ふりをしている

生きているのが不思議になる。

桜散り、風が止まり、行き交う人々の言葉が聞こえなくなる。

ここがどこだか分からない。今まで何をしてきたのか、思い出せない。

なぜ、こんなに無機質な生を抱き続けているのだ。

私は多分、自分に嘘をついている。

私は多分、自分に責を与えている。

私は多分、夢を見ているふりをしている。

私は、自分が神であることを知らないふりをし続けている。

だから、だから、いますぐ、悪魔を叩ききる剣を両手で握りしめる。

波乱の浮き世は今からだ。常に今からだ。

怖れるな、おもねるな。叩き切れ。

ミカエル