April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

FXで利益を出す方法

FXで利益を出す方法において、考え方はふたつ。どちらにしても損小利大を目指さなくてはならない。

ひとつめは、損切りが当たり前だと割り切り、同じパターンでチャレンジし続ける。損失と利益の比率は高いほどよい。例えば、ダブルトップと思われるところで売り続ける。たいていはダブルトップを上抜けて自分が投げ捨ててから下げる。しかし、何回かに一度は丁度ダブルトップで反発するので、その時に利益を伸ばす。典型的損小利大。ブラックジャックでプログレッシブシステムを使う光景が思い浮かぶ。

こうしたパターンを多く身につけるのは損なことではないが、あまりに知識が増えすぎると、今の状況を自分の知識に合わせて判断しようとする。そうすると、正解が欲しくなる。正解など無いと言うことを知っているにもかかわらずだ。そしてオシレーターだらけのチャートを見て、自分を正当化し始めてしまう。こうなると終わりだ。自分が正しいなどという妄想は猫のおかずにもならない。

ふたつめは、勝率に合わせたロット数の変更をする。基本的にスプレッドの影響を受けない程度のストップロスとテイクプロフィットを設定した場合、長期的にポジションを1対1の比率で立て続ければ、勝率は5割に収束していく。それなら、システムベットを使えばいい。50%になるのなら、ダランペール法でも勝てる。ただ、ルーレットと同じように、赤が連続して出たりすることは多いので、トレンド方向にのみポジションを建てると勝率は50パーセントを少し超える。

チャートがあるということは、こちらにとって有利だ。バカラに罫線があるということも同じ。

博打とは、確率の偏りを味方にした者が勝つゲームだ。
言うのは簡単だが、やってみると、これが案外難しい。

続きはまた今度。

海外業者ならNDDのTraderstrustだろうか。


読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村  

JUGEMテーマ:ギャンブル

シナリオは二つ

FXについて。
例えば、今ドル円が111円だったとする。110円になるか、112円になるかは、五分と五分だと考えるのは不謹慎か?
111円で買いでも売りでもTPとSLが同じ値幅のポジションを持ってみる。損切りにあったら次回のロット数を変える。これならバカラと同じだが、不謹慎か?

まぁこの話はさておいて、

確かに相場にはトレンドというものがある。今、ドル円は下げている。しかし、111円がまっすぐに110円に落ちていくかどうかは分からない。112円まで戻して、110円に到達することもある。111円で売った人が、112円に損切り注文を入れて、利確を110円にしていたとする。相場は112円まで戻して、110円に到達する。

すると、この人はこう言う。「ほら、俺の予想通り110円まで下げただろ」と。
確かに予想は当たっているが、トレードとしては損失だ。

また言う「ヒゲで引っかけられなかったら取っていたのにな」と。
さらに言う。「15分足でダブルボトムをつけたから一度戻したんだよ」と。

こういうトレード話は疲れる。チャートは後でなら何とでも言える。何とでも言える人間が、チャートの右端ではためらう。何故ためらうのか。それは予測しようとするからだ。予想を当てようとするからだ。ここから悩みが生まれ出ずる。

たしかに、相場にはトレンドがあるし、意識されやすいポイントや、チャートの形が存在する。永くチャートを見ていれば、そういうものは自然と身につく。頭で考えるのでなく、身体が覚えてしまう。自分の経験で優位性があると思われるポイントで飛び込んでみればいい。

シナリオはふたつだ。いつも通りにチャートが形成されるか、それとも、違う形になるか。違う形になれば損切ればいい。同じ形になったときの選択肢はふたつ。利益を大きく伸ばすか、いつも通りの形を形成したところで利確してしまうか。

続きはまた今度。

チャートの動きを身体で覚えるためには反復訓練しかない。わたしは2台のパソコンにこれを入れている。


Forex Tester
 

JUGEMテーマ:ギャンブル

カジノ掲示板

オンラインカジノに関する価値のある情報が少ないので、
ギャンブル用の掲示板を作りました。

掲示板でのアフィリは禁止します。オンラインカジノの名前を入れるのは自由にどうぞ。
他の公営ギャンブルに関する書き込みもOKです。

試験運用ですので、ID,パスワード共にguestで入れます。
ベテランの方は有用な情報や手法を、初心者の方は素朴な疑問を書き込んでいただいたらいいと思います。

将来は会員制にしたいと思っていますが、どうなることやらです。

→Gambling BBS

勝つ方法はふたつしかない

EAを作る側としては、なんとかどんな相場にも通用するものを作ろうとする。そして、必死の努力をする。ひとつのEAを作るのに数ヶ月を費やすこともあるだろう。

売買のタイミング、つまりトリガーを何に託すのかを決めて、自分の裁量でトレードしてみる。うまくいく。しかし、これをEAにしようとすると、うまくいかない。何故か。

結局は、トレンドの判断が難しすぎることと、ボラティリティに変化があるということが原因だ。完璧にトレンドがでている状態だけを選択するのはたやすいが、取引回数が激減する。評価する側はそれを好まない。損切り値の平均を出すのはたやすいが、明日の値動きの幅は分からない。EA制作者は、冥府魔道に入った拝一刀になる。(古いか・・)

結論は、相場は分からないということだ。Wトップをつけたから下がるだろうと予測しても、少し下げて一気に高値をブレイクすることもある。前回高値を上抜いたからブレイクアウトで買うと、スパイクを付けられて一気に下げられることもある。

教科書に書いてあるとおりに売買しても、利益にならないということは、人間の心にダメージを与えるだろう。よく分かる。そうして人は相場から退場していき、また新人が参入してくる。そんな世界だ。なんか書いていて辛くなってきたぞ。

小さく負けて、大きく勝つ。
損切りと利確の比率を決めておいて張りで勝つ。

この二つしかない。
これは、カジノと同じことだぞ・・・。

続きはまた今度。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村  

JUGEMテーマ:ギャンブル

ワイルドジャングルが素敵な件について


日本語サポートならワイルドジャングルを徹底的に推す。



「4年間のPlaytech系カジノの日本語サポートで、カスタマーサポート賞を受賞したサポートチームが24時間皆様からのお問い合わせをお待ちしております。入出金方法、ゲームのルール、ゲーム中のトラブル等、何かご不明な点がございましたら、24時間いつでもチャット・メールでお問い合わせください。

これはすごいことだと思う。大抵のカジノは日本語サポート時間が制限されていて、いざというときにチャットしようとしても英語になってしまう場合がある。"ワタシハエイゴガワカラナイ"

しかし、ワイルドジャングルは24時間、チャットボックスで問い合わせると、すぐに返事が返ってくる。この企業努力は大いに賞賛する。

上のバナーからワイルドジャングルに行くと、下のサイトに飛ぶので、「日本語版ダウンロード」を押して欲しい。

ワイルドジャングル-1

すると、下のページが現れると同時にバックグラウンドでソフトウェアのダウンロードが始まる。
あとの詳細は下のページに書かれている。簡単だ。
ワイルドジャングル-2








わたしはワイルドジャングルに行かない日は・・無い。毎日行く。・・・病気か??

気合いの入っている日はライブバカラをする。
うつろな日はビデオスロット・・スロットって言わないのかな・・ジャックポットマシンを回す。
これがはまる・・・。何故か楽しいのである。こまった。

アイアンマン

わたしのような中毒患者になると、この画面を見ないと寝付きが悪くなる。ただ、長時間は回さない。少し儲けたら一度やめる。これが肝心。1ライン0.01ドルからベット出来るので、遊びとしてもよろしい。ワイルドジャングルについては以前にも記事を書いた。サポートがきちんとしているということは、きちんとしたサービスを提供しているということだ。その姿勢に共感してしまう。



ワイルドジャグルは専用のソフトウェアをダウンロードして、始めるようになっている。
ソフトウェアの動作環境については
【推奨環境】
OS Windows 7 32Bit
CPU 2.5GHz以上
メインメモリ 2GB
ハードディスク/SSD空き容量 3GB以上
画面解像度 1280x800
グラッフィックボード 2GBのビデオメモリ、ATI RADEON HD 3300
インターネット 750Kbit/s以上(ライブゲーム)
その他 Flash Player 11.0.1.152以降を、インターネットエクスプローラーへインストール

残念ながらMacでは遊べない。わたしはMacしか使っていないので、Vmware Fusionをインストールして、その中で動作させているが、ブラウザで楽しむのではなく、専用ソフトなので動きはスムーズである。

ライブバカラはテーブル数がそんなには多くないので、罫線を覗き込んだだけで、ベットの機会に恵まれないこともある。それはどこのカジノでも同様のことがあるので仕方ない。Good Luckは追いかけるものではない。向こうから嫌でもやってくるものである。

バカラを抜け出して、20ラインのビデオスロットを回していると、こんなこともある。
サンタサプライズ
これはラインベットの10,000倍の配当だ。バカラが進行する間の時間をつぶすために、1ライン0.01ドルで回していたから100ドルだけれど、もしも1ライン1ドルで回していたら10,000ドルだ。100万円が一瞬で手に入る。脳内で化学物質がはじけるのも仕方ないだろう。



オンラインカジノを始めるなら、まずはワイルドジャングルに口座を開いてみることだと切に思う。

昨日も、少し分からないことがあって、チャットを開くと、すぐにサポートの方が声を掛けてくる。「どうかなさいましたか?」と。数回のやりとりで疑問は解消されたので、わたしが「サンクス」と気軽に言うと、「とんでもございません」と返してきてくれる。実に素晴らしい対応である。

さて、バカラ台をのぞきに行くとするか。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:ギャンブル
 
<<back|<12345678910>|next>>
pagetop