February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

心臓の止まり方

数年前、心臓の手術をすることになった。

 

ある夜、不意に、なんだか妙な違和感を感じて、自分の車を運転して、日赤の救急外来に行った。

そこで診察を受けていると気が遠くなり、医師たちはビニールの袋のようなものを私の顔に被せ、そこに酸素を送り込み、ストレッチャーに乗せられた私はICUのベッドで横たわった。狭心症のようなものだった。

 

精査を受けた結果、日赤では手がつけられず、他の病院で手術をすることになったのだが、担当の医師から自分の心臓の動画を見せられると、「もうこれは死んでいるな」としか思えなかった。死んでいる自分を意識のある自分が見ているような不思議な気持ちだった。

 

手術室に入るとすぐに麻酔がかけられる。いまの麻酔は効く。私はあっという間に深い眠りに入った。

眠っているわたしは異変を感じ、意識体が目覚めた。強烈に苦しいのだ。

「先生、これには耐えられないよ」

私の意識体は言っていた。

しかしその苦しさは、再びやってきた。

「なにか私の体に変調が起きて手術は失敗しているのかな」

わたしの意識体はそう思っていた。

 

その苦しさは、合計4回やってきた。そして意識体は気を失った。

 

次に意識体が目覚めたときには、医師たちの声が聞こえてきた。

医師たちは、きれいに流れる血流のことを話していた。どうやら私の手術は成功したらしい。

そして再び意識体は眠りに落ちた。

 

私の手術は心臓を止めずに行う予定だったが、あとで聞くと、手術途中で人工心肺を使ったという。

私の心臓は一度止められたということだ。それで合点がいった。

あの4回の苦しさは2つの心房と2つの心室が動きを止めるときの苦しさだったのだ。

 

心臓は一度には止まらない。4回の苦しみの末に止まるのだ。

 

それにしても、あの夜、よくぞ自分で日赤まで行ったものだと思う。複数の医師の前で狭心症発作を起こす、これは不思議な事だ。あの夜、自宅で同じ発作を起こしていたら、私は今こうしてキーボードを打つことはできなかっただろう。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

ドッペルゲンガーと見ている私

ドッペルゲンガー: Doppelgänger)とは、

 

自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象である。

自分とそっくりの姿をした分身。第2の自我、生霊の類。

同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に姿を現す現象を指すこともある(第三者が目撃するのも含む)。

超常現象事典などでは超常現象のひとつとして扱われる。Wiki

 

知人が私をパチンコ屋で見たという。

実の母親が私をデパートの前で見たという。

いずれも、同時刻に私はそんな場所にはいなかったのだが、

ある日車を運転していて、ルームミラーに映る後続車の運転手を見て驚いた。

皇族の白い車を運転していたのは、私だった。どこからどう見ても私だった。

背筋に何かが走った。交感神経の極度の緊張が背筋に青い電流を一気に流したのだ。

 

次元のズレとか、パラレルワールドとか、いずれも私は信じている。

私が認識していないところに世界はないのかもしれないということも、その可能性は否定できない。

量子力学が唱えるように、観察者が現実を決めてしまうのならなおさらだ。

 

話は微妙に違うのだが、小学生の頃、私は二人いた。実体を持つ私と、それを見ている私。見ている私はいつも実体の後ろ側にいて、実体を見ていた。

そして、母に質問したことがある。「歩いている僕と、それを見ている僕、どっちが本当の僕なの」と。残念ながら、母親の答えは覚えていない。

 

観察者が世界を決定しているのなら、目に映るものはすべて私自身ということになる。引き寄せとか、思考の現実化とか、いろいろな説があるけれども、それらは自我を捨て去ったときに起きる現実のことであると思う。すなわち「見ている私」が環境を引き寄せ、「見ている私」が世界を作っているということだろう。思考など、現実化するはずもない。

 

少女

 

vapeの温度管理

冬になった。鼻水が出る。

 

鼻腔の乾燥か、塩分の不足か。どちらかわからない。

鼻水がでるということは、体の水分を体外に出していることであるので、もしも、塩分が不足していたら、鼻水を出すことによって、塩分の濃度を上げることができるわけだ。子供の頃はこのようなときに塩水で嗽させられた。あれは殺菌と塩分補給の一石二鳥だったのかとぼんやり思う。

 

巷では塩分が体に悪いなどというが、あれは大嘘だ。海水、羊水、血液、そしてリンゲル液の組成は極めて似ている。ただし、塩を摂取するなら天然塩。厚生労働省が塩としているものはただのNaclであり、ミネラルなど含まれていない。

 

鼻腔の乾燥でふと気づいたことは、グリセリンである。VAPE。VAPE用のグリセリンはVGとPGの混合液を使うが、化粧品などに入っているのはVGであり、これは保湿効果が高い。PGは化学的に作られたものであり、喉の乾燥や違和感をもたらすことがある。また、イガったものを断続的に吸うと喉が痛くなる。

 

そこで思いついたのが、MODの温度管理機能。SSでいろいろと設定してみるが、アトマイザーやリキッドとの兼ね合いもあるようで、ちょうどのところを見つけるのには時間がかかるだろう。PGが蒸発する温度が188.2℃であるので、設定温度をこれ以上にするという情報もあるが、190℃設定でチェーンすると私のコットンは焦げる。コットンが焦げないように、かつ、味が出るようにするには試行錯誤しかないか・・。せめて今度買うグリセリンはVGが高めのものを買うことにしよう。

 

鼻水。昔のようにあおっぱなを垂らした子供がいなくなったのはなぜだろう。なんか、おかしいよね。

 

幼稚園

@古写真研究保存会

 

JUGEMテーマ:VAPE

人々よ孤独になれ

寒い。

 

「民族は、どの民族でも、善と悪について、独自の言葉を語っている。隣の民族には、それが理解できない。民族は自らの言葉を自らの風習と掟の中で作り出したのである。
 ところが国家は、善と悪についてあらゆる言葉を駆使して、嘘をつく。国家が何を語っても、それは嘘であり、国家が何を持っていようと、それは盗んできたものだ。
 国家における一切は贋物である。盗んできた歯で、それは噛む。その臓腑までが贋物である。
善悪に関する言葉の混乱。わたしはこの徴候を、国家の徴候としてあなた方に教える。まことのこの徴候は死への意志を示す。まことに、この徴候は死の説教者たちに目くばせして、彼らを招く。
 余りにも多数のものが生まれてくる。余計な人間たちのために国家は発明されたのだ。
 どんなに国家が、かれら、多数の者を誘い寄せているかを見るがいい。どんなに国家が彼らを呑み、噛み、反芻するかを見るがいい。」

 

フリードリヒ・ニーチェ

 

「ツァラトゥストラはかく語りき」を読んだのは中学生の頃。意味など殆どわからなかったが、魂だけがすっ飛んでくる本だった。

 

ニーチェで検索してみると、平成維新軍というのが出てくる。CRISISというテレビ番組で引用されたものらしい。

平成維新軍の宣言文は

 

「国家は、善と悪について
あらゆる言葉を使い、
ウソをつく。
国家がなにを語っても、
それはウソだ。
国家がなにを持っていようと、
それは盗んだものだ
もうウソにはうんざりだ。
それはつまり、
人民からなにも盗まない国家でもある。
そのために我々は直接行動に出る。
ウソをつき、私腹を肥やす
政治家や官僚に、
我々は闘いを挑む。
そして、この闘いは我々が
根絶やしにされるまで、
終わることはないだろう。」

 

これは正論であるかもしれない。

 

私達は教育という名で洗脳され、道徳という名で縛られ、法律というどうにでも解釈できるもので逮捕される。

毎日、テレビを見て、自転車に乗りながら、電車の中で、そして寒い夜道を歩きながら、スマホを見ているものには、この事実さえ見えない。

 

人々よ孤独になれ。

そして三島由紀夫の言葉を噛みしめるがいい。

 

「この世のもっとも純粋な喜びは他人の幸福を見ることだ」

 

孤独の深淵に触れて来たことのない者にはこの意味がわからないだろう。

 

もうすぐ冬が来るのか。

今日は寒い。

 

 

 

 

感情を流す方法としてのBDSM

BDSMと言われる行為がある。

 

以下Wikipedia

"BDSM(ビーディーエスエム)とは、人間の性的な嗜好の中で嗜虐的性向をひとまとめにして表現する言葉である。

近しい文脈で語られる別の略語として、D&S、DS、D/S…Domination & Submission(ドミネイション:支配 & サブミッション:服従)と呼ばれる言葉もある。そのためSMと区別してBDSMはBondage & Discipline(またはDomination) & Submission & Manipulation(マニピュレーション:操作)などと原義が割り振られることがあり、解釈は様々である。ボンデージは直訳すれば「捕われの身分」であり、その状態を指す。ディシプリンは「懲戒」を意味し、西洋では体罰による厳しいも意味する。サディズムは加虐性向、マゾヒズムは被虐性向であるので、状況としての嗜虐と行為としての嗜虐を含む広範な言葉と言える。しかし一般的な欧文略語と同じように語感が一人歩きし始めている。一つのカップルが人権を尊重しない行為に対し、性的興奮を覚えるために、それら行為によって発生するであろうリスクに同意をしている。"

 

これには異論がある。BDSMとは性的な嗜好ではない。

 

BDSMとは、洗脳され、自由な行動や本来の自分の感情が発露できなくなった人の心を開放する行為である。

もちろん、両者の合意と思いやりが必須のものとなる。

例えば、教育や道徳という名前で洗脳され、自己正当化によって息も絶え絶えになった女性を緊縛し、倫理観から大きくはずれた羞恥や身体的拘束を与えることによって、女性は感情を解き放ち、魂の直感力を回復する。その行為をBDSMと私は呼びたい。

 

いろいろな女性と出会ってきたが、拘束されるだけで涙を流す女性もいた。

拘束してくれと頼まれる。

体に染み込んだ常識と呼ばれるもので心が動けなくなっているので、その常識の牢獄を破壊しないと息もできないくらいに心が喘いでいるのだ。

 

白い尻を叩いてやると、思わず泣き声を漏らす。

「痛いならやめるよ」

と囁くと、

「もっと叩いてください」

と懇願される。

 

彼女は、自己の開放を体全体で感じている。

ここに性的行為は必要ない。

 

このとき、女性はclientであり、わたしはcounsellorとなっている。

もちろん当初から二人の間には信頼関係が存在するのは必要だが、カウンセリングが進むと、拙いわたしは女性と気持ちを同化させてしまい、彼女が固定観念から脱皮する事実に限りない安堵と喜びを感じ、その心を抱きしめずにはいられなくなってしまう・・・。なぜなら、わたしこそ、洗脳され、身動きできなくなっているclientだからだ。

 

わたしはこうした行為をBDSMと呼び、信頼に基づいた人間同士の癒やしの行為であると思っている。

 

BDSM

 

 

 

12345>|next>>
pagetop