過剰なインスリンが臓器に悪影響を与える

わたしが胃と十二指腸を切除したのは随分昔の話。

胃の幽門部を切除すると、食べたものが直接腸に入り、食後の血糖値スパイクを起こす。結果、食後2〜3時間で低血糖症状を起こすことがある。機能性低血糖である。そして、糖質を再び摂取することになる、そしてスパイク、この繰り返しである。

自律神経は激しく揺さぶられ、インスリンは疲弊し、HbA1cは上がる。すると、医師は血糖降下薬を処方する。血糖降下薬は膵臓を刺激しインスリンを出させる。糖尿病の合併症というものはこのインスリンの過剰分泌が問題なのだと思われる。

長年、血糖降下薬(DDP4阻害薬)を飲みつづけていたわたしは、2019年の夏に目の異常を感じた。眼科に行くと両眼共に眼底出血を起こしていた。そして初期の緑内障も指摘された。眼底出血は何度かのレーザー治療でよくなるものの、また別の場所が出血していたりする。

そんな時に新井圭輔先生の動画に出会った。先生は「糖尿病の合併症は血糖降下薬の薬害である」と言う。そして、血糖値の高値と合併症の発生に因果関係がないことを教えてくれた。わたしはこの説を信じた。そして、DDP4阻害薬を飲むのをやめた。食事における糖質も少なくした。

その後、眼底出血はなくなり、緑内障も治癒、視力も0.4位だったものが1.2と1.5に回復した。信号機の矢印が見えなかったのが、見えるようになった。白内障は全くない。新井先生の説は正しかったのだ。

血糖値の高い人が気をつけるべきは、血糖値ではなく、インスリン分泌量なのだと思う。

痛ましいブログを見つけた。
「落下星の部屋」という。このブログを書かれていた方は50代で亡くなったらしい。
あえてリンクは貼らない。

しかしながら、血糖値が高くて病院に行くと、血糖降下薬を処方され、あるいはインスリン注射をされる。そして、活性酸素が血管にダメージを与え、様々な合併症を生む。上記のブログ主の方は、片目を失明し、足を切断され、人工透析を受けることになった・・・。

わたしが不整脈で入院していた時、隣のベッドにいた高齢の男性は、抗がん剤治療をしていた。医師は、「抗がん剤の影響で血糖値が上がっているので、インスリンを射ちましょう」と言う。しかし、食事は普通食であり、カロリーの半分以上は米である。どんぶりにご飯が入ってくる。この男性はそれを全部食べ、インスリンを射っている。栄養師は糖質など考えていない。あくまでカロリーなのだ。

わたしには分からない。

わたしは入院すると、おかずを半分食べ、ご飯はほんの一口しか食べない。そして、お膳を下げさせずに、2時間後に、残ったおかずを食べ、少しだけご飯を口に入れて、お膳を下げてもらう。急激な血糖値スパイクをなるだけ避けるためである。栄養士は2時間以上経過したものを患者に食べさせない。また、栄養士はカロリーでものを考えているので、患者が食事を半分以上食べないと、医師がブドウ糖点滴をすることになっている。

これが西洋医学なのだ。
西洋医学とは、戦場の医療である。とりあえず兵士が闘えるようになればいいのだ。

わたしは、糖尿病で長期入院している間に両腕両脚を切断された女性を知っている。お見舞いに行くたびに足が切断されたり、腕が無くなっていたり・・。それでも、医師は同じ治療を続けたのだろう。彼女は程なくして亡くなった。

これは医療ではない。

医師とは、強固に洗脳された者の集まりである。検査技師に検査をさせ、データを見て、病気を判断する。バイタルは看護婦に測らせ、患者の脈など取ろうともしない。患者を一人の人格を持った人間としては見ない。彼らの目標は検査の数値を正常とされる範囲内に収めることである。

たまに、医学の常識に疑問を抱く先生もいるが、大きな病院はそんな医師を煙たがる。

新井先生の説が全て正しいとは、現時点では言いきれないと思うが、西洋医学を鵜呑みにしては大変なことになると思われるのだ。

自発光している月の手前に、自発光していない月が重なりあって、下弦の月に見えている。

これはTwitterで見かけた月の写真である。
投稿した方には使用許可をいただいた。


これは地球照というらしい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E7%85%A7

しかし、
わたしは、これこそ、月が二つあるという証拠写真だと思う。

自発光している月の手前に、自発光していない月が重なりあって、下弦の月に見えている。

真円が二つ重なり合っている。
正確には、手前の月は後ろの月の発光を受けて、真円にはなっていないが。

この事実を受けて、全ての月の形を説明出来れば良いのだが、二つの月はその距離を変えながら運行しているので、わたしには完璧な説明が出来ないのが残念である。

まぁ、座興程度に考えてもらってもいい。

でも、わたしは、月は二つあると信じている。

月はふたつあると勝手に信じている

嘆にして支離滅裂になり忘却してしまう日記

この世はわたしが作り出している。
わたしに内在するものが、色々な姿と現象として、わたしの五感を震わせる。

交通事故に遭ったとする。
それは、わたしが自分を否定する心の証であるかも知れないし、
わたしの中に他人を攻撃する心が存在することの証かもしれない。

いずれにせよ、原因はわたしの中にある。
原因というより、物事が起きる要因といった方がいいのかな。

わたしが飛行機というものを全く知らなかったとすると、
仮に上空を飛行機が飛んでも、わたしには飛行機が見えないだろう。

誰かを憎んでいれば、それは色々な形でわたしの世界をつくり出す。
誰かに刺されるかも知れないし、健康に害を為すかも知れない。

事は簡単ではない。
私の持つ知識や感情や経験などが複雑に絡み合って、私の世界がつくられている。
しかし、その世界に私は納得していない。


目に留まるツイートがあったので、了解を得て転載する。

「自己愛がなければ隣人愛を育めない。
自己愛が強すぎると反発して自分を嫌いな人をとことん叩く。
自己愛があまりにもないと自分を愛してくれる人を突き放してしまう。 」
<NewType架純>

これは目から鱗だった。
鱗の詳細はカタラナイ。


わたしは自分を愛してなどいない。
そもそも愛とは何であるかも分からない。
分からなくていいと思うし、愛などという言葉が無くなっても困らない。
しかし、弱者が困っているのは見過ごせない。

愛情をタテにして行動するのも嫌いだ。
それを見るのも嫌だ。
ガキの言う「愛してる」は「やらせてくれ」と同義語だ。

こう言うと、カウンセラーは
「あなたは十分な愛情の元で幼少期を過ごしていない」
と言うだろう。

私は答える。
「それがどうした?」




支離滅裂になってきた。

わたしは、忘却する方法を知りたい。
忘却力が欲しい。
忘却は何物にも勝る力であると感じる。




悟浄歎異に曰く、

変化へんげの術が人間にできずして狐狸こりにできるのは、つまり、人間には関心すべき種々の事柄があまりに多いがゆえに精神統一が至難であるに反し、野獣は心を労すべき多くの瑣事さじたず、したがってこの統一が容易だからである、云々うんぬん

また、

我々にはなんの奇異もなく見える事柄も、悟空の眼から見ると、ことごとくすばらしい冒険の端緒だったり、彼の壮烈な活動をうながす機縁だったりする。もともと意味をったそとの世界が彼の注意をくというよりは、むしろ、彼のほうで外の世界に一つ一つ意味を与えていくように思われる。彼の内なる火が、外の世界にむなしく冷えたまま眠っている火薬に、いちいち点火していくのである。探偵の眼をもってそれらを探し出すのではなく、詩人の心をもって(恐ろしく荒っぽい詩人だが)彼に触れるすべてをあたため、(ときにがすおそれもないではない。)そこから種々な思いがけない芽を出させ、実を結ばせるのだ。だから、かれ悟空ごくうの眼にとって平凡陳腐ちんぷなものは何一つない。毎日早朝に起きると決まって彼は日の出を拝み、そして、はじめてそれを見る者のような驚嘆をもってその美に感じ入っている。心の底から、溜息ためいきをついて、讃嘆さんたんするのである。これがほとんど毎朝のことだ。松の種子から松の芽の出かかっているのを見て、なんたる不思議さよと眼をみはるのも、この男である。

さらに、

悟空ごくうの今一つの特色は、けっして過去を語らぬことである。というより、彼は、過去すぎさったことは一切忘れてしまうらしい。少なくとも個々の出来事は忘れてしまうのだ。その代わり、一つ一つの経験の与えた教訓はその都度つど、彼の血液の中に吸収され、ただちに彼の精神および肉体の一部と化してしまう。いまさら、個々の出来事を一つ一つ記憶している必要はなくなるのである。彼が戦略上の同じ誤りをけっして二度と繰返さないのを見ても、これはわかる。しかも彼はその教訓を、いつ、どんな苦い経験によって得たのかは、すっかり忘れ果てている。無意識のうちに体験を完全に吸収する不思議な力をこのさるっているのだ。



これが忘却力だと感じる。
若かりし頃、私はこの力を持っていた。
これは私の得意技だった。
わたしは確かに忘却力を持っていた。

しかし、今、それを取り戻す術を日々考えている有り様なのだ。
ひとつだけ、気付いたことがある。
それは、過去に一切責任を持たないということだ。


*** 悟浄歎異は青空文庫から抜粋させていただきました。

日々のTweetで気になったものをいくつか並べてみました

最近Tweetを見ることが多くなって、どうも自分の書きたいことがまとまらない。
コロナウイルスはない
JFKのこと
明治からのこと
ケルブランのこと
云々

最近、目に留まったTweetを並べてみた。

最後にカウフマン博士のビデオ。

ワクチン射つと危ないです。

与党と野党はグルなのではないか

今や不正選挙は簡単になった。米国大統領選での郵便投票とドミニオンシステム。それが、日本では期日前投票とムサシシステム。

2016年4月24日執行 衆議院北海道第5区選出議員補欠選挙。

出口調査の報道は
≪池田まき候補 出口調査、開票でリード!≫ 
BS TBS 北海道5区補選出口調査 池田まき候補51% 和田義明49%

さらに、地元の北海道新聞は池田まきさんの事務所前で待機していたという報道があった。出口調査の結果から判断したのだろう。しかし池田まきさんがリードしていた局面でNHKは和田氏に当確を打った。そしてその通りになった。なぜ、異議申し立てをしないのか、私の不思議はそこにある。



この開票の推移は、
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12154666215.html

に詳しく書かれている。
ぜひ読んでいただきたい。
開票結果を、転載させていただく。


千歳市の22:00時点で未集計票は、14530票(当日分の1353票+期日前13177票)。
すると、未集計票の内訳は池田939票、和田13591票となる。

まず不正選挙だろう。
バーコードの貼り替えなのか、バックドアからの遠隔操作なのかは、断定出来ないが。

わたしが奇異に思ったのは、この選挙後に、池田氏は共産党と民進党の事務所を訪れて挨拶をしている。その場で、選挙に対する異議申し立ての話はなかったようだ。ここがおかしい。あからさまにおかしい開票の推移に対して、共産党も民進党も異議を唱えようとしなかったのだ。

その答えがここにあるのではないか。

2017年の衆院選である。


この時、立憲民主党は池田氏を比例名簿の2番目に置いている。



ここからはわたしの推測でしかないが、池田氏が惜敗した選挙の後、民進党は次回選挙での池田氏の当選を保証したのではないか?

何のために?

2016年4月24日の 衆議院北海道第5区選出議員補欠選挙に対する異議申し立てを池田氏にさせないために。

わたしは、全ての政党が不正選挙が行われていることを知っていると思う。その上で、各党が相談して票を分配している。国会での与野党の討論も茶番だが、それ以前に、選挙が茶番なのではないか?

そうなると、全ての政党はグルであり、日本人から労働の果実を搾取するために存在している可能性が高い。

このことは、明治維新からの長い歴史の中で作り上げられてきた。そして、今や不正選挙は簡単になった。米国大統領選での郵便投票とドミニオンシステム。それが、日本では期日前投票とムサシシステム。

https://www.ishigakisou.com/2019/09/blog-post_15.html
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=292375

調べていただきたい。
自分で考えていただきたい。