ホノルルシステムというシステムベット方法がある。
配当が2倍の時に使う方法だ。

このシステムは勝てば1-3-5とベット数を増やしていく賭け方だ。
これはブラックジャックでもバカラでも使えると思うが、3連勝以外は全て「1」 の損失を受け入れてしまうベット方法だ。

1・1・1・1・1と5連敗しても、次に3連勝してしまえば
1・1・1・1・1・「1」・「3」・「5」となり、4ユニットの利益になる。
ただし、1回勝って2回目に負けた場合には、1回あたりの損失が1となり、
2連勝はするが3連勝しなかった場合には 1・1・1・1・1・「1」・「3」・5となり「1」・「3」・5の部分で1の損失となる。

この場合の1回当たりの損失は1/3ユニット。
これは徹底した損小利大のシステムだけれど、どこで流れをつかむかが難しい。

このベット方法の変形が1・3・4とベットしていく方法だ。
これは2連勝してしまえば3回目に失敗してもプラスマイナスゼロになる。

こうしたプログレッシブシステムは、自分の戦法が確立していないと、使いこなすのは難しくなる。そして自分の感性も高くなくてはならない。初心者の方に簡単にお勧めできる方法ではないかも知れないが、プロはこうした戦法をとるだろうなと思う。

プログレッシブシステムには他にもいろいろな形があるので検索してみるといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2  +  8  =