4/7の夜は魍魎達の張りつめた気で充満していた。そして私はほぼ確信を持って4/8に何かが起きると思っていた。しかし、こうして新しい夜を過ごしている今、殺気は完全になくなっている。魍魎達は目的をはたしたのか、失敗に終わったのか、それとも計画が中止になったのか。私には分からない。


魍魎

山川の精霊をいう。また螭蜽とも書く。中国の《左伝》の注に〈魑魅は山川の異気の生む所にして人に害をなすもの〉,また,《国語》の〈木石の怪を夔蜽(きもうりよう)と曰(い)う〉の注に〈蜽は山精,好んで人の声を斅(まな)びて人を迷惑(まどわ)す〉とあるように,こだま,すだまの類をさす。これらは地方的な精霊であるため,中央集権的な神々の体制には服さず,それゆえ,人々が何の準備もなくこうした精霊と遭遇するのは危険であるとされた。

私が確信を持ったのは、ある芸能人の誕生日、ある芸能人の死亡日、灌仏会、月齢、123,567、Hello World、

それらが符合しすぎたからだった。

殺気の消えた夜は呼吸が楽だ。

コロナウィルスについて一つリンクを貼っておく。
ニューヨークシティのICU医師からの警告。コロナは肺炎ではない!

以下抜粋。

「医師らは全く別の病気を治療しているようだ。患者に誤った治療を続けていては短期間に大勢の患者を重篤化させてしまう。
この情報を拡散してほしい。
COVID-19の肺疾患は、この医師の見るところでは、肺炎とは違う。そのため肺炎の治療は全く適さない。
この病は、高山病によく似たウイルス誘導の病気の一種である。つまり、ニューヨーク市民が乗った飛行機が高さ3万フィートのところを飛んでいる最中にキャビン内の圧力を徐々に抜いたような状態と同じ。
COVID-19の患者は徐々に酸素欠乏に陥っている。
COVID-19で重篤化した瀕死の患者は肺炎のような症状を見せていない。むしろ、飛行機からエベレスト山頂に突然つき落とされたような状態になる。
そして呼吸不全に陥った患者に対して高圧の人工呼吸器を使うのは危険である。酸素不足に陥っている患者に呼吸器不全であるとして人工呼吸器で加圧すれば、患者の肺に大きな負担をかけることになる。人工呼吸器は患者に肺障害を起こしてしまうことになる。

現行の治療法では何十万人もの患者の肺が危機にさらされているということだ。」

つまり、COVID-19は、肺炎を生じさせるのではなく酸素欠乏を生じさせるということだ。
この情報は、明白な理由で非常に重要であり、コロナウイルスの起源が何なのか、このウイルスは単にウイルスだけでなく何等かの外的因子が加えられた結果、複合効果(重度の酸素欠乏)がもたらされているのかについて解明されるべきである。


抜粋終。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3  +  5  =