人間は電気で動いている。そして、魂も電磁体である。

わたしは幽体こそ真の電磁体だと思っている。電気も発生するし、磁場もあるし、発光さえする。エネルギー体である。この幽体が仙骨の中に入った時に人体は意思を持った生体として活動を始める。

ドイツの研究者たちは、ビタミンDレベルとCOVIDによる死亡率との間に直線的な関係を見出した

太陽は電磁波で人の躰を温めてくれる。電子レンジのように、体内の水分から先に暖かくなるのだ。それが長時間に及ぶと、躰に害を起こすので、人間は自分でビタミンDを体内に創り出して、電磁波の害から身を守るのだ。

生物は電磁体であるという思いが降り積む初冬

水は極性を持っているということだ。ならば血液も極性を持っている。極性を持っているなら磁場の影響を受ける。人体の50%以上は水分でできているようだ。つまり、体全体が地磁気の影響を受けている。極性を持っている血液はその影響で流れを生む。