破裂したくなる冬のにきに億千万の嘘を書ききれない

世の中は億千万の嘘で成り立っている。
それらは全て、わたし達自身がこの世を産み出していることを忘却させるためにある。


地球は球ではない。
わたし達の意識が及ぶ果ての果てまでが宇宙であり、地球はその一区画である。

重力はない。
質量の差があるだけである。

歴史は捏造されている。
わたし達の起源はひどく近いところにある。

宇宙の始まりは、あなたがこの世にやってきた時である。

神を外に求めるなかれ。
偶像神とは、わたし達がある意味での創造主であることを隠すための道具でしかない。

ウイルスは存在しない。
ウイルスとはメッセンジャーRNAであるエクソソームのことである。
エクソソームは躰の中にメッセージを配達し、時に隣人にも届ける。
動物も植物もこれを使って情報交換をしている可能性がある。

わたしは體ではない。
わたしは意識であり、観ている者であり、創造する者である。

わたしは小学生の頃までは自分を俯瞰して見ていた。
わたしは二人いたのだ。

パソコンの前にいるときは、ほとんどYoutubeの音楽を聞いているが、ここ2日ほどはこれという音に出会わない。多分わたしが変化している。仕方なく1950年代のJazzを聞く。

Twitterに呟かれる言葉が遠い。とてつもなく遠い。やはりわたしは変化している。




少し興味を惹かれる動画がある。まだ一度しか見ていないが・・。
https://www.youtube.com/watch?v=v3IzDG1aPQY&list=PL8ucZibtiQ_I0t8IN_lxRt9yvdKfZOC6v&index=32&t=622s


訳が分かるようでいて分からない。
まぁ、世の中とはそうしたものかと合点のいくふりをして鼻をかむ。

もう冬なのである。
相変わらず支離滅裂の冬である。
健全な精神など持ちたくもない。

破裂したくなる。
埒を破壊し尽くせ。

・添付資料

ルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner, 1861年2月27日 – 1925年3月30日(64歳没))は、バルカン半島のクラリェヴェクで生まれ、オーストリアやドイツで活動した神秘思想家、哲学者、教育者である。

ゲーテの自然科学論や学芸雑誌の編集に携わりながら、前衛的な団体やアナキズムの傾向をもつ人々と関係するようになり、ニーチェ主義的な自由思想の立場に至るが、神秘思想の講演者に転身し、人智学(アントロポゾフィー)と称する精神運動を創唱した。人智学運動は神智学協会の神智学運動から派生したものであるが、インド思想に傾倒した神智学協会よりもキリスト教神智学に近い性格をもっており、ロマン派の自然哲学、グノーシス、薔薇十字思想の流れも汲んでいる。

シュタイナーの思想はカール・グスタフ・ユング、パウル・クレー、アルベルト・シュヴァイツァーにも何らかの影響を与えた。ドイツ哲学研究者の三島憲一は、1970年代以降のドイツで緑の党に集まった知識人たちのなかに人智学に学んだ人々が多いと述べているが、その一方で、1920年代にヴァルター・ベンヤミンはシュタイナーについて「前近代への願望でしかないと見て深く軽蔑していた」(三島 2002 : 596)とも指摘している。(wikipedia)