人の心はややこしや
0
    プロスペクト理論はトレードする心理の中で、一番やっかいな問題だと思う。利益を早く確定したい。損失を認めたくない。この心の背景には自分は正しいという意識も潜んでいる。ある閾値までは、利益より損失を大きく感じてしまう。ある閾値を超えると「やけくそ」になる。そして、全財産をベットする暴れ者に変身する。

    *プロスペクト理論WIKI

    このことは、べつに博打に限ったことではない。人間の行動の中で随所に現れる。

    日本の野球を見ていて感じることがある。0-0の投手戦が続いている試合も終盤の7回 表になってAのチームが待望の1点を挙げる。解説者が言う「これで試合が動き始めるかも知れませんね〜」。解説者は今までの経験の中で発言しているが実に的を得たものだ。案の定、7 回の裏にAチームのピッチャーが先頭打者にフォアボールを与えてしまう。これもプロスペクト理論だ。

    0-0が続いているときは、ただ自分のピッチングをすることに専念していたピッチャーが、自分のチームが1点を取ってくれた途端に心理を揺さぶられる。「この1点を守りたい」と。1点は小さな利益だ。この小さな利益は守りたい。ピッチングは今までよりも神経質なものになり、際どいところに投げようと思うあまりに出たフォアボールだ。人間はややこしい。
     
    もしも、味方が取ってくれた点が5点だったら、この心理は働かない。ピッチャーは思う。「5点も取ってくれたんだから1点くらい取られてもいいや」その結果、相手チームを完封してしまうことになる。
     
    こうした心理はカジノのベットにおいて、負ければ賭け金を大きくするマーチンゲールという行動を容易にし、勝てば賭け金を大きするプログレッシブシステムを困難にもする。損失は認めたくない。利益は早く確定したい。
     
    人の心はややこしい。わたしの心も、ややこしい。
     


    読んだら応援!!
    にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
    にほんブログ村

    JUGEMテーマ:ギャンブル
    Comment:
    Add a comment:









    ENTRY(latest 5)
    CATEGORY
    Forex Tester2
    ブックメーカーライブベット教科書
    ブラックジャック攻略法
    自作FXトレードツール


    PROFILE
    LINK
    MOBILE
    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.