土を食べる人間達の本能

土を食べる文化は世界中にある。土にはミネラルが豊富に含まれていることを人間は知っているのだろう。

だが、それだけだろうか。

【衝撃】土を食べる人々


「生命と微量元素」講座 というサイトから抜粋させていただく。

https://www.arakawa-yasuaki.com/course/

現在、地球上で確認されている元素の総数は118種類にのぼるが、哺乳動物を含め、ヒトの体はすべて元素から成り立っている。この中で、アミノ酸、たんぱく質、核酸、脂肪、糖などに利用されている酸素(O)、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)、カルシウム(Ca)、リン(P)の6種類の元素は体内濃度が高く、多量元素と呼ばれる。6種類の元素を合計すると、人体中の体内存在量は98.5%を占める。

 次に、多い元素は硫黄(S)、カリウム(K)、ナトリウム(Na)、塩素(Cl)、マグネシウム(Mg)で、体内存在量は0.05~0.25%)を占め、少量元素と呼ばれる。


 多量元素と少量元素を合わせた11元素を常量元素と呼び、これらを合計すると人体中の体内存在量は99.3%を占めることになる。


 しかし、これら11元素だけでは生命ならびに健康を維持することは出来ない。残りの0.7%には微量ではあるが、生命機能を維持する上で、極めて重要な元素である微量元素と超微量元素が含まれる。鉄(Fe)、フッ素(F)、ケイ素(Si)、亜鉛(Zn)、ストロンチウム(Sr)、ルビジウム(Rb)、臭素(Br)、鉛(Pb)、マンガン(Mn)、銅(Cu)の10元素はppmオーダーで存在しており、微量元素と呼ばれる。さらに、ppbオーダーしか存在しない超微量元素にはアルミニウム(Al)、カドミウム(Cd)、スズ(Sn)、バリウム(Ba)、水銀(Hg)、セレン(Se)、ヨウ素(I)、モリブデン(Mo)、ニッケル(Ni)、ホウ素(B)、クロム(Cr)、ヒ素(As)、コバルト(Co)、バナジウム(V)の14種類がある。

(中略)

健康な生体では多種類の元素が様々な濃度で存在し、一定の元素バランスを保ち、正常な生命機能の維持に重要な役割を担っている。すなわち、種々の微量元素は生体内でバランス良く維持され、細胞の内側と外側の元素イオンの濃度を極めて厳密に生理的最適濃度範囲 optimum concentration range に維持・調節されている。これを微量元素のホメオスタシスhomeostasis(恒常性)という。
https://www.arakawa-yasuaki.com/course/



以前引用させていただいた
ケルヴランの元素転換
を再掲する。

2008/2/2 <原子転換アルカリ・ループ、ケルヴランと千島喜久男博士>
図より、
K + H =Ca  でありまた Ca – H=K
である。カリウムとカルシウムは水素を介して自由自在に転換できるのである!

また
Na + H=Mg や Mg – H=Na
Na + O=K  や K – O=Na
Mg + O=Ca や Ca – O=Mg
となることもわかる。


これらは過去の膨大な実験結果に基づいてケルヴランにより導き出されたものである。上図はアルカリ・ループと呼ばれるものだが、他にもジオ・ループ、バイオ・ループ、メタル・ループと呼ばれる規則図もケルブランは見出していて本に記載されている。今回はアルカリ・ループのみ紹介したが、これだけでも重大な意味をもつことがわかる。他のループも今後紹介していくつもりである。

ケルヴランは、上記本p.58で次のように述べている。「・・アルカリ・ループは酸素と水素を媒介として四つのアルカリ元素が相互に転換するもので、生物界および地質学の領域にも広範に観察されるものである。動植物の代謝作用にも深い関連性を持っている。」


(元素転換に関しては、NaClだけ十分に摂取していれば、色々な元素が体内で発生するという意見を聞いたことがあるが、詳細は不明だ。)


さて、土に含まれるミネラルは、雨に溶かされ、川を下り、海へと流れ込む。では、海水もミネラルの宝庫ということになる。ミネラルを補給したければ、天日塩を食べていればいい。種々の微量元素も摂取できる。

と、なるのだが、土とは一つ違うところがある。

土には微生物が存在しているということだ。


これらの、元素転換を可能にしているのは、やはり、腸内の微生物ではないだろうか。

そう、土の中には微生物がたくさん生きている。
土を食べるということは、ミネラルと同時に微生物を食べているのだろう。


減塩に反対するのは賛成である。天日塩を十分に摂取すれば、ミネラルも補給できるし、細胞内のゴミを浸透圧によって血管中に取り込み、体外へ排出することも可能だと考える。

ただ、ケルブランの元素転換を可能にするのが腸内微生物だとしたら、天日塩をそのまま食べても、その効果はどれほどのものになるのだろうか。疑問が生じる。

実際にわたしは天日塩を5g/日くらい毎日指でつまんで食べていたことがある。1週間位すると、いきなり吐いた。

これは人間の身体が塩分の摂りすぎはできないようになっている証でもあるが、その時のわたしの身体が十分な元素転換ができていなかった証拠でもあるのではないか。


だからと言って、土を食べる勇気はない。

思い当たったのが、日本の食文化だ。
微生物とミネラル(もちろんNaCl含む)が同時に摂取できるものがある。

味噌と醤油だ。

天日塩を使った味噌と醤油を十分に摂取していれば、元素転換は可能なのではないかと推察する。

大事なのは塩分とミネラルと微生物の摂取だ。


< 醤油の作り方 >

③発酵・熟成

麹と塩水を混ぜたものが諸味(もろみ)です。最も長く時間を要するのがこの工程で、乳酸菌や酵母菌が大豆や小麦を醸します。

諸味の見た目は水分の多い味噌のような状態。人工的に温度調節できる環境で6ヵ月程度、四季の温度変化にゆだねる場合で1~2年熟成させます。職人は撹拌(かくはん)という作業で微生物の働きをサポートします。

麹菌がつくり出した酵素の力によって大豆のたんぱく質がアミノ酸に、小麦のでんぷんがぶどう糖に変化し、醤油のうま味や香りの成分になっていきます。
(職人醤油)

https://www.s-shoyu.com/knowledge/0501




日本の食文化で、もうひとつ思いついたのは鉄だ。ぬか漬けには鉄釘を入れることが多い。微生物は鉄を好む。腸内細菌は鉄が大好物なようだ。鉄が微生物を活性化し、美味しいぬか漬けができるのではないか。その可能性は捨てきれない。


小腸内に存在する4種の腸内細菌について、鉄の還元能力を調べた結果、大腸菌、酪酸菌、乳酸菌、ビフィズス菌のいずれにおいても、腸内のような酸素のない条件で3価の鉄を還元し2価の鉄とし、微生物の増殖が促進されることが判明しました。
https://www.teu.ac.jp/press/2013.html?id=272


こうして書いていると、腸内細菌の人体に対する重要性が、肌を伝わってくる思いだ。

庭の小さな畑を眺め、自分の腹をじっと見る。


(特注)
以上は私の考えていることであり、何のエビデンスもないものである。記事の内容を安易に信じ、実行しないでいただきたい。塩はその排出に腎臓に負担をかける可能性がある。また、鉄に関しては、余剰鉄は肝臓でフェリチンという形で貯蔵される。酸化の危険もあり、肝臓に負担をかける危険性もあるかもしれない。よって、わたしも実験していない。全ては読んでいる方の責任で考えていただきたい。


5G考察-現場検証と状況証拠

東京都の地図。ニュースで、コロナウイルスのクラスターが発生したと言われる病院や施設にピンを打ってみた。

この図から、ポイント地点だけを残してmapは消去。

東京タワーとスカイツリーを起点に線を引いてみる。

浅草駅は東京スカイツリーからの5Gの実験を最初に受信した場所。



 

東京スカイツリーから浅草への28GHz帯を用いた5G長距離伝送実験に成功

「実験により、電波の減衰が大きく、遠くに飛ばすことが困難だと考えられてきた高周波数帯の電波を、都市部だけではなく地方、郊外、山間部など、より多様な環境で利用することができる技術を実証することができました。」
 
 

60GHz帯通信とLTEを協調動作させる通信方式の開発~5G時代の新しい通信プロトコル~

今回、前述の新しい通信プロトコルを設計し、Linux® OSならびにAndroidTM OS上に実装いたしました。また、CMOS LSIを用いた60GHz帯ミリ波無線プロトタイプを使用して、LTEと60GHz帯を協調させて動画のダウンロード再生ができることを確認いたしました。」
 
 
 

周波数帯と電波伝搬特性

「電波が大気中を伝搬するとき、霧、ガスによって吸収減衰を受ける。電波の周波数が気体分子の持つ双極子の固有周波数に一致すると、分子の共鳴により電波エネルギーが吸収され減衰が起こる。マイクロ波帯での減衰特性を図6に示す。水蒸気分子では22GHzおよび180GHzに、また酸素分子では60GHzおよび120GHzにおいてそれぞれ強い吸収が起こる。

「周波数帯と電波伝搬特性」より引用

 
 
今や5Gは周波数帯(帯域幅)や出力などを可変でき、その到達距離はさらに延びているものと推測する。非常に危険であり、人体に与える悪影響は否定できないだろう。
 

怖がるよりも、新たな電磁波から身を守ろう

全く、コロナ騒ぎには飽き飽きした。
私の考えをまとめてみる。
(私の偏見であると思われても構わない)

1.コロナウィルスと世界中で報道されているものは、エクソソームである。

2.環境の変化で、エクソソームは発生する。有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応など。

3.新たな電磁波の影響は、身体を陽電子化する。陽電子は人に移る。陽電子化した細胞はエクソソームを産出し、全臓器にその情報を伝達する。その数100兆個。

4.新たな電磁波というのは5Gである。日本においても、5G開始都市とPCR検査陽性者数には相関関係が認められる。(エクソソームはPCR検査に反応する)

「What I think COVID-19 Really is」COVID-19は実際にはエクソソームです。

人口10万人あたりあたり感染者数の上位10位までのうちで、5Gを導入していない県はない。北陸3県については、3/25時点で、石川県が5カ所、富山県が2カ所、福井県が1カ所。(Docomoのみの数字)ということだ。これは感染者数と同じ並びになっている。

あとは私の過去記事を見て欲しい。

私たちはコロナウイルスで病気になっているのではない。5Gという新たな電磁波の影響で、身体に異常を起こしている。異常を起こした身体にはエクソソームが発生して、臓器にその情報を伝達する。PCR検査はそのエクソソームを検査しているようなものだ。

さあ、新たな電磁波に対する予防策は。

1.ビタミンD
2.アーシング

紫外線という電磁波を浴びると体内にビタミンDが産出される。これは、紫外線から細胞を守るために、人間に備わる機能だ。ならば、ビタミンDを積極的に身体に取り入れればいい。「ステイホーム」ではビタミンDはできない。外に出て日光を浴びることだ。できなければサプリかな?ビタミンDの有効性についてはエビデンスがある。



アーシングについては、体内に溜まった陽電子を逃がしてやることだ。公園で裸足になってのんびり歩けばいい。アーシンググッズを買ってもいい。私は手洗いというのはアーシングではないかと思っている。

陽電子はマスクでは防げない。陽電子化している人との接触で感染する。もちろん5Gを浴びることが一番危険ではあるのだが。


ただし、これらのことは、あくまでも私の考え方である。皆さんにお勧めできるものではないのかもしれない。しかし、テレビの報道に扇動されて、いたずらにコロナウイルスとよばれているものを怖がっていると、身体によくないことは確かだろう。

ナウシカの時代が来た・・。

COVID-19世界中のテレビは嘘をついている

前回の結論を考えてみる。「What I think COVID-19 Really is」

・有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、
 その他の病気などは、エクソソームの産生を引き起こす。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエクソソームです。

これは、「有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、その他の病気などは、エクソソームを体内に生み出し、なおかつ、エクソソームはPCRテストに反応する。であるから、covid-19の正体はエクソソームである」

ということ。

アンドリューカウフマン博士は
5gのような様々な特にマイクロ波放射もこれを引き起こします。
と言及している。

では5Gのサービス提供場所と感染者数を比較してみる。

<<5Gのサービス提供場所>>

https://www.speedtest.net/ookla-5g-map

<<感染者数>>

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-japan-chart/

人口10万人あたりあたり感染者数の上位10位までのうちで、5Gを導入していない県はない。北陸3県については、3/25時点で、石川県が5カ所、富山県が2カ所、福井県が1カ所。(Docomoのみの数字)ということだ。これは感染者数と同じ並びになっている。

ただ、ここで注意しなければならないのは、感染者数という言葉である。感染者数とは「PCR検査で陽性と判断された人の数」であるから、PCR検査がエクソソームにも陽性を示すのなら、癌他の疾病を抱えている方や、ストレスに苛まれている方、そして電離放射線の影響を受けている方の数も入っているということである。

 

二つに分けて考える必要が出てきた。


1.SARS-CoV2が存在する場合
 ・SARS-CoV2は弱毒性である。
 ・SARS-CoV2は人為的に撒かれている。
 ・SARS-CoV2を撒く理由は、5Gによる健康被害の原因をSARS-CoV2による
  健康被害だとカモフラージュするため。

 障害者施設等での集団感染は人為的に撒かれたとしか考えられない。
 羽田空港への着陸ルートが都心上空を通るように変更された。
 数年前からケムトレイルが日本各地で観測されている。

2.SARS-CoV2が存在しない場合
 ・WHOがSARS-CoV2だと言っているのは、エクソソームである。
 ・エクソソームは5G等の電磁波によって生み出される。
 ・エクソソームは疾病やストレスなどでも生み出される。
 ・エクソソームはPCR検査で陽性を示す。

 エクソソームとSARS-CoV2は酷似している。
 5Gが普及している都市ほど感染者数が多い。

  

考えてみれば、いずれにしても、コロナウィルスというものを過剰に不安がることはないということだ。

インフルエンザでは毎年1万人以上が死亡している。
癌に至っては、2018年にがんで死亡した人は373,584人(男性218,625人、女性154,959人)。https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

そういうことを知った上で、テレビジョンはコロナ不安を煽る報道ばかり流す。そして、死亡した人からPCR検査で陽性が出れば、すべて、COVID-19による死亡として不安を煽り続ける。


陰謀論と事実 : ある医師の衝撃的なお話


メディアは、5Gによる被害は報道をしない。
真に警戒しなければいけないのは電磁波による被害である。

ノースカロライナ州シャーロットにあるNASCARの殿堂ビルの壁に数百の混乱した鳥、チムニースウィフトが衝突しました。

ノースカロライナ州シャーロットにあるNASCARの殿堂ビルの壁に数百の混乱した鳥、チムニースウィフトが衝突しました。




「5G」〜人類への最終兵器〜

日本人削減計画は進んでいる。しかし、やつらが思った通りの結果は出ていない。それはやはり、3.11の放射能被爆で日本人は新たな免疫を身に付けているからではないのか。私たちが近年不安を感じたことは、3.11であり、熊本地震であり、コロナウイルス騒ぎである。この先には緊急事態条項を憲法に記する意図が隠されている。

「3・11・666」
やつらは隠す気もない。
私たちがすでに洗脳の底に沈んでいると思っているから。

今回のコロナウイルス騒ぎは、世界中の報道機関が嘘をついている。私はそう思っている。

テレビを消しましょう。そして5G携帯は決して買わないようにしませんか。



WHOテドロスの正体:エチオピアの悪魔

「What I think COVID-19 Really is」COVID-19は実際にはエクソソームです。

「What I think COVID-19 Really is」という動画がある。

Dr. Andrew Kaufman’s research shows COVID-19 is an exosome which exists normally in our lung cell fluid.
“アンドリューカウフマン博士の研究によると、COVID-19は肺細胞液に通常存在するエキソソームです。”

少し分かりやすく説明していきたい。

エクソソームというものは、有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気など様々な要因によって自然に体内に生み出され、情報を全身に伝える役割をしています。

アンドリューカウフマン博士は、エクソソームとCOVID-19を比較されています。

ExosomesとCOVID-19の比較。まったく同じことです。
ExosomesとCOVID-19の比較。電子顕微鏡下でのウイルスとエクソソームの比較写真。
ExosomesとCOVID-19の比較。サイズ、レセプター、RNA、発見される場所・・。
どちらにも遺伝物質が含まれていて、どちらもRNAの形。
何がエクソソームを生み出すのか。
有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気。
5gのような様々な特にマイクロ波放射もこれを引き起こします。

電離放射線
読み方:でんりほうしゃせん
英語表記:ionizing radiation

電離作用をもつ全ての放射線のこと。
物質との作用で、直接あるいは間接に物質をイオン化(電離作用)する能力のことを電離という。この電離能力を有する放射線の総称。
電子、陽子、α粒子などの荷電粒子は、直接(一次)電離放射線(directly ionizing radiation)といい、γ線(電磁波)、X線、中性子の非荷電粒子は、間接(二次)電離放射線(indirectly ionizing radiation) という。
ただし、紫外線は電離作用を持つが、空気中を伝わる力が弱いので、普通電離放射線といわない。 weblio辞書より

結論。
・呼吸器疾患は、エクソソームの産生を引き起こす、損傷、毒性またはその他の原因に起因する。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエ
ソソームです。

以上は「What I think COVID-19 Really is」https://www.youtube.com/watch?v=roDGPZMev7s&t=1201s
という動画から引用したものです。

博士の結論を私なりに変換します。

結論。
・有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、その他の病気などは、エクソソームの産生を引き起こす。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエクソソームです。

エクソソームについてNHKが放送したグラフィックがある。

エクソソーム 
https://www.youtube.com/watch?time_continue=207&v=8df84HHpYUY&feature=emb_logo

似てませんか?
SARS-Cov2に。COVID-19に。

エクソソームは1/10000mmの物質でマイクロRNAを含んでいる。このマイクロRNAが体内の情報伝達物質の役割を担っている。そしてエクソソームは脂質二十膜という脂の膜で包まれていて、細胞はSOSとしてエクソソームを放出する。そして体内の細胞に情報を伝達している、いわば生命維持の要。その数100兆個。臓器同士はエクソソームを用いて、膨大な情報のやり取りを繰り返している。

アンドリューカウフマン博士は、SARS-CoV2はエクソソームだと言っているのです。

さて、youtubeではトーマス・コーエン博士の日本語訳の動画は削除された。

島学説とスペイン風邪と5Gをもう一度読んでもらいたい。

しかし、

「Dr Thomas cowan m.d. speaking about covid-19 and 5G listen carefully !」トーマス・コーエン博士の英語の動画は存在する。

(追記) また動画は消されています。