クエン酸は乳酸を制御する

クエン酸は体内のミトコンドリアで合成される代謝産物である。

そのクエン酸を飲むとどうなるか?


1.クエン酸は酸性であるので、抗菌作用がある。ただ、十二指腸で膵液と混じりクエン酸ソーダになった分はアルカリ性になる、という説もある。


2.クエン酸は乳酸の産出を制御し、乳酸をピルビン酸に変える。ピルビン酸はミトコンドリアに運ばれてアセチルCoAとなりエネルギーを産出する。


3.クエン酸は体内のミネラルと結合し、ミネラルの吸収を助ける。

4.クエン酸ナトリウムやクエン酸カリウムはクエン酸回路で重炭酸塩となる。
重炭酸塩は陰イオン(HCO3-)であり、ナトリウムと結合して、重炭酸ナトリウム(ÑaHCO3)となり、血液のPHレベルを正常に保つ。重炭酸ナトリウムの点滴はアシドーシスを補正し、さらにめまいを抑制することが経験則として知られている。

わたしは医院に行くたびに、この注射を射ってもらう。


5.酢に含まれている酢酸は体内でクエン酸へと変換される。
昭和の時代は「酢を飲むと身体が柔らかくなる」と言った。筋肉の凝りや張りが、乳酸によるものだとしたら、酢が変換されたクエン酸が、乳酸をピルビン酸に変え、クエン酸回路でエネルギーに変換しているとしてもおかしくはないように感じる。



https://tekibo.net/biology-10/  
大学入試生物「クエン酸回路」炭素の数の変化や脱炭酸・脱水素の場所を覚える!




昔の食生活を見直すべきだと思う。
クエン酸を摂るなら梅干し、酢の物などか。微生物が作ったものは非常に身体に有用だと思う。積極的に摂取して損はないが、塩分との兼ね合いもあるだろうから、個人個人にあった適量を見つけてもらいたい。

私自身もまだ試行錯誤中である。

著名な生化学教授が警告– 5Gは「世界の歴史における最も愚かなアイデア」

米国最古の月刊誌であるSCIENTIFIC AMERICANが5Gに重大な警告を発行。

***少し古い記事ですが、全文を転載させていただく。

最近発行された「5Gが安全であると信じる理由はない」という記事で、Scientific American(SciAm)誌は、5Gテクノロジーの既知の潜在的な危険性について厳しい警告を発行しました。

特に重要なのは、SciAmが1845年に発明者で出版社のRufus M. Porterによって創刊され、1921年から毎月発行されている米国で最も古い継続的に発行されている月刊誌であるという事実です。科学的基準であり、今日のファクトチェッカーは非常に信頼性が高く、頑固なプロサイエンスとして賞賛しています。

カリフォルニア大学バークレー校の公衆衛生研究者、ジョエル・M・モスコウィッツ氏はこの記事で、5Gは以前のw-fiやセルラー技術とともに、政府や通信業界が一般大衆に信じてほしいよりもはるかに有害であると主張している。

読む5Gは「人道に対する戦争」であることを国連職員が警告

彼の主な懸念は、プレスリリースで行われた最近のFCCの発表に集中しています。FCCは、1990年代に委員会によって以前に採用された無線周波数放射(RFR)の曝露制限を再確認するところです…5Gの導入のかなり前、 4G、3G、2G、さらにはWiFi。

要するに、FCCが維持したいと考えている安全基準は非常に古いものであり、害を示す科学的証拠の増大を反映していません。

Moskowitzは、’90年代のばく露制限はRFRへのばく露の強さの潜在的影響に関する唯一の懸念に対処するだけであると指摘しています。私たちが利用できるようになった研究により、健康への懸念は、とりわけ、癌の誠実なリスクを含めて、はるかに広くなります。

「最新のセルラーテクノロジーである5Gは、2Gから4Gまでの古いセルラーテクノロジーで使用されていたマイクロ波に加えて、初めてミリ波を採用します。到達距離が限られている場合、5Gでは100〜200メートルごとにセルアンテナが必要になり、多くの人々がミリ波放射にさらされます。5Gはまた、露出の測定に独特の課題をもたらす新しい技術(たとえば、ビーム形成が可能なアクティブアンテナ、フェーズドアレイ、大規模なMIMOとして知られる大規模な複数の入出力)を採用しています。

ミリ波は主に、人間の皮膚から数ミリメートル以内、および角膜の表層で吸収されます。短期暴露は、末梢神経系、免疫系、心血管系に有害な生理学的影響を与える可能性があります。研究は、長期暴露が皮膚(例、黒色腫)、目(例、眼黒色腫)および精巣(例、不妊)に健康上のリスクをもたらす可能性があることを示唆しています。

FCCのRFR露出制限は、搬送波の周波数を考慮して露出の強度を調整しますが、RFRの信号特性を無視します。曝露のパターン化と期間に加えて、信号の特定の特性(パルス、分極など) は、曝露の 生物学的影響と健康への影響増大させます。これらの異なる影響を説明する新しい曝露限界が必要です。さらに、これらの制限は、実験用ラットの行動の変化ではなく、生物学的効果に基づいている必要があり  ます。」〜ジョエル・M・モスコウィッツ、サイエンティフィック・アメリカン

読む:5Gネットワ​​ークはペンタゴン群集制御システムと同じEMF波を使用しています

Moskowitzは、RFRの現在知られている危険な影響について詳しく説明している国際的なEMF科学者控訴も引用してます。

「多くの最近の科学出版物は、EMFがほとんどの国際的および国内的ガイドラインをはるかに下回るレベルで生物に影響を与えることを示しています。影響には、癌リスクの増加、細胞ストレス、有害なフリーラジカルの増加、遺伝的損傷、生殖器系の構造的および機能的変化、学習および記憶障害、神経障害、および人間の一般的な健康への悪影響があります。植物と動物の両方の生命に有害な影響の証拠が増えているため、被害は人類をはるかに超えています。」【出典

モスコビッツはそれを指摘している」とこの訴えに署名した科学者は間違いなく、非電離放射線の影響に関する専門家の過半数を構成している。彼らはEMFに関する2,000以上の論文と手紙を​​専門誌に発表しました。」読者と政策立案者に、500を超える査読済みの調査研究の重要性を検討するよう依頼し、「強度が低すぎて有意な加熱を引き起こさないRFRへの曝露による生物学的または健康への有害な影響」とモスコビッツは、より厳密な調査が必要になると考えています。ロールアウトが進む。

読む著名な生化学教授が警告– 5Gは「世界の歴史における最も愚かなアイデア」です

言いかえれば、科学的陪審はすでにRFRの有害な影響について出ており、FCCは公共の安全を通信業界の利益よりも優先する義務を全廃している。

この議論の宣伝の側面に関して、モスコウィッツは業界の広報担当者と関連する政府当局者が逆説的な見解を「恐怖を煽る」と頻繁に言及するという事実に取り組み、現在の科学研究は正当であり、科学コミュニティに真の責任を委ねていますこれらの懸念について話します。

「通信業界とその専門家は、ワイヤレス技術の5Gの出現に対する「恐怖の監視」の携帯電話放射の影響を研究した多くの科学者を非難しています。私たちの研究の多くは公的資金によるものであるため、査読済みの科学文献がワイヤレス放射線による健康リスクについて教えてくれることを公に知らせることは私たちの倫理的責任であると信じています。」〜ジョエル・M・モスコウィッツ、サイエンティフィック・アメリカン

最終的な考え

5Gは安全であるという政府および通信業界の包括的な主張に亀裂が見られ、多くの著名で影響力のある科学者要人、および組織5Gに反対している–同意なしの世界規模の人間実験。Scientific Americanの編集委員会が作品を実行するためには、この非難の5Gは、科学コミュニティの最も主流の要素でさえも真に懸念しているという非常に強力なシグナルです。

Terence Newton  は WakingTimes.comのスタッフライターで 、主に科学、人間の心、人間の意識に関連する問題に関心を持っています。

この記事(著名な生化学教授Warns – 5Gは「世界の歴史における最も愚かなアイデア」) は、元々Waking Timesによって作成および発行され   、Terence Newton  および  WakingTimes.comに帰属 するクリエイティブコモンズライセンスの  下でここに発行されます  。これは、適切な帰属、著者の経歴、およびこの著作権声明とともに自由に再投稿できます。

***転載終了


サルベストロールを生成しない作物を普及させたい一族がいる

抜粋させていただく。http://www.davidicke.jp/blog/20091122/

シモンチーニは、重炭酸ナトリウムを使って、いくつかの本物の後期過程のガンでさえ激減させ、すべて除去することに大成功をしていることを私は知っている。いくつかの症例では、この治療法は何カ月も掛かることがあるが、簡単に腫瘍に到達できる乳がんのような他の症例では、数日あればもう十分ということはありうる。

シモンチーニの手引きによって、人々は自分でも治療していて、この記事の最後にいくつかの動画へのリンクを貼っている。そこでは、人々の経験談や治療法を聞くことが出来る。

私はこの四月のニューズレターの、二人の英国人科学者で研究者、ガン治療薬発見グループ(the Cancer Drug Discovery Group)のゲリー・ポッター教授とダン・バーク教授による研究結果に関する記事の中で、ガンが真菌であるという事実について書いた。彼らの合同の研究結果は、次のことを明らかにする。

ガン細胞は、普通の細胞にはない独特の「バイオマーカー」、CYP1B1(発音はシップ・ワン・ビー・ワン)と呼ばれる酵素を持っている。酵素とは、化学反応(の率の上昇)を「触媒する」タンパク質のことである。

CYP1B1は、多くの果物と野菜の中に自然に見つかるサルベストロール(Salvestrol)と呼ばれる物質の化学構造を変化させる。この化学変化が、サルベストロールをガン細胞を殺す因子に変えるが、健康な細胞へは危害を加えない。

共時性(シンクロニシティ)は完璧だ。CYP1B1酵素は、ガン細胞内にのみ現われ、果物と野菜の中のサルベストロールに反応してガン細胞だけを殺す化学物質を作る。

しかし、ガンが真菌であるということに関しては、ここに核心がある。サルベストロールは、真菌の攻撃に対する果物と野菜の中の自然な防衛システムである。そういうわけでサルベストロールは、カビ(真菌)害にさらされる生物種の中にしか見つからないのである。それは、イチゴ、ブルーベリー、キイチゴ、葡萄、クロフサスグリ、アカフサスグリ、クロイチゴ、クランベリー、リンゴ、梨、青物野菜(特にブロッコリーとキャベツ類)、アーティチョーク、唐辛子と黄ピーマン、アボガド、ミズガラシ、アスパラガスやナスなどである。

さらに言えば、巨大製薬/バイオテクノロジー企業カルテルは、この全てを知っていて、ガン、すなわち真菌の攻撃に対する自然免疫能を弱体化させるために、二つの重大なことを行った。

  • 近代農業で使われている化学殺菌スプレーは、人為的に真菌を殺している。そしてこのことは、植物や農作物がその防衛力、サルベストロールを発動する必要がないことを意味する。今日では、有機栽培食品の中にしか、それは見られない。
  • もっとも広く使われている殺菌剤は、CYP1B1に対する非常に強力な遮断剤になっている。だから、もし化学的に生産された食物を十分に食べれば、どれだけサルベストロールを消費したかは重要ではない。サルベストロールは、本来のガンを破壊する因子として発動しなくなる。

これは偶然ではなく、周到な計画であり、過去のことも現在のことも、トゥリオ・シモンチーニを失脚させるための体制派の企みと同様である。人々がガンを克服することではなく、ガンで死ぬことが例の血族の望みである。あなたのご想像通り、彼らは精神的、感情的に病んでいて、人類を羊か牛と思っている。

抜粋終わり。

農薬という用意周到な人口削減計画が、ここにある。

農作物が病気にならないようにと、農薬を使用すると、農作物はサルベストロールを作らなくてよいことになる。いくら、ビタミンやミネラルが豊富で繊維質まで摂れるといっても、サルベストロールは存在しない農作物である。

農薬の普及と、癌患者の増加には相関関係があるのではないか。農薬を製造しているのは大企業である。その農薬の散布を推し進めたのは農協である。農協は農家に対し、農薬散布の日程表まで配り、指定通りに農薬を使用していない農作物を引き取ることをやめた。その時代の流通ルートは、農家→農協→スーパーマーケットになっていた。

昭和ももっと遡ると事情は変わり、農家はリヤカーに農作物を積んで、一軒一軒の家庭を訪問して、作物を売っていた。
「今日はなんかいらんかね」
そう言って、農家のおばちゃんは、毎日のように声をかけてくれた。

無農薬の林檎を作った木村さんは、例の血族から農薬を使用しない林檎を作ることをやめてくれと頼まれたらしい。その代償として億の桁を超える金額を提示されたというが、木村さんは断ったという噂話がある。

種苗法が改正されるとか、改正されたとか、いう話があるが、例の血族はサロベストロールを生成しない作物を普及させたいのではないかと推理する。つまり、癌患者を増やして自社の抗がん剤を売りまくりたいわけだ。遺伝子組み換え作物などは、いい例だろう。



野菜スープでガンが治ったという話も多く聞く。たしか、大根、大根葉、ごぼう、人参、干し椎茸を煮込んだスープだったと思う。このスープにはサルベストロールが豊富に入っているだろう。根菜だからだ。葉物野菜は自分で作るしかない時代になったということか。
(見つけたのでリンク貼ります)
https://maron49.com/1155



ちなみにわたしは、ほとんどの病気の原因は体内の常在菌の状態、わけても真菌にあると思っている。


うちの庭の芋の葉は芋虫の餌だ。
芋虫が食べた後の残りをわたしが食べる。
それでいいのだ。

瓢箪から駒が出たのかも知れない-うがい説

瓢箪から駒が出たのかも知れない。

コロナウイルス騒擾を作り出しているのはテレビである。コロナウイルスは存在しない可能性が高い。そもそも、ウイルスが何なのかも、医学では分かっていない。

上記はアンドリューカウフマン博士の説である。

「エクソソームというものは、有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気など様々な要因によって自然に体内に生み出され、情報を全身に伝える役割をしています。

同様のことは、
島学説とスペイン風邪と5G
でも説明した。

人間は、環境の変化によって、体内にエクソソソームを産出する。それは、RNAの形で、大きさは100nm。今までウイルスと呼ばれていたものと同じである。covid-19に関しては、その正体はエクソソームで間違いないと思われる。

では、そのエクソソームは情報伝達のためにどのような動きをするのか。全ての細胞に入り込むのは当然だが、常在菌の中にも侵入する。そして環境の変化を体中に伝達し、いわば警戒警報を出す。



ここからは、全くの推論になる。

健康な体内では善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌と言われるものが均衡を保っている。エクソソームは常在菌に侵入した時、その活性化を発生させるのではないか?そして、特に日和見菌や悪玉菌が活性化した時に問題が起きる。

常在菌というのは体中に存在する。

たとえば、黄色ブドウ球菌は、人間や動物の皮膚・毛孔、消化管内などに常在するグラム陽性球菌です。通常は無害だが、もしも、エクソソームによって活性化されると、肺炎、腹膜炎、敗血症、髄膜炎など様々な重症感染症を発症する。

コロナウイルス論者はこの状態を見て、コロナは怖いというのだろう。

さて、常在菌が多いのは、腸内、口腔内、鼻腔内とされている。コロナウイルスの初期症状として、味覚や嗅覚の異常を訴える方が多い。これは、エクソソームが常在菌に何らかの変化を起こしている証拠ではないのか。

さらに口腔内の細菌は、血管内を通って、心臓などの内臓器官に影響を与える。口腔内の日和見菌は肺炎菌、ブドウ球菌、大腸菌など。悪玉菌はプロフィロモナス・ジンジバーリス、トレポネーマ・デンティコーラ、タンネレラ・フォーサイセンシス、ミュータンスレンサ球菌など。口腔内の日和見菌や悪玉菌が、脳卒中や心筋梗塞、糖代謝異常などを起こすことはよく知られています。

環境の急激な変化は、エクソソームを産出し、エクソソームは細菌を含む体中の細胞に情報伝達し、その情報伝達に対して、異常に反応した常在菌が体内の色々な場所に炎症等を起こしてしまう。

これが、人が病気になる原因ではないのか。
その状態を見て、コロナウイルスが感染したと喧伝しているのだろう。

大阪の知事が、口走った「うがい」
これが、瓢箪から駒、であった可能性はある。

日本経済新聞 電子版

ただし、うがいの効用はウイルスの消毒ではなく、

1.口腔内で活性化した日和見菌を消毒し、臓器に入れない。
2.口腔内で活性化した日和見菌を消毒し、他人に移さない。

高濃度のヨードの使用は副作用を生じることもあるのでご注意ください。
(食塩水ではダメなのかな?)



もともとウイルスなど存在しないのではないかとわたしは思っている。
冬になれば、気温の変化により、エクソソームが発生し、風邪症状が出る。夏も同様で、夏風邪をひく。

人が炎症反応を起こす原因は、環境の変化によって引き起こされる、エクソソームの産出に伴う常在菌のアンバランスなのではないか。

5Gという新たな周波数の電磁波が世界に広がろうとしている環境では、エクソソームは必ず産出される。スペイン風邪の時は、ラジオ波だったし、ww2の時は、レーダー波で、結核が大幅に増えた。(この時はストレスも多大に影響があったと思われる)結核は不治の病とされていて、転地療法が勧められた。「場」を変えるのだ。環境を変えるのだ。

5Gによる環境の変化に対して、体調を整えておくためには、

1.アーシング(陽電子を身体から逃がす)
2.腸内フローラの改善。
 プロバイオティクス、EM菌、乳酸菌。グルテンを避ける。
3.口内及び鼻腔内の洗浄。
 わたしは、時々0.9%の食塩水で鼻洗いをする。

などが有効だと思われる。

あと、殺菌作用のあるものとしては、煙である。囲炉裏のある家に住むのもいいし、お香を焚くのもいい。たばこもいいだろう。別に吸い込まなくてもいい。葉巻きをふかしているだけでも効果はあるだろう。たばこの吸いすぎは毛細血管に影響を与えてしまうので逆効果。


近年、政府が禁止してきたことを考えると、たき火の禁止であり、たばこの値上げであり、喫茶店等での喫煙の禁止である。これは、煙に殺菌効果のある証でもある。薫製にした魚は長期間保存出来るではないか。雑菌がいないからであろう。


風邪を引いた時に、医師は咳止めとか、解熱剤とか、対症療法の薬しか出せない。風邪の原因が分かっていないからだ。風邪症候群による身体異常の直接の原因は炎症であり、常在菌のアンバランスがそれをもたらす。お勧めはしたくないけれど、緊急の際は抗生物質の投与が必要な時もあるだろう。ただし、抗生物質は善玉菌も殺すので、倦怠感や吐き気、下痢など、副作用が生じることもある。

以上、この記事はわたしの推論であり、判断は各自でお願いします。西洋医学を信じている方は、医師と相談すればよろしいかと思います。

月は南から近づいて北へ遠ざかっている

2020/07/04の月。やけに南の空の低いところにある。
補助線右側が南方向。左側が東方向。
撮影した場所は高台などではない。海抜5mくらいかな。

2020/07/04 20:01

16分後、少し近づいてきた。

いずれにしても、月はとても南側から近づいている。
東からは出ていない。

2020/07/04 20:17




2020/06/24の三日月。ガラケーではうまく撮れない。

東西に走る道に向かってシャッターを切ってみた。
月は随分北にある。三日月。ガラケーではうまく撮れない。
時刻は不明だけれど、私の散歩の途中だから、20:30〜21:00の間だと思う。

2020/06/24 20:30〜21:00



今の月は随分南側から近づいてきて、随分北側に遠ざかっている。



何かが起きている。地球規模で。
私は地磁気と天蓋を疑っている。




ここからは、わたしの勝手な妄想だが、

太陽というのは、上空30Km位にあり、電磁波で地球を暖めている。
月というのは、その電磁波を地球から吸い上げて、発光している。

月は地球に溜まった電磁波を吸収することによって、地球の温度を下げるとともに、植物などから電磁波の影響を取り除く。

だから「凍月」と言う言葉がある。

だから、植物の蔓が伸びるのは夜である。

だから、蝉が羽化するのも夜である。

電磁波と光
https://www.ushio.co.jp/jp/technology/glossary/material/attached_material_01.html




ところで、太陽について言うと、太陽光は電磁波である限り、身体に何らかの影響を与えるものだ。太陽光に暴露すると体内でビタミンDが合成される。ビタミンDは免疫反応などへの関与も示唆されている。だから、日光浴をする人がいる。これはこれで理解できるのだが、太陽光に長時間当たると日焼けをする。これは火傷である。強い太陽光は避けた方がいい。

ではなぜ、

太陽光に暴露すると体内にビタミンDが生成されるのか。それは、電磁波の影響から細胞を守るために、人間に備わる機能ではないのか。

農家の人は長袖に長ズボン、そして帽子をかぶる。昔の人は、太陽光に当たりすぎると、身体が熱っぽくなり、その熱はなかなか引かないことを知っていた。このことを「ひが入る」と言った。この「ひ」は日なのか、陽なのか、火なのか・・。

太陽は電磁波であろう。
電子レンジにいれた鶏肉は中から外側へと温まっていく。

こうした電磁波である太陽光の影響から身を守るために、人体はビタミンDを作り出しているのではないか。



事実として、ビタミンDの含有量が多い人ほど、感染症にかかりにくいという結果も出ている。ということは、ウィルスというのは電磁波の影響で体内に発生するものであり、その電磁波の影響を抑えるものがビタミンDであるという推論も成立する。





電磁波を吸収する月の軌道にあきらかに異常が出ている。
このことが、わたしたちに影響を与えないはずがない。

空を見て、考えてみて欲しい。