心なだらかに、空を見て佇むに、春はそっとわたしに降ってくる。
それだけでいい。
それだけでいい。
他所に何を求めん。

早春賦

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

氷解け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か

作詞者 吉丸一昌
作曲者 中田章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  +  84  =  87