明治維新は終わっていないのです。日本人が完全家畜化されるまで

大衆はいつの時代も洗脳され続けている。明治維新はまだ終わっていないのだ。今、仕上げにかかろうとしている。DSたちは、日本人と容姿の似た半島人を完全に操った。それは今も同じなのである。経済界も榊原定征(実名:崔定征)が経団連会長になった時点でDSの手先だった。
政界も然り。特に李晋三は忠実なDSの手先であった。

現実は本当に現実であるのか、考えてみたことがありますか?

現実とはなんですか?
それは確固とした形で存在するものですか?
あなたが自我を開放して真我に至ったとき、現実は大きく変化するのではないでしょうか?
現実はあなたが作っているのですから。

わたしたちは、顕在意識を捨て去り、潜在意識に紛れ込んだ欠片を上書きし、真我を圧迫している電圧を解放しなければならない。

世界を知りたければ真我を観察すればいい。真我を知りたければ世界を観察すればいい。ただし、真我とは電磁体である。

「ミツバチ、鳥、そして人間。”エレキテルスモッグ “は自然を破壊する」という著作がある

1990年代後半には無線革命によって緊急性が高まり、2006年には 「コロニー崩壊病」と呼ばれるようになり、世界的な緊急事態となった。現在、国内のミツバチだけでなく、すべての野生のミツバチが絶滅の危機に瀕している。

報道は大衆の不安を煽るために創られることがある

報道とは創られるものである。 時に不安を煽り、時に暗号であり、そして呪詛である可能性まである。報道はいつも大衆に不安を与えるように創られる傾向があります。 不安を抱えた羊は、多数の羊と同じ行動をとろうとします。 報道の目的はそこにあるのでしょうかね。

報道の裏に隠された意味を知るためにはどうすればいいのだろう?

ただ、気になるのは、2つの事件とも、容疑者の氏名と年齢の発表が早すぎるということだ。万が一、容疑者が精神状態が正常でなかったときのことを考えて、氏名の発表は慎重にするのが警察やマスコミの常なのに、あっという間の発表である。これには違和感を感じずにはいられない。

羊

羊たちの沈黙とはこのことかと思い知らされた

わたしたちはクローン羊のようなものである可能性がある。比喩ではなく、事実として。クローンとして生まれ、教育という名の洗脳を受けて育った可能性である。クローンでなくても、洗脳を受け続ければクローンと同様な人間になってしまう。 あなたの隣人がクローンでないということを証明するのはとても困難なことだ。

緊縛というものが成立されるためには、わたしと他者が波動を重なり合わせていなくてはならない。

「一番猥褻なものはなにか。それは縛られた女の体だ」そして三島はこう続ける。
「他者とは意思を持った主体であり、相手が意思を封鎖されている、相手が主体的な動作を起こせない、そういう状況が最もエロチシズムに訴える。」この三島の言葉は浅い。