愛なんていう得体の知れない言葉は理解できない。

わたしは自分を愛してなどいない。
だから他人を愛せない。

こう書くと誤解を招くだろうな。
実は、わたしには愛という言葉がわからない、ということだ。

どうしても感覚的に理解できない。その言葉が放つ違和感はわたしの心を収縮させてしまう。愛という言葉はわたしたちを欺くために作られたものではないのかとさえ思う。

しかし、恋という言葉はこの違和感をわたしに投げかけない。正式には、戀か。

こい【恋】コヒ
①一緒に生活できない人や亡くなった人に強くひかれて、切なく思うこと。また、そのこころ。特に、男女間の思慕の情。恋慕。恋愛。万葉集20「常陸さし行かむ雁もが吾が―を記して付けて妹に知らせむ」。「―に身を焼く」
②植物や土地などに寄せる思慕の情。万葉集10「桜花時は過ぎねど見る人の―の盛りと今し散るらむ」
広辞苑無料検索

広辞苑ではだめなようである。

戀は孤悲である。
「人、土地、植物、季節などを思い慕うこと。めでいつくしむこと。」
「目の前にない対象を求め慕う心情をいうが、その気持の裏側には、求める対象と共にいないことの悲しさや一人でいることの寂しさがある。その点、「万葉」で多用された「孤悲」という表記は漢籍の影響も指摘されてはいるが、当時の解釈をよく表わしている。」
-日本国語大辞典-

わたしは自神がこの世界を作っていると思っている。あなたもあなたの世界を作っている。しかし、完全に洗脳された人は、inputされた情報のみで歪な世界を作ってしまっている。脳は世界を可視化する役割をしている。洗脳された人がその脳で作る世界は内なるものが完全にシャットアウトされている。わたしたちが見る世界は百人百様であると言っても言い過ぎにはならないだろう。もしかすると、この世にはわたししかいないのかもしれないのだ。

だから、常に孤悲の情を心に抱えているわたしは、戀を癒やすために、花に水をやり、鳥を呼び、時には美しい少女を街角に創り出す。

https://www.flickr.com/photos/kienk2s/

樋口一葉の「にごりえ」にはこういう一文もある。
「おのづと肩身せばまりて朝夕の挨拶も人の目色を見るやうなる情なき思ひもするを、其れをば思はで我が情婦(コヒ)の上ばかりを思ひつゞけ、無情(ツレナ)き人の心の底が夫れほどまでに戀しいか」

やはり、孤悲には、遠く離れているという情感が秘められているようだ。

先日、ラジオを聞いていて、ある言葉を知った。
それは、

“decency”
品位、礼儀、 礼儀正しさ、 良識、親切

(用例)
Everyone deserves to be treated with respect and decency.
だれもが敬意と礼儀を持った対応をされて当たり前である.

戀(孤悲)を知っている人間は、愛などという言葉を使わなくても、”decency”でいいのではないかと思う。

品位、礼儀、良識、親切。

これらの言葉を心深く知っていればいい。

わたしは自神を信じているし、機を見ては他人を深く思い遣る。
礼儀には礼儀で応えるし、品位ある所作に美を覚える。
愛などという言葉を使うから、話はややこしくなるのだ。

私の中には女性が存在する

随分前から、私は変なことに気付いた。
それは、私の中に女性が存在するということだ。

女性の所作に美しさを感じる自分がいる。そして私は男性を基本的に嫌悪する。嫌悪するわけは、男性は社会に洗脳され迎合することが多いと感じるからだ。自分ではそう思っている。まして男性に抱かれたいなどとは一切思わないし、男と群れるのも嫌いだ。

しかし、少年期の我がヰタ・セクスアリスは、女性として破壊される性を願望していたことを思い出した。やはり、私の中には女性がいる。

子供のころはよく女の子と遊んだ。ゴム飛びや、おはじきなどもした。私の母は内職で色々な縫い物をしていたので、家には輪ゴムがたくさんあった。それを繋いで、女の子の家に遊びに行く。片方を電柱に結び、片方を私が持ち、女の子はスカートをパンツの中にたくしこんでゴムを飛び越えた。

私は女性を綺麗だと思う。だが、綺麗だと思っている私は男なのか女なのか、それは分からない。

千人以上の社員がいる会社で働いたことがある。私は複数の女性社員に誘われて、女性用の休憩室でよくお昼のお弁当を食べていた。私を誘ってくれたのは二回り以上も年下の女性達だった。休憩室は広い和室の部屋で、女性社員の中にはその場で寝転がって身体を休めている人も何人かいた。でも、誰も私の存在を気にしなかった。だれにも咎められなかった。不思議なことだった。

女性が嫌がることはしたくない。レイプなどする男の気持ちが分からない。レイプは殺人に等しいと思っている。

そう、思っているのは、誰なのだろう。
男の私か、女の私か。



そう、私の中には、異様に感受性の強い男の子と、時に崩れ去りたくなる女性が存在している。

ふと思う。

失恋をしてみたいと。

もちろん女性として。

「水鏡」
作詞・作曲 鈴木一平

一生一度きりの別れならばいいものを
人は幾度となく悲しみを繰り返す
手探りの中でふと抱かれるよな
甘い想い出は通り過ぎてゆく
振り返る事無く明日だけを見つめながら
いつか来た道と気付かずに歩いた
そこは幸せと不幸の別れ道
悲しみ覚えた出逢い道
私だけの貴方にはなってくれるはずがない
心の温もりも今は
忘れてみるわ 忘れてみよう
揺れる二人の夢模様

水に浮かぶ枯葉に目を向けると
ちょうど今の私同じように見えた
風に打たれ雨に打たれ辿る道は
苦しみ覚えた迷い道
儚い恋のほろ苦さを知って
強がりはよせよと口ずさんでみます
溢れる涙は止めどなく流れて
戸惑う私は闇の中
私だけの貴方にはなってくれるはずがない
心の温もりも今は
忘れてみるわ 忘れてみよう
揺れる二人の夢模様