covid-19は、いくつかの方法で導入された酸化グラフェンが原因という説

COVID-19 IS CAUSED BY GRAPHENE OXIDE INTRODUCED BY SEVERAL WAYS
“covid-19は、いくつかの方法で導入された酸化グラフェンが原因です。”

という説がある。

動画は以下。

https://rumble.com/vj25zh-covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-introduced-by-several-ways.html

これを解説したページが以下。
https://fromthetrenchesworldreport.com/covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-introduced-by-several-ways-into-the-body/288145



自動翻訳させていただく。

本日、ラ・キンタ・コルムナは、生物統計学者のリカルド・デルガド氏、ホセ・ルイス・セビラノ氏、および彼らが研究を進めてきた研究者や教授のチームが、予防接種の小瓶の中に酸化グラフェンのナノ粒子が含まれていることを確認したことから、できるだけ多くの人々、特に健康や法律に関わる人々に届くことを願って、緊急の発表を行いました。

番組No.63では、光学顕微鏡と透過型電子顕微鏡による観察結果を中心に、実施された分析の写真が紹介されました。また、酸化グラフェンの存在を決定するために実施されたすべての技術に基づいた報告書は、分析を行った研究者によって近日中に正式に発表されると発表しました。

Orwell Cityでは、いつものようにLa Quinta Columnaからのメッセージを翻訳し、数時間前に彼らの公式Telegramチャンネルで公開されたビデオを字幕化しました。

現在使用されているマスクや販売されているマスクには、酸化グラフェンが含まれています。当時回収されたものだけでなく、メディアが指摘するように、PCR検査と抗原検査の両方に使用された綿棒にも酸化グラフェンのナノ粒子が含まれている。

アストラゼカ、ファイザー、モデナ、シノバック、ヤンセン、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど、あらゆる種類のCOVIDワクチンにも、相当量の酸化グラフェンナノ粒子が含まれています。これは、我が国の様々な公立大学が使用している電子顕微鏡や分光法などの技術で分析した結果である。

抗インフルエンザワクチンには酸化グラフェンのナノ粒子が含まれており、彼らが準備している新しい抗インフルエンザワクチンや新しいとされる経鼻抗COVIDワクチンにも、膨大な量の酸化グラフェンのナノ粒子が含まれている。酸化グラフェンは、生体内の血栓を生成する毒性があり、血液の凝固を引き起こす毒性があります。酸化グラフェンは、免疫系の変質を引き起こす。凝血予備軍に対する酸化バランスを分解することで。どのような投与経路であっても、酸化グラフェンの投与量を増やすと、免疫系の崩壊とそれに続くサイトカインストームを引き起こす。

肺に蓄積された酸化グラフェンは、肺胞管に均一に散布されて両側性の肺炎を引き起こす。酸化グラフェンは金属味を引き起こす。これで理解してもらえただろうか。酸化グラフェンを吸い込むと、粘膜に炎症が起こり、味覚が失われ、嗅覚の一部または全部が失われる。

酸化グラフェンは、生体内で強力な磁気特性を獲得する。これが、酸化グラフェンの様々な投与経路の後に、世界中の何十億人もの人々が既に経験している磁気現象の説明である。その中にはワクチンも含まれている。

つまり、酸化グラフェンは、SARS-CoV-2、COVID-19と呼ばれる病気の前に誘発された新しいコロナウイルスのはずである。したがって、新型コロナウイルスを実際に分離・精製したことは、最高レベルの医療機関や各国の医療機関が質問を受けた際に認識していた。COVID-19病は、さまざまな投与経路で酸化グラフェンを導入した結果である。

酸化グラフェンは、疑惑のSARS-CoV-2と同様に、エアロゾル中では極めて強力で強い。どんな物質でもそうだが、酸化グラフェンには「電子吸収帯」と呼ばれるものがある。つまり、ある周波数を超えると、材料が励起されて非常に急速に酸化し、自然の抗酸化物質であるグルタチオンの蓄えに対する毒性物質の生体内での増殖との均衡が崩れるのである。まさにこの周波数帯は、新しい5Gワイヤレス技術の新しい放出帯域で放出されています。だからこそ、パンデミックの最中にもこれらのアンテナの配備が止まることはなかったのです。

実際、これらのアンテナへの国家治安部隊や軍団による特別な監視を除けば、数少ないサービスが維持されていた。2019年の抗インフルエンザキャンペーンでは、酸化グラフェンがすでにアジュバントとして使用されていたため、これらのバイアルに導入されたのではないかと考えています。

アジュバント(Adjuvant)とは、ラテン語の「助ける」という意味をもつ 'adjuvare' という言葉を語源に持ち、ワクチンと一緒に投与して、その効果(免疫原性)を高めるために使用される物質のことです。あくまでもワクチンの効き目を高めるためのものなので、アジュバントだけを投与してもワクチン効果は得られません。(訳者注)
バイアル(VIAL)とは、注射剤を入れる容器。(訳者注)

その後の世界各地での5G技術の実験で、COVID-19病は、外部の電磁場と今体内にある酸化グラフェンの相互作用で発症した。すべては武漢から始まり、ここが2019年11月下旬に5G技術試験を行う世界初のパイロットサンプル都市であったことを忘れてはならない。時空を超えた偶然の一致です。

パンゴリン版もコウモリのスープ版も、単に気を引く要素でしかなかった。酸化グラフェンを導入する目的は、想像以上に不明瞭なものです。したがって、これらの情報を同化して、政府の最高機関が国民に身を守れと言い、さらには病気そのものになる可能性のあるものを強要することで、今まで持っていた病気の知識を「リセット」するには十分すぎるほどの効果があります。論理的には、病気の原因や病因が生物学的物質ではなく、正確には化学的毒性物質であることが分かったので、それを減衰させる方法も分かっている。グルタチオンは天然の抗酸化物質であり、生体内に蓄えられています。

少し詳しく説明すると、メディアで報道されている内容を完全に理解することができます。子供の場合、グルタチオンは非常に高い値を示します。そのため、この病気は子供たちにはほとんど影響を与えません。グルタチオンは65歳を過ぎると非常に大きく低下します。そのため、COVID-19は特に高齢者層に多く見られます。グルタチオンは激しいスポーツをしている人たちでは非常に高いレベルにある。これが、スポーツ選手のわずか0.22%がこの病気にかかっている理由です。

これで、実際に行われた数え切れないほどの研究で、N-アセチルシステイン(体内でグルタチオンの前駆体となる)やグルタチオンを直接投与した治療で、COVID-19の病気が非常に早く治ったという結果が出た理由がお分かりいただけると思います。これは、酸化グラフェンという毒性物質に対処するために、グルタチオンの濃度が上昇したためである。

今回のラキンタコルムナの発見は、国家によるバイオテロリズムの本格的な攻撃であり、少なくとも世界の人々に対する政府の共謀によるものであり、今や人類に対する犯罪を構成するものである。

したがって、この情報を医療関係者に提供することは絶対に必要であり、不可欠です。一般開業医、看護師、医療サービス全般、さらには地元や地域のメディアや報道機関、そしてあなたの周りのすべての人たちに。ラキンタコルムナの推計では、毎日何万人もの人が亡くなると言われています。私たちの国だけでも、新しい5Gの技術的なスイッチオンが行われたときに。

酸化グラフェンを使用したインフルエンザワクチンを接種するのは、老人ホームにいる高齢者だけではありません。ご存じのように、国民の大部分が酸化グラフェンを徐々に投与するワクチン、つまりグラフェン化されていることを念頭に置いてください。

体にはこの毒物を排除する能力が備わっていますので、グラフェンを体内にとどめておくために、1年に3回までの投与を提案しています。

私たちは、ここで顕在化したことの証拠をひとつひとつ手にしています。正義が行動を起こそうとしている間にも、人々は底なしの崖から突き落とされ続けるだろう。この視聴覚資料をご覧になっている方は、1年以上もの間、最高機関から完全に、そして素朴に騙されていたことをご理解いただけると思います。今になって初めて、テレビのニュースで見ていた不自然さを理解できるでしょう。

この貴重な情報を補完するために、https://www.laquintacolumna.net または私たちのテレグラムチャンネルにアクセスすることができます。ここでは、10万人以上の人々がすでに真実を知り、自分たちが受けた大規模な欺瞞に加担していないことを知っています。どうか、このビデオをあなたの周りに広め、私たち全員の間で止めましょう。アジェンダ20/30のロードマップの果実である私たちに用意されている運命は、私たちだけにかかっているのです。

ご清聴ありがとうございました。

-ラ・キンタ・コルムナ(La Quinta Columna)。

引用終了。


これはcovid-19に対する新しい説ではある。
そして、酸化グラフェンと5Gの相関関係はありうることだと思う。
酸化グラフェンと5Gによって体内に異常が起きエクソソームが発生する。
わたしは、Sars-Cov-2はエクソソームだと思っている。

では、酸化グラフェンとはなんだろう?

ナカムラクリニックの先生が記事を書いてくれている。
「コロナワクチンとグラフェン」
https://note.com/nakamuraclinic/n/n97655c40652c



判断は各々でお願いします。

ビタミンDとcovid-19のおさらいから電磁波と酸化グラフェン

今日の話はすべてわたしの夢想である。

血清ビタミンD濃度が上がるとCovid-19に羅患しにくいという研究結果がある。

「栄養チャンネル Nobunaga」より抜粋。
<https://www.youtube.com/watch?v=x3uHDlkwMAc&t=2s>

さて、紫外線に当たると血清ビタミンD濃度が上がるといわれる。この現象は、紫外線から體を守るために、体内でビタミンDが生成されるものだと思っている。

いや、紫外線だけではないだろう。太陽が発する電磁波から體を守るために生成しているのだとわたしは予測している。

さて、covid-19だが、Sars-Cov-2の存在を証明した人は世界中で一人もいない。
ウイルスは生物かどうかも判然としないが、わたしたちの體は細菌で出来ているということは確かなようである。

さて、わたしはcovid-19は新たな電磁波(5G)によって、引き起こされているものではないかと思う。だからこそビタミンD濃度が上がるとCovid-19に羅患しにくい。

人間の體は環境の変化が起きると、体内からエクソソームを発生させて、メッセージを体中に伝達する。そのときに炎症を起こし、咳が出たり、鼻水が出たり、熱を出したりする。急に寒くなったときなども環境の変化である。発熱は體が自分を治癒している証拠のようなもの。不用意に解熱剤を使うのは得策ではない。

そして、電磁波の環境の変化が5Gの導入。わたしたちの體は5Gという電磁波を知らない。だから、感冒のような症状を起こす。それをウイルスとしてでっち上げたのがPCR検査である。

ところで、太陽光というのは10-13m〜102mまでの波長の電磁波を出しているようだ。

太陽は電磁波を地球に降り注いでいる。そして、太陽光を受けたものは、太陽の電磁波により分子が振動して温度を上げている。ちょうど電子レンジのようなものだ。一番動きやすい分子は水。だから、海水の温度は上がりやすく、海岸線よりも内陸のほうが気温が低い。飛行機の飛ぶ高度10kmあたりは、-35℃〜-50℃くらい。

ガンマ線 – ごく微量
エックス線 – ごく微量
紫外線(~0.4µm) – 約7%
可視光線(0.4µm~0.7µm) – 約47%
赤外線(0.7µm~100µm) – 約46%
電波(100µm~) – ごく微量

https://ameblo.jp/welcome-elohim/entry-12155565442.htmlより


地上に達する10-4mから10-7mの波長域から外れた電磁波に人間は対応していない。だから何らかの影響を受けてしまう。


さらに、5Gについては、60GHzが酸素を吸収することがわかっている。直射されると呼吸ができなくなるということだ。



<covid-19のあらすじ>

2019年12月8日
原因不明の肺炎が中国・武漢で発生
武漢といえば、5G都市である。

真っ先に伝えられたのは「抗生物質が効かない」ということ。これはデマだろう。

2020年1月1日
武漢市が感染源とみられる武漢華南海鮮市場を閉鎖。
感染源は、この市場で海鮮以外に売られていた野生動物の肉ではないかと言われる。
明らかなデマ。

1月9日
原因不明の肺炎について「新型のコロナウィルス」によるものと中国政府が発表。
新型コロナウィルスによる初の死者が発生(呼吸不全による心停止)
さらにデマ。

2月1日
日本で、新型コロナウィルスが感染症法上の「指定感染症」にされる。
デマを固めたか。

2月3日
横浜に到着したダイヤモンドプリンセス号が停泊できずに隔離状態。一日ごとに感染者が爆発的に増える。ダイヤモンド・プリンセス号にはミリ波アンテナが複数設置されている。ここでもPCR詐欺が行われたか?

2月11日
WHOが今回の新型肺炎を正式に「COVID-19」と命名。

2021年
ワクチンの接種が始まった。
コロナウイルスをでっち上げたのは、このワクチンを射つためだったのだ。

さて、ビタミンDがなぜcovid-19に効くのか。

それは、covid-19が電磁波によって引き起こされた症候群であるからではないのか。環境の変化によって生じる感冒。死亡率はワクチンよりも低いとの情報を毎日のように目にするが、テレビはそれを伝えない。奴隷の囲い込みに懸命に取り組んでいる。

トーマス・コーワン博士

ここまで書いて、最近、酸化グラフェンという話が出てきた。酸化グラフェンと5Gの関係について説明されている動画がある。

「COVID-19は複数の方法で体内に取り込まれた酸化グラフェンによって引き起こされる」
https://rumble.com/vjf3dh-covid-19-covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-20210625.html

covid-19にたいする新しい説ではある。
わたしは酸化グラフェンと5Gの相関関係はありうることだと思う。しかし、Sars-Cov-2はエクソソームだと思っている。


判断は各々でお願いします。