私は数ヶ月前から茫洋とした不安を抱えている。

それは4月8日に何かが起きると感じているからだ。

根拠。明確な根拠など持ち合わせていないが、いろいろな情報が積み重なった私の体の中で、4月8日への違和感が発酵し続けている。

ふと気付くと、4月8日は月齢14.7。不安は確信に変化しつつある。
この不安は「安易な恐怖」には結びつかない。

私的には、何も起きないだろう。
命はもう捨ててある。捨てたものは傷つかない。

しかし、この世は大きく揺れる。私の感性が蒼く振動する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5  +  3  =