世の中には

今年に入ってもう3回も入院している。

めまいが主なものだけれど、生理食塩水とメイロンの点滴で回復に向かう。つまり、自分の体が酸性化していることの証であると思うのだが、医師はそんな事は言わない。脱水かもしれないから水を1.5リットル以上飲みなさいと指示されるが、あまり飲みすぎるとむくみがでる。当たり前だ。弱アルカリ性の血液がほしい。ほしい。

H病院では、隣のベッドで老人が突然死を迎えた。どこかの施設に入所するための準備を娘さんがすませて、明日退院という運びだったが、娘さんが帰ったあと、老人は眠りに落ちた。いびきをかいて眠っていたのだが、突然大きく長い吐息を吐ききって亡くなった。

その後、午前二時頃になると、2本の火箸を揺らすようなチーンチーンという音が、どこかから私の病室まで近づいてくる日が2,3日続いた。看護婦は午前1時過ぎに巡回に来るので、音の正体はわからない。世の中にはいろいろなことがあるものだ。その音の事を若い看護婦に言うと、看護婦は「夜勤ができなくなるから言わないで」と怯えた。若い看護婦は可愛い。

ところで、健康を損なう原因は、身体の酸性化だと思う。アルカリ体質にして、ミトコンドリアの働きを良くすることを実践する。それしか健康を取り戻す方法はないのではないか。できれば毎日重曹を飲みたいのだけれど、私は胃を切除しているので胃酸が少ない。だから重曹を飲むと一気に消化不良を起こすし、クエン酸を飲むと、これまた腸の調子を損なう。うまくいかないものだ。

はてさて、どうしたものか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です