FXを始めて、いろいろなEAを買ってみた。主にスキャル系が多いのだけれど、どれも、最初はいい成績を残す。しかし、やがてドローダウンする。再度ドローダウンする。スキャルにとっては連続のドローダウンはきつい。そういったEAはご丁寧に、ドローダウンの度にバージョンアップをする。親切な対応をしてくれていると最初は思った。

しかし、これは違うのだということにある日気づく。パラメーターの調整をして、いい成績のバックテストを表示させるためのバージョンアップに過ぎないのだ。最新バージョンを使って、いい成績を残す。しかし、またドローダウン、ドローダウン、そして、バージョンアップのお知らせ。ついには、新しいEAのお知らせだ。この循環に落ち込むと、やばい。一度落ち込んだ私が言うのだから、少しは信憑性がある。

EAの使い方としては、やはり自分でトレンドは決めてしまうことだと思う。たいていのEAはトレンドが出た時には利益を残す。しかし、急な反転やレンジには弱い。(レンジ用のEAも存在するが)トレンドが上げているときには、EAの設定で売りポジションを取らせないようにする。これだけで、収支はかなり安定する。EAは道具だ。

例えば金槌だ。金槌を買って拝んでいても利益は出ない。自分で手に握って自分なりの方法で釘を打つしかない。必死の努力をして自分が作ったEAも稼働し続けると収支ゼロのあたりを上下する。その期間が長ければ長いほどスプレッドの負担が大きくなりじり貧になっていく。完璧に作ったはずなのにだ。

そしてある結論に至るのだけれど、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

56  +    =  64