博打は損小利大だが、色々な考え方がある。キャンセリングシステムを使うか、プログレッシブシステムを使うか。キャンセリングシステムは負けている分を張りで取り返すので分かりやすいが、プログレッシブシステムは買った時に賭け金を増やしていくので、すぐにピンとは来ない。

例えば負ければ1ユニットずつ捨てていき、勝てば1・2・4と張りを上げていく。3で負けたらもったいないと多くの人が思うけれど、

フラットに 1・1・1と3連敗で3の損失の時、1回についての損失は1。

1・2・4と張って4で負ければ1の損失。ゲーム1回についての損失は1/3。

もし1・1・1と張って最後の1で負ければ1の利益。

どういうBET方法をを選ぶかはあなた次第。

しかし、わたしはプログレッシブシステムしか使わない。

私はバカラをかなり打つが、あたる時は連続であたる。あたらない時は手品のようにあたらない。博打は不思議なものだとつくづく思う。次にバンカーが出るかプレーヤーと開くか、分からなければプレーヤーにBETした方がいい。手数料が取られないからだ。しかし、本当は「見」という手もあるのだ。「見」していれば少なくともこんな目には合わない。

「バンカーとプレーヤーは分からない」への2件のフィードバック

  1. ブログ、リニューアルされたのですね。
    私はバカラはやりませんが相場も上げ下げはわからないのでやり方で利益を取るしかないとの思いで行っており、その旨を自身のブログで書いています。
    改めて、これからもよろしくお願いします。

  2. お返事書いていませんでしたね。失礼しました。2016年に手術をしたので、大分、集中力が欠けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

51  +    =  60