SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
Forex Tester2
forextester_1
FXは反復練習に限る
自作FXトレードツール

ブックメーカーライブベット教科書
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Bottom 

裏か表か。いつもfifty-fifty。カジノの深淵を覘き見る。博打に生き様を考える。バカラ、ルーレット、麻雀、そしてFX。博打と共に一生続くか弧悲の想い。独りが好きだが、独りを哀しんでばかりいる。

-当ブログのコンテンツやバナー及び画像の無断使用を禁じます-
<< 完璧主義は苦悩を呼ぶ | main | 博打の負け方2 >>
博打の負け方
0

    博打はどうやって勝てばいいのか。

    1.ツキに乗って、張りを積み重ねて、決めた回数の連勝を達成したらチップを引く。

    2.ツキに乗って、チップを動かさず連勝できるところまで連勝を続け、外れたら引く。

    3.決めたルールに従って張りを繰り返し、損失は張りの増額で取り返す。

     

    「ツキに乗って」というと、最近の小僧はツキなどないという。なら博打などやめろといってやる。

    ツキとは確率の偏りのことである。

    あるに決まっている。

     

    1.はプログレッシブシステムのことかと思う。

    2.はフラットベット。

    3.はキャンセリングシステム。

     

    いずれもマネーマネジメントだ。ということは博打はマネーマネジメントで勝たねばならないということになる。

    博打は張りで勝て。これは江戸時代から言われている言葉だ。

     

    私はキャンセリングシステムは最強だと思っている。しかし、カジノでは「負ける」と思っている。少なくとも、ベットし続ければ負ける。引き際を間違えなければ勝つ可能性はある。つまりカジノのベット上限がキャンセリングシステムの足かせになっているということだ。しかし、博打では駒を引くのが難しい。トレードで小さな損切りを守り続けるのが難しいのに似ている。

     

    続きはまた今度。

     

    チップ

     

    JUGEMテーマ:ギャンブル

    | 博打 | 16:14 | comments(0) | - | - |