モンテカルロ法と死目
0
    モンテカルロ法を使うとなれば、ルーレットだろうか。
    1st12(1〜12)、2nd12(13〜24)、3rd12(25〜36)を選択する「ダズンベット」か
    2to1と書かれている列を選ぶ「コラムベット」になる。

    それぞれ12/37=32.43%の確率があるので、モンテカルロ法で勝てるわけだ。
    モンテカルロ法は最初に1・2・3と書き、左端と右端を足した数字をベットする。
    負ければベットした金額を右端に書き足し、勝てば、左端から2つ、右端から2つ合計4つの数字を消していくものだ。
    だから、数列は、負ければ1つ増え、勝てば4つ消える。20パーセントの確率であれば数列の個数は変化しない。20%を越えるものであれば、数列の個数は減少していくわけだ。32.43パーセントの確率があれば、負けるはずがない。

    しかし、これも、マーチンゲール法ほどではないにしても、勝負が長引くと掛け金が増えてくる。



    しかし、上の写真のように、博打では往々にして死に目が出来る。もし、1st12でベットしていたら12連敗だ。12連敗は精神的にきつい。4ドルベットから始めて、57ドルの損失か・・40ドルから570ドルか・・少しきつい。死目を避けるには前回と同じダズンに張り続けることだ。上の写真で言えば5勝7敗。ツラ張りのようなものか。わたしはツラ張りで9連敗までの経験があるが、この方法を変えようとは思わない。3回同じダズンに入ったら、4回目は高い確率で別のダズンに入るなどという夢は見ない。

    いずれにせよ、自分の方法を見つけたら貫くことだ。それでも負けることはある。負けを認めてカジノを出る勇気を持つことが最も大事だと思う。

    読んだら応援!!
     にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
    にほんブログ村

    JUGEMテーマ:ギャンブル
    Comment:
    Add a comment:









    ENTRY(latest 5)
    CATEGORY
    Forex Tester2
    ブックメーカーライブベット教科書
    ブラックジャック攻略法
    自作FXトレードツール


    PROFILE
    LINK
    MOBILE
    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.