桜花時は過ぎねど見る人の―の盛りと今し散るらむ」
広辞苑無料検索

広辞苑ではだめなようである。

戀は孤悲である。
「人、土地、植物、季節などを思い慕うこと。めでいつくしむこと。」
「目の前にない対象を求め慕う心情をいうが、その気持の裏側には、求める対象と共にいないことの悲しさや一人でいることの寂しさがある。その点、「万葉」で多用された「孤悲」という表記は漢籍の影響も指摘されてはいるが、当時の解釈をよく表わしている。」
-日本国語大辞典-

わたしは自神がこの世界を作っていると思っている。あなたもあなたの世界を作っている。しかし、完全に洗脳された人は、inputされた情報のみで歪な世界を作ってしまっている。脳は世界を可視化する役割をしている。洗脳された人がその脳で作る世界は内なるものが完全にシャットアウトされている。わたしたちが見る世界は百人百様であると言っても言い過ぎにはならないだろう。もしかすると、この世にはわたししかいないのかもしれないのだ。

だから、常に孤悲の情を心に抱えているわたしは、戀を癒やすために、花に水をやり、鳥を呼び、時には美しい少女を街角に創り出す。

https://www.flickr.com/photos/kienk2s/

樋口一葉の「にごりえ」にはこういう一文もある。
「おのづと肩身せばまりて朝夕の挨拶も人の目色を見るやうなる情なき思ひもするを、其れをば思はで我が情婦(コヒ)の上ばかりを思ひつゞけ、無情(ツレナ)き人の心の底が夫れほどまでに戀しいか」

やはり、孤悲には、遠く離れているという情感が秘められているようだ。

先日、ラジオを聞いていて、ある言葉を知った。
それは、

“decency”
品位、礼儀、 礼儀正しさ、 良識、親切

(用例)
Everyone deserves to be treated with respect and decency.
だれもが敬意と礼儀を持った対応をされて当たり前である.

戀(孤悲)を知っている人間は、愛などという言葉を使わなくても、”decency”でいいのではないかと思う。

品位、礼儀、良識、親切。

これらの言葉を心深く知っていればいい。

わたしは自神を信じているし、機を見ては他人を深く思い遣る。
礼儀には礼儀で応えるし、品位ある所作に美を覚える。
愛などという言葉を使うから、話はややこしくなるのだ。

「愛なんていう得体の知れない言葉は理解できない。」への2件のフィードバック

  1. 初めまして、初めて貴方のコラムを読ませてもらいました、愛について、随分とネガティブな意見を持っていて可哀想なお方だなと、最初は感じたのですが、私が知る由もなかった、とても興味深い説明を読んで、私なりになるほどな〜と思った次第です、私は漢字が苦手なので、あの漢字が読めないのですが、しょうがない、コヒですか、意味を読んでわかったような感じです、私は今47才ですが今まで、初恋を始め実在の人に恋をした事が一回もありません、小学五年の時にアメリカのTeenの子達向けの小説を読む用になりある本のヒロインの少年ニッキーに恋しました、彼と私は同じ年で、でも彼はとても悪い親に育てられ、道徳的な事を知らなくてある老人を殺してしまい警察に捕まってお終いの話しなんですが、私はそのニッキーに恋をしてしまい、毎日一日中考えてるという状態になって、絵が得意だったので、自分なりにニッキーの顔や姿を書いて見つめて恋しくて涙するほどでした、そのうち洋楽にハマり当時人気のBonjoviのボーカルのJonに恋をして好きで好きでたまらなくて、一生懸命写真を集めたり、CDは全部買って歌を覚えてJonの絵を沢山描いては見つめて、恋しくて恋しくて必ずアメリカに行ってjonにふさわしい可愛くて頭も良くて、とにかくJonが私の事を好きになってくれるような女になろうと決めました、しかし私は小学6年の時に胃癌になり手術して胃を全部取られてしまい長く苦しい闘病生活をして、退院したら幽霊の様になってしまった私を見た皆んなは私に全く声をかけてくれなくなり、言葉が無かったんでしょうね、私も自分を恥ずかしいと思い人目につかないようにして、いつも下を観て歩いて誰とも話さず学校も二度と行かず飼っていた犬のチコだけが私の大切な存在で家にも居ずらかったので、毎日毎日チコと一緒に隅田川沿いをどこまでもどこまでも歩くと言うのが日常になって、でも洋楽が大好きでいっもウオークマンで好きなバンドの音楽を聴いて曲を翻訳して、英語を勉強して必ずアメリカに行く事を決めていて、そのお陰であの苦しい毎日を何とか乗り切って行きました、私は日本人じゃないと思ってましたし、思っています、17才でやっと、LAに一人で行って何もわからないけど、私のいるべき場所に来れた!という喜びでずっと鬱だったのが一変で治ってしまいました、つたない英語でとにかく聞きまくって安いホテルの止まり方やどこで安くて美味しいのが食べれるのか?とか、とにかく積極的に話して行動して、今まで友達なんて出来た事無かったし、友達なんて私は要らないと思い混んでたのに、自然と仲間ができて、行きたかったバンドのライブにも行ったけど、それより日常が楽しくて仕事もして、日本ではどのバイトしてもダメで直ぐにクビか私から辞めてたけどLAでの私は皆んなの人気者で日本じゃ変わり者扱いばかりだったのに、あっちでは個性的だと褒められて、初めて嬉しかったです、色んな人がいたけど恋はないです、友達、仲間というだけでデートするとか考えた事も無かったです、28才で20才も年上の私にはお父さん的な人との間に妊娠して、その人を好きでもないのに、とにかく嬉しくて、何故かと言うと私の家族ができるんだ!と思って、いつも孤独病に悩んでたのがいっぺんに世界が花やかに感じて、嬉しくて嬉しくて、その人とは結婚ももちろんしないし、だって私は結婚って本当に好きになった人とするもんだと思っているから、1人で産むつもりでいたし、彼は私の事好きで一緒になりたがっていたから私は逃げて赤ちゃんが生まれる一月前までLAにいて、アメリカで子供を産みたいと日本領事館に相談したらダメだと言われて泣く泣く諦めて日本に行って赤ちゃんを産みました、初めての事ばかり、お産が本当に凄くて痛みと苦しさで限界も超えて何回も失神して、そのたんびに助産婦さんにビンタされての繰り返しで、やっと男の子を産みました、日本ではどこも頼る所がないから仕方なく、連絡してなかった母の所に行って一緒に住む事になりました、嫌っていた母なのに、母は私と息子を喜んで受け入れてくれて、赤ちゃんのお世話をいつも手伝ってくれて、本当に助かりました、長かったわだかまりなんか消えてました、息子は精神的な障害を持っていて、物凄く手がかかりましたけど、全く嫌とか大変だとか無くて、とにかく愛おしくて、愛おしくて息子の事ばかりでした、全てが楽しいとは言えませんけど、育児はとっても楽しかったです、私の赤ちゃん、なんて可愛いんだろう!これが愛だと感じました、そして、文句も言わず私と息子を大切にしてくれた母親の愛にも納得って言うか、凄い深い愛だと感じました、話しが凄く長くなって申し訳ないですけど、これが私にとっての初めて経験した愛です、愛は凄いし素晴らしいです、そして強い、美しい!愛に勝る力?は無いと断言できます、ありがとうございました。

  2. コメントありがとうございます。
    言葉って難しいですね。「愛情」と言えばわたしは抵抗がなくなってしまいます。
    「愛おしい」という言葉もよく理解できます。
    自分の娘に対しての愛情は制限のないものです。

    ただ、最近は愛情の深淵さを知らない人たちが、愛という言葉を安易に使いすぎるので、一石を投じた次第です。

    わたしも胃を切っています。
    子供の頃に飼っていた犬の名前はチコです。

    少し驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5  +  2  =